ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

カテゴリ:阿久比 ホタル( 5 )

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06344323.jpg
 圏下でも有名な平家ホタルの鑑賞へ白沢ホタルの里へ三度行ってきました。
6/13の鑑賞会様子です!


私が現着したのが仕事上がりの7時過ぎのまだ明るい時間帯。
下見をしたり紫陽花を撮影したりして暗くなるのを待つが、既に数組の鑑賞客もきてる。

園内には木製のテーブルがいくつもあるので座る場所はありますよ!

日にもよりますが曇り空であれば一番ホタルは7:30を過ぎた辺りから見られます。
皆さんも自分の一番ホタルを探してみてください。
入り口から入った直ぐ左手に栗の樹があるのですがこの下が特に早く光りますから注意して観てください。

c0201929_06343842.jpg
一匹が光出せば後はどんどん光はじめ次第に飛び出します。

そのころになると繁殖所の中では満点の星のような世界が広がりだします!

c0201929_06342634.jpg
まるで銀河の天の川のようです。

c0201929_06342752.jpg
鑑賞会時間は21:30までですが比較的多く乱舞する時間が8:00~8:30頃が目立って飛んでると思います。

c0201929_06343830.jpg
写真はコンポジットです。

園内入り繰りでは和風空間が広がってます!

c0201929_06342690.jpg
駐車場から西回りで歩いてくるとこの景色が目に入ります。
東周りだと写真奥からこっちを見ることになります。
写真左手が池で右手が奥に見えてる場所が受付になります。

c0201929_06342668.jpg
今年の竹アートは100個以上と昨年の倍以上の規模になって見ごたえあります。
カラフルは色が作り出す和の雰囲気を楽しんでください。

またお子さんの喜ぶ「ザリガニ釣り」も楽しめますので是非ともご家族やカップルでお出かけください。
私もまたどこかで出没します!

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2018-06-20 07:00 | 阿久比 ホタル | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_10514696.jpg
今年も梅雨入りが始まったここ知多半島にこの季節がやってきました。

一昨年から鑑賞会撮影をしてることもあり、今年は鑑賞会前より乱舞がみえる情報を会員さんより頂きまして、一足先に様子を伺ってきましたよ・
私が訪れたのは6/5の梅雨入り前と梅雨入りした6/7でしたが共に良く飛んでました。

会長さんが昨年は幼虫の生育に失敗したために不作だったけども、今年は放流の数は一昨年よりもかなり少ないのに多く飛んでるとのことでしたが、
実際かなり飛びまくってましたから皆さん期待して観に出かけてください。

ポイントは日によって変わるかもしれませんが、飼育小屋の南東側の斜面がお勧めポイントです。
これからしばらくは日没が遅くなりますが、7:30を過ぎると光出します。
一番星は通路入ってすぐ左手の栗の木の下です。おそらくここが一番星ではないでしょうか?
この栗の木で光出すとあとはもうあちこちで輝きだします。そして10分後位から飛び出します。

c0201929_10514778.jpg
写真は合成なので光の軌跡はどれも同じですが背景のみ変えてます。

c0201929_11411316.jpg

勿論、一枚一枚の軌跡は実際のものですが。

c0201929_10514433.jpg
今回も9:00頃まで撮影してましたが、8:30頃から飛びが悪くなりましますのででかけるなら8時前後が一番良いと思います。

そして鑑賞会のルールもありますので皆さんで楽しく鑑賞するためにも守ってくださいね。
会長のSさんはじめ会員さん達の手作りの成果ですのでお互いに気持ちよく鑑賞しましょう。

1.懐中電灯、スマホのライト(モニターライト)など周りの明るさよりも明るくなる光は禁止(緊急事態除く)。

2.ホタルは生き物で、体温が低い昆虫なので人の手で触れると高熱になり短命となりますので指示無く捕まえない。

3.暗い場所で時期的にも蚊や虫なども多いですが、虫除けをするとホタルが近づいてこないことになりますので注意ください。

開場は白沢グランドを目的地に設定すれば会場に到着出来ます。
駐車場は多く確保してますが、週末は駐車場入りの待ち時間も予想されますので乗り合わせがいいかもしれません。
グランドにはWCもあります。

昨年の竹灯籠の様子!



