ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

いつも訪問ありがとうございます。

愛知県にも大寒波がやってきた1/24日は朝から犬山へ向かってました。
目的は雪景色の中の国宝犬山城。そしてもう一つは若者や観光客に人気沸騰中の「三光稲荷神社」です。
寄り道して駐車場に着いたのが、9:45分位でしたが、雪の為か車は数台しか無く人影も少なかった。駐車場の係の人が『名古屋の方の雪はどうでしたか?』と気にかけてくれた。
小雪が降る中犬山城へ続く三光稲荷神社前には国宝犬山城と彫られた大きな岩があります。
右隅の小さな雪だるまに注目してください。
c0201929_1923222.jpg

この鳥居が三光稲荷神社に続く入口です。少し観光PR看板がありますが雰囲気はこんな感じです。
c0201929_19231862.jpg

稲荷神社なので狐の石像があり階段を少し登ると水計が右手にありました。

c0201929_19232682.jpg

元日に飾り付けした様子でシダが枯れてしまってましたが、蛙の置き物もありました。

c0201929_19233965.jpg

階段を登りきると本堂がありその左側では、鏡開きの御持ちでぜんざいを振る舞ってましたので、私も言葉に甘えてお招ばれしました。神様に報告の挨拶をしてから右手にあるハート型の絵馬の撮影です。これが目的の一つです。

c0201929_19234763.jpg

個人的な願いを避けてイメージ写真です。

c0201929_19235558.jpg


ハート型が並ぶと綺麗です。
c0201929_1924568.jpg

新しい絵馬を選んでみました。が、この日は願い事を掛ける人は居ませんでした。
実はこの日、古くなったこの絵馬を焼き出していたのでなにか切なさと虚しさがあって皆さん絵馬を掛けなかったのかも。

c0201929_19241216.jpg
そして城下町から犬山城を見ようと歩き出したら坊主さん等が修行の為に街に出てきてました。その姿をみた外国人観光客はびっくりしてました。
(肖像権もあるだろうしぼかしてます)


c0201929_19242183.jpg

城上と犬山城ですが雪が少く白くはならなかったです。
が、珍しい場面に出会えて良かったです。
この土曜の夜からはもっと雪が降り白くなったと思います。

c0201929_19242726.jpg

その後城下町並ですが、この辺りは守口大根が有名で軒先に吊るしてあり外国人観光客は一緒に写真撮影してました。

c0201929_19243356.jpg


屋根に祀られた祠です。見えないですがハロウィーンの玩具もありました。
c0201929_1924411.jpg
今回も最後までお付きあいありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-01-19 19:17 | Comments(6)
c0201929_835533.jpg
訪問ありがとうございます。

GWから早くも二週間が過ぎようとして季節も蒸す梅雨に近づいてきてますがいかがお過ごしでしょうか?遅くなりましたが三陸海岸の番外編を更新します。

初めて東北を訪れてから6年目の今年やっと三陸海岸を巡るとができました。
八幡平から約2時間で三陸久慈へ。
この久慈での目的は「海鮮丼」とNHKの朝ドラ「あまちゃん」と宮古の一本桜です。

朝一で八幡平の桜撮影してから雨の中、久慈の道の駅で停車して建物を散策。
2011年の大震災時の悲惨な写真などが展示してあったりあまちゃんの記念撮影用のパネルが
c0201929_07562290.jpg
あったり地方産物の野菜などの販売もあり多くの人で賑わってました。
吹き抜けの二階から見下ろす煌びやかな舞台。

c0201929_7511595.jpg


スマホ片手に「近くの海鮮丼」と検索するとこの建物にもあることがわかり口コミを参考にお店(山海里)に向かうと11時30前なのにかなり並んでるが、名前を書いて私も待つことに。
注文したのは「漁師投げ込み丼」を
c0201929_07372960.jpg
これで1250円とお値打ち!
この日も気温が低いうえに入り口の近くでドアが開くたびに冷たい風で折角の美味しい食事を震えながら食べると言う貴重な体験をしました。
その後、三陸鉄道を見るために「三陸久慈駅」に行く途中商店街にあまちゃんショップがあり入ってみました。
c0201929_07381405.jpg

