人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:知多市 ( 14 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_15011734.jpg
今年は桜の開花は早かったが、その後寒の戻りなどもありずいぶん長い期間桜が見えたような気がする。
一方でなかなか撮影には出かけることができなくなってた。

こうなると県内のってより近所の桜の撮影に頼った。

c0201929_15011530.jpg
しかも出勤前に撮影できるいつもの公園!
雨の日は人も少なく変化ある撮影もできるので試してる。
この日結構の雨なので傘があってもズボンが濡れるほど横殴りの雨!
c0201929_15011515.jpg
正直もう少し花が落ちてると思ったけどそれほどでもない。
ので出勤してまた帰りに。

c0201929_15011649.jpg
帰りによってみたらあ~れ。
雨が予定よりも早く上がってしまい水溜りがない。しかも散歩者に踏まれてるし参加して茶化してしまってる。
c0201929_15011645.jpg
水溜り付近には花びらが集まるけども思ったほどではなく残念。
c0201929_15011628.jpg
排水が良さそうで結構流水してしまうことがわかった。

なのでよの翌日の快晴の空

c0201929_15011531.jpg
この日真っ青な空が広がったけども風が弱く「桜吹雪」にはならなかった。

c0201929_15011513.jpg
c0201929_15011538.jpg
上空を舞う桜吹雪は写真にならないことが分かった。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2019-04-19 07:00 | Comments(0)

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07225494.jpg

2月末から暖かい日が増えてきて春も近づいてきました。

そこで近所ではありますが梅撮影に出かけてきました。
実はこの日3/3で昼前から雨予報の日ではありましたがちょっと企みもありでかけた次第。

ってもこの日は中日新聞主催のフォトメイツ撮影会ではありませんが
近くで撮影会してましたのでちょっと撮影してみました。

c0201929_07225433.jpg
c0201929_07225393.jpg
どちらも大勢の人込みを避けての撮影なので目線はありません。
あの人込みに入る勇気が私にはないんです(涙)

すでに満開近い開花で定番ポイント。
c0201929_07225514.jpg
幟が奇麗に並ぶポイントですがこの白梅は7部咲きかな。
c0201929_07225536.jpg
少し目線を変えてみると
c0201929_07225515.jpg
梅花の撮影って難しいけども撮影はやっぱり楽しいです。
c0201929_07225551.jpg
この梅園は古木も多いので花だけでなく樹も探してみても面白いです。
c0201929_07225489.jpg
案外知られてないポイントです。ここは北向きになるのでいつも咲が遅い場所ですからまだ先でも狙えます。

c0201929_07225488.jpg
実は今回雨降りでの企みがこれです。
傘の花を取り入れようと狙いましたが・・・。なかなかカラフルな笠が少なくって
しかもやっぱり日曜でも雨降りでは観光客も少なく思うような写真にはならなかった。
c0201929_07225435.jpg
まだまだ次回の課題ですね~
フォトメイツ(モデルさん)が歩いていた時は行列になったのですがまだ雨が降ってなかったんです。
この時に雨が降ってれば・・・傘で覆われたハズ。

c0201929_07370859.jpg
そして告知が・・・とあるTV番組の池の水抜く大作戦?みたいな番組ありますよね~
ここ先日収録した池なんです。今月放送されるのでは・・・。
そのために池の水が空っだたのに、2月末の雨でもうこんなに貯蓄されてらしい。
c0201929_07410399.jpg
2/24の収録日に撮影した写真がこれ。
ここは池って言っても近隣の工業用水としても使用してるのですごく大きなため池なんです。
地震対策で護岸工事することもあり乾干にしたようです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。




by noah_3776_2 | 2019-03-07 07:44 | 花が咲く風景 | Comments(0)


