人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:岐阜県 ( 18 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_13475829.jpg
色々と走ってる中で道に間違えて右往左往してる時についつい見つけた素晴らしい場所だ。
お茶と桜だった。
c0201929_13475840.jpg
枝垂れ桜もあり畝沿いに桜が植えてある日本の風景だ。
c0201929_13475921.jpg
しかし少しだけ桜の時期が遅かったのでソメイヨシノがピンク色になってるのは花びらが散って弁が残ってるガク片が残ってるからだ。

c0201929_13480064.jpg
このような場所はまた来年も来てみたい場所だ。

c0201929_13475922.jpg
一週間前は満開前だろうから3日ほどまえなら・・・あっ雪の日だ。
あの日はどんな風景になっていたのだうか?
真っ白な世界から少しづつ雪解けしてカラーな世界に移り変わる瞬間に出会いたかったなぁ~

最後までお付き合いいただきありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2019-04-23 07:00 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_13024031.jpg
「嶽見桜」を後にして行く先は「水戸野のしだれ桜」です。
八坂湖でお話して紳士のカメラマンからの情報で先週見ごろだったとの情報だけどもいい桜だからと紹介されたので
ロケハンで行ってみた。

苗代桜に向かう途中に気になっていた川沿いの桜並木。
まだ暗かったのでよくわからなかったけども車を停めて撮影しようとするが結構散ってることがわかったので遠目での撮影に切り替えた。
c0201929_13031219.jpg
順光からもう少し散り具合もわかるが幸いにも逆光なので満開のように見えるが結構散りかけてますよ。

c0201929_13031223.jpg
こっちの写真は散ってるのが良くわかるね~川面がきれいなので
場所的には良さそうなので来年以降用にキープポイントだ。

c0201929_13031305.jpg
桜はいいけどもどうも気になるのは民家はよしとして湖岸の枯れ草だ。
先日雪が降った時はどうだったのかと気になった。雪で色くなったら面白いかもと思いながらも最終ポイントへ。

c0201929_13024042.jpg
「水戸野のしだれ桜」樹齢400年ほどの「彼岸桜」
夕方ではあるけどもまだ薄日が残ってる時間帯に訪れることができた。
人は少なく10人ほど。
ぐるーと回ってみるがどこからも幹が見えるので枝垂れにしたらまだこれから(数百年先?)かも。
c0201929_13024091.jpg
こちらからのほうが良いのかな?
もう5時30過ぎたので花粉で苦しんだ顔を洗い帰り支度をしたがここで思案。
折角来たので再度苗代桜のライトアップへ行くか?
しかし枝も折れてるし週末のこの時間から向かったら最前線のポイントに位置取りできなければ意味なしだし
太陽も隠れて薄暮のブルータイムがない。

考えてるとこの場所でライトアップ撮影しようと決定!
6:30からのライトアップなのでまだ45分ほどあったけど待つことに。

c0201929_13024121.jpg
この時間になると人が増えてきたが寒さも厳しくなってきた。
風が全くなく湖面の映り込みが美しい姿へ。

c0201929_13023955.jpg
真っ暗になり一段と美しい姿へなりましたが・・・皆さん気になりますよね~
観光客は声高に「奇麗・美しい・心洗われる」と楽しみながら喜んでます。
確かに見事な水鏡で美しいのですが・・・中心部の間がありすぎなんですよ。

c0201929_13024189.jpg
他力技ではあるけども車のライトが当たる瞬間を利用して間に部分に光を導いてみた。
もう少しするとこの花壇の花が大きく目立つようになると見事だろうな。

c0201929_13024136.jpg
この時もライトアップを利用したがハロゲンタイプのために白くならずですが斜光になり水面に映り込む結果になった。
結果、早く帰る予定がすでに7時30分。
ここまできたら車内泊(準備はしてる)して明日なにかしら撮影して帰ることも考えたがこのまま帰路へ・・・番外編あり!

