人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2019年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_09011993.jpg
天気予報は今日4/30から天気が下り坂のことですが今朝も3時30起きです。
起きると既に外はわずかに明るい!

昨日の場所には今日もカメさんが並んでます。

c0201929_09011995.jpg
天気が下り坂とあって朝焼けを期待したが残念ながら少し色づいた程度でした。

c0201929_09012041.jpg
まだ朝早いので観光客は少なく橋の無人撮影可能です。
c0201929_09012078.jpg
私が注目していたのは日輪(日傘とも)です。
太陽が昇ってきた時から気になっていた光景だが色も薄いので誰も気づいてない。
もっとはっきり出てくれたらよかったけども・・・。この後太陽も高かくなり樹との
バランスも崩れた。

c0201929_09140047.jpg
さぁ今日は天気が良くなので撮影はここまでで念願の下北半島の観光の旅へ向かう。
始めて向かったのは一昨年訪れてた浅虫温泉へ。

その後知人より紹介された「横浜町の葉の花」ですが
ここのイベントは5月の中ごろなので少し早いために「道の駅菜の花???」で休憩して向かうさきは「恐山」
町から山道を登っていき暫くで硫黄の匂いが鼻に突く頃駐車場へ到着。

c0201929_09012156.jpg
山門入口にはこのような像が。

c0201929_09012112.jpg
c0201929_09204609.jpg
何処をあるいていても硫黄の匂いが鼻に突きます。
c0201929_09012218.jpg
恐山と言えば風車でしょうか。
c0201929_09011865.jpg
しばらく待ってやっと無人撮影ができた。
c0201929_09011833.jpg
入山すると中にはこのような池?もある。見事な色味だ。

この鼻に突く匂いの原因は硫黄ですが、ここで酸性の温泉に入れるとのことなので
今朝、浅虫ではいったけど再度温泉入浴すると賛成なのでどちらかと言えば肌がヒリヒリする感じです。

c0201929_09204776.jpg

体も心もきれいになったので次なる観光地は尻屋崎

c0201929_09204554.jpg
残念ながら灯台は工事中でした。

c0201929_09204533.jpg
曇天の空で・・・青空なら奇麗なロケーションでしょう。
c0201929_09204542.jpg
この岬では馬も放牧されていて冬場は撮影ポイントになってるようです。
まだ緑が少ないので寒い時期が続いていたのでしょう。
とうとう雨が降り出してきました。

続いて向かったのが大間!
ついについに下北半島目的のマグロ。
車を走らせてると信号が少なく走りやすい。雨も断続的に降ってる。

c0201929_09204691.jpg
ど~ん 大間崎。そして雨も上がる・・・晴れ男参上。
やりました。観光客すごく多いです。すでに15時頃で流石に食堂は空いてると思ったけども
なんのなんのまだまだ大行列ですわ~目的の有名店は食すまでに2時間はかかるとのことなので
写真の左2Fにある観光協会で聞き込みすると、近くにプレハブでもマグロが食べれるとのことなので
行ってみるとそこでも数人並んでいたが最後部に並び30分ほどで念願の本マグロ大間産を食べることができた。
結構なお値段でしたが旨かった。

この場所で相席になったおじ様は東京からで観光巡りで話に花が咲いた。
c0201929_21063340.jpg
(男同士の相席で話をすることなど滅多にない{実際前に座っていた人とは目も合わせてないです}のだけどこれも旅のいいところですね)
c0201929_21060208.jpg

美味しかったマグロに後ろ髪惹かれながら最終の地「仏ガ浦」へ
ここへの道のりは西伊豆より勾配がある坂道やカーブの連続でした。尻屋崎付近の道はすごく走りやすかったけどもこの辺は
カーブの連続で勾配も強く崖もあり天気なら見晴らしも良さそうですが小雨の強風の今日は走りにくい。

c0201929_09355700.jpg
駐車場へ到着。雨が上がり・・・晴れ男参上。

c0201929_09355886.jpg
大きな岩の窪みに祭られています。
c0201929_09355875.jpg
奇妙と言うかエグイ岩が荒々しいです。
c0201929_09355994.jpg
大きな岩の間に奇岩が。
c0201929_09355915.jpg
流石日本海?じゃないなぁ~津軽湾。奇麗な水だが晴れていたらもっときれいだろうな。
c0201929_09355975.jpg
最後までお付き合いいただきありがとうございました。
続く













by noah_3776_2 | 2019-05-22 07:00 | 雲が騒ぐ景色 | Comments(1)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_08192845.jpg
昨日に続き今朝も3時30起き。
気温が冷え込んで2℃です。昨日の星撮影の時より出ていた薄い雲が今朝も残ってます。

c0201929_08192749.jpg
湖畔には30名ほどのカメラマンが。
この日に見たえた朝焼けは綺麗に染まってくれました。もう少し画面右手に広がってほしかったけども
この写真がほどMAX

c0201929_08192804.jpg
太陽がでてきましたので人混みになるまえに「芦野公園」へ
c0201929_08192966.jpg
まだ朝早いのでレールのヘッドライトが映り込みます。
が、すでに多くの鉄屋さんが居ますね~
今年は乗鉄さんも多いようで乗車率高かったようで立って撮影してる人がファインダーより覗えた。

