ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

いつも訪問ありがとうございます。

お得情報あります。

今回は三年ぶりの「根尾村の薄墨桜」です。

c0201929_6421144.jpg



三年前の記事

今回は早朝の青空狙いです。現地は相当の混雑を想定して地元出発すたのは日の出前!
1週間前の天気予報は雨だったにもかかわらず当日は快晴の朝になりました。
早朝出発で現地着は7:00頃でしたが既に多くの車が停まってて駐車場の係員さんも早くから張り切って整備されてました。

*7:00までに来たら駐車場代金が無料です。

早速準備して両側に屋台が出ている坂道を少しだけ登っていくとそこにはお目当ての「一本桜」雄大な姿を見せてくれました。
実際にはすぐ脇には子供の大木が(既に花付きは親を凌いでます)育ってます。

c0201929_6461735.jpg


左側の桜が子供に当たります。枝ぶりは親が比べるまでもなく素晴らしいけど
花付きは子供が立派ですがこれはざる得ないですね!
この透き通った青空がいつまでも続いてほしいと感じるほどきれいな空が広がってくれました。

c0201929_6481983.jpg


既に多くの観光客やカメラマンが桜に目を向けてる間にも続々と人がやってきてますので
出来るだけ早く撮影していかないと人が多く映り込んでしまう。

c0201929_6505579.jpg


少し下がって青空が入らないカット!
雨の日なら花色も濃くなるのでこんなカット狙いになりそう。この場所は霧もでるので
雨上がりも面白そうです。実際この日到着して間もなくは霧が出てる場所もありました。

c0201929_6525443.jpg


どうでもいい事かもしれないけど今回のレンズは24-70mmを使ってます。
データを見たら7:40分まだ撮影開始して30分ほどで筋雲が出てきました。
早く撮影していかないと曇るかも。

c0201929_656420.jpg


親子桜を引きで撮影です。っても狙いは筋雲ですけど!
桜を撮影してても雲が気になる私。折角なのできれいな青空に流れる筋雲狙い。
既に無人撮影は無理です。

c0201929_6582054.jpg


親子三代?右側の桜樹が親からの植樹なのか子からの植樹なのかわかりませんが
まぁ親子三代のカット。凄い人ですねまだ8:20分(データ確認)です!
13日に満開宣言が発表されて地元(中日新聞)新聞にも大々的に掲載されて
見事の晴れ間をあって人出が凄いです。

c0201929_721885.jpg


主役の薄墨桜の左右に(南北)には高台があり撮影ポイントになってます。(三年前あったかな?)
筋雲も広がってきて青空の面積が減ってきていよいよ青空もお預けかも。

今度は北側になる高台へ移動します。こちらは少し歩いて階段も少しありますが
結構人がいます。なかなか面白い構図になり親子二代が孫を見守るようです。

c0201929_751927.jpg


花見してる人も多くペット同伴もOKで芝生も広くありますので、
皆さんいろんな楽しみ方をしてます。

c0201929_794052.jpg


この時既に10:30を過ぎてて高台からは駐車場待ちの渋滞が見えます。
朝早いのは眠いし辛いけども空気も綺麗だし渋滞回避できるのがメリットです。

しかし今日は夏日予報だけあって暑い日です。
風もなく太陽燦々で日焼け確定です。
この後樽見鉄道と桜を撮影するために谷汲駅による予定です。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-24 06:26 | | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_7212814.jpg


今年三度目の犬山城は青空が広がってました。この日平日に休暇を頂き向かった先は
先日ロケハンした稲沢市の「桜ネックレス」。
平日ってこともあったが、日の出後の桜ネクレスはカメラマンは少なく地元の方が散歩する姿が多く見受けられました。

c0201929_7251667.jpg


時期的には少し散り際になってますが、まだ花付きのよさそうな樹を選んでの撮影。
実はこの日今年最後の狙い時と決めてて「姫路城」も候補にしていたが
少し距離も遠く泣く泣く断念したのですが、知らない地元の一場面が見えてよかったです。

c0201929_7264373.jpg


同じ場所でも天気一つで全く世界が変わりますね~。

c0201929_7304325.jpg


曇天よりも青空の方が桜の花が際立ってきます。
サラリーマンにとってはこればかりはまぁ運ですから仕方ないですね!

