人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:八千穂高原 ( 3 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

本当に撮影にはしんどい時期になってきてますが、初夏より梅雨前にため込んだ写真を小出ししてきます。
気持ちよい時期を再び思い出しながらご一緒にどうぞ。

c0201929_07082445.jpg
ここは八千穂高原にある日本一の白樺林で、
初めて訪れてから既に10年近くなりそうです。初めて来たときもこの新緑の頃でこの6月以外は来たことないかも。
見るにはこの真っ青な青空の元の新緑がいいですが、撮影には雨上がりの霧などは幻想的で感動します。
「白樺の小径」だったかな?
新緑の中新鮮な空気はとっても気持ちいいです。まだ早朝なので爽やかな空気感で歩いていても汗ばむことは無かったです。
まぁ~どこ見ても一面の白樺林ではあるのですが、間もなくするとこの新緑の中にルビー色の躑躅が彩を添え一層森が輝き
その景色は見事ですよ。

c0201929_07082346.jpg
私が訪れた6/3でも少しはレンゲツツジが咲いてはいましたがほんの2.3分咲程度でしたから10~二週間後は
いい感じになるのではないでしょうか?
ただ、この辺りは峠で少し走れば標高が変わる為にこの日も少し下った駒出池付近の山斜面にはレンゲツツジがいい感じで咲いてました。

c0201929_07265723.jpg
池の畔には大きな株が二つあって丁度見ごろになってました。

c0201929_07082540.jpg
新緑の中で空気はとっても気持ちいいのですが、小径から逸れてしまうと小笹で足元が覆われるだけでなく
蜘蛛の巣のトラップには引っかかるし虫も多いので小径からは逸れないほうが森林浴を楽しめそうです。

c0201929_07082664.jpg
私が撮影してるときは一人だけ同じ景色を撮影してる人がいた程度でほぼ撮影し放題でした。
人が多くなると人が入り込むこともあるので、何れにしても早い時間がお勧めになりますね~
そう行かれるとわかりますがこの時期でも蝉が泣いててなんか変な気持ちにさえ感じます。

何年前になるかな~季節外れの蝉を見たときには驚いたものです。
八千穂高原のサイトです↓



c0201929_07082627.jpg
どうもこの樹はタケカンバと思われます。樹皮が手でも捲れるほど柔らかく茶褐色で白樺のように幹にヒゲのような黒い彫がありません。
葉っぱにも違うがあるようでタケカンバの方が光沢があるようすが写真では比較できません。

c0201929_07082509.jpg
雲一つない青空ですが・・・この後高原らしい雲が出てきて風もでてきましたが清々しい撮影を楽しめました。



by noah_3776_2 | 2017-06-21 06:46 | 芽吹きの風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

数年ぶりの新緑の長野県遠征してきました。
6/2仕事が終わって仕度を出発したのが20:30過ぎで高速で八千穂高原に向かいました。
ETC割り引きの関係もあり諏訪湖SAにて仮眠して3:00起きして初の「御射鹿池」へ走り出しました。
c0201929_08290904.jpg
御射鹿池はこれまで何度と立ち寄る機会はあったものの素通りばかり繰り返し、最近知り合いよりこの近くに大手ゼネコンがリゾート開発案があるので
早めに行った方がいいとのことで今回撮影になりました。
ネットで情報を入手してると駐車場は数台停められる程度とあったのですが、諏訪湖ICから走ること20分ほどで既に薄明が始まる中現着です。
現地付近は道路も整備されていて駐車場もしっかり整備されて道路挟み両側に30台ほどづつ停められるようになってました。
私が到着した時には2台先着ありましたが、次々に車がやってきてました。
まだ暗い中私も撮影場所を確保するためにライトを出して散策してると写真をみて右手奥(西)は立入禁止になってました。
道路沿いに柵があり自然保護の為に池付近は全面立入禁止でした。
見るところこの柵も立入禁止も最近のようで駐車場が整備されたときにすべて一変された感じで、池付近も最近まで入っていたようで
足跡もたくさんありました。

c0201929_08291078.jpg
私は道路沿いの西手の木々の間に陣取り夜明けより撮影してましたが夜明け頃から風があり池がざわついて水鏡が出なかったけど
落ち着いてきたところを撮影しました。
この池にはカモが数羽確認できてこの時も夜明けとともにどこからともなく飛んできました。

c0201929_08291016.jpg
空も明るくなって綺麗な水鏡になってくれました。(PL使用)
この日は20人ほどのカメラマンがいましたがどうやら撮影ポイントは池の東側(私が陣取りしたより)がいいようで
駐車場に近い場所に多くの人が集まってました。木々の間が狭いのですごく密度が高くなってましたが、結構短時間で自由に移動してますので
少し待てばどこでも道路沿いなら撮影可能ですね。

c0201929_08291153.jpg
ここが駐車場に一番近いポイントでしょうか?5:30には御射鹿池を後にして
さてこの次は白駒池に向かいました。

6:00過ぎに白駒池駐車場へ到着し歩き出したのですが、3年前に来た時よりも緑(苔)が褪せてるように感じました。

c0201929_08291162.jpg
風が強く湖面は波打ってましたが湖畔を一周するとまだ残雪を見ることが出来るほどした。
依然も思ったのですが石楠花の木が各所にあるのでもうしばらくすると綺麗な花を見ることが出来ると思います。

