人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:ツツジ ( 6 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

今年も板取川の岩ツツジ撮影にいってきました。
c0201929_13094668.jpg
国道256号線沿いに案内板がありました。

分かりにくいがここから川沿いに入ると直ぐに駐車場があるので駐車して川まで降りておきました。

c0201929_13133970.jpg
この天気続きなので初めから期待はしてなかったけどもやっぱりNG!
花も焼けてしまって残念です。

c0201929_13133997.jpg
数人が撮影してる人が居ましたが皆さん残念がってました。
まぁ~ここ数年株も減ってしまっていい出会いのない板取川で、仕方ないので水かけて濡らしてみましたが
太陽光が反射して光ってます。

c0201929_13133640.jpg
しかも影が・・・やっぱり雨上がりがいいですね~

2012-6月の板取川です。

こんな出会いを再び求めて5年過ぎました(´;ω;`)

c0201929_13133504.jpg
以前は気が付かなかったけども岩が侵食されて穴があいてます。

今年で三年目になるすぎのこキャンプ場へ下見。
ここにも岩つつじが咲いてるのですが日照り続きで残念です。

c0201929_13133740.jpg
しかし清流板取川の水はエメラルドグリーンできれいです。
まして新緑も相まって一段見ごたえありました。

c0201929_13133888.jpg
この日も親子連れで川遊びしてる家族もいました。
川の水はとても冷たいです。

c0201929_13133716.jpg
大小の魚が泳いでる姿が楽しめます。

c0201929_13133882.jpg
近年ここでキャンプして夜中まで飲み明かしてます。

実は朝一は山県市の円原へ行ったのですがこの天気でこちらも残念な結果でした。

c0201929_13340087.jpg
c0201929_13335980.jpg
この日円原を後にして向かったのは関市のモネの池ですがあまりの人の多さに驚きながらも二時間ほど居ましたが
天候続きで水の透明度が悪くかった。

c0201929_13365926.jpg
が、この時期らしく蓮が綺麗に咲いてました。

最後までお付き合いありがとうございました。




by noah_3776_2 | 2017-06-19 05:06 | 躑躅が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

前回の遠征の続きです。朝焼けをどこで撮影するか考えて昨夜は野反湖で車泊です。
標高1500Mを超える野反湖付近はまだ残雪があるほどなので夜の気温はかなり下がって一桁の3度でしかも写真で分かるように
周りを山で囲まれてるのでこの辺りには雲で覆われ風も強く寒さは厳しく車内に積みこんであるダウンジャケットが役立ちました。

c0201929_14122804.jpg
朝陽が差し込んでくると湖がコバルトブルーに輝きます。青空ならもっときれいになるんだろうな~
ここの案内パンフレットには本当にのんびりできるキャンプ場NO1みたいでしかも多くの花も見ることができます。

私の好きなミツバツツジに似ているムラサキヤシオツツジも開花してるようです!
違いは細かいことになりますが、ヤシオツツジの方が標高がある処で樹も一回り大きく一番の見分け方は葉っぱの枚数だそうです。
c0201929_14263711.jpg
ムラサキヤシオツツジ(通称アカヤシオ)葉っぱが一番の見分けなんですが葉っぱがわかりませんね!
ミツバツツジは名前の通り葉っぱは三枚です。アカヤシオは5枚。

この日は朝から強風で小雨が降っていて車から出るのも面倒なほどでした。
しかも肝心な朝焼けは少し焼けてるようにも見えたのですが上空の雲で遮られてまともに撮影もできませんでしたが、
雨のおかげで虹を見ることができました。

c0201929_14122770.jpg
こんな強風でも虹が見えたのは初めてかも・・・って雨が降ってるから見えたのかな。
西の方角は晴れてるのですが野反湖上空は周りの山の影響で霧状の雲で覆われて小雨が続いてました。

c0201929_14122706.jpg
野反湖から下っている最中にも虹を見ることができました。
そして目的地へ向かう道中には尻焼温泉と言う川全体が温泉になってるようで朝から入浴してる人を見ることができました。
私も時間があれば入りたかったなぁ~

c0201929_14122684.jpg
水着で入ることも裸体で入るもの自由のようですね~

今回の第一の目的は以前から行ってみたかった「ちゃつぼみごけ」なんです。
出かける前に観光協会に問い合わせると今年までは受付から上の駐車場まで車で移動できるようですが、来年からは環境保護の観点より
受付より(1.2キロ)歩くか電気タクシーになるようなので今年行くことに決めました。
開園9:00~なので8:20分頃現着すると既に10台ほどの車が開門を待ち道路脇で停車してました。が、直ぐに係員がやってこられて
受付まで車で移動したのですがまだ受付口が開かない。
奥にあるトイレに行こうとしたら、小型タクシーできてる運転手が何やら文句を言ってる。
どうも9:00~開園になってるが既に係員が居るならさっさと受付開始しろと言ってるようだ!
待ってるといってもさほどでもないのに係員に臨機応変な対応を押し付けてるようで・・・5分前に受付が始まった。