c0201929_7345922.jpg


川沿いに北へ移動した場所には染井吉野に枝垂れ桜が混在していて、一際彩が際立ってる場所です!

c0201929_7364411.jpg


縦横と纏まりある写真になります。

c0201929_7372927.jpg

c0201929_7374090.jpg


少し立ち位置を変えて再び縦横。個人的にはこの辺りが一番気に入りました。
この後雲が広がってきてしまい影も見ることが無くなってしまった。

8時過ぎたころ再び青空に戻ってくれたので前回目立っていら八重桜の並木

c0201929_7403550.jpg


奥のピンクのがこの三本の八重桜!

c0201929_7405845.jpg

c0201929_7412380.jpg


そして写しかたが違うけど同じ八重桜。
変わるものですね~。
支流沿いの一番南東にある枝垂れ桜と全風景を最後に撮影してから犬山城へ移動です。

c0201929_7435148.jpg


犬山城を北から撮影するので敢えて朝一番を避けて稲沢の後にしました。
到着するが平日なのかカメラマンは数名でした。

c0201929_845368.jpg


c0201929_852683.jpg


犬山城から北に位置するこの場所からは先週もかなり調査済なので写したい場所で撮影できます。

c0201929_875895.jpg


c0201929_881591.jpg


この後、犬山城の東側へ移動してみるとここには多くの観光客やカメラマンが桜を犬山城にカメラを向けてました。

c0201929_893099.jpg


c0201929_895185.jpg


桜は少し散り際ではあったがそれでもまだ綺麗な桜に出会うことが出来て良かったです。
この後、まだ行きたい場所があるので昼前には撤収して次なる目的地へ向かったのでした。

過去最高の写真枚数になったように思います。
最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-20 07:19 | | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_6104638.jpg


続くから暫く過ぎてしまいました??。天気予報が翌日の(4/9)には晴れマークが付いたこともあり
大垣市から再び犬山城対岸に戻りついたのが20:00過ぎ、今朝も早い時間から移動にそしてかなり歩いたこともあって早めに就寝。しかし夜明け頃は雨音で目が覚めるほど強い雨が降ってるが撮影開始。

c0201929_6152612.jpg


まだカメラマンは誰もいない。
傘をさしてても足元は雨で濡れるほどの強い雨が降ったかと思うと天気予報通り雨が止むこともある。

c0201929_6173415.jpg


この頃になると断続的にカメラマンがやってくる。
三脚を使いじっくり構図を作る人を横目にサクサクと歩き回る人など見てて面白い。

c0201929_6251868.jpg


雨が上がって花の色も出るようになったが、完全に霧が消えてしまった。
暫く様子を見ていたが諦めて五条川へ向けて移動。
犬山から岩倉まで約15キロ 朝も早いので時間にして30分程度。
今回はメイン通りの岩倉周辺は避けて少し北の石仏周辺を中心に回ることにした。

c0201929_631182.jpg


理由は護岸が岩倉程整備されてなくてまだ土手部分が多いので緑があることと
人出が少ないので撮影しやすいことです。

c0201929_6333069.jpg


歩き出すとまた雨が降ってきたために慌てて車に戻り傘を持って歩くとなると
結構苦手行動だけどざる得ない。

c0201929_6352016.jpg


昨日からの雨の為に川の水の色が濁ってしまってるのが残念。
石仏は岩倉市の北側に位置するのですが、東名高速も横切っていてこの高架のしたではなんと雨に濡れずに花見が出来るようで何組かが場所取りとしていた。

c0201929_6385570.jpg


所々、土手には菜の花が咲いていて雨で桜も緑が一層輝いて綺麗でした。
私は五条川を南へ歩きながら撮影していたのですが岩倉(メイン通り)辺りに来ると屋台も出ていて人も多く小雨の中でも賑わってました。

c0201929_6435844.jpg


8:00頃に到着して10:30頃まで結構歩いての撮影。
見たように満開の桜に満足したので、次の目的地の稲沢市へ移動途中にこの辺に来ると
食べたくなる「ラーメン福 師勝店」へ向かうとなんと月まで改装工事の為に休業。なんてこと!