そして会場の入り口前にはこのような会員さん手作りの「癒しの和」が心を癒してくれます。

c0201929_10514562.jpg
私が行った6/7までは碁盤の目状に「竹灯篭」が配置してましたが、時間あれば蚊取り線香状のように渦巻状に配置する案もでてるようなので
撮影映えしそうです。
c0201929_10514502.jpg
そして今年は昨年に続いて二年目の竹灯籠ですので昨年よりも一気に配置場所の拡大で見ごたえありますよ。

c0201929_10514599.jpg
この知多半島でこのようにタイムスリップ出来る場所がありますのでお声かけのうえお出かけください。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2018-06-10 11:42 | 阿久比 ホタル | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07132897.jpg

いよいよ梅雨らしいき天気になってきた愛知県と思ったのもつかの間で6/21の嵐のような雨は夕方には雨も
上ったので22日の木曜日に再び阿久比町白沢のホタルの里に行ってきました。

7時前に到着すると係員さんが竹細工光アートの準備をしてました。
電池やバッテリーから電源を取ったりするので水は天敵。この雨の時期にはたくさんの対策が必要になるようです。

開場は夕暮れ時から家族連れで賑わってますよ。夏の涼しい夕べが楽しめます。

駐車場から歩いてくると既に竹細工光アートが足元を照らしてくれてます。
c0201929_07153779.jpg
昨年までは真っ暗でしたが今年は会場までこの灯りが誘導してくれます。時にはこのあたりでもホタルも出迎えてくれます。
c0201929_07132421.jpg
道を進むと直ぐに素敵な光の芸術は目に飛び込んできます。
子供達も「めちゃきれい」ってスマホで撮影したりはしゃいでます。

この竹細工の横眼に見ながら進むと見落としそうになるけどもここにも素敵な案内板があります。

c0201929_07132532.jpg
ビー玉を埋め込んだ案内板です。
見つけたら幼少時に遊んだ記憶も蘇ってくるでしょう。
c0201929_07132583.jpg
さっていよいよホタル会場へ導きます案内が。
どれもこれもボランティアの方々が心込めた賜物です。

この日は特別に許しを頂きまして光模様の調整をお手伝いさせていただき撮影もさせてもらいました。
(前回の記録と比べてもらえるとわかるかもしれませんが光の範囲を絞ってみました。)

c0201929_07132735.jpg
これだけ立派な作品なんですけど。
ここには50個以上の竹細工があるようですが、僅かひと月余りで作成したため作成者さん達にはまだ課題が残ってるようで.....、
朗報として来年はもっと拡大する予定だとか!期待が膨らみますね~

c0201929_07132508.jpg

この場所は許可を得て撮影させてもらってます。


c0201929_07132751.jpg
この日も多くの家族やカップルなどがみえてました。
この素敵な世界は今月の25日(日)までの期間限定になりますので皆さん時間をみて実際のアートとホタルを楽しんでくださいね。
実際に自分の目で見て欲しいです。


ボランティアの方々親切案内



c0201929_07132675.jpg
c0201929_07132661.jpg
色んな色があり撮影しがいのある被写体ですし、インスタ向きでもありますよ。
緑と赤で秋の紅葉を表現できないかなって思いながら撮影してました。

c0201929_07473665.jpg
赤い光の演出。まさに紅葉!  

c0201929_07473787.jpg
青い光が似合う渦巻。

c0201929_07473763.jpg
入り口前から北側を望むと。

c0201929_07473675.jpg
c0201929_07473636.jpg
ビー玉看板を・・・・一生懸命の手作りってやっぱり味がありますね~。

そしてこれだけの素敵な光アートを肉眼では見ることのない世界へ誘います。
ついて来てくださいね~。
c0201929_07473499.jpg
レーザービームが出てるように・・・
c0201929_07473501.jpg
c0201929_07473553.jpg
ちょっと遊びすぎました。
c0201929_07473434.jpg

ホタルは光を極端に嫌いますので会場入り口からは懐中電灯は勿論スマホの明かりもNGですので気を付けましょう。
また強い香水や虫よけも臭も嫌いホタルが察知すると乱舞しなくなりますので皆さん一人一人が気を付けてお互いに楽しく鑑賞できるようにしましょう。


今回の撮影地はここ

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-23 08:00 | 阿久比 ホタル | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07355372.jpg

今回は月初に訪れた阿久比白沢のホタルの里へ再び行ってきました。

現着したのが6時30過ぎです。平日とあって園内は一年ぶりに再会した地元ボランティアの人だけでしたが
今年も暖かく出迎えてくれました。

前回の記事

c0201929_07355210.jpg
これが準備中の様子です!

c0201929_07355090.jpg
暗くなると見事に輝きだします!

