ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:風景 ( 261 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

5/28日の散居村からの帰りの記事になります。
この日も朝が早かった・・・宮川の滝を案内してもらった後にコンビニで朝食を済ませて
再び稲葉山へ上がってみると一組の男性が会話をしていた。

どうやら二人で登山をしていたようで、下山して水を沸かしてコーヒーを飲みながら散居村をみてました。

c0201929_6121437.jpg


散居村を見下ろしてると北陸新幹線の高架線が見えたので時刻表をネットでみて待ってると
金沢~新高岡間に位置するこの場所は金沢~10分程で見ることができました。
しかし、防音壁が高すぎて良く見えてないですが・・・・わずかに見えます。
これだから8時台の新幹線を何度か見落としていたんだ。

そろそろ帰路にと思ったのが9時頃で時間もあるので国道304から帰ります。
その途中目に留まった「長瀞峡」・・・たしか埼玉県にあったような。
初め漢字が読めなく記憶に留まっていた。

ネットで調べてみると国道から10分ほど刀利ダム方面に進んだ道の途中にあると記されてる。
が、口コミ写真は一切ない。
そのうえ出てる写真はどうも埼玉県の長瀞峡!
でも、時間も余裕あるし「お宝さがし」でもしてみようと向かいました。

結果・・・どこにあったか分からない?
ダムに向かう県道10号線沿いにあるはずなのに刀利ダムまできてしまった。
丁度ダムの管理人さんが見えたので聞いてみるとこの先がその「長瀞峡」だと教えてもらった。

案内されてるときに目に留まったのが「小鳥」最近はこの小鳥ペットブームだとか。

c0201929_638278.jpg


調べてみるとツメナガセキレイだとか

c0201929_6425741.jpg


小鳥は滅茶苦茶手ごわいですね~なんっても動きが素早いからね~
この刀利ダムで小鳥と戯れること30分

c0201929_6442399.jpg


ダムの全景も納めて教えてもらった長瀞峡へ!

c0201929_6445797.jpg


現在ここから五箇山へ抜ける国道が通行止めになってるようで長瀞峡へ続く道も途中までしか
いけないようだ。
しかしそれらしい景色は見えない。ダムの上流なのでイメージはこんなん。

c0201929_6464667.jpg


貯水ダムですからね~暫く上流へ走るけど・・・トンネルだ。

c0201929_07385389.jpg

終には河原のような場所になってしまった。

もう引き返そう。結局なんだか分からなかった。
まぁこんなことも時々ありますね~

気を取り直してR304~R156へ
そろそろお昼ですが・・・・この辺には全くルートサイトに飲食店の案内がナビで出てこない。
では、一層の事再び白川郷へ行って飲食しようと向かいました。

交通規制があるのもしってるのでせせらぎ駐車場へ。そこから歩いて

c0201929_653995.jpg


昨日は逆光だったけど本日はトップライトです。
青空一つで全く変わるし新緑も生きます。

c0201929_6583146.jpg


稲の植えていない水鏡。
合掌作りの右手に大型バス専用駐車場があるのですが6台も停まっていて
飲食店も行列満席なので仕方なく素早く移動します。
しかしね~R156号沿いはなかなか飲食店が少なくそのまま御母衣ダム付近の新緑の撮影

c0201929_722557.jpg


光の加減でしょうが水の色が魅力的

c0201929_725311.jpg


昨日は朝早く曇り空の下で快走していたので光一つでかなり見方も変化しますね。

c0201929_741937.jpg


昨日 朝に記念撮影した荘川桜です。
いや~初めてみたけども立派な桜で大きな桜の樹が二本ありました。
今後、桜満開の時に来るのが楽しみになりました。

この後荘川道の駅に入ろうとしたけど高速入ってひるがの高原SAの方がいいと考えて
荘川ICから高速へはいり直ぐのひるがの高原SAへピットイン満車の案内通り車があふれてました。

既に三時のお昼は生姜焼き定食にしました。

c0201929_07392832.jpg

あとはこのまま高速で・・・と思ったのですが
ふと思い美濃ICで降りてここへ寄り道してみた。

c0201929_7153939.jpg


美濃の「うだつの街」です。
しかし太陽が低くなってしまって影が長くなってしまったのが残念です。

c0201929_717829.jpg


真っ青な天気だけにもう少し早く到着出来たらよかったかな。
しかし週末遠征にしては内容の濃い撮影が出来たように思います。

いつも最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-11 06:02 | 世界遺産 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

前回の白川郷~五箇山の続きになります。

相倉集落からR304で福光の出たのですが、山道続きで昼食を食べそこなってしまって
2時を回ってしまった。折角なので富山B級グルメでも食べてみようとスマホで探していたのですが
鱒寿司は気分でないし、黒部カレーでもないし、富山ブラック(ホワイトもあるそうでう)これだ!
スマホで最寄りを探すが富山市内しかなさそうなので、結局近くの行列ランチで検索すると

「らーめん真太」福野店

2時を回ってるのに三組並んでいて私の後にも並ぶような状態でした。

店員さんに案内されて「初めてです」と申告すると親切にいろいろと説明してくれましたが
初めての人には是非とも「塩らーめん」って注文した。
待つこと5分ほどで注文した「塩らーめん+餃子+鳥丼」がほぼ同時にテーブルに届いた。
c0201929_08125523.jpg

c0201929_08131903.jpg

グルメレポートは苦手ですので割愛!満足して店を後にして向かった先が散居村

散居村は砺波市の鉢伏山より見下ろすことができて三か所ほどの撮影ポイントがあるようですが
私は一番手ごろな駐車場から展望台まで一分のお手軽ポイントにしました。

到着したのが3:00過ぎ

c0201929_7164376.jpg


やっぱり時期が少し遅いようです。
水田には稲が植えられてから日にちが過ぎてるようで太陽の反射が少なく感じました。

私が山並の案内看板見てると二組の私位の夫婦がやってきて何やら山の話をしている!
その看板に書かれていた「医王山」何て読むかしってるか?
いおうやま?違う 「おいうぜん」が正しいらしい。
これ読めなければ人間じゃないらしいとそんな会話が聞こえてきた。

あっ 俺早く人間になりた~い・・・読めないわ


阿保なんで風も強く肌寒さえ覚えたので夕方まで仮眠!