石仏から20キロほど時間で45分ほど離れた初めて来る稲沢市平和町は
平和支所周辺一帯に植えられてる桜を称して「桜ネックレス」
桜祭りをしてるが無料駐車場もあり有難い。
私は平和支所に駐車したら南に延びる桜が見えたのでそのまま南へ歩き出し、日光川へ突き当たるので東に折れてると目立つ八重桜?が満開を迎えていた。

c0201929_702916.jpg


日光川から流れる支流沿い両岸に桜並木がメインになってる様子。
その辺りは公園もあって花見で賑わっていた。
たしかここの桜まつりでは屋台が無かったような気がしました。

c0201929_731224.jpg


染井吉野の並木の中に時折、しだれ桜が咲いてる。
南北へ伸びる支流沿い両岸に満開の桜が咲いて多くの観光客が桜を愛でてる。

c0201929_75675.jpg


この町の「桜ネックレス」地元に居ながら昨年まで全く聞いたことがなっかったほどだが
歴史は古かった。S61年からなので既に30年以上の歴史。詳細は↓

平和町の桜歴史

初めての感想ですが地元に愛されてる桜まつりって感想!

c0201929_783978.jpg


外国人観光客も時々見かけるほどなので、口コミで広がる前に一度お出かけしてみては・・・おすすめです。天気も曇天なので今回はロケハン程度です。
「ラーメン福」が休業だったので道中何も食べずに来てしまったので腹ペコ。
結局帰路の「ラーメン福 大平通り店」で遅めのランチをして帰りました。ここのもやしが好きなんです。オマケ!野菜普通盛り
c0201929_07283852.jpg
野菜大盛りですが写真は、日にちも店舗も違いますので参考に。
c0201929_07290364.jpg

本日も最後までありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-17 07:21 | | Comments(3)
訪問ありがとうございます。

c0201929_637258.jpg


5/2、朝起きると濃霧で今朝も寒く3℃。急いで撮影場所に向かう先は小岩井牧場の桜!
しかしあの桜の樹では絵にならないと急遽「為内の桜」へ方向転換。向かう途中もかなりの霧で視界は最悪。現着すると既に10台ほどの車が、私も農道に駐車して初撮影は寄りの一枚。

c0201929_6373520.jpg


撮影してる人に挨拶すると地元の方でこの時期濃霧は珍しいとのこと。雑談してると昨年、樹の下の枝を切ったことが分かった。正面から見ると右下の隙間が気になったのはそのためだったので、いろいろ周って容良く見える場所を探すと地面から湧き上がる霧と桜を。

c0201929_6444165.jpg


この位置なら容も悪くない。
二時間ほどすると次第に霧は薄くなってるがまだ出てくる。少し車内で様子をみていると次第にカメラマンは減っていく。待機してるなら小岩井の桜並木でも行けばよかったと反省。しかし今日も寒くって我慢出来なく温泉へ向かう。9:00~開くだろうとおもったけど10:00OPENで暫く駐車場で時間潰すころには霧も晴れてきた。
冷え切った体に温泉は最高ですね~ここの温泉の休憩場には炬燵もあり、お風呂上りに仮眠するのには非常に嬉しかったです。
施設の中庭には八重桜が数本植えてあり岩手山も見えてます。
えっ温泉入ってる僅かな時間で雲も切れてきて岩手山が見えたから、
別の桜へ行きたいが昨日の下見では、開花してなく行く先はまた「為内」
現着すると見覚えのある車が駐車して皆さんも行く場所もなくここへ集結するんだっと思ってると、後の
奈良ナンバーの方が話かけてきて、昨日の雨上がりの夕方が良かったと教えてくれた。
(私が三陸であまちゃんロードで遊んでる時で・・・・残念)
少し話してると太陽も陰り天気予報通り曇り空になり一枚撮影し納機し車内で仮眠。

c0201929_7141890.jpg


夕暮れ時も曇天のまま終了!