いつも訪問ありがとうございます。
っていってもすっかりご無沙汰です。

c0201929_17324610.jpg
どこへ撮影にでかけたわけではないのですが富士山遠征以来、かなりの時が過ぎても撮影らしい撮影をしてなく梅の花も咲きだしたとのことで
近所の公園にでかけました。
撮影は2/17ですがまだ満開ではなかったけどもここ最近の暖かさで今は満開です。
c0201929_17324696.jpg
この公園は園の南側に30本程の紅・白・そうり梅があります。
c0201929_17324732.jpg
まだ太陽光が低く全体には光があったてないですが近所の人たちが散歩などしてます。
c0201929_17324766.jpg
咲いてる樹は咲いてるのですが本当に梅は枝に花が付くので撮影が難しいです。
c0201929_17324718.jpg
少しだけ立ち位置を高くしたけど・・・先のほうがいいです。
c0201929_17324820.jpg
斜面に咲いてるので立体感がでやすいですが光があたるまでまだ時間かかかりそうなので
これにて失礼します。

c0201929_17324600.jpg
実は最近入手したレンズ!
逆光用に買ったレズのテスト。
8本羽の絞りレンズでフレアーも少なくいいかも。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。








by noah_3776_2 | 2019-03-02 17:43 | 花が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。
9/2の夕焼けになります。

c0201929_20161757.jpg
荒れたてんこうとあって色んな雲を見ることができました。
空に掛かった雲の橋のよう。
c0201929_20161808.jpg
レンズ雲・・・海上では雲の移動も早く直ぐに消えてしまった。

c0201929_20161949.jpg
雲の間から射し込んだ光で染まったレンズ雲

c0201929_20162091.jpg
現場はこんな場所での撮影でした。

c0201929_20161865.jpg
太陽の左側にでた幻日です。
c0201929_20161950.jpg
北方面には大きな積乱雲が夕陽に染まる。

c0201929_20162184.jpg
そしてこの日東側に見えた夕焼けが・・・このように横一文字焼け
今までこんな夕焼け見たことなくちょっと感動!
c0201929_20162030.jpg
稲刈り前なので絵的にもこの場所で良かった。

c0201929_20162127.jpg
この日の西側は結果的には普通の夕焼けで終わり。
朝から気象現象も見えていたので変化ある空だから夕焼けも期待したけども普通でした。

c0201929_20162117.jpg
大蛇が天に帰っていきました。

最後までお付き合いありがとうございました。


by noah_3776_2 | 2018-09-04 07:47 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_12103042.jpg
もう桜が咲くころになってますが・・・春一番の花見である梅まつりの様子です(今頃ごめんなさい)

今年の梅は2月の寒さで見ごろが遅くなってました。
そんな青空の下陽気な気分で散歩したカットです!

c0201929_12103011.jpg
気候が良く多くの人が花見をたのしんでます。

c0201929_12102997.jpg
犬もペアルックです。

c0201929_12102909.jpg
満開には少し早いようですが見ごろではあります。毎年この場所から撮影してますが前木の梅の咲が弱いです。

c0201929_12102882.jpg
今年は陽気もいいので少し歩いて水の館まで歩いてみました。

c0201929_12103144.jpg
県内屈指の梅林園で5400本の梅が咲いてるようですがなかなか撮影しにくい場所です。

c0201929_12103129.jpg
梅の館近くには温室があります。

最後までお付き合いありがとうございました。

by noah_3776_2 | 2018-03-24 07:00 | 花が咲く風景 | Comments(2)
c0201929_06480405.jpg
いつもありがとうございます。



ここ最近はすっかりネタ切れてしまって更新が遅くなってます。
それでも日は過ぎてゆき季節も移り変わっていますね。

c0201929_06480397.jpg
地元の田んぼでも実りが進んで農家さんが忙しくしてました。

c0201929_06480204.jpg
『実るほど頭を垂れる稲穂かな』
言葉の意味を改めて行けなければと思うこの頃です。
c0201929_06480172.jpg
c0201929_06480177.jpg
農家さんが忙しく仕事をしてる中 
夏雲がもくもく湧いていて刻々と変化をしてます。
c0201929_06480423.jpg
ただいまいち気温が上昇して無いためでしょうか
本格的に大きくなるまえに縮小しては消えてしまった。

c0201929_06480349.jpg
稲穂と夏雲
温暖化の影響か科学の進歩で早生米なのか「秋と夏」ですね。

雲に穴が出来るってことは雲が大きくないってことなんでしょうね。

c0201929_06480207.jpg
c0201929_06480219.jpg
同じ方角ですが雲の変化が早いです。

そろそろ夏雲の見納めになりそうな時期になってきました。
残暑厳しい日もありますがご自愛ください。

最後までお付き合いありがとうございました。




by noah_3776_2 | 2017-09-11 07:00 | 雲が騒ぐ景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07080475.jpg