その間にも車のドアの閉める音が時々聞こえるので結構の人が来てるようですね!
再び目覚めたのが5:00過ぎ。5:30まで仮眠の予定で目覚ましセットしたのですが目覚めたために
再び展望台へ(展望できますが台ってことは無く駐車場からの延長みたいな場所ですから手軽)

c0201929_724308.jpg


雲の間から光が漏れる光芒が見事です!
私は手持ちカメラで横着してると一人の若者が三脚を持ってやってきた。
私には珍しく声掛けなかった・・・何故かな?
暫くしてると一組の老夫婦も三脚を持ってやってきてる。
私も場所だけ確保したいので三脚を持ち出して空とにらめっこ

c0201929_728753.jpg


やっぱり何処にでも居る「地主」
ここで言う地主とは土地の持ち主でなく撮影地をホームグランドにしているカメラマンを指します。

今回の人は「当たり地主」でして撮影方法や狙い時と含め
散居村の歴史や生活感などいろいろと説明してくれました。
当たりと言ったのはカメラマンにとってうれしい撮影場所紹介でした。

今居るところが散居村の南側にあたる鉢伏山からで北側に位置する稲葉山へいけば朝一で
同じ写真が狙えるって事でした。
今夜どうしようと考えていた私にはありがたい情報でしてその場にいたカメラマン6人ほども
同感したようで明日朝行ってみると言ってました。

そんな会話をしてる間にも光芒が変化してるが強風で寒い。
車にライトダウンあるので出してくるほど

c0201929_739578.jpg


雲は低く幾重にもなってるのだろうか光芒が何か所からも出ている。
結局なところこのような光芒のワンステージで最後太陽は出ることなく終了になりました。

車に戻り今夜の宿の砺波道の駅で明日の場所など調べて就寝。

夜中起きると雨!まじですか。
3:30起きのそらは西は晴れてるが東がどんより暗い
兎に角新しくできた三井アウトレットの近くの稲葉山へは簡単に行けました。
到着すると小雨が降りだしてる。誰も居ない。皆さんの昨日の勢いはどうした?
昨日聞いた場所だろうと傘さしながら三脚にカメラをセットしてみるが上空は曇より

すると昨日の地主さんがやってきた。
向こうに見える一番高い山が剣山・・・どこだ?

山頂がギザギザした山????みえね~~って
うんうンと見えるふり

そのうちに太陽が出てきた。

c0201929_7513940.jpg


これピンボケでないのですがなんでかボケてる。
考えられるのが太陽の下の工場からの熱で変化したのかな?

c0201929_7534212.jpg


太陽がかなり北方向より昇ってくるので一層の事高圧鉄塔も入れてみた。

この後太陽は雲の中へ吸い込まれてしまった。
雨は小雨が降ったり強くなったり止んだりを繰り返してるので朝もかなり寒い。

c0201929_756828.jpg


日の出後の斜光が散居村を照らす。雲はあるが
南方面は(長野)かなり抜けていて北アルプスが良く見えてる。

c0201929_7592430.jpg


この間にも地主さんはいろんな説明をしてくれてる伏木港にある橋らしい

c0201929_811424.jpg


砺波平野を取り囲む奥には庄川と手前の小矢部川。
小矢部川は千曲川を凌ぐ曲がりくねった川だそうです(地主談)

日の出後一時間程度粘って撤収しました。
この後ご厚意で近くの滝を案内してくれました。

c0201929_86736.jpg


三の滝(手持ちの記録写真でお粗末)

c0201929_862348.jpg


二の滝(手持ちの記録写真でお粗末)

c0201929_863595.jpg


一の滝です。(手持ちの記録写真でお粗末)

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-06 06:48 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

久しぶりに世界遺産「白川郷」へ行ってきました。

c0201929_6151383.jpg


今回は「新緑(苅込池)のお城(郡上八幡城+越前大野城)」を目的に金曜仕事上がりに出かけて156号線の道の駅美並の着いたのが
0:30頃。駐車してる車は10台ほどで少な目。翌朝は3:30起きで「郡上八幡城」を俯瞰できる堀越峠からの撮影するために向かったのですが、途中の道路案内で「堀越峠3/26~通行止め
なに?とは言っても全面通行止めでなく一部だと思い現地へ向かうと峠入り口より通行止めとなっていた。
仕方ないのでUターンできる砂利道で引き返してそのまま郡上町万ICより北へ移動して「白川郷」へ。

郡上八幡ICからは1時間強で白川郷へそのまま展望台へ行こうと「城山展望台」へ
ここは売店もあり「城山天守閣」からの眺めがいいのですが、5年ほど前に来た時には無かったけども今は、早朝時間帯は「私有地の為立入禁止」になっていたんので
すぐ下の「城山展望台」からの撮影です。ここには20台ほど無料駐車もでき既に一台の車が駐車してありましたので私も駐車したときにタイヤの異変が気になりました。

c0201929_6381085.jpg


6:30頃ですがやっと太陽が街の一部に当たり始まました。
が、暫く時間もかかりますのでここに駐車したまま集落に歩いて降ります(10分もかかりません)

