人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:一本桜 ( 4 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_18501441.jpg
早朝の星空です。左に北斗七星右にカシオペア

昨夜も星撮影をして寝たのですが今朝も2時30起きで星撮影です。
昨夜右手にあった北斗七星は朝には左手へ半周回ってます(地球が)

今朝は見ての通りでピーカンの空模様で朝も特段変化は無かった。
c0201929_18501529.jpg
朝陽が当たってきた。
昨日と違って雲がなく岩手山もはっきり見えるけども観光写真です。

c0201929_18501541.jpg
朝陽が伸びて芝生にも陽が入ってきた。

c0201929_18501417.jpg
陽も高くなり桜の樹の右側にはしっかりライティングされた。
こう見ると桜の左側が暗い言うか花が少ないようです。

今日は寄ってみたい場所があるので早めに小岩井を後にします。

c0201929_18501671.jpg
小岩井牧場付近の桜並木です。

その後に立ち寄った桜。

c0201929_18501355.jpg
写真ではわかりにくいけどもすでに葉っぱも出てきてますが、
5/2日に岩手県入りしてから三日目だけどずいぶん楽しませてくれました。

c0201929_18501653.jpg
岩手に来ると時々やってくる盛岡の外れ地区
本当はこの場所では無かったけども狙いの場所はまだオオヤマザクラの咲は早かった。

岩手山は見る角度で富士山以上に変化あるお山です。

この近くに数年前より気になってるお店がある。
毎度通るたびに行列のお店。昨日友達とホルモン鍋食べてる時に聞いたけどもこのお店はかなりの人気店。
今年ようやく開店前に並び食することができました!
開店したら直ぐにテーブル4席に座敷6席が満席になり尚も並んでるよ。

c0201929_19222585.jpg
直ぐに人気のホルモン鍋を注文。これで一人前650円他
ここは麺も丼も美味しいとのことでもう一品カツ丼を頑張って注文してみた。

c0201929_19230144.jpg
7・8分ほど火をかけると美味しそうな鍋に。
ここは少しピリカラなんですが次第にキャベツの甘味でまろやかになりました。
ホルモンの量は昨日のお店のほうが多かった。

c0201929_19233442.jpg
鍋がこの状態のときに既にカツ丼がお手元へ配膳された。
カツ丼は普通の味でしたがホルモンはとっても美味しかった。

その後八幡平へ向かうときにお世話になるお風呂へ。
春の大風が時折吹き抜け桜吹雪になる。

c0201929_18501413.jpg
なかなかいい場所が無く校舎の影を利用して。

本日の最終ポイントは為内へ。

c0201929_19103469.jpg
太陽が西に傾きかけてる。
ここで昨年会った人と話してるとこれ又昨年春の大嵐の豪雨の中私たちだけで撮影していた時に会ったご夫婦とも出会い
あの時の雨の激しさの懐かしい話で盛り上がってるとこれまた昨年あった写真団体の先生と生徒さんにも会ったりで
これだけ偶然の4組の組み合わせも撮影旅の楽しみの一つです。

c0201929_18501534.jpg
奇麗な風景だけども雪の少なさが少し目立ってきてます。
カラマツの新緑が奇麗なのはやっぱり暖かいからか?でも桜は例年並みの時期の開花だと思うけど。

長かった東北桜旅も今日の夜が最後になる。
明日の朝はここへ来るために今日は道の駅に引き返すことに。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
続く。







by noah_3776_2 | 2019-06-03 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07103908.jpg
岩手県 小岩井牧場の一歩桜 少し花が少ないかな。

元号も令和に変わり二日目の5/2連休も後半戦に入ってきました。
前半戦は青森で天気に恵まれ後半も良さそうな岩手県周遊できそうです。

昨夜はゆっくりでき今朝は3時起きでポイントへ。
一台だけ停車してる車があるが他は誰もいなそうなのでしばらく車内で待ってると一台の車がやってきて
三人連れできた。撮影ポイントには問題ないので焦ることなくグループに続きポイントへ向かう。

c0201929_07104079.jpg
雲が低いところまで降りてきていて岩手山が見えてない。
あちゃ~予定外だ。

っても東の空は明るくなってきてるのでこのまま待機してる。
私たちがやってきたことで一番乗りしていた人もやってきた。
が、・・・・兎に角よくしゃべり声がデカイ!