翌朝、三度目の挑戦も為内。この日は夜中曇天のため気温は少し上がり7度と暖かい朝。
岩手山も見えなく太陽が見えないまま暫く待つ。時々微かに山の一部が見えたりするけども
全体像が見えないく畦道には多くのカメラマンが今か今かと待つ中、桜の樹の根元で撮影する一人のおじ様。岩手山の出待ちなので構図に堂々入ってもいいですが長い時間撮影してるおじさま。岩手山見えたら移動を祈願するも・・・・撮影を続けてる。
待機中のカメラマンが動いた・・・・注意しに行ったみたい。先にカメラを出していたのは我々なので
後からやって来て堂々と前に行く人が悪いので注意も同感。

僅かに見える岩手山を待つ続けたが桜に太陽が当たらない。(このとき5:35 データで確認)


c0201929_745082.jpg


4:00~待機してるので既に90分の出待ちですが桜に太陽があたらないまま岩手山がまた雲の中へ。
出待ちしてると昨日会話した地元の人が声かけてくれて、今朝は別の場所で撮影してきたと情報をくれた。ここでは太陽も出なかったのに山の斜面の桜に光が当たった写真を見せてくれた。
他の方を含め話をしてると場所を教えてくれたので後程行ってみようとの事になった。
どれだけ待ったかやっと青空に岩手山と桜(9:53)

c0201929_7224842.jpg


長く待ったが岩手山が見えてくれたから感謝だけ。少し寄りで影してみると

c0201929_7243415.jpg


桜は青空がやっぱり映えますね~この桜旅紀行ではお初の写真で最後の写真となりました。

ここから情報をもらった場所へ三人で移動しました。
目印のお寺までは問題なく到着したがその先で道なき道を間違えて進み・・・敢無くバックで戻ることに・・・と少ハプニングもあったが無事に現着できました。
まだ開花的には少し早いですが満開は見ごたえありそうですね~

c0201929_7302324.jpg


目立つの大きなモクレンと松。なかなか上手く構図がとれないけど
この場所なら山の斜面にかなり植樹してあり今後撮影ポイントになりそうですね~
そんな中パラグライダーが飛んできました。

c0201929_7321172.jpg


ここで一緒に移動してきた東京からのSさんとkさんと別れ抱返り渓谷から一路奥入瀬へ
十和田湖の湖畔に咲いていた二輪草の群生

c0201929_7334771.jpg


もう日の入り近くになっていて奥入瀬沿いの道に停車しながら撮影してみる
が、正直イメージとは少し違い戸惑いながらの撮影です。

c0201929_7353814.jpg


少し移動しては撮影の繰り返し。

c0201929_736126.jpg


c0201929_7362017.jpg


日没から時間も過ぎて本日の撮影は終了。
明日の天気は雨。撮影する朝は降らないで欲しいと就寝。

夜中雨音が気になるほど雨が降ったが4:00の撮影時点は雨が上がってる。
石ケ戸駐車場を利用して撮影開始。
始めは少し下流へ行き三乱の流れ(さみだれのながれ)を探したのですが下調べが悪くわかりません。もう少しすると目印のムラサキヤシオが岩の上で咲くそうです。
引き返し上流へ向かって歩き出し撮影できそうな場所で撮影。

c0201929_7435460.jpg


強い流れ

c0201929_7452827.jpg


新緑は少し早いようでした。

c0201929_7453731.jpg


滝の名前を控え忘れネットでみたけど  白絹の滝?

c0201929_74899.jpg


苔ももう少し蒸す時期の方が綺麗になりそうですね。

c0201929_748171.jpg


流れはいい感じなんですが枝が気になります。葉っぱが開けばいいかも。

c0201929_7461334.jpg


花?草?