既に数名の観光客も散歩したりしてます。

c0201929_642680.jpg


上空は青い空が広がてますが地平線付近は白い雲が張り出してます。

c0201929_644323.jpg


田植え終えたばかりの水田には一列に並んだ苗が見事です。

c0201929_6455478.jpg


道路沿いの売店の裏側に回って見ればマーガレットが咲いてました。
2時間近く歩き回ってると次第に観光客もカメラマンも増え、農家さんも仕事が始まるようです。

c0201929_6483268.jpg


歩いて回ってみるとこんな景色にも出会えます。

c0201929_6491140.jpg


太陽も高くなってきたようなので再度展望台駐車場へ。
気になったタイヤの空気圧がやっぱり減ってる。

c0201929_6494539.jpg


卯の花が咲いていて太陽が当たると新緑が一層綺麗に浮かび上がります(左後ろから太陽が当たるのが8時頃かな)
9時を回ると天守閣展望台も入れるようになると観光バスが入ってきて一気に大勢の人がやってきました。こうなると撤収です。

9時過ぎなのでこのまま五箇山へ向かう事にして車に乗り込み移動です。
途中で空気圧を補充しようとGSに寄って燃料補充してるときに店員さんに声かけると
丁度駐車した時のタイヤの位置に細長い釘が刺さってました。

釘の皿もまだそんなにすり減って無かったし、堀越峠入口の砂利道で拾い物した感満載です😩

流石プロ、状況を把握して専用の液体をタイヤにかけるとブクブクと泡が出てきてエアー漏れが確認できたので修理!
c0201929_15163391.jpg

その間に目の前のコンビニで朝食した時には修理も完了していて出発!

白川郷から五箇山は国道からでも30キロ40分程度で行けます。
到着した時にも駐車場は結構空いていました。ここは十数年前に一度来たことがありますが
それほど記憶が無いですが合掌作りの集落数は十数件ほどでしょうか。
集落の観光は9時以降からと案内がありました。

天気も曇天になってきたりしてますが、ここにも展望台があるようなので向かってみました。

c0201929_791371.jpg


左右の木々の隙間から集落を見下ろすことができます。集落から10分程度ですので是非とも。
一段降りると視界が広がります。

c0201929_7133134.jpg


実は・・・この展望台へ向かうときに迷子になってしまって。
ひたすら農道と登っていくと(10分ほど)一部開けた場所がありました。

c0201929_7134082.jpg


ただし電線が入りますが一段高い場所からの見下ろすことができます。

集落に戻って散策してると写生しているグループや若者の団体さんなど
多くの観光客で賑わってます。

c0201929_7191235.jpg


マーガレットがここでも咲いてました。

c0201929_7194791.jpg


駐車場からすぐの場所からが全体の雰囲気がわかると思いました。
そして一軒のお宅で見つけたのがこれ・・・初めは全く何か気が付かなかったけど
これって・・・・・・

c0201929_7221488.jpg


水芭蕉ですよね!私のスマホと比べてください!でかい。

そして水芭蕉の葉っぱでお休みしていたのがアマガエル。

c0201929_7233232.jpg


2時間ほど散策してお昼も回ってるのでそろそろ越前大野城へ引き返そうと
相倉合掌郷を後にしたのですが、休憩で停まった道の駅上平のⓘインフォメーションで見つけてしまったのが「砺波の散居村」
昔から行きたかった場所で「サザエさん」のオープニングでも紹介されていたので行くしかないと
向かったのです。
次号・・・「奇街並 散居村」です

今回も最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-06-03 06:06 | 世界遺産 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

長いと思っていた東北遠征も本日が最終行程になりました。
初日4/29日の長野県内移動中に土砂降りだった雨も虹が見えるほど天気回復してからは
快晴続きの好天続きに恵まれましたが5/6-7にかけて天気も遂に下り坂模様。
よって6日の朝はゆっくりした4時過ぎ起き(あっ昨日もだ)

道の駅つちゆ で目覚めたら朝焼けが始まっていた。
2時に目覚めたときには星空だったけど天気予報のように雲が広がりだしてる。
雨の前は焼けることがある。

c0201929_634982.jpg


写真の右下は猪苗代湖(たぶん)は雲海になってる様子。

c0201929_643879.jpg


駐車場の脇より撮影してると車中泊組の車から眺めてる人やほかの人もスマホで撮影しながら
食事してる人も。
前山より太陽が出てくると朝焼けもそろそろ終了になり移動し裏磐梯に向かいます。

R115号から磐梯吾妻レイクラインを通過中にこんな出会いも。

c0201929_6113956.jpg


今まで福島には来たことはあったけど裏磐梯は初めての土地。
目的は知人から情報をもらった「桧原の一本桜」でした。
ネットで調べて場所は確認済!他にも秋元湖・檜原湖や五色沼など有名な場所が多く点在してるので一度来たかった場所。
レイクラインを走ってゆくと秋元湖が広がってきた。
今日は曇天だけど早朝の霧だったり晴天の青空ならまた違った景色が広がってくるだろう。

c0201929_6163714.jpg


この辺りは雪が多くまだ根開けが進んでる程度。

c0201929_617508.jpg


きっと一か月前だとスタッドレスが必要だっただろう!私も昨年ではGWまでは冬用タイヤでしたが今年は昨年を考え既にラジアルタイヤ仕様なのでこれだけの雪を見ると青森の岩木山スカイラインと変わんないです。

c0201929_622161.jpg


雪解けが進んで川の流れも強くなってました。
私のナビではレイクラインは有料でしたが既に無料化されて、早朝なので車も少なく楽しく走れました。はじめは秋元湖を左手に見ていたのですが次は右手に小野川湖が現れてきて国道459と合流するとコンビニや民宿など観光地化された町にでます。
磐梯噴火会館ってありました・・・活火山だったんですね磐梯山って。

c0201929_6265458.jpg


方向によっては綺麗な三角錐のお山ですね!

