ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:青森県 ( 2 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

本日2時に目覚めて外を見たときには星空だったのに4時に起きたときには曇天になっていた。
カメラ出すことなく暫く海越しの岩木山方面を眺めてみても変化なさそうなので
弘前市内方面に移動してると雲の間より太陽が射しこんできた。

目的地は岩木川河川公園。
初めての場所で河川敷に桜並木があるらしい。
到着すると朝の綺麗な空気が漂うような静かな場所で近所人達が散歩などしている。

c0201929_6195965.jpg


太陽が射しこんできてはいるが岩木山は雲に隠れている。
桜も染井吉野は葉桜だし撤収し標高がある岩木山方面の世界一の桜並木道へ向かう。

c0201929_6214776.jpg


生活感が漂う岩木山麓でリンゴ生産の準備ですね。

c0201929_623080.jpg


岩木山神社。実はこれ岩木山からの帰り道なので昼過ぎの雲が取れた写真です。
朝来た時には岩木山はまだ雲の中でした。
岩木山総合公園付近には延べ22キロにわたり大山桜の並木道が続いております。
まだ朝早いので人は少なくていいですが日の周りが良くないです。

c0201929_6261878.jpg


この場所で地元のカメラマンに会い、岩木山を望むなら「志賀坊公園」へ行くといいと
教えてもらいました。
その後の暫く撮影しえてると並木越しに岩木山が取れそうな場所が・・・・
でもそこはりんご畑に中。オーナーさんが肥料を蒔いていたので話してみたら立ち入りを許可してくれた。
それどころか何時でも立ち入ってOKとも言われたけど、熊だけには気を付けてくれとのこと
実は二日前の4/30日にすぐ近く(先ほど行ってきた岩木山総合公園)で二人が襲われたとの事!
確かに公園には熊出現の看板があった。
目撃された場所には立て看板を立てるとの事。怖い!

c0201929_636533.jpg


まだ山頂には雲が張りついてますが、ここまで下がると桜の印象が薄れてしまいます。
オーナーさんが紹介してくれたのが岩木山スカイライン雪の壁の中走ると気持ちいいよって。
昨年も南八甲田山や八幡台でも雪の壁見てるけどと思いながらも北海道も見えるかも・・・
って言葉で心が揺らいだ!
以前北海道見たいがために竜飛岬までいったにもかかわらず曇天で全く見えなかった。
そこでスマホでサイトをみると本日北海道が見えてるとの事なので山頂まで上っていくと
気温2度で強風。まだ10時過ぎで車も人も少ない。

c0201929_6431764.jpg


確かに絶景です!しかしこれも快晴の良視程だからこそ。
山の凹凸もはっきりしている。一際白い山並が世界遺産の白神山系で、
ここは岩木山8合目。ここから山頂目指して雪山登山してるひとも結構いますが
私はここの売店の二階から北海道を眺めに行きます。

c0201929_6474159.jpg


しっかり見えました。海岸線は津軽半島の権現岬?その奥が北海道で白い山並が大雪山系
岩木山のパンフレットには「弘前市から北海道が見える」とありました。
竜飛岬まで行って見えなかった北海道が弘前市で見えてよかったけどこれも天気次第って
言い換えたら運しだいってことですね!今年は天気がいいので助かってます。

c0201929_6514542.jpg


スカイラインを上るってくると正面に大きな駐車場がありますが、左に曲がると売店より一番離れた場所に先ほどの立標識があります。
先ほど来た時には無かったけど今は標識にすぐ近くに一台のマーチ?が停めてあります。
しかしオーナーさんが見えない様子。
観光客も標識と一緒に記念撮影がしたいのに車が邪魔しててすごく迷惑そうにつぶやいてる!
どこでも停められるほど空いてるのに迷惑者扱いされてる。
5分ほど待っていても戻ってこない。
寒さのあまり車からダウン出して売店へ行って北海道のどのあたりが見えてるか聞いてると
親切な山好きな紳士が色々教えてくれた。
30分ほどして標識の場所に行ってみるがまだ停まってる。
何組の観光客が入れ替わりやってきては邪魔そうに記念撮影してると
オーナーらしき人がやってきた。