c0201929_14445504.jpg
まだ開花は少し早いようですね~
しかもイメージしていたような場所ではなかった。

c0201929_14445539.jpg
写真ではもっと苔が綺麗だったけどもなぁ~
皆さん切り取りが上手いなぁ。
c0201929_14445519.jpg
魅力的な写真はなかなか写せない。
c0201929_14445476.jpg
この日受付で観光バスが一台きていたのだがここの添乗員の女性が出来た人で
お客さんの為にいち早く受付に並んだのだが、先に来ていた私たちより後から来たのに先に受付したことを
誤ってくれたのだ。しかも若者ときたから個人タクシーの運ちゃんとは凄い違いでした。
c0201929_14445320.jpg
ここは木道で整備してありますが幅が広くなく観光客も多く来てるので、1M程なので三脚でゆっくり撮影ができなく手持ち撮影です。
c0201929_14445106.jpg
ここのレンゲツツジが良く咲いていたのですが、肝心の苔が隠れてしまいなかなかいい写真が出来ませんでした。

c0201929_14445247.jpg
しかも青空のP-カンで花や苔の生命力が今一つですね~朝は雨だったのになぁ。でもここは降ってないだろう。
全体はこんか感じです。

c0201929_14445300.jpg
もっと花付きが良いと良いのですがこれだけは時期的な運ですから仕方ないです。
c0201929_14445269.jpg
ここも手前の株にもう少し花が欲しかったです。
そんなことばかりでしたが三時間ほど楽しむことができました。

さて、これからどうしましょう。
ってことで夕焼けポイントをスマホで検索するとR292号の横手山からが夕陽100選って
もともも白根山は行く予定だったので走り出します。
途中どこかでご飯と思ったのですがなんせ山奥でして何もない~非常食はいつも買ってあるので今回は残ってるおにぎり一つで我慢。

ここでアクジデント発生!
十数年前に会社の慰安旅行で行った白根山の湯釜・・・ここが二年ほど前から活火山噴火レベル2に引き上げられたので
周囲立入禁止で見ることができない。残念。

c0201929_15122109.jpg
スカイライン?には時折駐車帯があり最高の展望が待ってます。
c0201929_15121851.jpg
山頂は雲の中に隠れてますが青空も見えます。
c0201929_15121817.jpg
こんなユニークは立看板もあります。写真中央の茶色の湯釜のある白根山・・・活火山です!

c0201929_15121958.jpg
R292号の記念碑です。ここは朝焼けに雲海も望める場所だそうです!勿論星空も最高。
c0201929_15121907.jpg
まだこれだけの残雪もあり気温は4度と昼間なのにかなり低めです。
ここを通過すると直ぐに志賀高原だそうでホテルなどもあり、暫く降ると待望のドライブインもありましたので
ここで少し買い物ができて食料の確保もできました。

c0201929_15122133.jpg
横手山ドライブインから東空を見上げるとなんと山頂の這松にはなんと霧氷が付いてじゃないですが。
ひっとしたら先ほどの雲の中で霧氷になったのかな?ってことで今朝も朝が早かったので少し仮眠して夕焼け待ちです。

c0201929_15122069.jpg
相棒と夕陽の記念撮影です。完全に記念撮影は私よりも相棒の写真が多くなってます。
c0201929_15122134.jpg
雲海越しの日の入りです。やっぱり日の入りはどこか寂しい感じかするのは私だけかな?

c0201929_15122029.jpg
街の明かりが輝きだして本日の業務は終了です!
すでにこの時道路の標示板の気温はー1℃を表してました。
















by noah_3776_2 | 2017-06-15 07:59 | 躑躅が咲く風景 | Comments(0)
2014年6月22日 一年ぶりに板取りへ岩つつじの撮影に出かけました。
地元から100キロ程度で素敵な撮影地にこれることは有り難いですが、今年は花付きも開花状況も悪いためカメラマンも少なく撮影はほとんど出来なかったです。駐車場の人の話によると昨年が良かったようです。今年は雨が少ないのが一つ原因と言われてます。