R459から再びレイクラインで檜原湖の北位置あたりより林道を北へ入ったところに
目的地の「桧原の一本桜」がありました。

途中まではアスファルトで整備されてますが、その先はダート状態になっておりますが
自作の手作り看板で一本桜の場所を記してありました。
進んでゆくと三叉路がありその場に三度の案内看板が・・・そこには赤い印で(今まで黒)
左方向と読み取れるような矢印があり進むと一段と悪路になり道幅もぐっと狭く
枯れ木が車を傷つけます(やいやい勘弁)
1キロほど進み流石に可笑しいと考えUターンもできずバックで引き返す。

数年に一度進む事すら危険と思うような場所をバックすることがある。
やってしまったか!と思いながらもバックするが幸いなことに直線なのが助かる
引き返すとUターンできそうな場所で切り返して三叉路へ戻り間違えた場所から進むとすぐに
一本桜が現れた。
これは私が案内板の赤の矢印の意味を読み間違えたんだろう。
左方向と読み取った赤い矢印はこの近くを意味したものだろうか(嫌がらせかも気を付けてくださいね・・・まっすぐ一本道です)

c0201929_6444922.jpg


しかし残念ながらいまだに蕾すらついてないような状態でした。が、ロケハンはできましたので
これで夜でも来ることができます。

来る途中にいくつもの水芭蕉が咲いていたので撮影してると数台の車が通過していきます。
きっと桜を見に行くんだろうと思いながらも撮影!

c0201929_6465270.jpg


雪解け水の脇に一列に並んだ水芭蕉。

c0201929_647236.jpg


群生してる場所もありますが枯れ木など多く上手く撮影できないので咲き出したばかりの綺麗な水芭蕉です。

c0201929_6483289.jpg


水場所って大きくなるんですよね!
ほうれん草をイメージしたらいいかと思います。あれほど大きくなるんです。
撮影してても引き返してこない車に、再び桜の場所に行ってみるが車は無いんですよ。
ひっとしたらその奥に撮影ポイントがあるんだろうかと考えながら暫く待っても車は戻ってこないので引き返してる間にまた、他県ナンバーとすれ違ったので三度引き返すと、その車はどうやら桜を見に来たようで開花して無いと確認すると戻っていくので私も引き返し2001本の桜峠に向かいました。

桜峠は磐梯山温泉を目指したらいいと思いますが、斜面に2001本の大山桜が植樹されてまして満開時は圧巻です。

私は行ったときは既に散り桜でしたが山形方面の飯豊系山が見えてました。

c0201929_6585190.jpg


休みはもう一日あるんですが日曜日の午後から予定があり今日は雨予報なので
今日帰ることにしたのですがいまだに雨が降ってきませんが、このまま会津若松市内の
スーパーで地元産を買い出して最後の給油!
ここで再び情報収集を。「喜多方ラーメン」か「ソースカツ丼(B級グルメ)」を聞くと
ソースカツ丼は市内がお勧めとのことラーメンは駅前にあり近いのは駅前なので
今回もラーメンへ「来夢」ライムと読みますが人気店でした。
1時前だったので並ばずに入ったのですが・・・注文待ちしてる間に並びだして
私はタイミングよく入ることができただけでした。

c0201929_14281131.jpg

人気メニュを注文してみると醤油味ですが濃くも深く麺はモチモチして旨かった。
餃子を注文してる人も多かったので冷凍餃子も販売していたのでお土産代わりに買って帰ることに
28個¥1000-ってどうなんでしょう?
c0201929_14284401.jpg

私は店出するときも並んでましたので人気店の証だね!

c0201929_14290788.jpg

会津若松西ICから磐越道を西へ北陸道から上信越道を走り出すと雨も強くなってきましたが
長野道を走ることには雨も上がりましたが中央道を走ってるころは再び雨が強く降ってきました。
自宅までの道のりもどんどん短くなってくるとなんか寂しいです!
今回の行程は7泊8日で2750キロで終了になりました。

2017 東北桜紀行は最高の天気に恵まれた遠征になりました。
最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-31 05:55 | 桜が咲く風景 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

いよいよ遠征も残り二日!
道の駅で目覚めたのが4:00過ぎ。今朝は昨日の畝の綺麗な場所の桜を順光で撮影しようと思っていたのでゆっくり目の出発になったのですが
折角なのでと思い三度の為内(朝は二度目)結果昨日より少し幻想的な雲が岩手山を覆い隠そうとしてました。

c0201929_17283511.jpg


c0201929_17302582.jpg


東空には雲があり時折太陽が雲に隠れて桜に光が当たりません。

昨日も撮影してるので早々に撤収して昨日の場所へ向かいます。
記録見ると30分ほどかかってます。

c0201929_17354281.jpg


結果全然ダメでした。

今日はこの後盛岡の上米内浄水場~姫神山~の予定ですが
上米内は9:00~開場入りとのことなので初めに姫神山へ寄ってからと思ったのですが
開場時間が決まっていても高遠のように時間前に入れるところが多いので
上米内へ向かって到着は8:00一時間前だけども門前には警備員がいて時間まで入れないとのこと。

それに駐車場も浄水場内になるので時間まで入れないらしく駅(すぐ近く)の駐車場へ回されたが
これが良かった。
8:30頃から門前に並んだ!今日は暑く日焼けするぞ~これは。
私が並んでると次から次に並ぶ列が(ランダムだけど)
3分前に開門して慌てて回るがものの1分で無人撮影ができなくなった。

c0201929_17474496.jpg


誰も映ってない初めてのカット!