c0201929_7485046.jpg


7:00過ぎ頃から雨が降り出してきたので急いで車へ戻り、時折強い雨で暫く駐車場で待機し
10時過ぎから再び撮影するが風も太陽も出てきたので切り上げ奥入瀬を後に青森市内へ移動する。
国道101号は南八甲田を山越えする国道で進むにつれて雪が目に入る。

c0201929_7573497.jpg


睡蓮沼こんな状態になってました。

c0201929_80932.jpg


地獄沼の様子。

c0201929_80553.jpg


この先日本一の豪雪地「酸ヶ湯」では乳白色の仙人風呂があり人気の湯治場です。
しかし先を急がないといけなかったので横目で通過しますが
この辺りの斜面にはブナ林がとっても素晴らしく芽吹のころは見事でしょう。

青森市内へ入り北海道新幹線を撮影しようと地図をみて青森駅なら見えるのではと思い向かったのですが怪しい空気だったので通行人に聞くと見えないとのこと。まじか!!
急ぎネットで調べてみると新青森駅と判明して移動、新青森駅近くの線路で待つも様子がおかしいので散歩してる人に聞くとここは通過しないとのこと。結局駅に行かないと高架になてって見えない
らしい。調べた通過時刻に迫り移動するが間に合わず・・・遠くに通過する新幹線の緑色の屋根が見え5両?の北海道新幹線は北へ走っていきました。撃沈・・・・。

続・・・後編へ

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-05-14 06:30 | 桜旅 | Comments(4)
訪問ありがとうございます。

2011年から続いてる東北桜旅に一年ぶりに行ってきました。今年も?春が早く桜の開花も
早くなり多くの桜を撮影できないことを承知で4月28日夜に出発しました。
29日始めていった場所は山形県の七五三掛桜(シメカケサクラ)。

c0201929_20435913.jpg


雨の中、一人での撮影でした。この桜は東北地方に多いと言われるカスミ桜で開花時期は白い花びらで散り間際はピンク色になるのが特徴だそうです。
お寺の下にあった枝垂れ桜

c0201929_20452297.jpg


次に向かったのは田屋の桜で池に移りこむ桜が印象的です。
ここも初めてで到着時は2台の車が停まっていました。先に撮影していたので挨拶して
情報を聞くと少し前まで雨が降っていたとのことで撮影中もパラパラ降ったり止んだりの繰り返しでした。

c0201929_204828100.jpg


晴れ間が覗いたので青空と桜

c0201929_20484973.jpg


撮影中も入れ替わりで車がやってきます。観光の途中で寄った人やカメラをぶら下げた人など様々。

移動距離もあり本日最後は秋田県の葛岡のカスミ桜。到着すると目の前の沢の横に一本の桜があり
カスミサクラの木碑があったので撮影していたら実際には旅館裏にあるのがカスミ桜と分かり慌てて移動して撮影ですがまだ開花は少し早いようでした。

c0201929_20522138.jpg


翌朝は鳥海山麓の「元滝伏流水」からスタートです。雨上がりの朝で早めに現着すると(5:00)他の車は無く駐車場脇の「熊注意」の看板にビビリ暫く誰か来ないか待つが、時間だけ過ぎるので熊よけ?の鈴をカメラバックに着け山道を15分ほど歩くと滝が見えてきました。

c0201929_7123649.jpg


この時期は水量が多いようで向かって右の滝からの流れが特に強いです。
縦位置での撮影。

c0201929_7151839.jpg


場所が広いわけでないので構図に悩みます。一番奥の流れは岩が多く苔が目立つがもうしばらくして岩苔が蒸してくるともっといいでしょう。一人で撮影する事一時間。他のカメラマンがやってきました。