ドラマでアキ(能年玲奈さん)が制服で飛び込んだ灯台のポスターやエキストラに配られたT-シャツ・複数のNHKのポスターや当時の思い出がたくさん置いてありました。
c0201929_19230571.jpg

c0201929_07585093.jpg
が、残念なことに定員が居たもののかなり風化してるように感じました。

c0201929_7594479.jpg


なにやら職員さんたちが賑やかな洋装と派手なお迎えムード。
伺がうと三陸海岸を見ながら食事メインのJR電車が入線してくるとのこと。

c0201929_821415.jpg


私の立ち位置からは三陸久慈駅からで先頭車両が見えません。(入線したときには手前に三陸鉄道が停車してた)

三陸久慈駅のホームは名物の「うに丼」が販売されてますが既に売り切れでした。
c0201929_07575478.jpg

ベンチの向には二人の人がウニ丼弁当箱を抱えて食べてましたので最後の弁当だったのかも。
c0201929_07395796.jpg
ここから北限の海部の職場「小袖ケ浜」へ車で向かうんですが、道路工事のために山越え迂回するらしく「つりがね洞」にはいけないとのこと。
車で走ること20分程で港の駐車場へ。ここでは係員が見えて駐車の誘導をしてくれてます。
一番に目に入ったのがこの石碑。

c0201929_7411487.jpg

歩くこと5分でロケの現場へ。この日は海女さんの実体験などはしてません。

c0201929_747481.jpg

港の最頭端にはあの灯台が。アキが制服で飛び込んだり春子が落書きした灯台は立ち入り禁止のロープが合ったが、またいで上ちゃいました。天気が小雨ですが青空なら気持ちよさそう。

c0201929_84185.jpg


海女センターは一階はお土産など二階は資料館三階は食堂でその上は屋上で360度眺めることができます。屋上から俯瞰して撮影。


c0201929_842592.jpg


三階の海女Caféです。

c0201929_7491122.jpg


北限海女の里の石碑

c0201929_843372.jpg


NHKの台本型の石碑
c0201929_843937.jpg


退いてからの撮影で大きな岩の左手に見える建物が海女センターです。
c0201929_844730.jpg


「ストーブ」さんこと小池徹平さんが監視していた高台に行こうとするが雨が強くなり敢無く
車で待機するが止まないので三陸鉄道「堀内駅(ほりない)」へ向かいます。
駅では3区間ですが移動に30分ほどかかったように思います。なかなか駅に入る道がわからず
右往左往。また駅に上がる道もわからず民家に入ってしまい縁側のおばちゃんが反対だよと教えてもらいなんとか到着!眼下には太平洋。すっきりした青空が見たかった。
ここでユイちゃんがアイドルになりたいと叫んだ場所!
私の車も見えてる(-_-;)

c0201929_84565.jpg

c0201929_19280450.jpg


トンネルを抜ける三陸鉄道
c0201929_85545.jpg


なにやらイベント列車
c0201929_85167.jpg


駅の近くに移動して走行するイオンペイント
c0201929_852250.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-05-22 07:39 | 観光旅行 | Comments(2)
この地区はもう終わってしまったけども昨年に続き今年も出かけてきました。
ピークは9月中のSWで新聞やTVのメディアで紹介されてましたが、私は遠征中であったので
残念ながら少し遅めの26日の土曜日の朝に向かいました。

彼岸花って本当に変わった花なんですよね~

曼珠沙華(まんじゅしゃげ・まんじゅしゃか)とか呼ばれて
葉っぱより花が先に咲くので「まずさく」から訛って「まんずさけ・・・まんじゅしゃげ」って呼ばれたとか
太陽が当たる南側より北側から早く咲きはじめるとか本当に変わった花ですよ・・・・・違っていたらごめんなさい。

300万本が咲き乱れる矢勝川ですとまだ南側の斜面が
綺麗に咲いてるだろうと小雨の中朝早く出かけました。
現地には数人のカメラマンや地元の散歩する人がみえていて朝のきれいな空気の中、各々の時間を楽しんでました。
私もマル秘の駐車場に停めて撮影開始しするころには雨上がりもあり
花についてる滴がとても印象的なので、滴と花をテーマに撮影してました。
時折雲の切れ目より一瞬太陽の光りが当たると滴が輝いてキラキラと宝石箱のようでした。
川沿いの堤防をどこまであるいても咲いてる彼岸花ですがこの日は昼前より予定があったので
適当な時間に切り上げて退散しましたがもう少し撮影したかった1日でした。

