人気ブログランキング |
ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

興奮の坩堝

H27年謹賀新年を「竜が岳」山頂で迎え登山と言う興奮冷めやらぬ翌2日!色んな体験が出来て内外のエネルギーが変わった。
中でも一番の変化は「筋肉痛」・・・・はっはっは!
当然でしょう。
なまりきった身体に軽量化した荷物と言っても10キロほどを背負って往復4時間以上の登山をしたんだから、身体の変化もあって当然!
仲間からは気を抜くと「体中で筋肉がツル」って聞いていたが、まさに寝てる時にもふくらはぎがつったり、
靴を履く時にも足がつったりといった具合ですわ。
こんなに簡単に筋肉が悲鳴を上げてることが分かるとは。しかし気分は悪くないんですね~。
正直、下山して暫くは登山の事は頭から消そうとしていたのです。
実際翌日も写友は「三つ峠」に登山すると言ってましたが、私は暫く登山はいらないと遠慮してました。
休みが終わって登山の話と多くしてるうちに、何かまた登山してもいいなぁ~って思うようになってる今が怖い!っていっても厳冬の登山はかなり厳しいので低山より始めることになりそうですけども。
そのためにも体力作りしないといけないです。

まぁ~俺の気持ちはどうでもいいとして撮影報告に移ります。

前日の登山で疲れ切った身体を「風の湯」で疲れを癒し温めて宿泊先(車内泊)に決めたのは
朝霧高原道の駅でした。まぁ理由は静かで寝やすいってことと、富士山が目視できるので状況が把握しやすいことかな?
登山の疲れもあり就寝は8時前!大晦日は7時過ぎに寝て元日は8時に就寝。
普通に年末年始ならありえない生活感が、撮影遠征には当たり前の撮影スタイルです。
就寝にあたり寒さ対策は必須でフロントガラスには目隠しシート貼り付け、その他のガラスには内部より保温シートを貼り付け車内カーテンで、かなり保温は可能になります。
これに寝袋と毛布で暖かく寝れて寒くって寝ざめことはなくなりますので「おやすみなさい」

翌日4時前には目覚めて移動準備。外気温度はナイナス10度で車内のコンタクト保存液がシャーベット状態でこの解凍が出来きないと準備が進みません。過去に車内の水などが凍ったことは何度もあったけどもコンタクト保存液は初めての事でした。
コンタクト付けて外にでると一面の霜。京都ではこの日大雪になったと後ほど聞いたけどこっちは全く降雪はなしでひたすら寒いだけ。
移動中ナイナス16度まで下がる箇所もあったのだけど、撮影地の本栖湖はナイナス7度程となぜか朝霧よりも暖かい。この本栖湖は深水がありなかなか凍る事がないので暖かいのでしょうか?
そうは言っても寒いのは事実。
2日って事もあり人出は思ったほど多くなく駐車場も撮影場所も何とか確保できた。
日の出までの間までまだ時間はあり、私の好きな「薄明」の時間が過ぎてからが長い!
人出が増えて来ると色んなことが起こる。
この日は単独の女性が明るくなって撮影に来た。女性の単独撮影自体は珍しいことではないのだが、やっぱり男性は女性に優しい。
男性が三脚持ってうろうろして僅かなスペースに割り込もうとしても「にらみ一喝」で辞退させるか揉め事の開始になるんだけど、女性が三脚もっとうろうろすると「ここ入りな」って秒殺で一件落着ですわ。
アホらし~って横顔で観てる俺も後何年もすると同じ狢なのかと独り言!
この女性、たまたま撮影ポイントの真横に空いた駐車場に停めれたんで車まで右往左往し荷物の出し入れの作業が続き機材の展示会をしにきたのかと思うほど。暫くしてその後展示会は終わるのだが、この女性結構ずうずうしい。
後から来て足場(三脚)譲ってもらいながらなんと二台も三脚を立て始めた。しかも三脚を高かくして自分は踏み台に上がるんで譲った男性は見下されて撮影場所も追いやられ撮影しにくそうな始末。
寒さ凌ぎにはいい現実を見せてもらって私は満足でした。

後は7時15分頃に富士山稜線5合目ほどから太陽が出てきて「歓声」沸いて終わり。

この後、別のポイントで撮影をしていた写友と現地で待ち合わせの為にさっさと撤収して移動開始。
朝は雲一つも無かったのに8時過ぎには怪しい雲が空を覆いだして、目的の撮影が出来そうもない空模様。
まぁここまできたらどうしようもないので写友と会話しながら時間を待つ。
目的の撮影はできなかったけども楽しい時間を過ごし冷え切った身体を暖める場所は「ガスト」
この撮影後のガストはもう恒例で5年ほどになるのかな?
この日も富士吉田ガストに移動して別動していた写友とも合流して漫談の開始でした。

c0201929_550412.jpg

ピーカンの本栖湖。薄明のグラデーションは大好き。
c0201929_5502837.jpg

富士山稜線5合目より太陽が昇って来て歓声が沸きだす。
c0201929_5504348.jpg

この中には例の女性は写ってませんので。
c0201929_5505515.jpg

移動してのダイヤモンド富士狙い。雲が有るがこんな雲もいいかも。
c0201929_5512365.jpg

ちょっと俯瞰しての撮影。
c0201929_5513355.jpg

おまけで夕方のダイヤモンド富士。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ

by noah_3776_2 | 2015-01-11 05:57 | 富士山 | Comments(6)
Commented by moccori41moroyan at 2015-01-11 10:20
いいね~筋肉痛。でもやっぱりまた登りたくなるでしょ?癖になるんですよ山は(笑)
高山になると登ってる最中でも足がつる事もあるのでやはり日頃のトレーニングはある程度必要ですね。
出来れば週一、もしくは二週に一回程度の登山があるとそれなりに体力つくんじゃないかなぁ…。
Commented by noah_3776_2 at 2015-01-11 14:53
moccori41moroyanさん
なんかモロヤンさんの思う壷だったのかな?って気になりますが・・・ただいま金銭面との戦略が必要でして。
貧乏症なので買ってしまえば使わないと勿体ないので登ることには成りそうです。
今月中に一度登山グッズを見てきます。
モロヤンさんの昔のブログで竜が岳登った記事読み返してましたが蓮年登ったんですね!
Commented by soran92 at 2015-01-13 04:40
本栖湖の日の出美しいですね~
あの竜ヶ岳に登れれば、富士周辺の低山なら多分、大丈夫ですよ。
やはり日頃、多少のトレーニングは必要かもしれませんが、あくまでもマイペースでないと続きませんから。
それにしても最近、女性の富士山カメラマンが多くなりましたね~
Commented by noah_3776_2 at 2015-01-13 07:44
Soran92さん 竜が岳の初日の出見ちゃうとやっぱり高山からの日の出っていいですから、
トレーニング始めないといけないですね。まずは精進峠あたり今シーズン行ってみたいです。
写ガール増産中ですね。
Commented by のん at 2015-01-16 00:40 x
上から2枚目グラデーションとても気持ちが清々しく感じます。ご自身の心が入りますね(*^.^*)上から5枚目雲の動きが天空に舞う翼のように感じます。

富士山と太陽の動きが素晴らしいですね(・∀・)ノ
Commented by noah_3776_2 at 2015-01-16 06:51
のんさん 無から有になる日の出の瞬間は特別な時間であることは間違いないですよ。