c0201929_7173657.jpg


長靴履いてるので少しだけ水に入って撮影もしましたが、岩に乗ると苔が剥がれてしまいそうでなかなか奥には行けず望遠で気になる場所をカット。

c0201929_719311.jpg


人も増えてきて薄日も入ってきたので他のカメラマンと会話すると姫路から来てこの先移動して別の撮影地に行くとのことなので同行をお願いしました。快く承諾いただいたんで追尾すると目的地に到着。
駐車場から歩いて5分ほどで撮影地へ行くと素敵な池が。

c0201929_735136.jpg


太陽光が時々池に光を届けるとエメラルドグリーンに染まる。他の人の会話を聞いてると今は水位が低いようでもっと多いとグリーンが綺麗だと聞こえる。
小さい池なので一周しても5分ほどで回れるが光の加減より撮影できる場所が限定されてしまう。

c0201929_7381233.jpg


メインはこの倒木でしょうか?水草も生えていて緑も綺麗でした。
湧き水なので年中水温が変わらないので初春にも関わらず水草も活き活きしてたんだろうと思います。
ここで姫路からのカメラマンにお礼を言って小岩井牧場で再び会うってことで一度別れました。私はもう少し撮影して小岩井に向かう途中、昨日行った葛岡のカスミ桜付近を通過したのでもう一度寄り道すると
地元TVで放送されたようで近所の家族連れが初めて来たと教えてくれました。
秋田から雫石の小岩井まで移動したのですが、何とか日の入り少し前に現着し周りを見渡すと
先ほどの姫路の人が先に居たので横の場所を分けてもらいまず一枚。

c0201929_7425930.jpg


まだ少し早いのかと思ったらこれで満開だという!二年前の小岩井桜。

c0201929_7503412.jpg


花付きが悪く昨年も良くなかったのことで、ここ最近樹が弱ってるとの会話が聞こえてきました。
姫路の人と会話をしながら焼けを待つがこのまま終わり。

c0201929_7525657.jpg



翌朝の気温が4度、こっちへ来てからずっと寒い日が続いてます。そして天気が悪いんです。
今朝も小雨で朝一は小岩井から開始するが、大人気の場所にも関わらず人が少ない。
小雨であり三脚は数台しか場所取りしていないので私もゆっくり準備し駐車場から移動して
待機するもシャッター切らず。隣の人と会話して情報収集すると
地元の人で良くご存じの方。昨日ここでドローンを飛ばしていたとか・・・・・いろいろ良く話してくれましたが、早々に切り上げ八幡平へ向かう途中の小岩井の桜並木です。

c0201929_759983.jpg


数日前から満開の「為内の桜」!現着した時には数台の車とカメラマン。
小雨なので記録写真だけで様子見。寒さで満開が暫く続いてるは助かります。

c0201929_7593345.jpg


以前来たときは農道から撮影(背景に岩手山が入る)する人が多かったが、天気が悪いので今日は樹の近くで撮影してます。

c0201929_834357.jpg


天気も悪いので他の桜のロケハンをするために回ってみるけど上坊牧野・田代平もまだまだでこの休み中に撮影できそうもなく、今までなかなか行けなかった三陸方面へ移動して美味しいお昼を食べました。(番外編で更新します)
再び八幡平へ戻ると濃霧になっていたので小高い場所から撮影。

c0201929_8121188.jpg


明日も八幡平で撮影予定なので近くの道の駅にて就寝。


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-05-10 20:02 | 桜旅 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
かなり遅い桜情報ですが、地元ならではの地の利を行かしたお手軽散策ルートのご案内です。

まず、撮影したポイントの紹介です。
知多市は旭公園・岡田街並、半田市の雁宿公園、刈谷市の亀城公園、安城市の安城公園・堀内公園・篠目グリーンロード、碧南市の明石公園・中山神社・矢作川堤・碧緑地、高浜市の大山公園、常滑市の常滑体育館・熊野農村公園・矢田川桜並木・、西尾市の黄金堤・西尾城・西尾緑地、東浦の於大公園、阿久比のしあわせの森公園、福住校舎、大府市の健康の森、岡崎市の南公園、南知多町の聖埼公園などです。
一日で回るのはかなり無理が有りますので撮影はしやすい場所を抜粋するのがいいでしょう。
個人的にまず桜撮影を柱として組み入れるなら、旭公園・於大公園・黄金堤・安城公園・大山公園でしょうか?
また、時間帯ですがどこも朝がいいですが、旭公園から回り於大公園、黄金堤、安城公園、夜に大山公園がお勧めです。
勿論、それ以外にもいいポイントが有りますのでちょっと寄ってみるのもいいと思います。が、順次ポイントと注意点の案内をしてきます。