c0201929_7594853.jpg

皆様を守る地蔵様と彼岸花の風景。
c0201929_80145.jpg

受付のテント付近に咲いていた黄色い彼岸花。
c0201929_801291.jpg

背景が暗い場所を探し主役撮影。
c0201929_802289.jpg

これだけ咲いていると主役を見つけるのが楽しいです。
c0201929_803110.jpg

屋台も出ていて軽食やお茶もできます。連日の雨で足場が悪いです。
c0201929_804487.jpg

小さな生き物が居るってことは自然環境もいいですね。
c0201929_805449.jpg

こちらは南側の斜面です。観光に来た人たちが二匹の犬の行動を気にしてます。
c0201929_811316.jpg

蜜があるんでしょうか?アゲハ蝶も働いてました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-06 07:36 | Comments(3)
昨夜は疲れているはずなのに朝早く目覚めてしまう。
朝食は6時30からなのでゆっくりした朝と思ったのになぜか5時前まら目覚めて寝れない。
部屋から朝日は見えないが薄明がはじったのでカメラを取り出して撮影してみる。平日なので道路は混んでる様子で頻繁にライトが通過して行く。

朝食は混むだろうと早めに向かう。バイキング式の朝食!ソーセージとパンが旨く種類も多く品揃えあり。ドイツは生野菜が少なく貴重らしいがフルーツは蒲萄と桃や洋ナシやスイカもあったり、
ヨーグルトも種類は多く美味しかった。
しかし交わす言葉は外国語で勝手がきかない食事ですがなんとかなるものですね~
ってか相手が少し日本語がわかるんですから助かります。
それでももう緊張の連続ですわ。ボーイさんが回ってきて飲み物聞いてくれるんですけども初めは聞き取れないんですが、なんとか聞きとれてコーヒーにするとなんと大きなカップなんです。
ご飯は無かったけども味噌汁が準備されていた(恐らく私たちツアー客の為でしょう)が、お椀の小さいこと。普段の味噌汁椀のふた程の大きさしかないんです。
コーヒーカップに比べたらどんなに小さいのか?それでもおもてなしを感じました。

9時から観光でBMWの見学!ドイツは車産業が盛んです!ベンツ・VW・アウディ・ポルシェもそうだったかな
バスで移動してBMWの会社へ。ここでは観光見学ができるらしい。らしいってのは・・・ガイドさんが案内してくれて直ぐに解散し何時集合ってことで私は外を散策してました。まだ桜が咲いていて緑が多くきれいです。
第20回ミュンヘンオリンピック会場も近いので散策!以前はゴミの山だったらしい、ドイツは昔は食事も美味しくなく街も汚く観光客が少なかったとガイドさんが言っていた。

私は撮影の為に散策していたが集合時間が近くなったので戻ってみると、まだ集まって無く時間が過ぎても集まらない。これは日本人(会社の人ばかり)だけなのに時間厳守でないのは海外気分の為かな?
その後どこやらの広場へ行って近くのからくり時計の塔をみてマーケトも散策する。
広場付近の建物をガイドさんが案内してるんだけども右往左往撮影してるわたしには何も聞こえないが、ただ離れないようにだけ気を付ける。
からくり時計では11時にからくり時計が動き出すって事で広場は凄い人ごみ。屋台が出ていて朝からビール片手にソーセージを食べてるドイツ人。この日も昨日に続きドイツは気温があがってて20度を超す予報通り暑くなってるのでビールが旨そう。しかし勝手が出来なく時計を見てると、日本語も聞こえてくるので振り返ると屋台に座ってビール片手じゃん。ツアーの早出の組が飲んでるじゃん。まじかッ!!
同じツアーでそんな違いがあっていいのか?そんな気持ちになるとからくり時計なんて気にならない。
気になるのは青空の下で飲めるビール。しかもおつまみ付き!よだれもんですわ。

さて羨ましさを横目にマーケトへ歩いて移動。ここでも離れないように「カルガモの子供状態」でただ付いて行くだけです。マーケットで自由時間が30分程度もらえました。
同僚がビアガーデンへ行こうと誘ってくれたので即OK。マーケットで買い物よりもドイツビール。
中ビールジョッキーが二杯で8€弱(約1000円なんで日本と変わんないです)が青空の下でのビールは最高ですが余り飲み過ぎてもダメなんで一杯だけで我慢です。
マーケトも少し散策してバスでホテルへ戻りこの日は終了です!


