人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

サラリーマンの一年の楽しみの一つに長期連休があります。
毎年GWは長期休暇を利用して遠征してるのですが、今年はその遠方も目的の桜の開花が進み過ぎていて見送ることにしたので近場で花撮影を楽しんでました。

前回の津島の「天王川公園」に続きまして江南の「曼陀羅寺の藤まつり」へ向かいました。
4月29日晴れ!
この日は天気も祝日とあって会場付近の公共施設の駐車場が無料開放で助かりました。
すこし歩くぐらいは平気。
しかしこのGWの時期って意外に気温が高くなって熱中症もきを付けないといけない時期なんですがね?

会場は愛知県の二大藤まつり会場とあって凄い賑わいです。露店もあって名物の「とうふ田楽」や「味噌串カツ」が人気でそうですが、私は「団子より花」と会場をグルグルまわって良い場所探し。
祝日でイベントも開催されていて戦国武将イベントは凄い人気でしたが、暑いのにあの甲冑は尚も暑さを増すだろうと勝手に心配してました。

さて会場の案内少々します。
会場の広さは津島の藤棚のほうが大きく樹齢も津島の方が立派な藤棚でしたが
撮影するには曼陀羅寺の方が撮影には向いてると私は感じました。理由は、藤だけでなく牡丹や芍薬・つつじや石楠花といった他の花と一緒に撮影出来ることでしょう。
また金銭的にも津島はPが1000円ですが江南は500円(しかも祝日は無料Pあり)ですが
家族連れなら津島の屋台の数は魅力ですがね~


c0201929_18152252.jpg

牡丹と青空から流れる藤
c0201929_18153069.jpg

牡丹の時期が少し遅く枯れてしまってるのが多い中探し出しました
c0201929_1815403.jpg

戦国武将(姫役)を引率する〇〇姫
c0201929_18154718.jpg

会場の西側の藤棚とつつじ
c0201929_18155648.jpg

牡丹と躑躅とふじ(蒲萄みたいな国龍?)
c0201929_1816535.jpg

色とりどりのふじ
c0201929_18161388.jpg

藤棚から延びる房を切り抜いて
c0201929_18162449.jpg

色の違うふじはみどりの新緑とよく似あう
c0201929_18163439.jpg

ピンクの藤とぼんぼり

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

by noah_3776_2 | 2015-05-15 17:51 | Comments(2)