8/26日に撮影した写真から合成したものです。
大都市(花火地区)とは違い地方の花火大会は打ち上げ場所が一か所か二か所だと
単発打ち上げになりがちだったりスターマインも同じ場所からの打ち上げになるので
白飛びになってしまうので合成ありきの写真を撮影しないといけないってことがある。
花火の色も気にしないといけない。

そうは言っても素敵な花火大会の為にも一発撮りの技術も向上しとかないといかん。

c0201929_07115620.jpg
花火は年に1・2回しか撮影しないので勘を取るのも時間がかかる。
ただ良いのは毎年地元でしか撮影して無いので昨年の勘はある。

c0201929_07115491.jpg
今年は少し遊び撮影もしたので二台撮影。
一台は24-70mm
一台は100-400mm二台打ちです。

c0201929_07115510.jpg
今回の新舞子の打ち上げ花火は緑色とオレンジ色が多かった気がした。
c0201929_07115635.jpg
この日は夕焼けが凄く綺麗で残照の中で花火が打ちあがったのは風景写真愛好家にしたら絶好の撮影日でした。
c0201929_07080326.jpg
ここからは合成写真になります。
花火大会開催後の一コマで夕焼けが残るなか花火が上がり歓声も上がりました。

c0201929_07080204.jpg
今回の撮影は合成するための撮影をしてなかったのでこのようなことになりました。
比較的に綺麗に撮影できた写真ですが下が切れたので回転させたことにより光跡の方向が風向きと反対になってしまってます(緑)
これでは合成させも失敗です!
c0201929_07080266.jpg
今年の花火は昇り曲導が少ないように思ったけども合成するつもりなら
昇り曲導も撮影しておかないとだめですね。
まぁ今年の夕景の花火はベースにできるので来年の課題です!

c0201929_07080443.jpg
最後のスターマインですが広角レンズでも画角に収まらなかった!
これも来年はもっと引いて撮影しなければ。
まぁ色々勉強になった花火大会でした!

最後までありがとうございました。






by noah_3776_2 | 2017-09-03 07:00 | 花火が打ちあがる風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

先週8/19日に続いて地元花火撮影に出かけてきました。
今回はいつもお世話になってるお店のご主人夫婦と一緒の撮影となります!

c0201929_19291586.jpg


多重でなく合成です!
この日は朝から一癖ありそうな天気(どんな天気だって!)で気象庁のHPではセントレアでは10mmほどの雨で
私が午前中出かけていた岡崎でも8時前より豪雨でしたがその後は快晴になるも風が結構残っていたので会場より風下になるこの場所は
煙が流れてきて巻き込まれるかと思ったが強すぎて全く問題なくってよかった。

会場は混むので当然のNGで会場の新舞子の南に当たる大野海岸より撮影。
場合によっては煙を避けるために大草海岸へとも考えたが大野に決定。
この日は夕焼けが綺麗だったなぁ~普段は近所の人が散歩や納涼してる程度ですが
今日は結構な人が海岸を埋め尽くしてました!

c0201929_19212483.jpg
夕暮れ時茜空に浮かぶ花火!

今日は2台でちょっとお遊び撮影もしてみた。

c0201929_19212577.jpg

まぁ~これはやりすぎですわ。
写真を逆さまにして合成したのもあるし(笑)

c0201929_13115984.jpg
これは一発撮りですがなんか良く分からない只の光の線です。

c0201929_13120092.jpg
24-70mmでの撮影です。(一枚目の中央写真)
これは2カットの合成でスターマインの一部の青系の花火と尺花火の合成。
スターマインは打ち上げる勢いが凄いので同じ位置から打ちあがる場合はほどんど白飛びですが
短時間撮影で合成用には便利です!