薄明の空とドイツの街並み。
c0201929_13334628.jpg

焼ける空とドイツの街並み。
c0201929_13335791.jpg

青空とドイツの八重桜。
c0201929_1334550.jpg

ミュンヘンオリンピック会場からBMWの幟旗とBMWの会社
c0201929_13405242.jpg

この建物の中央にからくり時計があります。
c0201929_1341260.jpg

ビアガーデンでの一こまで青空の下ビール片手です!
c0201929_13411184.jpg

マーケットで果物屋台。
c0201929_13422367.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2015-05-06 07:00 | 海外旅行 | Comments(4)
遡ること4月15日から初海外旅行へ行ってきました。初体験は海外旅行だけでなく飛行機も初体験と何もかも初めてだらけです。ツアーですが不安だらけです。
中部国際空港(セントレア)からのドイツの直行便もあるのですが、会社の旅行って事で羽田空港集合です。
天気予報は雨ですがなんと快晴の空。
10:00集合ですが8時過ぎに空港に到着し、デッキに上がりそのまま飛行機撮影開始。凄い飛行機で感激しながら撮影してると直ぐに集合時間です。

さぁここからが本番です。集合場所に到着で顔馴染みの人がいるとそれだけで安心ですが、
ツアーガイドさんより説明されるも初めてなので良く分からない。搭乗受けつけして荷物預け入れして暫く待機。続々と会社の同僚が集まるけどまだ時間があるのでもう一度デッキへ上がり撮影することにしたが、天気予報通りの空模様になり次第に雨が降ってきたので私も同僚と合流して入国審査開始。
手荷物を篭に出して金属検査するが問題なしで通過!(帰りはベルトがひっかかりました)
ここまでに何度パスポートを出したことか?手に持つだけ持ってロビーで待機して搭乗を待つ間、初フライトにドキドキする。座席はAなので窓際です。ボーイングブリッジを渡り座席を探す。搭乗の際に「非常口付近なので緊急の際にはお手伝い願いします」と聞いていたげども座席に窓際なのに窓が無い(ショック)
しかし最新機材のB-787でのフライトです。

テイクオフで凄いGがかかるけどもそれほど恐怖感はなし。そして前輪が浮いた感覚があって後輪も地から離れた。Gを感じながら上昇している窓際で窓が無いのが寂しいと感じる時です。
この日、日本各地の天気は荒れ模様で確かに飛行機も揺れているが恐怖感はなく、
間もなくして飲み物が配られてこれから機内での長い時間の過ごし方を体験することになった。
窓際Aであったが最前列なのでいつでも座席から離れられるし足も伸ばせるのは良かった!
ビールを飲みながら(ガイドブックに気圧の関係があるので飲み過ぎには注意)機内のビデオなどを見てると食事が配膳されてきた。お腹が膨れたら睡眠が出来ると思ったがそんなに甘くは無かった。なかなか寝れなくってビールを追加。ビデオみながらウトウトしては目覚めるの繰り返しで機内をウロウロしてると、
CAさんが話しかけてくれて「初フライト」と話すと降機の際にプレゼントを頂きました。

約13時間のフライトを終えるとそこは知らない世界が広がってました。荷物を受け取ってバスに乗り込みホテルへ向かう途中でどこか見学してからホテルに到着しました。
朝起きて昼に離陸して13時間過ぎたのにまだ明るいのでこれが時差なんでしょうか?
この日は同僚とホテルのバーで一日の癒しを美味しいビールで癒しましたが、同慮が英語が話せるのでこのバーにもこれてビールを飲むこともできたけども、一人なら絶対に美味しいビールを飲むことが出来なかったんだろうと感謝しました。
この日ビール一杯にサラダバーで13€ぐらいでした。なんで1800円ほどですがホテルだし高くは無いですね。

この日私たちを乗せてくれた飛行機B-787 NH217便 私の席は20Aでした。
tomodathiのロゴ入りです。
c0201929_11403117.jpg

着陸前に撮影した一枚。
c0201929_11404110.jpg

ドイツでホテルへ向かう途中で寄った場所ですが名前は覚えてません。
c0201929_11405240.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2015-05-04 11:46 | 海外旅行 | Comments(4)
日曜日朝から天気が良く時間もあったので、常滑市の焼き物散歩道に出かけました。
早朝から自宅をでたので常滑に着いたのが7時少し過ぎ。週末は焼き物資料館の駐車場は有料と
記憶していたのだが係員が見当たらなく、資料館に入って確認するとなんと「9時までは無料です」
平日は終日無料なんだけども「良かった~~」
早速カメラを持ち出して散策開始。何度か来ているので大まかな地図が頭に入ってるし、散策ルートはいつもと同じ。時期と時間が変わるだけで写真も変わるので楽しみ。