最後までお付き合いいただきありがとうございました











by noah_3776_2 | 2019-04-20 07:00 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_12251758.jpg
苗代桜から移動して朝食をと思ったんですがなかなか飲食店がなくコンビニで買い出ししてから
撮影ポイントへ8時前に移動すると誰も居ない。
三脚立て放題ですからこの位置に固定して電車を待つ。
注意)この場所午後光がベスト

c0201929_12251711.jpg
桜は満開だけどお枝先の花びらがないことからやっぱりこのあたりの桜も咲が良くないのがわかる。
撮影してるとどんどん人が増えてくる。
c0201929_12251600.jpg
この日なんとも人生初の出来事が・・・・
お隣さんのカメラマンのバッグが私のと全く同じだよ。
その話から盛り上がり・・・・電車の待ち時間が気にならないようになった。

c0201929_12251758.jpg
私も昔は電車好きだった。
お隣さんのNさん飛行機も好きだとか・・・飛行機も少しだけしってる私は
共通の話題で楽しい撮影時間になりました。
本当は午後からの光がいいので私が居た12時過ぎからが良いのだけども桜巡りがメインなので
後ろ髪を引かれながらも教えてもたっら次のポイントへ。

c0201929_12255056.jpg
八坂湖の桜です。
通年は私の立ち位置は水中なんですが今年は干上がり状態なので
ライトアップの水鏡にならないらしい。
c0201929_12255094.jpg
湖畔に桜並木があるがここも咲き方がいまいちですが、この日は朝からすごく青空が美しい。
これだけでも見る価値があるが撮影が難しいのでそろそろ次の「嶽見の一本桜」へ

c0201929_12480796.jpg
ここから御嶽山がみえるようなのでこのような嶽見桜と命名されたような?
実際は峠の途中になるので「袋坂峠の一本桜」らしい。
c0201929_12480886.jpg
聞くところによると「エドヒガン」らしいが花が実にピンク色であることが見てわかるでしょう。
この桜を撮影するなら順光の午前中早めだ。
私が3時過ぎなので下から見ると逆光なので上なら撮影してみた(広角必須)
c0201929_12480752.jpg
花付きが上のほうはいいけど下の枝はよくないのでは日当たりのせいなのか?

c0201929_12480854.jpg
斜光で花びらの色を強調してみる。
これから天気が崩れて明日が曇りなので折角の遠征だけども今日はこのまま一か所ロケハンして帰ることに・・・続!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


by noah_3776_2 | 2019-04-17 07:00 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
c0201929_11172292.jpg
4月入ってからなかなか時間がなくようやく4/13日が休みになったので近江八幡水郷巡り・海津大崎に行くか下呂市苗代桜に行くか迷って
いたが、水郷巡りの屋形船の定期船は10時だと情報を得たので今回は「苗代桜」狙いで3時に出発。

もう少し早く到着するかと思ったが意外に時間がかかり到着は6時少し前。

c0201929_11172035.jpg
ここの定番は縦位置。
到着すると駐車場には10台未満の車が・・・現着(初めて)すると10人ほどのカメラマンがすでに三脚で場所確保。
ご挨拶して空いてるスペースにお邪魔します。
c0201929_11172127.jpg
今朝は結構冷え込んだため待ち時間が厳しい(車には厳冬使用の準備はあるけど)・・・我慢。
既に前の山にも光が当たってきてるのでそろそろ勝負タイムがやってくる。

c0201929_11172162.jpg
桜の樹の上から次第に太陽が当たり水面に映り込む。

c0201929_11172116.jpg
いい感じに水鏡に。
こうなると刻々と姿を変えてゆく。

c0201929_11172257.jpg
はい桜の樹には完全に光が当たる。
後は桜の樹の後ろに光が当たれは一幕が下りる。
c0201929_11172082.jpg
これで太陽の光が樹まで回り込んだため納機することにした。
明るくなってきて分かったが桜の樹の枝が折れてる。
聞くと4/10の雪で折れたらしい・・・しかも二本も。
向かって右の大きい樹と左の樹も折れたとのことでしたが、見事な水鏡の逆さ桜を撮影することができた。
ここで得た情報でこれから電車と桜の撮影のため移動する・・・・続!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。