この上米内の枝垂れ桜は平地の染井吉野が散ってから満開になるようで
昨日もTV局が三局きて放映されたらしく本日もマスコミが来るようです!

c0201929_17491478.jpg


どんどん人がやってきてますが、夜桜も有名との事で
設備準備もしてあります。

c0201929_1749598.jpg


昨日に続き本日も見事なまでの青空ですが、本日は昼前よりついに曇り出すようです!
ここで一雨欲しいものですね~

c0201929_17511044.jpg


浄水場に映り込む桜ですが風がありさざ波がでてます。

上空には薄雲が出てきて日輪(日暈)が出てきてます。
天気が下り坂の時によく見られて現象ですね。

c0201929_17572039.jpg


結果ここで12時前まで撮影して次の姫神山へ向かいます。
昨年教えてもらった場所で、ここへ向かい前にあった行列ホルモン店に今年はぜひとも食べたいので
向かう事に。

あっれ!姫神山に着いてしまった?気が付かずに通過してしまったか?

c0201929_1801322.jpg


昨年も咲いていたモクレンは綺麗な満開!しかし大山桜は昨年ほどでない気がします。
公園になっていて昨年なかった展望台や大きな東屋も出来てました。
展望台までは少し道のみがあるようですが折角来たので歩いて登ったら
岩手山が綺麗にみえました。

c0201929_182434.jpg


展望台には一組のご夫婦が見えていたので話しかけてみると
色んな事を教えてくれました。
ここが市民の為の公園になった大人の事情や岩手山の右の山並が八幡平で左の山並は秋田県の
駒ヶ岳山系とのこと。天候も良く(上米内から出るときは雲もでていたが結局晴れてきてくれました)しっかりと山並が見えてくれてます。

そして行列のモルモン屋の事も聞いたら見過ごしたわけでなく分かれ道から反対方向らしく詳しい情報も聞くことができ帰り寄ることに決めました。

その後天峰山がこの道の先の峠にあるとこのことでご夫婦にご挨拶をして向かう道中から

c0201929_18143765.jpg


筋斗雲みたいな雲の写真の右上付近から岩手山を見下ろします。
桜が満開なら素晴らしい景色になることでしょう。

c0201929_18162377.jpg


天峰山に10分ほどで到着すると
ここからはパラグライダーが飛び出すようで数人が待機してますが砂埃が凄い。

今朝から食べて無く既に1時を回っててホルモン屋の話もしたのでもういい加減な空腹。
見晴らしはいいけど空腹なのでそろそろ撤収。

げっっ今年も混んでる既に1:30過ぎなのに
どうしよう。折角来たので駐車場へ回るが満車!あちゃ~満車じゃん。

c0201929_18450799.jpg

しかもバクカーの人が大勢地面に座り込んで並んでる。
悔しいが・・・今年もお預け。なんとも天気には恵まれてるが食事のタイミングが悪い!
この先食事にあり着くのは何時なんだ。

仕方なく頭を切り替え盛岡レーメン(今日も麺かい!)にすることに。
そのため情報をスマホから入手する前に温泉で天峰山で埃塗れになった体を清めます。
ここまで来ると温泉も600円ですが、驚くことに別税とは・・・。

c0201929_18454080.jpg

店員さんにお尋ねすると駅前のお店を紹介されたのですが、さきほど通過した時に道が混んでいたので別の盛岡インター方面を聞くと「やまなか家」を紹介されたので訪れると2時30を回ってるのに
ランチがあった!しかも本日は祭日だ。

c0201929_18525186.jpg


注文してトイレから戻ってくるときに座敷を見たら記憶が・・・・あれれ。
しかもよくよく考えたら聞き覚えもある店名。
店員さんに小岩井の方にもあるか聞くと・・・雫石店

c0201929_18473431.jpg
があるとの事!
三年前にも行った店の系列店でその時のことなど話して青森から南下して愛知まで帰る途中と話した。
3年経っても盛方も同じですね!麺がモチモチで美味しいです。スイカって思いますが合いますしキュウリも酢が効いて旨いです。
c0201929_18480221.jpg
食事中も地図を眺めていたので会計をするときには別の店員さんがどこまで帰るんですかと
聞いてきたので今夜は会津磐梯へそして愛知へと話すと優しい声をかけてくれました。
私が空腹を満たすことができたので今後は車の空腹を満たすためにGSへ。
またここでも店員さんの親切な対応で心が洗われ元気よく盛岡ICから東北道を南下して福島西ICで降りて今夜は道の「駅つちゆ」が宿になりそうです。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-28 06:22 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

ついに東北遠征も終盤ですが、昨年のこと思うと書くことが沢山あります。
昨日は為内の桜を夕方撮影した後に買い出しは済ませてあったのでそのまま現地で就寝して
夜中から星撮影を予定してました。
予定通り2:00に起きて撮影開始。流石にこの時期の夜明け前は冷え込むので冬用の手袋にダウンで空にレンズを向けています。

c0201929_16482358.jpg


天の川が桜の上にくるかと思ったのですが、画角のかなり左側から上に伸びてました。
薄明の頃になると空の色が蒼色になるのが好きです!
時に流れ星が・・・・綺麗に流れました。

この時には桜のすぐ下で撮影する人の様子やここへ撮影にやってきた車の様子がわかります。
昨日の夕方は結構なひとでしたが今朝もわりと人がやってきてます。
そして旅は出会いでもあり昨年ここで会った奈良のNさんと再々会!
(昨年末に富士山忍野付近でも会ってますので再々会)

c0201929_16483510.jpg


間もなく日の出のころです。この時間帯が一番寒いのですが今年は結構暖かいようです!
昨年は濃霧で幻想的でしたが寒さのあまりカイロ出したのは新鮮に覚いだします。

c0201929_16454172.jpg

昨年の様子!この後寒さのあまり温泉に直行したのですが開いてなく90分も待ちました。

いよいよ日の出ですが山に色付くかな?