今日は昨年行った菜の花を撮影できる「飯詰」付近へ。
この場所で一昨年からお世話になってる友達と一年ぶりに合流し楽しい会話で盛り上がることに。
しばらく上下の撮影をして彼は芦野公園へ移動していった。

c0201929_08192879.jpg
私が到着したのは9時前で先に来ていたのは群馬ナンバーの方のみなので
ご挨拶して一緒に撮影することに。


c0201929_08192826.jpg

折角岩木山がしっかり見えてるのでなんとか菜の花をいれて岩木山と構図。
しかしこのストーブ列車が走ったのがお昼前の11時後半なので太陽は真上へ。
折角の列車が暗くなってしまった。し仕方ないが菜の花のパンチ力も・・・。
それでもその状況下で少しでも好条件で撮影なくては。
乗客が多いのか一両電車が追加されてる。

c0201929_08192868.jpg
この列車が上り五所川原行なんですが、撮影後に駅の方面(画面左)より一台の車が走ってきたと思ったら
車「画面に入るんだけど」
俺「どうしろと」
車「もっと菜の花から離れて」
俺「じゃ撮影できないじゃん」
車「・・・だね」
俺「俺のほうが先に居たし・・テール追いかけたらあなた達も邪魔になるからお互い様じゃ」
車「こっちで構えてるほうが人数多いから邪魔になるから下がって」
俺「ピーPPPPPPPPPピー」
気分悪いので朝から一緒に居た人と共に別の場所へ移動することに。

c0201929_08192946.jpg
静かな場所で一人で撮影してたら
先ほどのアホなやり取りも忘れられた。この編成も一両多く連結されてる様子。

昨日に続いてもう一度夕暮れの桜トンネルをテールを撮影するために「芦野公園」へ
c0201929_08192982.jpg
ヘッドライトが桜に当たりぼんやり浮かび上がる様子が狙いです。
しかしこの時間でも多くの乗降客がいますね~勿論鉄屋さんも。

c0201929_08192900.jpg
ホームには一人のカメさん残して電車は芦野公園を後に終点目指して発車した。

この後昨日に続いて富士見湖で星撮影。

c0201929_08482300.jpg
星撮影などほとんどしないので下手くそですが雰囲気だけ。
三連の木造橋には欄干に灯りが21時まで点灯されてました。
星の形から南西方面にカメラが向いてると思います。
さぁ今日も21時を過ぎてきたので明日のためにもご就寝。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。




by noah_3776_2 | 2019-05-19 07:00 | 電車が走る風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07574686.jpg
昼前に行こうとして引き返した「芦野公園」ですが、その前に訪れた公園は穴場で満開のソメイヨシノで染まってました。

c0201929_07574532.jpg
花付きが非常によくモリモリの花で枝も下がってきてます。

c0201929_07574403.jpg
真っ青な空に薄いピンクのソメイヨシノが輝いてます。
まだ樹が若いですが元気に咲き誇ってます。

c0201929_07574576.jpg
近所の家族が花見に訪れてる程度の人手で撮影し放題

c0201929_07574591.jpg
枝先はこのように花が団子のように盛り上がってます。
この場所も今年初めて教えてもらった場所・・・で散りあった人に
稲荷神社を教えてもらい訪れた場所。

c0201929_07574676.jpg
ここは結構な人が観光に来てましたよ。
もう少し後の新緑の時期が赤い鳥居とよく似合うでしょう。

c0201929_07574651.jpg
その後、人が減ったころに「芦野公園」へ
上り五所川原行の電車を見送り下り待ち。

c0201929_07574649.jpg
この時間が撮影したかった。
鉄道撮影って圧倒的にテールは撮影しないのですが敢えてヘッドライトが桜を照らすのでテール狙い。
テールなので人も少なくセンターをキープしてレールもいい感じ。

c0201929_07574435.jpg
日没後の前を狙ったけども・・・沈。
この後天気も良かったので星を撮影するために富士見湖へ。

今朝も4時起きから星撮影して22時。
寝不足だわぁ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
続く


by noah_3776_2 | 2019-05-16 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07254380.jpg
昨夜の朝構図です。
昨日はライトで白飛びしてましたが朝はこうなります。

昨夜、車に戻ってからも夜中に雨音がするほど結構な時間雨が降ってましたが、
起きると(4時前)は雨は上がってましたがまだ雲は残ってました。

c0201929_07254177.jpg
この濠は新聞社前の南濠を西向きに撮影してます。
朝、順光で桜に陽が当たる場所になりまして、花弁も多かったのでこの位置で三脚を立てました。
c0201929_07254179.jpg
雲の切れ間より太陽が出ていたようで枝に光が当たりだしました。
かなり葉っぱが出たようで一日でかなり目立つようになってる。

c0201929_07254328.jpg

ここで昨年知り合った一人の友達と合流して天守閣のある公園で待ち合わせして少し撮影してから、戻ってきてみたら
花筏の模様がかなりいい感じの波模様に変化してました。

c0201929_07254243.jpg
ファインダーを覗いてると一羽のカモが水面着陸してきました。
もう一コマ前もあったのですが予期してないのでボケてました。

c0201929_07254067.jpg
濠から離れて最寄りの最勝院へ五重塔と桜の撮影。
しかしここの光周りは午後からが良いでしょう。が、真っ青な空が広がってきました。

