ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

タグ:知多半島 ( 34 ) タグの人気記事

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07323111.jpg
 ネタ分けしてます。
中秋の名月と同じ日の西空です。

c0201929_07323127.jpg
彩雲の中を飛んで行く飛行機を狙っていたのですが
上手くいかないですね~

c0201929_07323200.jpg
飛行機雲の間を飛びぬける飛行機
c0201929_07323230.jpg
上空には秋らしい鰯雲が広がってます。
c0201929_07323321.jpg
最後に彩雲に輝く中の飛行機でした。
もっと色がしっかりしていた時もあったので記録写真で次狙います。

c0201929_07323233.jpg
かなりトリミング。

c0201929_07323100.jpg
この時間帯に着陸する飛行機が欲しかったけど国際空港なのに
なかなかいい時間には着陸してこない。夕陽に輝く電車と橋脚に味わいを感じる。

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-10-19 07:00 | 飛行機が飛ぶ風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

近頃は遠征が出来なくって移動時間での撮影になってますが
カメラはいつも持ってます(笑)

c0201929_07075198.jpg
中秋の名月を今年も撮影できました。
因みに・・・中秋の名月とは(国立天文台より引用)

「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜の月のことをいいます。
中秋の名月は、農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。また、太陰太陽暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼び、日本ではその夜にもお月見をする習慣があります。十三夜は、「後(のち)の月」「豆名月」「栗名月」とも呼ばれます。今年の十三夜は、11月1日です。

「中秋の名月には美しい月が見られる。そして、その月は満月である。」と思われている方は少なくないと思います。しかし今年は、10月4日が中秋の名月、その翌々日の10月6日が満月と、中秋の名月と満月の日付が2日ずれています。実は、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。・・・・との事です(笑)


この時西方面の出来事は。


c0201929_07075028.jpg

変わった雲が空に泳いでました!

何かさそり座みないな雲もあれば彩雲もでてます。


c0201929_07075072.jpg

最近よく出る彩雲


c0201929_07075065.jpg

刻々と変わる雲達。


c0201929_07075168.jpg

間もなく日没。

飛行機雲は空高く見えるのにこの日は鈴鹿山脈の上より見えてました。


c0201929_07075104.jpg

真ん丸な太陽が鈴鹿山脈に沈んでいきます。

海洋工事でしょうか?クレーンが見えてます。


c0201929_07074982.jpg

場所を移動して名月と城の撮影に行ったのですが

地元の地の利を活用してもダメで結局は港の夕景でEND!


最後までお付き合いありがとうございました。






[PR]
by noah_3776_2 | 2017-10-16 07:00 | 月が見える風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06493058.jpg
わが町の農作業の挟賭けを行っていたので許可を得て撮影させてもらいました。

c0201929_06493150.jpg
近頃ではあまり見なくなった挟賭けですがここではしっかり足場も組んで作業されてました。
時々歩道用のガードレールを活用してることも目にしますが大きな田圃なので足場で乾かしてます。

c0201929_06493120.jpg
まだ、刈り取った稲を順次干してる段階ですので家族総出で一日仕事でしょう。

c0201929_06493252.jpg
爽やかな空の下ですが長袖なので暑いでしょうね。

c0201929_06494037.jpg
ここは別の場所になります。

c0201929_06492929.jpg
最近はこのような景色みなくなりました。

c0201929_06492951.jpg
最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-10-12 07:00 | 棚田が見える風景 | Comments(1)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07150998.jpg
この日の夕焼けは輝いてました。
雲も高低差があるので色味も違いコントラストも楽しめました。

c0201929_07220482.jpg
太陽が沈んだ瞬間。現地到着が遅くなり彩雲が出てる様子は撮影できなかったのが心残り。


c0201929_07150994.jpg
レンズ雲も出ていて上空では荒れてる様子でこの雲達に太陽が当たり色の差が出た夕焼け。

c0201929_07151147.jpg
西方面の夕焼け。
c0201929_07242849.jpg
南西の空はレンズ雲の集合空ですが高低差がありすぎて既に赤味が無い雲が目立つ。
c0201929_07151096.jpg
上空には上限の月が太陽に照らされてる。見事に半分。