c0201929_08291286.jpg
最近は新聞などのルアー紹介でも八千穂高原の白駒池の苔の写真が出てるなど有名になりすぎる前にお出かけください。

c0201929_08291396.jpg
雨降り後であればもう少し苔も生き生きするのでしょうが。
c0201929_08291254.jpg
早朝の空気のなか散策してると、杉の新芽がどんどん映えてきて命を感じます。
c0201929_08291291.jpg
さて足早に湖畔を一周してみました。が、以前は気づかなかったけどもこんな看板がありました。
c0201929_09565554.jpg
確か日本一標高のある池だったはず。右側を振り向くとライブカメラが・・・・。
お目当ての水鏡は駄目そうなので帰ります。
c0201929_08315588.jpg

入り口にある場所で記念撮影を終えて八千穂高原 駒出池へ向かいます。

が、その途中の下り峠で目に入ったものが雲海です。この辺りには良く見ることが出来る雲海ですが今回も出迎えてくれました。

c0201929_10175833.jpg
あれ~なんか違うなぁ~車内からはもっと迫力ある雲海だったように感じたのですが。
以前見た夜明け雲海です。http://noah3776.exblog.jp/16460230/
驚いたことに既に6年も前の事でした。

たしかこの反対側には富士山が展望できたはず・・・

c0201929_10460758.jpg
頭だけはっきりとみえました。

さぁて少し下って駒出池へ。
c0201929_08290838.jpg
思えば朝から池続き三連続です。ここも何度か来ている場所ですが少し変化があったようです。
c0201929_10264681.jpg
中州のミツバツツジが咲いてる様子がわかりません。近づいてみると2.3輪咲いてる程度でした。
c0201929_10264661.jpg
池の周りにはレンゲツツジや菖蒲などが咲いてますので撮影は色々と楽しめますが、
やっぱり朝一の空気感は無くなってました。
c0201929_10264719.jpg
湖畔ではキャンプと楽しんでる数組のグループがありましてこの日も複数のテントが張って有りお話を楽しんでました。
では以前はよく行った「高原の貴婦人」に逢いにいきましょう。
c0201929_10264583.jpg
少し元気がなくなったように感じた高原の貴婦人です。近くで撮影した人を話をしたのですが
初めて訪れたとのことで比較できなかったのですが、貴婦人の周りにはロープが張ってあり基本入ることが出来ないのですが
樹の下を見てる枯れた花が落ちてる様子もないので満開近いようですから今年は裏年なのかな?

今回4度目の池
c0201929_10264451.jpg
少しのんびりと八千穂レイクからの撮影です。
ここでは多くの人が釣りをしてましたが風が強くルアーの人は良いようでしたがフライフィッシングの人たちは難儀してるようでした。

さってのんびりとしたところでこれから大移動で群馬六合村(くにむら)へ向かいます。

ここまできたら最後に5つ目の池でなく湖の野反湖です。・・・が生憎の天気でした。

c0201929_10460212.jpg
最後までお付き合いありがとうございました。

次回はお目当ての「ちゃつぼみごけ」です。









by noah_3776_2 | 2017-06-13 06:55 | 芽吹きの風景 | Comments(0)
昨年は私用で出かけることが出来なかった八千穂高原へ一年ぶりに6月15日に行ってきました。

-ウィキより引用-
八千穂高原(やちほこうげん)は、長野県南佐久郡佐久穂町(旧八千穂村一部小海町にもまたがる)にある高原。八ヶ岳北麓に位置する。あまり大規模な開発が行なわれてこなかったため、長野県内の他の有名高原に比較すると割合素朴であり、自然を生かした見どころが多い。国道299号が高原を貫き、秋には白樺やカラマツが紅葉し、ドライブコースとしても好眺望を楽しめる。茅野市と佐久穂町の境をなす麦草峠は標高2127m。日本の国道で2番目に標高の高い地点である。麦草峠から茅野市方面の高原は蓼科高原となる。
また日本一標高にある「白駒池」もある。

朝一は佐久市の上空の雲海を撮影してから、白樺林に咲き誇るレンゲツツジを撮影に行きました。前日は甘利山で場所が無いほどのカメラマンでしたがここはゆっくりした時間が流れるような空間で撮影ができました。新緑の中に輝くレンゲツツジはなんとも印象的で撮影していてもウキウキしちゃいます。何度来てもここはいいですので皆さんも一度お出かけください。大型バスでの撮影部隊もきてますが、
c0201929_755933.jpg
夜~明け方はかなり冷え込むので着るものも注意してしっかりした上着もお忘れなく!
c0201929_7553323.jpg

白樺林とレンゲツツジ
c0201929_7554521.jpg

新緑から差し込む太陽とレンゲツツジ
c0201929_756026.jpg

心安らぐ新緑とツツジ
c0201929_7561116.jpg

大型バスで撮影にきていた連合部隊
c0201929_7562486.jpg

太陽の梯子を呼ばれる気象現象(良く見れます)
by noah_3776_2 | 2014-06-25 07:59 | 躑躅が咲く風景 | Comments(0)