一昨年に撮影したサイトです。
http://noah3776.exblog.jp/18083893/
この株もまったく花付きが悪かったかな。
c0201929_7352959.jpg

今年一番目立った株でしたが・・・・・
c0201929_7354230.jpg

清流板取川の美しさ
c0201929_735531.jpg

このような小さな株も増えてきたら数年後が楽しみなんですが。
c0201929_736589.jpg

撮影する被写体が無くなり岩についた苔と杉の新芽
c0201929_736178.jpg

対岸に回って撮影
c0201929_7381465.jpg

一昨年の岩つつじ
c0201929_7383387.jpg

上の縦構図
by noah_3776_2 | 2014-07-02 07:43 | 躑躅が咲く風景 | Comments(2)
2014 富士山とツツジの撮影の為に山梨県の甘利山へ向かいました。
甘利山は秋には数回訪れたことのある山ですが、この梅雨時に訪れることは初めてなので楽しみにして仕事上がりに愛知から向かいました。
現地に着いたのが2時過ぎになったのですが、なんと駐車場は満車!秋の頃には気づかなかったこんなお国も駐車場があったんだと思う場所まで所狭しと駐車してある。こんなに人がいたら撮影が出来るのだろうかと思いながらも折角ここまできたのでなんとか駐車スペースを確保して撮影ポイントまで移動。
16夜だから富士山もくっきりみえてつつじも確認できるが、人だらけで撮影場所も少ない。

移動しながら撮影してると空も明るくなってくると、人の多さに改めて驚く!
梅雨の合間の晴れだけどもこれだけ人が集まるとやっぱり知り合いにも会いますね~お会いした皆様お世話になりました。
c0201929_74693.jpg

十六夜に照らされる富士山とツツジ
c0201929_7462662.jpg

少し明るくなって群生するつつじ
c0201929_7463785.jpg

場所を変えてのつつじ群
c0201929_7464733.jpg

明るくなってからの富士山
c0201929_7465947.jpg

甘利山山頂から俯瞰して高原のルビー
by noah_3776_2 | 2014-06-18 07:50 | 富士山 | Comments(2)
GWの谷間の5月1日ひ愛知県蒲郡市内で会社の会議が行われるので、少し早く自宅を出て会議前に蒲郡クラッシクホテル(旧 蒲プリ)の満開のツツジを見てきました。
開場は9時からだったので、まだ少し時間があるので直ぐ近くの「竹島」を散策してきました。

ホテル敷地内に植え込まれた色とりどりのつつじは見事で、夜間に降った雨の滴もまた良い感じでした。
昨夜まで雨だったので青空が広がらなかったのは残念でしたが、それでも面白い雲も出てくれて楽しめましたが、この後が会議だと思うと気が・・・・・。
c0201929_7134362.jpg

定番のクラッシックホテルとツツジ
c0201929_7135842.jpg

開花が良いカブとホテル
c0201929_714989.jpg

面白い雲とツツジ
c0201929_7143337.jpg

竹島へ繋がる橋から
c0201929_7144271.jpg

神社へ向かう参道での木漏れ日
by noah_3776_2 | 2014-05-23 07:17 | 躑躅が咲く風景 | Comments(0)
所用で京都へ出かけたこともありどこか花の撮影ができたらっと思って情報をもらうと「長岡天満宮」の霧島ツツジが咲いてるかも・・・。
結果から話せば満開にはまだ一週間は早かったけども株によっては咲いてるものあり適度に撮影ができました。
「霧島つつじ」・・・●九州に自生する「ヤマツツジ」と「ミヤマキリシマ」の種間交雑種といわれています。楕円形の葉には細毛があり、小枝の先に車状に互生します。秋から冬にかけて紅葉し、寒冷地では落葉します。4月から5月ごろ、橙赤色の花を咲かせます。別名で「クルメツツジ(久留米躑躅)」。辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書 より引用

見た感じでは株は大きいものもあり花が赤く小さいのが特徴と思いました。
まだ、見ごろには早かったためかカメラを持ってる人はほぼいませんでしたが、散策をしながら撮影を楽しめました。大きな天満宮とありまして参拝者も多くて私も交通安全など祈願して帰宅しました。
c0201929_7295419.jpg

小さな株が集まってるが花付きが良かった。
c0201929_7305973.jpg

花粉にアゲハが寄ってきてました。
c0201929_7313878.jpg

亀の親子会議。
c0201929_732207.jpg

満開なら見事な参道と鳥居
c0201929_7331100.jpg

親子の御宮参り?
c0201929_7333346.jpg

by noah_3776_2 | 2014-04-22 07:35 | 観光 | Comments(0)