雨が降り出してきて暫く我慢していたが雨も強くなってきたので一時避難するために車へ戻るときに
三人組に声かけられ「お帰りですか」って
一時避難します・・・西の空が明るくなったので現場に戻ると彼のおしゃべりは雨の中でも続いていたらしい。

知ってる人は私もおしゃべりだと知ってるだろう。
しかし声はデカクないし常識はあるほうだと思ってる。
この男性・・・喧しい。車のナンバーから「とちぎ」県民だろう。

*)とちぎ県民を指摘してる訳では決してないですから。

ただ彼の声がデカイくおしゃべりだと言ってるのです。
10Mほど離れてるけど会話が筒抜けさ。
しかも話してる3人連れは有名なカメラマンさん達で昨年私は写真展に行ってる人に知ってか知らぬか一歩的に話してる。
富士山撮影してても時折いるのでどこにもいるのだろうけどかなり静かな場所なだけに声が響く。


動物撮影なら完全な迷惑行為でNG。

c0201929_07104014.jpg
そんな事を一人で思いながらも太陽が当たってきた。
結局それ以外だれも居ない。5人だけ。
昨年の八幡平の上坊では月が見えていたのにその後春の嵐の後に陽が射したが虹は出なかった。


今回も同じ条件なので期待する。良かったらその時の記録です

https://noah3776.exblog.jp/29498312/

c0201929_07104021.jpg
やりました。今回は見事な夢の架け橋が浮かんできました。
しかし岩手山は見えてない。

この他にも有名な小岩井でも虹は出たらしいがあそこは桜が北向きなので虹は桜と絡むことはなかったので
この場所で大正解でした。

c0201929_07104017.jpg
この場所に居たのは5人のみ。
いい場目に出会うことができました。こういった出会いがあるので早起きはやめられないです。

よく見ると副虹も出てるとカメラを持って走りました。

c0201929_07431766.jpg
気が付くのが遅かったのかこの程度しか見ることができなかったけど
これは私だけ撮影した。後ろに居たグループは私の動きを見てなかったようで動いてこなかった。

rainbow timeもわずかな時間で終了してしまったが、もうにこにこです。
弘前・芦野に続きの収穫したところで移動するために撤収して八幡平へ。

c0201929_07103860.jpg
箸休めのたんぽぽが畔にさいてました。
c0201929_07103972.jpg
到着したときの為内も岩手山が見えてなかった。
ここの撮影ポイントの難点は砂埃がすごいんです。カメラにも天敵なので注意が必要だが
今日は雨上がりの朝とあって舞い上がることが無いので助かってる。

c0201929_07103965.jpg
少し待ってると太陽が当たってきた。
ここの桜はエドヒガンだけどまだ若いのだろう(樹齢は不明と公表されてる)枝ぶりも花付きも毎年いいですね~
しかしこの桜も右下の枝が数年前に折れたらしい。

お隣にいた人に話しかけたら・・・台湾人とのこと
しかし彼一人で盛岡から撮影にきたらしい。
日本の文化が好きで10回近く来てるらしく今回は一人旅だと
インスタ交換しました。
こうして旅してると国内はもちろん海外の人との繋がりを感じる瞬間も大好きです。

ロケハンも終了していつもの温泉へ行き撮影仲間たちと連絡し
明日一年ぶりに合流することになった。

さて午後活は小岩井牧場へ時間も時間なので工場の駐車場へ駐車してから1キロほど歩きポイントへ。
午前中時折雨もあったのですが雨が上がると強風で歩いてる合間も時々すごい風で目をやられます。

c0201929_07104153.jpg
天気は晴れてきてますが山の上の雲は午後になっても取れません。
しかしことしも物凄い人ですね~
そしてここの駐車場も砂利なので強風が吹くと砂嵐になってます。

c0201929_07430061.jpg
東側にはレンズ雲が湧き出てますから気流が停滞してるのがわかります。

ここで一先ず退散して車で仮眠することに・・・目覚めてから桜の近くの駐車場へ移動するがしばらくは駐車場の空き待ち。
昼間は1キロほどの渋滞になってますのでお気を付けください。
工場の駐車場から歩いたほうが断然早いですから(私もそうしました)

天気予報は晴れでしたが今日は一日岩手山は雲の中でした。
結局夕方も雲。

c0201929_07425907.jpg
個人的にはこっちの角度だと桜が丸く見えるので好きなんですが、岩手山は見えなくなります。
西側が少し焼けたので東側へ移動してみました。
昼間も多かった三脚の群れですが未だに多くあるけど私も便乗してこの後の星撮影にチャレンジ。

c0201929_07425904.jpg
小岩井で星撮影は初なんですがここの場所での星撮影はNGですね~
多くの車の往来でとても条件は悪いです。
やっと夜になりお山がみえるようになり大変多くのお星さまが輝いてました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
続く。











by noah_3776_2 | 2019-05-28 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06554784.jpg
早いもので遠征も折り返しとなった5日目は小岩井の一本桜からスタート!
愛知を出発前の天気予報では本日は雨予報でしたが、現地ではなんとか曇天。それでも遠征組は兎に角撮影地に出向く。
天候の為に案の定、先客のカメラマンは二人だけ。平日だからか悪天候だからか満開から日数が経過したからかいつもは夜中から多くの置き三脚があるけど本日はガラガラでした。

