ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

2018東北遠征桜紀行-上坊牧野編-

いつも訪問ありがとうございます。

昨日夕方から曇り出して天気は下り坂になり夜中は大雨と雷。
この日関東でも落雷や雹などあり天候が大荒れだった日は盛岡市も大荒れとなり豪雨に落雷と・・・雹も降ったらしい。

私も車の屋根に叩きつける雨音で目が覚めるほどの激しさ。
今回の5/2夜中も激しかったがそれ以上の荒れ模様。最後に激しい雨が降ったのが3時過ぎで定刻の3:30に目覚めるとまだ雨が激しく降ってる。
暫く様子を見てると雨が一気に止み雲が切れて月が見えたので慌てて昨日の場所へ移動。

撮影最終日の本日は激動だった。

既に一台の車があったけども寝てるようす。同時に反対方面から一台の高級車が止まった。

c0201929_19475853.jpg
これが初カット!このままいけばいい感じの場所に月が落ちてゆく。

c0201929_19475846.jpg
しかしこの先お月様は雲の中へ隠れてしまった。
一瞬西の空の雲が切れ八幡平の山が見えたけどもこれも一時的で終了。

c0201929_19475920.jpg
その後空が明るくなってきたて西の上空は青空が見え隠れしてる。

このまま雲が切れると思ったらこの後また雨が降り出した。
三脚をだしてるので車から傘を出してくると一緒に到着した人も傘をもって東位置(この場所)にやってきたので
傘をさしながら会話をしてると近くのホテルに宿泊してて月が見えたので走ってきたとのこと。

c0201929_19475923.jpg
西空も真っ暗になったが日が射してきた。
この時まだ5時前なので虹がでるだろうとレンズを変えて待っていたが・・・結局残念ながら虹は目視出来ずでした。

c0201929_19480085.jpg
同じ東側から撮影してるが桜の樹の形が大きく変わる。
奥にある双子の桜はそれぞれ品種が違い左側はソメイヨシノで左側は大山桜かな?

c0201929_19475773.jpg
手前は既に葉が出てる。

c0201929_19475633.jpg
太陽が出てるが岩手山の上空の大きな雲の影響で山には太陽が当たらない。

この後再び雨に。今後はかなりの雨で風も強くなってきたので三脚も片付けて一時避難で車内へ。

c0201929_19475965.jpg
ここでやっと雨が上がり南空にも青空が広がりだしてきた。

c0201929_19475797.jpg
西空も快晴空へと変わってきたところでどんどん人が増えてきた。

c0201929_19475729.jpg
昨夜~今朝の雨で岩手山頂付近はどうやら雪が降った模様でかなり裾野まで雪が降りてきてるのが分かるだろうか。
桜の樹の右手の横には「梟の顔」らしい雪渓が現れた。

c0201929_20122231.jpg
やっと岩手山の上に青空が見えてきた。上空は雲の流れが速いのか芝生に雲の影が走る。

c0201929_20142632.jpg
ようやく山頂が見えだしたが、雲が取れることはない。
しかしこれで雪が山頂にかなり降ったことが昨日の写真と比べてもよくわかる。

鯉か鷲か雪渓が昨日と大きく違う。

c0201929_20142968.jpg
葉っぱも見えるがかすみ桜はこのように花と葉っぱが一緒に出てくるけど
昨日よりも葉っぱが開いてて目立つようになった。

c0201929_20122350.jpg
時間が経ち太陽もかなり高くなったけども山頂の雲は切れない!

c0201929_20212022.jpg
雲の変化が面白いが残念ながら山頂の雲が・・・いつまでもいつまでも

今日はもう帰るだけなので一日ここにいる予定。と
周りを見ると一週間前に出会った若者のTさんが家族でやってきていた。

この近くのサラダパーク?にこの後行く前に奥さんに無理言って寄ったと事。
今回の遠征で彼と会ったのはこれで三度目!

暫くして彼は家族サービスの為に帰って行ったので桜を眺めてるとどこにでも居る「お節介人が」
観光客相手に喋り倒してる。面倒くさいので出来たら近づきたくないが昨日も居た人なので当然向こうも私の事は
今日も居るんだと思ってるだろう。
無視・無視。

さぁて昼も回ったので(4時から居るので8時間桜の変化を見てる)お土産の買い出しにスーパーへ移動。
数年前からお土産はご当地の商品を買って帰ることにしてる。
SAなどに売ってるお菓子もいいけどもご当地の食品や調味料などが非常に喜んでもらえるので近頃は最終日に大量に買い出すことにしてる。
今回は盛岡市で人気の甘い醤油やしょつるの調味料や冷麺などなどを買い物する事90分。
荷物もたいがい(これ方言かな)

その後食事をしようと隣接する店舗に行くと残念ながらお昼時間が終わってしまっていた。
仕方なく走ってると暖簾がかかってる食堂へ立ち寄った。

お世辞にも綺麗とはいえないような昔ながらの食堂って感じ。カウンターに座り女将さんにお勧めはと聞くと
先ずは中華そばを食べてくださいとのこと。

しかし他のメニューもあるのに一番安い¥450-なり中華そばを勧めるとはなんとも良心的だと思い
「中華そば」を注文すると店内に居た一人の先客さまも中華ソバを初めて食べたらしいがチャーシューが旨いと一押ししてくれた。
暫く待つこと出てきたのは

ほんと優しい味の中華そばだ。確かにチャーシューはトロトロで旨く自家製とのこと!

そしてもう一つ自家製の調味料があるとのこと。醤油ラー油っていったかな?
凄くピリ辛でパンチがあり辛い物好きな私には絶品のしな。この調味料を買って帰りたくなるほどだった。

帰路に着くので遅めのご飯でしたが再び上坊牧野へ戻ると

c0201929_20142774.jpg
丁度山頂の雲のかなり切れていたが桜が暗いですね~

しかし残念ながらこの後はどんどん雲が増えてきてしまった。

c0201929_20142872.jpg
桜に西陽が当たってるが今度は山頂にはもくもく雲が湧きだした。

まぁ結果この日も今夏感じで西の雲の中へ太陽が沈みドラマにはならなかったので
カメラマンは暇を持て余す。

いや~な予感が的中。午前中の「お節介人」がこっちにやってきてウンチクを長々と話し出す。
ハイハイと聞いていたが同じことを何度も自慢げに話すので・・・もう何度も聞きましたよって言ったら諦めたようで他の人に張り付いてました。

今日は月が出るのも遅くなったので暗くなってか撮影しようとしてると少し離れた場所にも若者が粘ってる。
今年からカメラを始めたとの事で良く分からず撮影してるようで折角なので隣で撮影を一緒にしていたら気が合いSNS情報を交換して私は帰路に着くことに。

20:30頃まで上坊牧野に居てその後R46からR105を経てR7で道の駅象潟に到着したのは1:00を回ってましたので早々に就寝。

最後までお付き合いありがとうございました。







[PR]
by noah_3776_2 | 2018-06-05 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)