c0201929_07151062.jpg
雲に凹凸があり流れる様な夕焼け空が広がりました。

c0201929_07151165.jpg
二焼け狙いで地元のお城を取り入れて撮影しようと移動するけどももっと城に近づくべきだった。
稜線にお城があるのにわかんない。夏場に木々が伸びてしまったのだろう。

c0201929_07150816.jpg
方向を変えて二焼け撮影。
この日は初秋の風を感じながら撮影ができました。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-10-08 07:00 | 夕焼け風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07150998.jpg
この日の夕焼けは輝いてました。
雲も高低差があるので色味も違いコントラストも楽しめました。

c0201929_07220482.jpg
太陽が沈んだ瞬間。現地到着が遅くなり彩雲が出てる様子は撮影できなかったのが心残り。


c0201929_07150994.jpg
レンズ雲も出ていて上空では荒れてる様子でこの雲達に太陽が当たり色の差が出た夕焼け。

c0201929_07151147.jpg
西方面の夕焼け。
c0201929_07242849.jpg
南西の空はレンズ雲の集合空ですが高低差がありすぎて既に赤味が無い雲が目立つ。
c0201929_07151096.jpg
上空には上限の月が太陽に照らされてる。見事に半分。

c0201929_07151062.jpg
雲に凹凸があり流れる様な夕焼け空が広がりました。

c0201929_07151165.jpg
二焼け狙いで地元のお城を取り入れて撮影しようと移動するけどももっと城に近づくべきだった。
稜線にお城があるのにわかんない。夏場に木々が伸びてしまったのだろう。

c0201929_07150816.jpg
方向を変えて二焼け撮影。
この日は初秋の風を感じながら撮影ができました。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-10-08 07:00 | 夕焼け風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_08402263.jpg
更新が遅くなってしまってますが撮影日は9/25の早朝になります。

日の出前から出かけ出か5時頃に現着すると既に一台の車がありましたが、
私が早々に準備を終えると一緒に車から降りてくるとやはりカメラマンのようでした。

c0201929_08405552.jpg

彼岸花には夜露がびっしりついて朝陽に照らされて綺麗です。

c0201929_08405260.jpg
一面彼岸花で埋められた赤い絨毯。
c0201929_08405422.jpg
昇る始めた太陽をローアングルから彼岸花越しに撮影。

c0201929_08405535.jpg
c0201929_08405403.jpg
平日の朝ですが早くから観光客も来てます。
c0201929_08405350.jpg
c0201929_08405325.jpg
田圃アート付近より西方面
c0201929_08405504.jpg
足早に写真の紹介だけになりました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-27 08:57 | 花が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06522870.jpg
9/19の朝の撮影です。
月齢が28.4歳の細い月なので見えるか心配もあったけど
出かけることに。

台風一過もあって空気が綺麗で細い月が薄明に輝いてました。
久しぶりの月と城撮影とあって撮影場所探しから始まった。

c0201929_06522807.jpg
なかなか特定場所が見つからず到着した時には城の後ろから昇ってしまった。
なんとか地球照が見える程度。

c0201929_06522897.jpg
昨日は三日月の下に金星が輝いていたけどこの日は左下に輝いてる星は・・・・?
火星かな?

空も次第に染まってきました。
c0201929_06522866.jpg
いい感じの雲も出始めたのですが残念ながらすぐに消えてしまった。

c0201929_07034453.jpg
地上付近でこれだけ細い月が見えたのは私は久しぶりでした。
過去には高ボッチ高原で月齢0.9歳と1歳に満たない月も撮影したが高ボッチは標高1600Mあるので空気も綺麗で
見えやすいけども、この辺では稀ではないのかな。
c0201929_07174951.jpg
9/18日台風一過の朝焼けを期待して出かけた時の三日月(月齢27.4歳)
まだ暗い時間帯なので地球照がかっきり見えます。左下は金星です。