朝早くなので他の観光客は勿論見当たらないし、お店だって開いてない。
まるで独り占めです。
撮影したい場所にサクサクと歩いていると気温が上がってきて汗も出てきます。日焼けしないように長袖を着てきたので余計に暑く汗がでます。この時期は着るものが難しいですね。
一度早い時間の青空が撮影したかったので、短い時間でしたが楽しみ早々に9時までに退散しました。

廻船問屋 滝田家前のどかん道
c0201929_7103556.jpg

散歩道メインのどかん道
c0201929_7104560.jpg

焼き物釜と煙突・・・ここは駐車場なんでいつも車が停まってますが今日は空き(あき)青空
c0201929_7105680.jpg

別の登り釜を見ることが出来る場所があります。(今は勿論使われてないです)
c0201929_711755.jpg

登り釜近くの焼き物店に居た店長猫の「のんちゃん」凄く人慣れしてます。
c0201929_7112168.jpg

自らの居場所が分かるのか空気が読めるのか撮影していたらこの場所に動いてくれたのですが眩しそう。
c0201929_7113495.jpg

資料館の自動販売機の横のポストの上に置かれていた郵便局猫の焼き物
c0201929_7114555.jpg


良ければアイコンを押してください。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-09-29 07:20 | 観光 | Comments(2)
地元から車で1時間以内にある味醂の町・瓦の町「碧南市」を散歩してきました。
この町の第一印象は神社が凄く多くあるってこととお好み焼き・焼き肉やも多かったなぁ~そして昔ながらの風景も残っていることでした。
味醂(みりん)蔵も多く残っていて多くの会社でまだまだ稼働してます。
ただそれほど大きな町ではないのでゆっくり歩いてもしっかり見学できて十分堪能できますので
季節のいい時期に散策されることがいいでしょう。
またこれからの時期はハゼ釣りも楽しめる川もあり自然も多く残る町でもありました。

碧南市観光協会HP

http://www.city.hekinan.aichi.jp/KANKOKYOKAI/midokoro/index.php?c=rekishi


碧南向かい途中に目に止まった可愛らしい白い小さな花
c0201929_6564751.jpg

霞草みたいな小さな花は好きなんです
c0201929_6565556.jpg

碧南市の町並み(大浜地区?)南の方にあります。白壁が続く道
この道の先にも味醂作りの蔵や樽がありますのでこの辺りには雰囲気ある匂いが漂ってます。
c0201929_6563641.jpg

門構えより覗き込んでますが、見学予約もできると思いますのでお出かけの際には事前予約を!
c0201929_6572017.jpg

雰囲気ある町でしょう。この川でもハゼが釣れるようです。
昔は地元の川でもハゼ釣りできましたが最近では数が減ってしまってハゼ釣りも難しくなってる場所がおおいようですがこの町ではまだ手軽に楽しむことが出来るようです。
c0201929_6571890.jpg

この建物は「旧大浜警察署」だそうです。----碧南市観光協会より引用------
明治20年7月に当時岡崎警察署大浜分署として庁舎が建てられたのが始まり。
老朽化した木造建築から建替えられた大正時代の鉄筋コンクリート造の建築で、南ヨーロッパを思わせる白と茶色の外観が、大正ロマンの趣を残している。敷地の北西部には、往時漁に出る船に利用された「バロメートル」(気圧計)を埋め込んだ石柱がある。
【住所】〒447-0848 碧南市錦町1-7
【電話】0566-48-6602(碧南市役所教育部文化財課)

c0201929_6571989.jpg

この辺り車が無料で停められます。
c0201929_6571824.jpg

裏に回るとこんな感じです!
c0201929_6582345.jpg

お寺も多いので観光協会HPより参考にしてください。
c0201929_6585411.jpg

これが「バロメートル」気圧計だそうです。
c0201929_7134859.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-27 07:15 | 観光 | Comments(2)
小豆島からフェリーで高松へ移動してまず「栗林公園」へ向かいました。
季節の花「蓮」が見ごろの情報はあったのですが、行った時は午後からだったので花はつぼんでしまっていましたが、蓮の背丈がかなり高かったのが印象的です。
また園内には「高松市」だからか松の樹が多く植えてありまして、歴代の天皇が植えたとされる松も祭ってありました。園内随一の展望と言われる場所からの見ごたえは素晴らしい景観でしたので、お出かけのさいには「栗林公園」へどうぞ!
その後玉藻公園(高松城)へ移動したのですがここは市内にも係わらず、公園の東側に無料の駐車場がありますので、見つけにくいですが利用されると便利です。
またうどん県香川には「うどんパスポート」があり、観光名所などを回るとスタンプが押印できて一定数が貯まると応募できるパスポートがありますので使ってみてください。