ここから今度は「鶴の舞橋」へ。
この場所は昨年も行きましたが吉永小百合さんがJRのポスター作製で訪れた場所で有名になったようです。
確かに今年愛知のTVでも日本の人気名橋でも取り上げられてました。

c0201929_07254176.jpg
今年は桜と見事な岩木山を見ることができました。
この三連木造橋が人気の秘訣らしいです。

c0201929_07254241.jpg
橋の途中から振り返りで撮影。
まだ若い樹の染井ですが、この先10年ごとか楽しみの場所ですね。

c0201929_07254117.jpg
富士見湖畔にある桜と岩木山。
すこし散りかけてるようでしたがいいロケーションです。

c0201929_07254288.jpg
ps 弘前城の桜の大木です。

この後ガイドしてくれた友達とも別れて桜100選の「芦野公園」に11-00頃向かったのですが
1キロほど手前よりも交通渋滞なので駐車場待ちと考え引き返して穴場の公園にむかいました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
後半へ続く。


by noah_3776_2 | 2019-05-13 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07192267.jpg
今年も桜前線を追いかけて東北に桜遠征に出かけました。
昨年の桜前線の進行は例年より早くなり過去撮影ができなかった遅咲の桜が撮影できたのが良かった。
今年も昨年同様に前線の進行が速いと予想していたのですが、4月に入り各地で雪が降るなど寒の戻りもあり
結果的には連年通りの開花になったのではないでしょうか?

4/27天気は雨なので(北海道は雪とこの日も冷え込む)焦らずに目的地弘前城に向かうために01-00に出発。
この時間に愛知を出発すると東京の首都高速を5時前には通過できるのだけども、GWの初日で常磐道・東北道の混雑も
予想されるために中央道ー長野道ー上信越ー北陸道ー日本海東北道でまずは秋田県の「八郎潟」へ。
c0201929_07192350.jpg
男鹿半島の根元にある「八郎潟」には数キロに続く桜と菜の花ロードがあります。
このには寒く冷え込んだ雨だったために観光客も少なかった。
いろんな写真で見るより興奮しなかったのはきっと曇天のためだろう。このロケーションで青空だたっら興奮度もMAXだったかな。
c0201929_07192259.jpg
すこし散ってる桜がほとんどで満開後のようだったがまだ観られる感じ。
左右に駐車帯もあるんですけど・・・それでも・・・路駐する輩がいるのは残念だね!
ゆっくりもしたいけども弘前に5時頃には到着したいので足早に最終目的地へ。

c0201929_07192358.jpg
断続的に繋がってる高速を利用し弘前城に向かうと駐車場は満車が続くし渋滞も発生。
なんとか17-00過ぎにいつもの駐車場に停めることができたが、駐車場の利用時間が19-00迄と言われたの少し話をしてると
停め置きはOKとのことで安心して夜撮ができる。
が、まだ時折の雨で撮影には傘が必要となる。

c0201929_07192334.jpg
一昨年よりも状態が悪いを感じた。撮影してるとまた雨が・・・・。
東外濠は桜の樹が何本か折れたのか根元から切られて大きな株しか残ってないし、大きな枝も切られてるので
当然花弁も水面に落ちなくある。
この濠は東外濠の一番南側で南外濠から流れる水路がある場所です。
c0201929_07192366.jpg
南外濠沿いを西に歩くと大手門入口に到着する。
ここも撮影ポイントになるでしょう。

c0201929_07192436.jpg
大手門から場内へ散策しながらどこの橋だったかな?
「杉の大橋」より撮影。桜もよい感じで満開だ。ほぼ無風なので水鏡が素晴らしいです。
c0201929_07192230.jpg
西濠も満開ですね~すこし花弁も落ちて筏を作ってます。
この弘前城も今年で4度目!
桜の開花状況にもよるけどもここの桜は見事ですから何度来てもいいです。
また駐車場も一日1000円ですので安心して撮影できます。
この日の翌日少し歩けば500円/日がありました。

c0201929_07192216.jpg
この日深夜から運転して17時過ぎから撮影してすでに20時を回ってます。時折振り出す雨にも負けずに撮影をしていたが
ここでまた強い雨が降ってきたのでそろそろ機納。
明日も4時前から撮影するので早々におやすみ。

この雨で明日の濠が楽しみです。
今年も東北の桜が見ることができて良かった。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
続・・・。




by noah_3776_2 | 2019-05-11 08:03 | 桜が咲く風景 | Comments(2)