c0201929_16513545.jpg


c0201929_16515248.jpg


岩手山にも桜にも光が当たりだしましたが、山肌は薄っすらした化粧のみで残念ながら
望んだような劇的な幕開けはありませんでした。(またです)

c0201929_16543371.jpg


今年は南部片富士と言われるようにごつごつとした稜線が今年はくっきり見えて
起伏の激しい凹凸が陰で引き出されます。

日の出暫くしすると多くいたカメラマンはぞろぞろと引き返していきますので
私もそれに便乗する形で引き上げます。
奈良のNさんと姫路からの人と三人で会話してると一人の人が話しかけてきて
八幡平の一本桜の場所と開花情報を聞いてきましたが、場所は知ってるけど開花情報が無いなど
話してました。
今日は・・・暇になりそう。
移動しても撮影場所がない。鉄道も無い鳥も居ない。

Nさんとロケハン巡りでもってことで先ずは上坊の一本桜へ行ってみると
まだ蕾が膨らんでる程度ですのでまだ4・5日先になりそう。
ここかなりのマイナーゾーン。
しかし驚くことに大型観光バスが二台もやってきたんです。ぞろぞろと降りてきたのが
Cの頭文字の方々。所が近頃のC人そんなに悪くないですよ。
よっぽど日本人の方が心得知らない人がいるくらいです。
それでも賑やかなのは変わりませんけど・・・(笑)

c0201929_1755535.jpg


ここに桜が満開になるんですから絵になるでしょう!

その後見逃さなかった猛禽君が電柱に止まった。

c0201929_177594.jpg


この鳥なんでしょうね?
Nさんと調べては居たんですが・・・「ノスリの幼鳥」ではってことで。

c0201929_1781860.jpg


この後、焼走りの温泉場で仮眠してから八幡平の一本桜へ!
七時雨山荘に車を停めて5分ほど歩くと桜はあります。大山桜と思う樹は立派なんですが
昨年同様に蕾もまだ堅そうで一週間から10日はかかりそうですから
ここの桜を今後GWに収めることは難しそうですなぁ。

ここでいったんNさんと別れて道中で見つけた場所で撮影。

c0201929_17123019.jpg


車内からは木蓮と思ったのですが実際には山桜ですね~
逆光なんで一層に白く見えます。

c0201929_17133472.jpg


レタスの苗でしょうか?見事な畝が気持ちいいですね~
もう少し成長してると緑も綺麗ですがすると桜が散ってますし・・・。
ここで撮影して紅白の桜

c0201929_17164547.jpg


しかしどっから狙っても写真に成らず記録撮影。
再び昨日の夕景と同じ為内へ向かうのでありました。

c0201929_17174692.jpg


今回も最後までお付き合いありがとうございました。
明日はどうしようか今晩考えるために一度道の駅なかねに向かいました。
車の後ろの窓からは満開の枝垂れ桜がみえるので車内で夜桜花見で一杯です。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-23 16:24 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

昨日(5/2)は津軽富士で色々ありましたが、今朝は青森県平川市の志賀坊公園よりスタートです!
昨晩は移動することが面倒で怖いけどこの公園のPで朝を迎えたんです。
まぁ公園なんで水回りはあるので便利なんですが夜は夜景のスポットになっているようで
何組かの車が来たのですが目覚めたら私一台でした。

朝一はここからの紅富士(津軽富士)が見えたらと昨日(浅虫)に続き狙ったのですが、
色が付くことなく終わり。

c0201929_71853.jpg


その後ついに南下し始めました。

ここへ来る途中の峠にはまだ残雪が多くあり春の訪れを感じます。

c0201929_7284463.jpg


先ずは十和田湖!何年か前に訪れたことはあったけどあまり記憶にない。
でもここの展望台に来た記憶はありました。

c0201929_721010.jpg


c0201929_7225284.jpg


人の記憶なんて曖昧なものですね!

訪れたのは昨年でした。

c0201929_7233192.jpg


その時は夕日没前の夕方でここから北へ向かって奥入瀬まで行きましたが、
今回は逆に南下です。よく見ると前木が綺麗に伐採されてますが
前も気が付いたのですが結構錆びれてて勿体なく感じました。
折角いい場所なのに訪れる観光客はポチポチと寂しい限り!

c0201929_7293582.jpg


その後湖畔の中山半島へここには十和田湖名物の乙女の像があります。
前回はスルーしてるが今日は天気もいいので寄ってみると、
観光客も少ないが駐車料金はしっかり早朝から徴収してる。

まぁ僅か30分程度だけど観光財源と協力します。


これから出動するだろうスワン隊員!その奥には遊覧船が控えてる。
受付窓口の係員さんが不思議そうに私をみているが・・・気にしない。

c0201929_7373658.jpg


湖の中にも祠がありますが・・・・何でしょうか?
気になる人は調べてください!

c0201929_7384159.jpg


乙女像です!青葉になってれば少しは絵になったのでしょうが
これでは記録撮影そのものです。

流石にこの場所は記念撮影用の椅子が用意されてました。

c0201929_7401963.jpg


本日は移動もあるのでR103から南下途中に峠の売店がありそこから十和田湖が俯瞰してみることができここで十和田湖ともさよならになります。

鹿角市を通過してると川沿いに咲いてる桜に目が留まりました。
そこには一台の車があり人もいたので話してみると、この近くに山菜を採りに来てとの事。
昨年もこの鹿角市では山菜取りの最中に熊に襲われて数人が亡くなってるようですが
この人も熊の恐怖は知ってるけどそれ以上に美味しい山菜が欲しくて採りに来るんだと言ってました。

c0201929_7465684.jpg


まぁ緑の中の桜でしたが残念な結果です。
R103を南下していくと河川に新緑が目立っていたので欄干から撮影しようとしたのですが
電線が邪魔になり河川敷に降りることに