結局この日9/19日も朝焼けはなく朝陽に照らされた大野城。
上のシルエットのお城です。
c0201929_07034532.jpg
大変でしょうが剪定してもらえるとお城ももっと立派にみえるんだけどなぁ~。

c0201929_07034423.jpg
朝陽に照らされて輝く朝露。
c0201929_07034445.jpg
この日は新しく仲間入りしたレンズの試し撮りもしてみました。
今度、自分なりに講評してみたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-21 07:00 | 月が見える風景 | Comments(3)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06391326.jpg
知多半島の彼岸花と言えば「矢勝川」ですが
ここは阿久比の白沢ホタルの里の白い彼岸花群生地で穴場です。

撮影は9/17日です。

c0201929_06391477.jpg
勿論一般的な赤もありますが、白が多くあることで目の前でゆっくり撮影ができますので
インスタ映えするような彼岸花を楽しめます。

c0201929_06391262.jpg
全景はこのような撮影風景。
土手上の南側がすべて白です。
c0201929_06391325.jpg
まだまだ蕾も多いのでこれからどんどん咲いてきます。
見ごろは来週末位かな。
c0201929_06391412.jpg
周りが木々で囲われてますので背景処理も綺麗です。

c0201929_06391533.jpg
この日は台風前の曇天でしたが青空ならいっそう綺麗に見えることでしょう。

最後までお付き合いありがとうございました。







[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-18 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
c0201929_06480405.jpg
いつもありがとうございます。



ここ最近はすっかりネタ切れてしまって更新が遅くなってます。
それでも日は過ぎてゆき季節も移り変わっていますね。

c0201929_06480397.jpg
地元の田んぼでも実りが進んで農家さんが忙しくしてました。

c0201929_06480204.jpg
『実るほど頭を垂れる稲穂かな』
言葉の意味を改めて行けなければと思うこの頃です。
c0201929_06480172.jpg
c0201929_06480177.jpg
農家さんが忙しく仕事をしてる中 
夏雲がもくもく湧いていて刻々と変化をしてます。
c0201929_06480423.jpg
ただいまいち気温が上昇して無いためでしょうか
本格的に大きくなるまえに縮小しては消えてしまった。

c0201929_06480349.jpg
稲穂と夏雲
温暖化の影響か科学の進歩で早生米なのか「秋と夏」ですね。

雲に穴が出来るってことは雲が大きくないってことなんでしょうね。

c0201929_06480207.jpg
c0201929_06480219.jpg
同じ方角ですが雲の変化が早いです。

そろそろ夏雲の見納めになりそうな時期になってきました。
残暑厳しい日もありますがご自愛ください。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-11 07:00 | 雲が騒ぐ景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07012252.jpg

まだまだ暑い日が続いてますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年はいい夕焼けが非常に多いように思います。
梅雨時も何度かいい夕焼けに出会えたけども梅雨明け後のこの8/26日も実に綺麗な夕焼けでした。

この日は地元の花火大会だったのですが
現地に到着するのが少し遅れてしまい激焼け真っ最中で悔やまれる中撮影してました。

c0201929_07012164.jpg
太陽の位置は写真左になるのですがこの日は南側はほぼ焼けることなく北側の夕焼けが綺麗でした。

c0201929_07012188.jpg
この写真が西側です。
私のblogでなんどか出てくる構図と思いますがこの日は写真でも読み取れるように
北側の片焼けです。

c0201929_07012252.jpg
夏の時期にしては珍しい西風が強く・・・・あっ今朝僅かな時間で結構の雨が降った日でもあった。
雨上がりでそのまま風だったのか気圧の影響なのか
珍しい西風が夕焼けをもたらしたのかは分からないけど湿度が程よくあったのは良かったのではないだろうか。
c0201929_07011911.jpg
二焼けです。日没後上空の雲が長時間露光で色が浮き出してきます。
花火が始まるまで暫く露光しながら撮影してみました。

c0201929_07012091.jpg
代わる代わる時間の動くが雲の色でも分かるのですが
もっと露光してもよかったかな。はじめに打ちあがる花火の位置などが気になっていたのが失敗です。
c0201929_07012159.jpg
結果露光時間としては短く雲の動きも中途半端で終わってしまった。
まぁ二焼けのチャンスは何度もあるので次回はもっと露光してみよう。

c0201929_07174345.jpg
残照の中打ちあがった花火です。

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-06 07:00 | 海がみえる風景 | Comments(2)