観光客の一人が    「写真撮りたいので車動かしてください」
オーナー       「私も(そうなんです女性)今から撮影するんです」
観光客        {・・・・・見守る}
オーナー       {人目も気にせず撮りまくってる}
観光客・・B     「もういいでしょう」
オーナー       「私〇〇から来たのでと車の動かし角度変えた」
観光客・・A     「すぐ終わるので先に撮らせて」
オーナー       「私の方が先に来たので順番です」
さんた        「先に来た人が優先なんですか?」
オーナー       「そうだよ」
さんた        「そうですね・・・では今すぐ動かしてください」
オーナー・観光客    ??????
さんた        「私先ほどこの場所に来た時には車なかったですよ」って写真見せた。
オーナー        面倒臭そうに動かして一件落着。

その後オーナーは雪の壁に移動して人目を惹いてました(呆れた)

さってそんな出来事の後にして再び桜並木へ向かうと凄い人になってます。
が、やっぱりトップライトになってるので桜が一層綺麗です。     

c0201929_6242170.jpg


この辺りまだ残雪があり10日ほど前までは真っ白だったらしいです。

岩木山の雲も完全に取れて真っ青な空と桜は最高の組み合わせ。

c0201929_7185414.jpg


桜に太陽が当たってると綺麗です。

c0201929_7194547.jpg


大山桜なのでもともと色味が強いです。

c0201929_7205916.jpg


津軽富士(岩木山)富士山によく似た形です。
少し下ってゆくとそれだけで散り桜になってて僅かな変化で開花が違う様子が自然界で感じます。

c0201929_7245186.jpg


素晴らしい景色を見ながら今朝情報を聞いた「志賀坊公園」

昼時間も過ぎているので途中で食事を済ませて公園へ向かう途中大空をクルクル回る猛禽君に
ターゲット。鳶ではなさそう。

公園に到着してみると綺麗な津軽富士

c0201929_7305836.jpg


クルクル回る猛禽君はおそらくノスリ

c0201929_7345246.jpg


c0201929_7351484.jpg


近頃少しだけこんな写真を撮ってると今朝この場所を教えてくれた二人組と再会。
びっくり。教えてもらったので来てみましたと会話を楽しむと、
夕焼け時刻になってきたけど焼けそうもなく夕陽

c0201929_7361481.jpg


この日ここで夜景を撮影してみることに

c0201929_737270.jpg


最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-18 06:06 | 桜が咲く風景 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

新潟南魚沼市の中子の桜で撮影した後は関越道の越後川口ICから一路弘前へ向かいます。
時間を考えるなら関越道で新潟まで行き、磐越道で郡山へその後東北道へ北へ走るのが早いのでしょうがお金のことを考えて私は関越道で新潟へその後日本海東北道で終点の村上(新潟)へその後、国道7号+日本海東北道(部分的に開通してます いずれ北日本海にも一本の高速道に繋がります)で北上。

遠征をしてると食時間がバラバラになりがちでこの日も朝撮影後高速に入る前に前日に買ってあったおにぎりを走りながら食べたまま既にPM1:30を回ってます。
早く食べれるラーメン屋を探しながら走ってると行列が出来てるお店があったので入ることに。
グルメレポートは割愛(FBに出てます)して北上を続けます。
16:00少し過ぎたころに弘前城前の市営の駐車場に運よく停めることが出来ました(¥1000-/日)
閉鎖時間を聞いたところFREEのことなので安心。