c0201929_7503347.jpg


河川敷まで降りたら降りたでかなり上から見ていた風景とはかなり違ってました。

ここから大館までゆっくりと移動ですが、今朝から何も食べてなく11時を回った時から
食事処を探してました。
すると目に飛び込んできたのが「鉄鍋ラーメン」


バーン!これ味噌ラーメンです。
c0201929_15405851.jpg

ここ店員さんとても親切でした。

昨日志賀坊公園に行くときに寄った店は「たぬき本店」ってあったので入ったら
こんなラーメンが出てきました。
c0201929_15412394.jpg

ここは青森県でした。昨年岩手県でこんなラーメン食べたことあったので
寒い地区なので冷めない工夫がしてあるんだろうと思い、聞いてみたら
家独自でして県内にはほかにないらしい・・・・まじか!
もう一つ気になる質問を・・・本店ってことは支店は他にも?
なんと・・・無いらしい!何処かの暖簾分けで本店?いくつかの疑問点の中店を後にしたのです。

そうそう話が戻りますが、今日食べた鉄鍋ラーメン梅正屋ラーメン

鉄鍋

こんな感じのお店です。私は11時すぐに入ったので私だけでしたがその後一組が入ってまいりました。味噌ラーメンに特製のコチジャンを入れて食べたら一味変わってとても旨かった。
帰りに店員さんにこの辺りで鉄鍋ってほかにもあるんですかと聞くとここだけとのこと。
昨日も聞いた台詞だけに・・・・。
昨日のたぬき本店の話をすると・・・へぇ~って
まぁ細かいことは気にせずに昨日より美味しかったですよ。
この後数十M進むと正木屋って麵屋がありすでに行列が出来てました(失敗したかも)
今度の目的地は岩神ふれあい公園の枝垂れ桜。

c0201929_1692965.jpg


枝垂れ桜は満開でしたが本数も少なく染井吉野は葉桜になっていたので早々に撤収し温泉探し。
便利なことにスマホで近くの日帰り温泉で検索するといくつか出てきて詳細を確認して
行ってみる。
街中にあり温泉¥280-って最高!
隣にはカラオケハウスがあり歌が響いてる。
数日の食料を買い出ししてから岩手に向かうために東北道の小坂いICより南下開始。
昨年も行った事のある松尾八幡台平ICで降りたら目的地はすぐそこです。

到着するとすでに多くのカメラマンが待機していたので私もそこへ便乗。
何度も来ているところなので勝手ができて日の入りまで撮影しましたが
桜は丁度いい時期の満開ですが夕焼けは平凡な一日の終わりになりました。

c0201929_16182911.jpg


本日も最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-21 06:22 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

5/15撮影様子

5/18新開花状況です。

c0201929_20474811.jpg


本日も朝から寄り道してみました。今朝はここのオーナーのSさんに声掛けてもらいました。
私が連日撮影してるので気にかけてくれて5/13に中日新聞(知多版)に掲載されていた話で盛り上がりました。

c0201929_20484794.jpg


今朝は雨上がりの青空で一層綺麗にルピナス咲き誇ってました。

c0201929_20492899.jpg


まだまだ満開ですが花枯れて種が付きだしてる花も目に付くようにもなりますが
切り抜いたら元気一杯の綺麗なルピナスが沢山探せます。

c0201929_20511983.jpg


勿論引きで撮影してもこれだけの素晴らしい花畑を堪能できます。

c0201929_20545225.jpg


そして時間ギリギリで素晴らしい青空と雲の元で咲き誇るルピナスを撮影できました。

c0201929_20555248.jpg


畑にはたくさんのルピナスが咲きてますが畝は踏みつけないようにしてくださいね。
本日は夕方にも寄ってみましたが、残念ながら子供達が畝を踏みつぶして花も踏みつけそうでした。
これでは折角のオーナーさんの気持ちを踏んでしまってるのと同じなので皆さん駐車マナーもですが
撮影・鑑賞マナーも守って気持ちよく花見しましょうね。

c0201929_20585750.jpg


夕陽に照らされて青空とは全く違う花畑を楽しめました。

c0201929_20593577.jpg


到着した時には18:30を過ぎていて僅か10分ほどしか夕陽とルピナスが撮影できなかったけど
また時間見て夕陽と狙ってみます。

今回も最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-18 21:01 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

今年も桜前線とともに北上してきました。
っても初日の29日はどうしても県内の「曼荼羅寺の藤」撮影がしたかったので
5時に現地に着くように準備して出発したけど「曼荼羅寺」は後日報告します。

今回は長野県の中綱湖の桜地をロケハンしてから新潟県南魚沼市の中子の桜をロケハンしてから
一気に青森県の弘前城の花筏が当初の目的です。

29日は午後から全国的に天気が荒れると予報されてまして、私も長野県内で大雨に降られました。

c0201929_7171313.jpg


この後中綱湖の桜へ行きましたが、まだ蕾でした。
雨も降ってるので早々に新潟へ向かう途中の峠の山桜が太陽にあたって綺麗に咲いてました。

c0201929_7321889.jpg


虹が出るだろうと暫く粘ってましたが、見ることが出来ず市内を走ってるとついに虹が・・・。
しかもまだ太陽が高いので低~い虹です!

c0201929_73231100.jpg


通常虹は太陽の高さが22~40度に位置するときに見やすいですが、雨上がり後すぐの太陽の時には
低い虹が見ることがあったり大きな虹が見ることがあるので太陽と反対方面を眺めてください!

