ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

2018東北遠征桜紀行-上米内編-


いつも訪問ありがとうございます。

遠征4日目も3:30起でいつもの場所へ行った後に昨年も行った「上米内浄水場の枝垂れ桜」へ行くことにしたのは
昨日にあった盛岡市のKさんが見ごろだとの情報があったのと丁度TVのニュースでも満開だと放映していたからだ。

c0201929_19592577.jpg
この場所の開場時間は厳格に決まっててAM9:00からです。
昨年はこの開場の一時間以上前から並んだので今年はその事を踏まえて9:00前に到着予定だったけども
昨年から花付きの悪かった「小岩井の一本桜」が会う人会う人今年の小岩井はいいと聞くので少し寄ってみることにした。

c0201929_19570564.jpg
遠くらでもかなりボリューム感満載の桜だ!
しかし岩手山が見えない私が朝居た場所は見えたけどもここ小岩井は朝から岩手山が見えてなくようやく見えだしたの事。
今日はロケハン程度なので上米内へ移動する。

c0201929_19592599.jpg
青空に満開の紅八重枝垂れ桜が見事だ。

c0201929_19592680.jpg
昨年はGw中の休日だったので開場から凄い人で道路は駐車場待ちの車で渋滞になってたが、
今回は平日なので9時を少し回っての到着になったけども何なく場内に駐車できた。

c0201929_19592688.jpg
場内には確か22本の立派な紅八重枝垂れ桜で埋め尽くされてる。
c0201929_19592749.jpg
どこを見ても濃いピンクの枝垂れ桜と青空が目に入ってくる。
丁度和装の貴婦人が写真を作ってくれました!
c0201929_19592668.jpg
広角で見上げてみてもそのボリューム感が伝わってくる。
既に緑の葉っぱも見え隠れするが超満開状態でした。

c0201929_19592821.jpg
地元TV局もこの風景を放映するためにロケをしていた。

c0201929_21021697.jpg
広角レンズしか持ち出してなかったけども寄りで撮ってみた。
c0201929_19592884.jpg
この日も気温があがり半袖の人が多く見える中私は日焼けを恐れて長袖でいると当然だけども汗が湧き出してくるし
少しお腹も空いたのでお昼を少し回ってから撤収することに。

今朝撮影待ちの際に仕入れた情報は「じゃじゃ麵」の美味しい店!
数人に聞いた結果共通のお店は「白竜」なので早速本日のお昼はここに決定。
c0201929_21245287.jpg

盛岡市内の川徳ビル地下街のお店だが、少し探すのに手間取りウロウロして地元の人に聞きてみたらすぐに分かった。


情報通りの行列!なので期待して最後尾に並んで待つこと15分程。
麺を茹で上げるまでに少し時間がかかるようだがそこは計算して並んでる間に注文が来た。
どのように注文していいのか分からなかったが、前の人(百貨店なんで女性おひとり様が結構いる)が注文したように「同じ」で注文。
事前情報で麺をすこし残した状態で「ちぃたんたん」状態にすることを勧められていたので「ちぃたんたん」も注文した(前の女性がそうだった)

カウンター席に座ると間もなく「じゃじゃ麵」がやってきた。

c0201929_21252823.jpg
あれ~?なんか違う 後ほど分かったのだけども「じゃじゃ麵」と「じゃぁじゃぁ麺」は別物との事だった。

どうやって食べるのか分からないのでかなり横目で隣の人の食べ方を真似て食べた!
再びあれ?
そしてそのまま麺を2割ほど残して生卵をお皿で研いで卵と絡めて食べるとこっちのほうが美味しかった。
が、「ちぃたんたん」にすることに。これがちぃたんたん。
c0201929_21260080.jpg
研いだ生卵に自前のスープをかけてくれる!
感想はじゃじゃ麺は一度でいいかなって思った。(じゃじゃ麵ファンの皆さんすいません)
その後今朝の撮影場所へ戻るとお腹が満たされたせいか、夕景まで時間があるので少し仮眠することに。
c0201929_19570525.jpg
少し寝すぎてしまい到着するとこの状態でした!すでに太陽は稜線へと。



この日は昨日夕方この場所であった地元の人と暫く月の上がるまで撮影をしながら
「じゃじゃ麵」の話をすると市民でも好き嫌いが分かれるのがじゃじゃ麵だという事。

明日は何食べようかな?

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2018-05-24 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)