by noah_3776_2 | 2019-04-14 11:38 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_20381238.jpg
桑名から揖斐郡池田町へ向かう途中の河川に咲いていた桜並木です。

c0201929_20381203.jpg
この写真では見えないのですが伊吹山がみえましたよ。

ただ伊吹山を入れると鉄塔やら電線やらと色んな障害があるのでここではお見せ出来ませんでした。

c0201929_20381296.jpg
先ほどの並木の対岸の桜です。
この写真の右手延長線に伊吹山が見えました。が、竹藪があり鉄塔があり・・・残念。

c0201929_20381108.jpg
川沿いの桜並木はやっぱり土手が似合いますね~
青空の中寒さを越して咲き誇る桜を一層美しくしてるようです。

c0201929_20381119.jpg
水面の近くから逆さ映り込みを入れて撮影。

c0201929_20381196.jpg
先ほどはこの橋の上から撮影した写真があります。

近所の人々が散歩しながら花見をする程度の静かな場所ですが
私はこのような落ち着いた場所が好きです。

最後までお付き合いありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2018-04-17 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_20230680.jpg
前回に来た時は雨上がりの曇天でしたが、今回は快晴の青空で最高!!

ここの桜もまたいいですね~

c0201929_20230739.jpg
丁度陽が少し西へ傾きかけた頃ですがほぼTop lightでの撮影になりました。

並木はこの時間帯が光周りがいいです。

c0201929_20230741.jpg
ここの良いところは桜のトンネルが二段になることですが、
悪いことは車が通ることですね~

しかし今回は一枚目の写真のように非常に映える赤のオープンカーが走ると言う
最高の運も味方になってくれました。

c0201929_20230579.jpg
所々に菜の花が咲いていて良いアクセントになりますね~

c0201929_20230625.jpg
ここの桜は平地なので少し散ってますがまだまだ満開の範囲でした。

c0201929_20230689.jpg
結構の大木が2キロほど続いてますので見事ですよ。
しかし屋台などは無いですから写真撮影には嬉しいです!
c0201929_20230720.jpg
この写真で言えば右下が歩行者専用の桜のトンネルになりここは車道側の桜のトンネルになります。

c0201929_20230525.jpg
大学のグランドでは野球の練習をしてました。
この後彼らは走り出していきました。

c0201929_20352080.jpg
最後までお付き合いありがとうございました。

続く・・・道すがらの桜編。



by noah_3776_2 | 2018-04-14 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_19555169.jpg
前に「九華公園」より移動すること岐阜県揖斐郡池田町の「霞間ケ渓(かまがけい)」読めないですね~
ここは日本桜100選に入ってる桜です!

c0201929_19555107.jpg
丁度満開の桜が見ることができました。

メインになってるのはこの橋です。

c0201929_20020447.jpg
c0201929_20020984.jpg
この日は土曜日とあり多くの人出でした。

c0201929_19555113.jpg

反対には水が流れてます。

駐車場も多く用意してありますので昼前の到着でしたが渋滞なくこれました。

上にはさくら館がありその途中には立派な枝垂れ桜がお出迎えしてくれました。

c0201929_19555233.jpg
超広角を用意して無かったので画角に入りきれないです!