http://www.my-kagawa.jp/event/passport/

うどんパスポート
c0201929_7292948.jpg

栗林公園の素敵な松
c0201929_7294874.jpg

背丈が高い蓮とトンボ
c0201929_730293.jpg

庭内随一の展望地より
c0201929_7303645.jpg

玉藻公園にある「名物魚のえさやり船」
c0201929_7305345.jpg

玉藻公園で貸し出してる番傘
c0201929_7311384.jpg

私の好きな花の一つ「浜木綿」玉藻灯台に向かう途中に咲いてました。
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-23 07:35 | 観光旅行 | Comments(4)
愛知県に台風が接近していた7月10日(木)に仕事上がりの21:00からフェリーに乗るために神戸に向かいました。当日10日はフェリーも運休だったが、11日は早朝から運行するとの確認が出来たのでホテル予約があるために出かけました。
台風が大接近してるにも係わらず東の空には月も見えてます。が、高速を走りだすと雨風が強くなっている地区もあり台風を感じながら予定通りに0:00過ぎに神戸フェリー乗り場に到着!
仮眠するために神戸からの早朝便にしましたが、この便は一度高松で荷降ろししてから小豆島へ戻るような航路で6時間の船旅なんです。フェリーは関西汽船以来の二度目なんですが台風一過で波やうねりの為揺れを心配したのですが全く大丈夫でした。しかしほとんど寝ることが出来なく(船内は冷房は入ってるけども暑い・乗客数は30人ほどで滅茶苦茶少ないのに)お陰で朝焼けが望めました。
小豆島へ上陸して観光地巡りをしたのですが、この日は少し霞が強くって寒霞渓からの絶景は拝めませんでした。次の目的でオリーブ公園にある風車を見に行きました。上陸して知ったのですがオリーブの収穫は初秋頃らしいので今は小さな緑の実が付いてる程度でした。
それでもこの梅雨時期に青空と風車が撮影出来たのは良かったし、エンジェルロードも水のある風景も撮影ができたのは大収穫です。
c0201929_7422292.jpg

神戸ジャンボフェリーからの朝焼け…台風一過で焼けました。
c0201929_7423575.jpg

水が残るエンジェルロード(恋人の聖地)
c0201929_7424582.jpg

誓いの鐘がある場所から俯瞰して
c0201929_2251086.jpg

ペアルックの姉妹と風車
c0201929_743633.jpg

青空と風車
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-15 07:50 | 観光旅行 | Comments(0)
GWの最は寒い日もあったのに、先週は30度も越す真夏日も記録し寒暖差が一年でも
一番厳しい時期ですが皆さんはお変わりないでしょうか?

前回の引き続きで「桜紀行」と続けたかったのですが、今年はなかなか写真が撮影出来ないような旅と
なってしまったので、そこはそれで観光をと思い神社巡りをしてきました。っても
神社・仏閣に縁遠いのでただの観光を楽しんできました。

写真は山形は米沢にある「上杉神社」ここは丁度お祭りもやってて屋台も多く出ていて地元の人々で
大変賑わってて活気ある空気でした。
その後は福島の「塩竈神社」へ移動しました。ここは東北桜回廊に一つで今までにも行ったことが
無かったので、今年は終わってしまった括らですが、次回のロケハンへと思い出かけてみたんですが、少し高い場所にあったので松島が遠目に見えて、桜の樹も多くあり満開時はさぞ綺麗だろうと思いながら回ってました。
天気なら桜の撮影でなかなか遠回りも出来ない場所も今期は桜はNGだったけど、色々観光もできたのが何よりの収穫でした。

1・2枚目 塩竈神社(塩竈桜・松島覗む)
3・4枚目 上杉神社(参拝列と上杉謙信・直江兼続塩竈神社
c0201929_15264695.jpg
c0201929_15265778.jpg
c0201929_15271483.jpg
c0201929_15272617.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-05-19 15:32 | Comments(2)