太陽が上がっても陽が射さず空が薄っすら色が乗っただけ。ですが今年の「小岩井の一本桜」は見事な花付きです。
四年ぶりだとか八年ぶりだとか言われるほど久しぶりの姿でした。

c0201929_06554796.jpg
冷え込んだわけでは無いのですが牧場の奥では霧が湧き出しているのですが、なかなか桜まで来なかった。
c0201929_06554765.jpg
品種がエドヒガンなので大山桜や紅八重でもないので霧に包まれると背景と同化してしまいそうですが、
霧が樹の元に来たのがここまででした。
c0201929_06554854.jpg
この時期の日の出は4:35頃です。日の出から暫くしてやっと太陽が見えた時霧が道路に流れ出していた。
流石に曇天のこの時間は静かなものだ。
が、普段はものすごい観光客にカメラマンで混在してる。しかし遠征組のカメラマンは一体どこへ雲隠れしてるのだろうか?
まさか寝てるのか?

c0201929_06551478.jpg
実は前日ロケハンに来た時のカット。
c0201929_06554843.jpg
これは当日5/2日のカット。拡大すると青葉が目立ってきてます。
c0201929_06554698.jpg
少し方向を変えてみると桜の樹の姿も変わりますね~丸々したいい桜です。
本日は今回の目的である今まで撮影できなかった桜(遅咲き)が8年目にして撮影が出来そうなので移動。

遠征二日目に行った宮古「亀ケ森の一本桜」です!
前回と同じルートで目的地へ向かいう途中には水芭蕉も咲いてますが、時間もないので横目で見ながら一路宮古へ。

前の時は知人と同行で休憩するため道の駅など寄ったのですが、途中の新緑が綺麗な川で見えたのは多くの流木です!
気になったので記録撮影を。

c0201929_07154128.jpg

道路側崩れ倒木も目立ちます。
c0201929_07154156.jpg
電柱も倒れてるのもありました。道路まで水が浸水した様子もわかりますね!
酷い災害の爪痕です。確か少し前に岩手県の山間でグループホームで尊い命が失われた災害事故があったような・・・。
調べてみたらこの辺りがそうらしい。
岩泉の道の駅も寄った場所だ!このような記憶を呼び起こしていいものか考えてしまうが
ネットに掲載されているので引用させていただきます。

防犯システム研究所から






9名の尊い命が失われました。ご冥福をお祈りします。


現地に到着したのが9:30前で先客はバイクのツーリングのお兄様方が3名だけでした。
遠くから見るに咲いてるには咲いてる様子だ!初めにロケハンしてから暖かい日で中3日後。(写真は三日前)
c0201929_19495211.jpg

お兄様方が引き返してきたので話しかけると5分咲きとのこと。まだ早いのかと思いましたが
近くに行ってみると「満開だ」と思った。確かにイメージしていた桜の状態ではなく花付きも悪いが蕾が無く鳥害被害で開花したようす。

c0201929_07324022.jpg
二年ほど前に折れてしまった大枝が地面についてしまってる。

折角初の出会いなので曇天だがゆっくりしてると地元TV局がやってきた。
周りには数組の観光客のみだが早々に先方から名古屋からの観光客はと声掛けがあり取材を受けた。

c0201929_12013710.jpg
その後他に来た観光客や新聞記者と一緒に来た小学生を取材していたので放映されるか分からなかったがなんと放映されました!
c0201929_12020584.jpg
気持ちよくしゃべり倒してます(笑)
TV局の次は地元新聞記者が地元の小学生の学習の様子を記事にするみたいで訪れていた。

c0201929_07153956.jpg
その後暫くいたので雲が切れ見事な青空へ変わったものの残念な大山桜。
c0201929_07154168.jpg
「天空の桜」とも地元では呼ばれてるらしい。
たしかに標高がある場所に咲くのでその由来も分かる気がする。

c0201929_07154015.jpg
初めての出会いであったがまたの再会を約束して引き返すことに。
本日はこのまま青森に向けて大移動します。

R455~R340~R395で金田一温泉郷を通過してR4に合流する。
c0201929_12042632.jpg
このあたりで買い出しして直ぐ近くのバイパス沿いにあった「こま温泉」でまったり。
ここは青森だが今朝のIBC岩手放送も見えるので暫くニュースを見ていたが5時までには放映されなかったので再び移動しながら
車内でTVを見てる。
R104から国道21を進んでいくとなんとゲート封鎖。冬季通行止めだ。アウト!十数キロを引き返す途中でニュースが。
今朝の宮古の話題だ・・・車を路肩に停めてみると出演しちゃいました。
c0201929_12050979.jpg