上から俯瞰した様子。

c0201929_19555071.jpg
霞間ケ渓を後にして今度は大垣市の大島堤ですが・・・一飛びして「養老公園」へ

霞間ケ渓を出たのが12時前で大垣へそこで2時間ほど撮影してから養老へ着いたのが3時前でした。
が、凄い人でした。

c0201929_20101439.jpg
カップルや家族で満開の花見を楽しんでました。

c0201929_20101499.jpg
この日も暑く水遊びを楽しんでる人が多かったです。

c0201929_20101498.jpg
秋の養老も良いですが春もまたいいですね。

c0201929_20132421.jpg
秋の様子です!

c0201929_20101482.jpg
山間の夕暮れは早いですね~既に影が長くなってきましたので
次第に人も減ってきました。

c0201929_20101380.jpg
ここも到着した時には多くの人が居ましたがもう一組のグループのみですね~
撮影するにはありがたい。

c0201929_20101532.jpg
同じ場所からですが、レンズの画角を変えました。

c0201929_20101597.jpg
ぐるりと回って見ましたがこの場所が桜撮影に良かったです。
平地よりも少し山間部なのでまだ散ることなく満開中でした。

c0201929_20101357.jpg
ここの河原には緑が無く映えませんね~

この後5時過ぎにはもう一度朝一の九華公園に到着するように養老を後にしました。

最後までお付き合いありがとうございました。








by noah_3776_2 | 2018-04-08 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_16573961.jpg

虹を見送ってから華厳寺に到着した時には雨も強くなっていたためか
駐車場は簡単に停めることができた・・・が、実は参道の奥のお寺の駐車場も利用できたようでした。
(この続く道の先にPあり)
c0201929_16573735.jpg

参道脇の楓も綺麗に色付いてます。
お店屋さんもたくさん出て名物の柿も売ってますので歩きながら楽しめますよ。
c0201929_16573600.jpg
この楓も参道脇のもみじ。雨に濡れて色味が増してます。

大門をくぐると雨に濡れて色味を増した黄色く色づいた紅葉が目に飛び込んできました。
参道を歩くと両脇には塘路がいくつもあります。
c0201929_16573710.jpg
人が多く参拝してるので少し構図を右に振ってます。

c0201929_16573844.jpg
年間通して湿度が高いのでしょうね!
苔も綺麗です。

手水舎には飾り花があり色を添えてました。
c0201929_16574090.jpg
お寺の大きさの割に柄杓が少ないような・・・気がする。

この手水舎の所にこのお地蔵さまが見守ってます。

c0201929_16573925.jpg
まさに落葉した「花道」

本堂についてびっくり!
c0201929_16573463.jpg
大きな樹(なんのきだろう?)が倒木して本堂脇の大きな塘路へ直撃して石の塘路が撃破されてました。
きっと先月の台風の影響ではないだろうか?
琵琶湖脇を通過した台風の影響かな?参道へ突き出した先端の樹は切られてましたがまだこの大木の処理ができないまま
紅葉祭りに入った様子ですね!

c0201929_16573525.jpg
参拝して階段を下ると見えた景色。
雨も強くって傘での撮影は難儀なので足早に移動です。
c0201929_16573454.jpg
この紅葉は傷も焼けもなく綺麗でした。

追伸
この日は年に一度の谷汲駅でのイベントがあったようで
鉄道ファンは谷汲駅で僅か50Mほど走る名鉄電車700系を撮るために集まってましたので
私も便乗して撮影してきました。

c0201929_17253729.jpg
また時間のある時にアップロードします。

最後までお付き合いありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2017-12-02 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

郡上八幡城から移動してると再び(三度?)の雨!
今回は強めの雨で傘がないと撮影もできない様子。

その時に出た虹は円の頭しかみえないような低い虹でした。
c0201929_16363818.jpg
が、はっきり見えないですね。
走りながらも時々見える虹を横目に現着。

急の雨で足早に帰る車が多いためか車も簡単に停めることが出来た。

c0201929_16363896.jpg
雨上がりで山からは蒸気があがり山肌も色づき遠目には色付きが良さそう。
人出は雨の為か少な目・・・より急の雨で気温も下がり寒い。

c0201929_16363925.jpg
滝に続く道の両側にはお店があり目新しそうなお店も増えてる様子です。
養老と瓢箪は昔話にもでてるようです。
瓢箪にここの水をいれて置いたら「お酒」になったとか?

