人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:散居村 ( 2 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

5/28日の散居村からの帰りの記事になります。
この日も朝が早かった・・・宮川の滝を案内してもらった後にコンビニで朝食を済ませて
再び稲葉山へ上がってみると一組の男性が会話をしていた。

どうやら二人で登山をしていたようで、下山して水を沸かしてコーヒーを飲みながら散居村をみてました。

c0201929_6121437.jpg


散居村を見下ろしてると北陸新幹線の高架線が見えたので時刻表をネットでみて待ってると
金沢~新高岡間に位置するこの場所は金沢~10分程で見ることができました。
しかし、防音壁が高すぎて良く見えてないですが・・・・わずかに見えます。
これだから8時台の新幹線を何度か見落としていたんだ。

そろそろ帰路にと思ったのが9時頃で時間もあるので国道304から帰ります。
その途中目に留まった「長瀞峡」・・・たしか埼玉県にあったような。
初め漢字が読めなく記憶に留まっていた。

ネットで調べてみると国道から10分ほど刀利ダム方面に進んだ道の途中にあると記されてる。
が、口コミ写真は一切ない。
そのうえ出てる写真はどうも埼玉県の長瀞峡!
でも、時間も余裕あるし「お宝さがし」でもしてみようと向かいました。

結果・・・どこにあったか分からない?
ダムに向かう県道10号線沿いにあるはずなのに刀利ダムまできてしまった。
丁度ダムの管理人さんが見えたので聞いてみるとこの先がその「長瀞峡」だと教えてもらった。

案内されてるときに目に留まったのが「小鳥」最近はこの小鳥ペットブームだとか。

c0201929_638278.jpg


調べてみるとツメナガセキレイだとか

c0201929_6425741.jpg


小鳥は滅茶苦茶手ごわいですね~なんっても動きが素早いからね~
この刀利ダムで小鳥と戯れること30分

c0201929_6442399.jpg


ダムの全景も納めて教えてもらった長瀞峡へ!

c0201929_6445797.jpg


現在ここから五箇山へ抜ける国道が通行止めになってるようで長瀞峡へ続く道も途中までしか
いけないようだ。
しかしそれらしい景色は見えない。ダムの上流なのでイメージはこんなん。

c0201929_6464667.jpg


貯水ダムですからね~暫く上流へ走るけど・・・トンネルだ。

c0201929_07385389.jpg

終には河原のような場所になってしまった。

もう引き返そう。結局なんだか分からなかった。
まぁこんなことも時々ありますね~

気を取り直してR304~R156へ
そろそろお昼ですが・・・・この辺には全くルートサイトに飲食店の案内がナビで出てこない。
では、一層の事再び白川郷へ行って飲食しようと向かいました。

交通規制があるのもしってるのでせせらぎ駐車場へ。そこから歩いて

c0201929_653995.jpg


昨日は逆光だったけど本日はトップライトです。
青空一つで全く変わるし新緑も生きます。

c0201929_6583146.jpg


稲の植えていない水鏡。
合掌作りの右手に大型バス専用駐車場があるのですが6台も停まっていて
飲食店も行列満席なので仕方なく素早く移動します。
しかしね~R156号沿いはなかなか飲食店が少なくそのまま御母衣ダム付近の新緑の撮影

c0201929_722557.jpg


光の加減でしょうが水の色が魅力的

c0201929_725311.jpg


昨日は朝早く曇り空の下で快走していたので光一つでかなり見方も変化しますね。

c0201929_741937.jpg


昨日 朝に記念撮影した荘川桜です。
いや~初めてみたけども立派な桜で大きな桜の樹が二本ありました。
今後、桜満開の時に来るのが楽しみになりました。

この後荘川道の駅に入ろうとしたけど高速入ってひるがの高原SAの方がいいと考えて
荘川ICから高速へはいり直ぐのひるがの高原SAへピットイン満車の案内通り車があふれてました。

既に三時のお昼は生姜焼き定食にしました。

c0201929_07392832.jpg

あとはこのまま高速で・・・と思ったのですが
ふと思い美濃ICで降りてここへ寄り道してみた。

c0201929_7153939.jpg


美濃の「うだつの街」です。
しかし太陽が低くなってしまって影が長くなってしまったのが残念です。

c0201929_717829.jpg


真っ青な天気だけにもう少し早く到着出来たらよかったかな。
しかし週末遠征にしては内容の濃い撮影が出来たように思います。

いつも最後までお付き合いありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2017-06-11 06:02 | 世界遺産 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

前回の白川郷~五箇山の続きになります。

相倉集落からR304で福光の出たのですが、山道続きで昼食を食べそこなってしまって
2時を回ってしまった。折角なので富山B級グルメでも食べてみようとスマホで探していたのですが
鱒寿司は気分でないし、黒部カレーでもないし、富山ブラック(ホワイトもあるそうでう)これだ!
スマホで最寄りを探すが富山市内しかなさそうなので、結局近くの行列ランチで検索すると