動画で撮影することに慣れてなくすっかり忘れて画像しか残りませんでした。

このあとR104で十和田湖南までいき峠道を走る頃には雨も強くなり道路脇の残雪から霧が立ち上がってきてます。
過去に体験したことのないような激霧で視程は数メートルしかなくしかもカーブの連続。
中央斜線も分からないような霧でおもっいきり肩凝りしてしまった。走ること20分ほどでなんとか激霧から解放されて秋田県道の駅小坂まで下ってきたが駐車場には1台のみ。その後数台増えたようだが朝方出発したときに見ても10台も無かった。
この夜はかなりの雨が降り屋根を叩く雨音が凄かった。

最後までお付き合いありがとうございました。


by noah_3776_2 | 2018-05-27 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

遠征3日のこの日の朝も3時30起での撮影。
本日も先客1名の千葉からのカメラマンさんのみ!

c0201929_19553965.jpg

しかし残念ながらメインタイムの写真です。

c0201929_19554104.jpg
この日夜明け前には面白い状況になったのですが、この先一度岩手山がすべて低層雲によって隠れてしまいました。が、

日の出時間にはなんとか雲も流れて岩手山は見えたのですが本日もドラマは無かったのです。が、
なんと素敵な出会いが・・・。
昨日もここで逢った若い地元のTさんが本日も訪れて話をしてると
一昨年京都の光明寺の紅葉で会って、丁度一週間前に奈良の室生寺で出会った京都のAさんとここ岩手で偶然会いました。

確かに室生寺の開門前に色んな話をしたし共通の知人がいることも分かったけどもなんと実際奈良から1000キロも離れたこの地のこの場所で逢うとは
想像もしてなかった。しかもこの場所は地元の人でもあまり知られてないようなかなりマニアックな撮影地でまさに仰天でした。

c0201929_19554021.jpg
その後そのAさんとTさん話しながら太陽が高くなるまでいたのですが、この日この場所で「きつね」さんに出会いました。
初めはどこかの人が犬を放してるかと思ったのですがこの丘を横切って雑木林に入ってく姿は正しく「きつね」さんで
後ほど聞くとそのキツネを追って撮影してる人も居るとの事でした。

この日は春らしい素敵な雲が湧いてくれました。
ここで京都のAさんは帰路に着くために解散して私は仮眠するために温泉へ向かいました。

Gw前半は天気もいいので気温もあがり昼間の車内は暑くなるので、「おらほの温泉」へ向かい開店を待ちながら今後の予定を立ててるときに温泉には似合わない服装の人が多いことに気づいてはいました。
入浴後休憩場で仮眠しようと足を踏み入れるとなんと「カラオケ大会」と飾りつけもしてました。
c0201929_20415853.jpg
いつに始まるか分からないので取り敢えず横になってると11:00前から案内が始まったために残念ながら仮眠など出来なく早々に引き上げました。

この後何したかな?確認するとどうも風があったので窓開けて車内で仮眠したようです。最近は便利なアプリがあるからいいですね!

そして遅いお昼になり14:00前頃に入ったお店で食べた「酢っ辛やきそば」を頂きましたが
c0201929_20480624.jpg
これが確かに辛いのだが焼きそばでありながら焼いてない麺で豆板醤で辛みを増してあり凄く美味しかった。

c0201929_19553957.jpg
そして今年もやってきた「為内の一本桜」っても夕方にロケハン程度です。
写真ではわかりませんが染井吉野は満開過ぎて葉が少し出てきてます。
そして雪が少ないですね。不思議ですが山頂から溶けだすのだと一人で思ってると、一人の女性カメラマンさんがこっちにやってきました。
話をすると地元の人だとか。有難いことに色んな情報を盛岡のKさんより頂けました。

そして朝はあんなに天気だったのにこの日は夕方から雲が広がってなかなか太陽が桜にあたってくれませんでした。
この場所は岩手山の北に位置してるので日没を考えると朝の場所に移動した方が良いと再度移動すると、
朝居たけど話はできなかった人がきてました。

曇天だけどもダメ元で会話しながら待機してると太陽の輪郭も見えない状態でしたが空が色味出した!
c0201929_19554024.jpg
しかしドラマまでにはならなかったけども素敵なひと時でした。
撮影の時間待ちに撮影情報やB級グルメ情報など沢山いただけるので貴重な時間になりますね。

本日も最後までありがとうございました。










by noah_3776_2 | 2018-05-21 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(2)