大町では菜の花祭りが開催されてまして畑には一面の菜の花が咲いてましたが
先を急ぐので撮影はサボリです!

c0201929_7362393.jpg


西空には太陽光が雲に遮られて出来る光芒が輝いてました。

c0201929_7371421.jpg


なんとか日の入り前に目的地の中子の桜に到着すると
10台以上の車が既に駐車し湖畔には三脚が並んでました。
ここはそんなに場所取りが必要ないと思うのに結構な数の脚が出てました?

まだ満開でなかったのかこれで満開なのかわからないけども
見た目は少なめの花付きでした。
一瞬湖面のざわつきが収まった時に夕陽に照らされた桜

c0201929_7414793.jpg


残雪も少ないですが花付きも少ないですね~
小耳にはこれが満開だとかまだ咲くとかいろんな会話が飛び込んできてますが
他の写真見るともっともっと咲いてます。が、今年の桜はどこも良くないかも。

c0201929_7434978.jpg


太陽が沈み今日の撮影は終了。

朝方、4時に起きて湖畔に向かうと数人は撮影してましたが、
風が出ていて霧が出ても流されそうです。
時間が経つにつれて人も車もどんどん増えてきて空も明るくなってきましたが
どうも撮影条件は良くないようです。

湖面はざわつき逆さにならずしかも霧も出なくって終了ですね~

c0201929_7463745.jpg


写真の左から太陽が出てきたんですがこの後桜に太陽が当たるまでそれほど時間はかかりません。
この写真は5:59分!

これから青森に向かうので早めに6:30過ぎに現地を後にしたときに咲いていた桜が
太陽に照らされて桜吹雪になってました。

c0201929_7565094.jpg


c0201929_757164.jpg


青森県弘前城へ続く!



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-08 08:05 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_6104638.jpg


続くから暫く過ぎてしまいました??。天気予報が翌日の(4/9)には晴れマークが付いたこともあり
大垣市から再び犬山城対岸に戻りついたのが20:00過ぎ、今朝も早い時間から移動にそしてかなり歩いたこともあって早めに就寝。しかし夜明け頃は雨音で目が覚めるほど強い雨が降ってるが撮影開始。

c0201929_6152612.jpg


まだカメラマンは誰もいない。
傘をさしてても足元は雨で濡れるほどの強い雨が降ったかと思うと天気予報通り雨が止むこともある。

c0201929_6173415.jpg


この頃になると断続的にカメラマンがやってくる。
三脚を使いじっくり構図を作る人を横目にサクサクと歩き回る人など見てて面白い。

c0201929_6251868.jpg


雨が上がって花の色も出るようになったが、完全に霧が消えてしまった。
暫く様子を見ていたが諦めて五条川へ向けて移動。
犬山から岩倉まで約15キロ 朝も早いので時間にして30分程度。
今回はメイン通りの岩倉周辺は避けて少し北の石仏周辺を中心に回ることにした。

c0201929_631182.jpg


理由は護岸が岩倉程整備されてなくてまだ土手部分が多いので緑があることと
人出が少ないので撮影しやすいことです。

c0201929_6333069.jpg


歩き出すとまた雨が降ってきたために慌てて車に戻り傘を持って歩くとなると
結構苦手行動だけどざる得ない。

c0201929_6352016.jpg


昨日からの雨の為に川の水の色が濁ってしまってるのが残念。
石仏は岩倉市の北側に位置するのですが、東名高速も横切っていてこの高架のしたではなんと雨に濡れずに花見が出来るようで何組かが場所取りとしていた。

c0201929_6385570.jpg


所々、土手には菜の花が咲いていて雨で桜も緑が一層輝いて綺麗でした。
私は五条川を南へ歩きながら撮影していたのですが岩倉(メイン通り)辺りに来ると屋台も出ていて人も多く小雨の中でも賑わってました。

c0201929_6435844.jpg


8:00頃に到着して10:30頃まで結構歩いての撮影。
見たように満開の桜に満足したので、次の目的地の稲沢市へ移動途中にこの辺に来ると
食べたくなる「ラーメン福 師勝店」へ向かうとなんと月まで改装工事の為に休業。なんてこと!

石仏から20キロほど時間で45分ほど離れた初めて来る稲沢市平和町は
平和支所周辺一帯に植えられてる桜を称して「桜ネックレス」
桜祭りをしてるが無料駐車場もあり有難い。
私は平和支所に駐車したら南に延びる桜が見えたのでそのまま南へ歩き出し、日光川へ突き当たるので東に折れてると目立つ八重桜?が満開を迎えていた。

c0201929_702916.jpg


日光川から流れる支流沿い両岸に桜並木がメインになってる様子。
その辺りは公園もあって花見で賑わっていた。
たしかここの桜まつりでは屋台が無かったような気がしました。

c0201929_731224.jpg


染井吉野の並木の中に時折、しだれ桜が咲いてる。
南北へ伸びる支流沿い両岸に満開の桜が咲いて多くの観光客が桜を愛でてる。

c0201929_75675.jpg


この町の「桜ネックレス」地元に居ながら昨年まで全く聞いたことがなっかったほどだが
歴史は古かった。S61年からなので既に30年以上の歴史。詳細は↓

平和町の桜歴史

初めての感想ですが地元に愛されてる桜まつりって感想!

c0201929_783978.jpg


外国人観光客も時々見かけるほどなので、口コミで広がる前に一度お出かけしてみては・・・おすすめです。天気も曇天なので今回はロケハン程度です。
「ラーメン福」が休業だったので道中何も食べずに来てしまったので腹ペコ。
結局帰路の「ラーメン福 大平通り店」で遅めのランチをして帰りました。ここのもやしが好きなんです。オマケ!野菜普通盛り
c0201929_07283852.jpg
野菜大盛りですが写真は、日にちも店舗も違いますので参考に。
c0201929_07290364.jpg

本日も最後までありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-17 07:21 | 桜が咲く風景 | Comments(3)