「らーめん真太」福野店

2時を回ってるのに三組並んでいて私の後にも並ぶような状態でした。

店員さんに案内されて「初めてです」と申告すると親切にいろいろと説明してくれましたが
初めての人には是非とも「塩らーめん」って注文した。
待つこと5分ほどで注文した「塩らーめん+餃子+鳥丼」がほぼ同時にテーブルに届いた。
c0201929_08125523.jpg

c0201929_08131903.jpg

グルメレポートは苦手ですので割愛!満足して店を後にして向かった先が散居村

散居村は砺波市の鉢伏山より見下ろすことができて三か所ほどの撮影ポイントがあるようですが
私は一番手ごろな駐車場から展望台まで一分のお手軽ポイントにしました。

到着したのが3:00過ぎ

c0201929_7164376.jpg


やっぱり時期が少し遅いようです。
水田には稲が植えられてから日にちが過ぎてるようで太陽の反射が少なく感じました。

私が山並の案内看板見てると二組の私位の夫婦がやってきて何やら山の話をしている!
その看板に書かれていた「医王山」何て読むかしってるか?
いおうやま?違う 「おいうぜん」が正しいらしい。
これ読めなければ人間じゃないらしいとそんな会話が聞こえてきた。

あっ 俺早く人間になりた~い・・・読めないわ


阿保なんで風も強く肌寒さえ覚えたので夕方まで仮眠!

その間にも車のドアの閉める音が時々聞こえるので結構の人が来てるようですね!
再び目覚めたのが5:00過ぎ。5:30まで仮眠の予定で目覚ましセットしたのですが目覚めたために
再び展望台へ(展望できますが台ってことは無く駐車場からの延長みたいな場所ですから手軽)

c0201929_724308.jpg


雲の間から光が漏れる光芒が見事です!
私は手持ちカメラで横着してると一人の若者が三脚を持ってやってきた。
私には珍しく声掛けなかった・・・何故かな?
暫くしてると一組の老夫婦も三脚を持ってやってきてる。
私も場所だけ確保したいので三脚を持ち出して空とにらめっこ

c0201929_728753.jpg


やっぱり何処にでも居る「地主」
ここで言う地主とは土地の持ち主でなく撮影地をホームグランドにしているカメラマンを指します。

今回の人は「当たり地主」でして撮影方法や狙い時と含め
散居村の歴史や生活感などいろいろと説明してくれました。
当たりと言ったのはカメラマンにとってうれしい撮影場所紹介でした。

今居るところが散居村の南側にあたる鉢伏山からで北側に位置する稲葉山へいけば朝一で
同じ写真が狙えるって事でした。
今夜どうしようと考えていた私にはありがたい情報でしてその場にいたカメラマン6人ほども
同感したようで明日朝行ってみると言ってました。

そんな会話をしてる間にも光芒が変化してるが強風で寒い。
車にライトダウンあるので出してくるほど

c0201929_739578.jpg


雲は低く幾重にもなってるのだろうか光芒が何か所からも出ている。
結局なところこのような光芒のワンステージで最後太陽は出ることなく終了になりました。

車に戻り今夜の宿の砺波道の駅で明日の場所など調べて就寝。

夜中起きると雨!まじですか。
3:30起きのそらは西は晴れてるが東がどんより暗い
兎に角新しくできた三井アウトレットの近くの稲葉山へは簡単に行けました。
到着すると小雨が降りだしてる。誰も居ない。皆さんの昨日の勢いはどうした?
昨日聞いた場所だろうと傘さしながら三脚にカメラをセットしてみるが上空は曇より

すると昨日の地主さんがやってきた。
向こうに見える一番高い山が剣山・・・どこだ?

山頂がギザギザした山????みえね~~って
うんうンと見えるふり

そのうちに太陽が出てきた。

c0201929_7513940.jpg


これピンボケでないのですがなんでかボケてる。
考えられるのが太陽の下の工場からの熱で変化したのかな?

c0201929_7534212.jpg


太陽がかなり北方向より昇ってくるので一層の事高圧鉄塔も入れてみた。

この後太陽は雲の中へ吸い込まれてしまった。
雨は小雨が降ったり強くなったり止んだりを繰り返してるので朝もかなり寒い。

c0201929_756828.jpg


日の出後の斜光が散居村を照らす。雲はあるが
南方面は(長野)かなり抜けていて北アルプスが良く見えてる。

c0201929_7592430.jpg


この間にも地主さんはいろんな説明をしてくれてる伏木港にある橋らしい

c0201929_811424.jpg


砺波平野を取り囲む奥には庄川と手前の小矢部川。
小矢部川は千曲川を凌ぐ曲がりくねった川だそうです(地主談)

日の出後一時間程度粘って撤収しました。
この後ご厚意で近くの滝を案内してくれました。

c0201929_86736.jpg


三の滝(手持ちの記録写真でお粗末)

c0201929_862348.jpg


二の滝(手持ちの記録写真でお粗末)

c0201929_863595.jpg


一の滝です。(手持ちの記録写真でお粗末)

最後までお付き合いありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2017-06-06 06:48 | Comments(0)