開場入り口の案内板です。

c0201929_07355315.jpg
大きな板にいろんな色のビー玉を埋め込んで後ろから光を当てるようで目立ってました。

c0201929_07355346.jpg
園内にも光アートがあります。

c0201929_07355141.jpg
ホタルの事もあるので西側の高速側のみですけど。
昨年と違う場面に出会えます。

c0201929_07355113.jpg
私も見たことのない光アートに暫く夢中で撮影しちゃいました。

c0201929_07355038.jpg
駐車場から池の脇を歩いて曲がると素敵な芸術が足元も心も導いてくれます。

c0201929_07451643.jpg
50個余りの竹細工が会場付近で演習されてホタルとともに楽しめます。
c0201929_07451795.jpg
c0201929_07451702.jpg
ただ今年は肝心のホタルは養殖に失敗してしまったようで、昨年までほど乱舞は確認できませんで残念でしたが
一番悔しがっていたのは会長のSさんで見に来てくれた皆さんに申し訳なさそうにお話ししてました。
それでもいくつものホタルの光を楽しむことが出来ますので、今回の竹細工光アートとともに梅雨のひと時を楽しみにお出かけください。


c0201929_07494607.jpg
これは養殖のハウスで撮影したホタルで、たくさんのケースの中でホタルが光輝いてる様子も見えます。

そして時にはこのケースのいくつかを外で放すので水路脇の草むらで点滅して光る様子も見えます。

c0201929_07451574.jpg
竹(和)細工の案内板です。
駐車場脇にもありました。

c0201929_07451611.jpg

今年は6/6に訪れた時は会長のSさんとお話しすることができ、週明けに広報のTさんよりご連絡いて6/20に会場にお邪魔した時には
昨年お世話になった多くの人に再会できて本当に素晴らしい時間を過ごさせてもらうことが出来ました。
いよいよ梅雨らしい時期になってしまいましたが、もう一度お邪魔できればと思ってます。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-21 08:01 | 阿久比 ホタル | Comments(5)
いつも訪問ありがとうございます。

乱舞情報あります

今年も阿久比白沢のホタルの時期になってきましたので、6/6に立ち寄ってみました。が今年はまだ祭りの開催前で6/16~の予定とのことです。

昨年多く光乱舞が確認できた場所ですがまだでした。
c0201929_07103438.jpg
昨年の状況はこちら

昨年は6/7~撮影に数回でかけてましたが今年はまだ準備中でした。



c0201929_07102696.jpg
それでも日が暮れると数匹飛んでるホタルを確認できましたが撮影となると「お粗末」さまです。

c0201929_07102769.jpg
お~飛んでる・・・・と思える撮影技の種明かしは。

c0201929_07102749.jpg
水槽で飼育中のホタルでした・・・悪しからず。

園内には二つの飼育小屋があり多くの幼虫や成虫が光り輝く様子も見ることができますので楽しみにしてください。
(ただ、今年は飼育に失敗してしまったと管理人さんがお話ししてまして一つの小屋のみで見れます)

そして今年は楽しみが一つ増えました。

c0201929_07215238.jpg

竹細工のイルミネーションで出迎えてくれるという心意気が素敵です。

これは一部(6つ)のみで全部で30以上用意してあるようです。
確かこの場所も昨年は雑木林だった場所ですし、ほかの場所もしっかり整備して白沢グランドの駐車場から真っ暗だった足元を誘導してくれるという
なんとも魅力的な光アートです。

管理人のSさんとお話しすると自宅などで楽しむなら光を凝縮できるので竹細工の形がはっきり出るようですが
広い場所で光を拡散させると細工の模様がくっきり出なくハート型も崩れてしまう。などと苦労を話してくれました。

まぁ~ここで写真を見てしまうよりも実際の光アートを期待しておでかけください!

それでは私も開催に再びお出かけしますのでそれらしい人が撮影していたらお声かけ下れば幸いです。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-08 07:33 | 阿久比 ホタル | Comments(0)