c0201929_16363909.jpg
滝に向かう途中ですがまだ色付きも浅く暫く先のようですね。
毎度感じる滝への道・・・きつい!
c0201929_16364004.jpg
雨のお陰で岩も濡れてしっとり感満載。
c0201929_16364157.jpg
紅葉も綺麗に色付き始めてます。
ここも多くの人がインスタ映え目指して撮影してました。

養老の麓はもう一週間ほど後が良さそうです。
華厳寺向かうときにまたまた虹が!
c0201929_16364172.jpg
アーチが入るように停める場所を探して撮影。
c0201929_16363719.jpg
はっきりした色味の虹ですがこの時は反対側まで続きませんでした。
この先華厳寺に続く





by noah_3776_2 | 2017-11-30 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
c0201929_06500234.jpg
夕景と思われがちですが、山並に太陽が当たってますので朝一の順光焼けです。
この日は東(後ろ)から当たった光に雲が色付いてくれた。

c0201929_06495919.jpg
昨日夜まで撮影した後、一度下って早朝再び霧景色を期待して撮影に臨んだ。
この季節日の出が6:20分頃なので現地に一時間半前に到着した・・・・ら
既に撮影する場所が無いほどの三脚が並んでいた。
路駐は既に3台がそして脇道の駐車場は2台停めてあり停められない。
止む無く私も路駐へ。
しかし撮影スペースが無く片隅の電線の間から撮影しようとしてると
不憫に思ってくれた人が三脚一台分をゆずってくれた(感謝)
c0201929_06500060.jpg
まだ真っ暗だけども霧が全く出てない。
薄明が始まり一層の冷え込んだけど霧はなし。昨日降ったりやんだりの雨だったのに
残念ながら全く期待できないかも。
次第に明るくなってくるけど霧がでたのは僅かこの程度でした。
c0201929_06500162.jpg
霧が出やすいのに撮影者の皆さんも残念そう。
しかしこの場所なら富士山と比べても遠くないのでちょくちょく来れそうです。
c0201929_06495751.jpg
この後次第に山肌に太陽があたりコントラスト差で撮影困難でしたがお城全体に光が当たるのを待ってから(日の出後一時間程)
次の目的地横蔵寺へ向けて移動しました。
(既に掲載済)
横蔵寺を後に華厳寺も考えたのですが「揖斐峡へ」
この横蔵寺から近いのですが・・・この日は「揖斐川マラソン」開催日との事。
それでもと思い向かってみた・・・。
山道からトンネル超えて揖斐川沿いに突き当たったとたんに交通規制が・・・・。

多くのランナーが其々の思いで走っている様子。
コスプレしたり被り物などPRする人や自分に挑戦してる人など其々の思いが垣間見えるようです。
結局揖斐川沿いはマラソン規制で車止めはできなくそのまま北の横川ダム方面から徳川ダムへ

c0201929_06495892.jpg
山がきれいに色付いてました。
もうピークでしょうか時間的にお昼を過ぎて太陽は西へ傾いていますから影が伸びてます。
南中ならもう少し影が短くって済んだのに。
それでもいい感じの写真になりました。
c0201929_06495895.jpg
暫く走ると山の中にお城が「藤橋城」です。


天気が良く彩が素晴らしいです。
そのまま徳山まで行きます。
c0201929_06495962.jpg
徳山ダムです。
ここの受付でこの先の案内を頂いたのですが今日は夕方までに地元に戻って所用があるので
引き返すことにしました。
しかし結果5時までに地元に帰れずに所用をすますことが出来なかった。
こんな事なら徳山周遊したかった。
つづく!

最後までお付き合いありがとうございました。



by noah_3776_2 | 2017-11-27 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)