ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

2018 大野海岸夏の夕焼け

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06211193.jpg
8/11山の日の祝日の午前中は知多半島へ出かけた。帰り道の夕方昼間から出ていた雲が気になって待ち構えていた「瑠璃が浜」
この大野海岸が「瑠璃が浜」と呼ばれていると知ってる人はかなり少なくなっただろう!

S40年代は海水浴客の列が大野町駅から途絶えなかったとか・・・。
付近のお寺が休憩の場になってそれはそれは賑やかだったと伝えられてます。

c0201929_06210947.jpg
太陽が士事務前に堤防に当たる波で遊んでました。
c0201929_06210962.jpg
太陽が沈んだ鈴鹿山脈方面の西空。夏場は湿度が高いので雲が多く出やすくなるがな、かなかいい焼けには出会えないのですけども
今年は梅雨が短く夏が早く始まってから暑い日が続き朝夕は良い日が多いです。

c0201929_06210946.jpg
次第に焼けだしました。7月に西日本豪雨後はこの海水浴場にも木曽川・長良川などから多くの木材やゴミが多く流れ込み
海岸一面ゴミの山でしたがその後海開きを前に綺麗になったばかりなのにまた汚れだしてる。

c0201929_06211071.jpg
流れ着いた大木が大魚(くじら)にも見えます。
空もいい感じになってきた。

c0201929_06210862.jpg
ここにも大木が流れ込んでます。
新月の大潮の為に普段より水が多く波打ち際も広がり水鏡面積が広がります。

c0201929_06211076.jpg
色がしみ込んできた。
見慣れてる景色だけど大潮で水が多くこのように砂浜が水たまりになると波紋が広がり普段とは違う景色になりました。


c0201929_07224309.jpg

こんな感じで潮が戻ると人が歩けます。
この時間は近所の人たちが散歩する姿が多く見られます。この時は波紋がなく水鏡が綺麗にでました。

c0201929_06211086.jpg
c0201929_06581796.jpg
普段の漢字です
最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2018-08-15 07:00 | 夕焼け風景 | Comments(0)