弘前城桜まつり

三度目の弘前城。一度目は満開のソメイヨシノを楽しむことができ、二度目は散り桜で「花筏」を楽しんだ。三度目はすでに三日ほど前から満開宣言がでてるので今回も花筏狙い!
駐車場の係員さんに話を聞くと本日午後からの風で堀には花弁が散ってるとのことだった。

c0201929_6235442.jpg


夕陽に照らされる外堀の花筏(裁判所前より)すでにかなりの桜が散ってるようで青葉も目立ってきてます。

c0201929_6311155.jpg


お城の東側堀にはいくつか堀をせき止める土手がありますが今回は一般開放(通常は柵があり入れない)されててそすが撮影ポイントになってます。
右手(西)から太陽光が射しこんでていい時間帯です。

c0201929_6345559.jpg


東川の土手はまだ花付きがいい方です。この花弁がどんどん堀に落ちると考えるとゾクゾクします。
結構な観光客とカメラマンがいますが撮影が困難ってことは感じなく皆さん順番に撮影してて気持ちもいいです。

ひとまず日没になったので場内へ入ると一気に人が増えます。ツアー客も多くガイドさんが引率してる団体が目立つほど大勢の中でもツアーの黒だかりは際立ってます。
東門から進んで東内門をくぐると、ここには日本一古い染井吉野が咲いてます。
記録では1882年生まれのようです。
通常染井吉野の寿命は50~60年と言われてますが青森の名産りんご(バラ科)ですが
この剪定方法や栽培方法を参考に樹医さんが同じバラ科の桜に取り入れしっかり手入れしてるようで、あれだけ立派な染井吉野が咲き誇ってるようです。

昨年より天守閣を移動させて石垣の補修をしてます。なんか痛々しく修復には10年を予定してるようです。

c0201929_7374782.jpg


c0201929_6475432.jpg


南に進むと赤い下乗橋が目立ちます。ここから北(右手)を見ると石垣が見え、奥に進むと有料エリアの天守閣があるので絶えず人が往来してます。

c0201929_6594079.jpg


下乗橋より天守閣を望む!天守閣は本来の場所から50Mほど西へ移動してる感じがします。
薄暮が進んでるので次のポイントの西濠に向かいたいのですが問題が発生。
地図を持ってるのに記憶と感で動いてしまったので大回りしちゃいました。
例えるなら時計の針でいえば4時にいて7時が目的地の西濠なんですが反対周りをしたために
祭りのメイン会場になってる屋台の密集地やお化け屋敷のあるアトラクションがある人だかりは進むのも難儀で荷物を持って歩いてる私は煙たがれ顰蹙者です。
結果西濠に着いた時には薄暮は終わってしまっていた。

c0201929_74587.jpg


きちんと地図は頭に入れるかしっかり確認して動きましょう。

c0201929_7134041.jpg


西濠添いの桜のトンネルと三日月。
南内門から出て杉の大橋より東を望むとライトアップされた桜並木が濠面に映り込んで見事な水鏡です。三年前もここで撮影したなぁ~って思いながら人混みの中撮影したあとは

c0201929_7172129.jpg


再び外濠へ土手から北方面になりここが一番迫力ある花筏だと思いました。

c0201929_7222160.jpg


c0201929_7234071.jpg


時間帯で変わるので歩き回るしかないです。残照があるときとはまた違った世界です。

土手から南方面を見た(裁判所方面)

c0201929_7243833.jpg


花筏が亀甲模様になってメリハリがでます。

c0201929_7382254.jpg


歩きながら撮影すること最後は

c0201929_7293829.jpg


公園内からですが園内はかなり桜も散っていました。
桜情報どおり西濠の桜のトンネルはまだ見ごろですが他の染井吉野は散り桜でした。

今朝は4時起きして600キロを超す大移動に16:30~21:30まで興奮して五時間歩き回り撮影してました。

三年前の状況は↓

2014 弘前城桜



続・・・弘前早朝編
今回も最後までありがとうございました。
[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-09 08:56 | 桜が咲く風景 | Comments(0)