c0201929_13115739.jpg
先ほどのスターマインのカットと別の花火と合成して左右は望遠系レンズで撮影したお遊び写真との合成!
風はずっと強く光線が歪曲してるのも悪くないですね(前向きですから)

c0201929_13120463.jpg
光線の流れ見たら逆さ合成してるのが分かると思います。
なかなかこのような花火撮影したことないですが一時間があっとの間でした。

c0201929_13120040.jpg
水上花火との合成。
花火っていっても結局は光の集合になるので撮影技法は色々ありますね~
それでも不規則に打ちあがる花火は簡単でないです。
最低でもプロブラムがありだけでかなり撮影幅も広がりそう。

c0201929_13115895.jpg
あのピンクの花火はどうやって撮れたのか?
わかりません。
右横の緑花火と一緒の撮影だったのですが・・・。
アッ初めピンクが打ちあがった時にズーミングしてから緑が打ちあがり外し合わせ外しだ・・・たぶん。

まだ小物ネタもありますので後半戦で。
ご一緒くださったYさんまたご一緒しましょうお疲れ様でした。


by noah_3776_2 | 2017-08-28 19:24 | 花火が打ちあがる風景 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

7/14入道雲と同じ日の夕焼けです。

c0201929_06014029.jpg
この光芒が見えた日の西雲は決して焼けそうな雲ではなかった。
c0201929_06075271.jpg
太陽が沈む間際の空模様は何層の雲が広がり積雲が全体を占めてるようです。

こうなると上空が焼けたとしても低い雲で遮られて上空の焼けが染まって地上から見上げると
不気味な紫色の空に染まることがあります。

c0201929_06075208.jpg
が、何やら良い方向へ向かってる感が出てきた。
焼光の筋が雲に付いたりしながらも染まりだしてます。

c0201929_06075230.jpg
青空が見えて上空の白い雲(巻雲)も見えますから積雲の上でも焼けそうな気配になってきた。

c0201929_06075350.jpg
日没後すぐに染まるのは低い雲の証です(太陽の光が入る間が短い)
驚くほど焼けてきました。
梅雨時特有の夕焼けって感じですが、今年の梅雨時の焼けは良く見えます。

c0201929_06075332.jpg
太陽が沈んだ辺りの空です。
低い雲の夕焼け時間は短めですので魚眼で全体を見てみます。
c0201929_06075402.jpg
西側は良く色づいてますが光は東方向まで届いてません(雲が低いので)
しかし良くやけました。

c0201929_06075102.jpg
そろそろ終盤です。

c0201929_06075167.jpg
色付くもの早かったですが引くのも早いです。

c0201929_06075259.jpg
今、焼けてる雲は巻雲で高層の雲で太陽が地球の影になるまでの時間が長く最後まで色付きます。

思わぬ夕焼けが楽しめた日でした。
 
最後までお付き合いありがとうございました。


by noah_3776_2 | 2017-07-30 06:05 | 夕焼け風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

7/14の記事になります。

まだ梅雨明けして無かったこの日は夏雲の入道雲(雄大積乱雲)がもくもくしてました。

c0201929_05472724.jpg
変化が激しいのでできれば雄大な場所で撮影したかったけど帰宅途中の場所で取り敢えず撮り。

c0201929_05472765.jpg
結構な高さまで伸びあがってます。
この雲の中では乱気流が起こり稲妻も見えるのですがこの時間では確認できないですね。

少し場所を移動してみました。

c0201929_05472800.jpg
いい場所に遅植えの水田があったので水鏡撮影です。
ただ、雲の質がいくつかあるようで何種類もの雲が出てます。

c0201929_05472753.jpg
影の出来てる雲は低く上の雲は白く太陽が当たってる(巻雲)

c0201929_05472666.jpg
引いてみるとこんな感じです見た目にも雲は何層にもなってるようです。
巻雲・巻層雲あたりは焼けそうですが入道雲は縮小してしまいそうです。

c0201929_05472887.jpg
また少し移動して稲を前景にしてみた。前雲が入道雲を遮りそうです。

この日雲の方角は北東で西側はこのような光芒がでてました。
c0201929_06014029.jpg
最後までお付き合いありがとうございました。






by noah_3776_2 | 2017-07-27 05:45 | 夕焼け風景 | Comments(0)