人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:大蔵高丸 ( 1 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_79356.jpg


昨日は山登りで疲れたので今日はゆっくりするつもりがなぜかまた甲州市の湯ノ沢峠へきてます。
なぜだろう?

昨日、下山してから駐車場でゆっくりと明日のことを考えているときに写友さんの言葉、雁ケ腹で撮影していた人達・姥子山で出会った人たちとの会話で白山丸が見晴らしがよく登山時間も1時間程度なのでお勧めとのことが頭をよぎる。
この時には気が付かなかったのは、山の周辺には山好きしか居ないことに・・・。
そうですすっかり写真好きの枠から山好きの枠の中での会話になっていたことに、その時には気が付かずに「大和山目温泉」で疲れた身体を癒しているときにもここにきてるお客さんの多くはリュックを背負った人ばかりで登山の話ばかりしてる。
今日は天気がよく見晴らしも最高だった・・・今度はあの山へ行きたいなどなど。
こんな枠の中で過ごしていた自分が居たので連日登山と相成りました。
(すっかりマインドコントロールされてましたね)
そんな訳で今日も元気に登る予定で湯ノ沢峠駐車場にいました。

R20号線(西方面)を景徳院シグナルを東方面に鋭角に折れ直進しトンネル超えて大和山目温泉が見えてから分かれ道を右手方面へ、その後は一本道で湯ノ沢峠駐車場へ約30分で到着。すると2台の車が停まっていた。早速話してみると今朝も白谷丸で撮影したが良かったとのことで明日も白谷丸に登るらしいので少し安心して今夜も楽しいひと時の堪能し就寝。

車のドアの音がし出したので起きてトイレから戻ると隣に見覚えのある車が一台ある。真っ暗のなかHさん?って声掛けするとTさんの返答が・・・あれ~~~~。
暫くミーティング。
白谷丸の予定がHさんに引率してもらうことで大蔵高丸~ハマイバ丸コースへ決定。
ゆっくりと歩きだし毎度つらい坂を登りながら休憩し約45分ほどで大蔵高丸山頂へ!
時折自然保護の柵を通りながら笹に囲まれた登山道ではあまり風を感じなかったが、山頂は結構なを感じながら早速撮影。

c0201929_7333016.jpg


南東方面は相模原・横浜方面は雷雲があり稲光するほどでこの場所上空も時折ガスが流れて星が見えなくなる。富士山左側の明かりはおそらく大月市の街灯り。
次第に上空もガスに覆われて背後の白谷丸もガスに包まれてるので、この時点では大蔵高丸へきて正解だがこの場所もこの先どうなるのか心配?

c0201929_739389.jpg


富士山も見えなく出し雲が切れた瞬間にする、
相変わらず白谷丸はガスの中で横浜方面は稲妻が発光してる。

c0201929_7411977.jpg


良い時間帯になるけど富士山が隠れるほどの雲が出て凹む時間も続く、
太陽がでる方面も雲があるので山頂に光が当たってくれない。

c0201929_743033.jpg


残念ながら太陽が高くなってからやっと光があたり富士山の姿がお目見え。
太陽が出て20分ほどしてここからハマイバ丸へ移動ですが、
先導してくれるH・Yさんもここからは楽な道を30分ほどだからと安心した言葉を。しかしこの言葉は客観的な言葉が多く少々不安でしたが、高丸からハマイバにも二か所の自然保護の柵があり平坦な道をあるくと撮影ポイントに到着するほど気分の良い道のりでした。

c0201929_717145.jpg


到着した時には青空だけど前雲が高く稜線が見えない景色で、
紅葉はここも少し遅い感じでほかに撮影してる人もいなくゆっくりした時間を過ごしてると
東方面の山並が幻想的に見えてきました。

c0201929_7193242.jpg


山々の重なりなど平地では見ることができない景色に少し心を持っていかれそうでした。

c0201929_721860.jpg


前雲が切れるまで待ってみたものの次から次へと湧いてくる雲に8:00を回りそろそろ撤収モードへ
納機し、来た山道を大蔵高丸へ引き返すころには登山客も増えてきて狭い道ですれ違う。
大蔵高丸で引き返すと前雲も少し切れかけてきていた。

c0201929_7324320.jpg


山頂では数組の登山者が集まる中で私たちも休憩。

本来登る予定だった白谷丸+登った大蔵高丸にハマイバ丸となぜこの大月・甲州市付近には「山」でなく「丸」が付くのかと気になった私は調べてみました。
まずハマイバ丸・・・「破魔射場丸」 漢字で書くと少しイメージがわくかもしれませんが昔はこの辺りで破魔矢を射る場所だったようでその辺りが名残のようで、「丸」ですがこちらは真相ははっきり書かれたものが無かったので、どうも西暦700年付近の朝鮮古文が関係してるようで山梨県しかない地名の「垈(ぬた)」からが起因してるようで怒田・沼田を表現した言葉のようで、古代朝鮮語の研修によって「山」のことは「モリ・マレ・マル」はと呼び訛ってマル=丸と呼ぶようになったのではないか説でした。

暫くすると20人ほどの団体さんも来たので入れ替わりで私たちは下山するために歩き出したものの、登りは会話がきついですが下りは普通に会話ができ息も上がらない程度で本当に楽しく下山できました。
駐車場へ着くと引率してくれたH・Yさんは用事があるとのことで早々にお帰りになりました。
Hさんありがとうございました。
私は少しゆっくり片付けしながらお隣さんと今日の撮影の話をして、昨日行った「大和山目温泉」によってこの後どこへ行くか思案していたんですが、結果明日の帰路のことも考えて先月に行った「甘利山」に決め20号線を西に向かって走り出し夕方日の入り前に甘利山へ到着出来て、早々に東屋の撮影ポイントへ向かいました。
すでに5人ほどのカメラマンが居ましたので空いてる場所に三脚を立てて撮影。

c0201929_048544.jpg


今朝からですがまだ多少霞んでます。

c0201929_050917.jpg


上空には雲がないので焼けることもなく寄って撮影してみました。
やはりこの場所は夜景から明け方がいいですね!

c0201929_0513743.jpg


日の入りすると東の空は雲海に浮かぶ八ヶ岳の奥には地球影と夕景グラデーシュンで終了!
今夜も明日に備えて適度で就寝!

今回も最後までお付き合いありがとうございます。



by noah_3776_2 | 2016-11-12 06:56 | 富士山 | Comments(3)