人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:かきつばた ( 1 ) タグの人気記事

花の名所案内より引用
http://www.hanazakura.jp/hanasyoubu/yatu.html

八橋かきつばた園(愛知県・知立市)
(やつはしかきつばたえん)

知立市の無量寿寺の境内にあるかきつばた園。平安時代の歌人在原業平が「かきつばた」の5文字を句頭に入れて歌を詠んだ八橋は、昔から広く知られるかきつばたの名勝地。かきつばたまつりは、歴史も古く約60年前から行われており、期間は4月27日から5月26日までで、全国から約15万人程の観光客が訪れます。期間中は、いつでもかきつばたを観賞することができると思われますが、特に一番花が咲きそろう5月の10日頃が1番の見頃。「いづれがアヤメかカキツバタ」といわれ るアヤメ科の花は見分けが難しい。八橋は昔からカキツバタの美しさで知られ、同園は寿量寺の敷地内にある公園。庭園は面積約13,000㎡、16の池(5,000㎡)に約3万株が優雅に咲き誇り国内有数のカキツバタ園でもある。花まつり期間中には「史跡八橋かきつばたを写す会」をはじめ「茶会」、「盆栽展」、「俳句会」、「詩吟大会」、「宝物展」などさまざまなイベントが催される。また、カキツバタの名の由来は「書き附け花」 と書かれていたものが訛り、カキツバタになったと言われる。

私は難しいこと苦手ですが「現在の5000円札のモデル」になってる花だそうです。
庭園内はそれほど広くなく被写体探しに必死になりますが白いカキツバタ?もあって楽しかった。、
この時期って意外に暑いので日焼け対策は必要ですよ。
普段はGWの終わり頃に満開時期ですがやっぱり今年は少し早く私が行った5/1でこの開花状況でして
地元新聞社も撮影にきて翌日新聞記事を飾ってました(毎年のことですが・・・それだけ人気?有名)
参道には屋台やテント販売もあって地元に触れることもできますし
ボランティア無料ガイドもありますので近所のかたは一度お出かけしてみては?
また無料駐車場も完備されていて心使いに感謝しながらお参りして帰ってきました。

c0201929_7355476.jpg

躑躅とかきつばた
c0201929_73645.jpg

早い時間に宙を舞っていたアゲハ蝶
c0201929_7361121.jpg

かきつばた・・・アヤメやショウブの違いがよくわかりません?
c0201929_7361917.jpg

庭園内にみつけた白いかきつばた・・・多分一本だけです。
c0201929_736271.jpg

つつじの開花がバラバラで背景のツツジは一部咲き。
c0201929_7363445.jpg

ここのツツジは満開なんですが日の当りが悪く高さが・・・・高くかきつばたと上手く絡まない
まぁ~寝転んだらなんとかなりそうだがお腹でてるので転がってしまうので止めました(笑)
いやいや転がり落ちて花を痛めたら回りに迷惑ですからね。
c0201929_7364756.jpg

上の湿地より落ちて来る水と納めて。
c0201929_7365698.jpg

撮影用に一本だけ手持ちしてるわけでなく自然に一際伸びてました。
c0201929_737318.jpg

仲良く寄り添うカキツバタを見守る黄色い花

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

by noah_3776_2 | 2015-05-23 07:22 | Comments(4)