知多市の旭公園は園内の中央芝生の回りにいい枝振りのソメイヨシノが植えてあります。360度の方面より撮影出来るので光回りを気にしなくても良いですがやはり朝一は近所の人が散歩等してる程度でカメラマンはほぼいませんから自由に撮影できます。
駐車場もしっかりあります北側駐車場をお勧めします。

c0201929_751694.jpg

c0201929_752641.jpg

c0201929_754122.jpg

c0201929_755120.jpg




次ぎに東浦の於大公園までは30分も有れば移動出来ます。
この公園はソメイヨシノだけでなく山桜や花ももなど花の種類も多いので楽しめますが写真的には構図に悩むでしょう。

c0201929_76991.jpg

c0201929_761810.jpg



西尾市の黄金堤までは一時間ほどかかると思います。ここは忠臣蔵で有名な吉良様の史跡の場所で銅像や石碑もあります。
駐車場は少なく30台程度でいい時期は直ぐに満車ですが、イベントなと無いので地元のかた中心の花見場所ですが、侮ることなかれ小高くした堤はすれ違いが出来ないほど細いけど両側には樹齢100年ほど(染井吉野は50年~60年ほど)の大木が30本余り植えてあります。両側には張り出した枝も見事で散り桜も楽しめます。ライトアップ等もあります。

c0201929_763968.jpg

c0201929_764772.jpg

c0201929_765965.jpg

c0201929_77832.jpg



安城市の安城公園までは一時間無くたどり着けます。
公園の駐車場は少ないですが隣接する市役所などにも駐車出来ますので其ほど困らること無いと思います。
公園ですが小さな動物園もあり、鹿や孔雀等がいました。
桜は公園内の池の回りがメインです。一周しても3分程度の小さな池なので撮影はスムーズに出来ると思います。しかし屋台も出てるので家族連れやカメラマンも居るので無人撮影には時間がかかるかも知れません。最終の大山公園には薄暮狙いを進めますから時間配分してください。

c0201929_772138.jpg

c0201929_773233.jpg

c0201929_773946.jpg




高浜市の大山公園までは30分ちょいですがもう少し余裕見た方が良いです。ここは駐車場が小さいわりに夜桜に力をいれてる様子で園内のぼんぼりの数がかなり多いですし屋台も有りますから駐車場確保で早目の到着が良いかと。
メインは駐車場から陶器のオブジェ(北側?)を通り池を左手に見た芝生がある辺りです。勿論入り口付近の灯篭辺りや巨大タヌキのオブジェがある広場もですが個人的にはこの辺りの構図がまとまりが良いかと思います。

色々紹介しましたが、私が見た限りではこの行程がお勧めです。勿論一日で回ってなく何年もの積み重ねですが経験上一日で回れます。今後もこのような知多半島(プラスα)周遊を案内してきます。

c0201929_77579.jpg

c0201929_7866.jpg

c0201929_781567.jpg









にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-05-03 16:06 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

熊本を中心とする九州の方々は日々余震に、また新たな地震に心も身体もお疲れと思います。暖かい場所・食事そして寝る場所が一時間でも早く浸透するようお祈りしてます。

今回は駒つなぎの桜です。

c0201929_20262084.jpg


この場所は2年前にも一度訪れた場所でもありますが、その時よりも10日ほど早く来ました。
到着したのは5時前で門前屋駐車場は3台の車のみで、私と同時に到着した方は静岡より来たとの事で一緒に上がろうかとして待っていたが時間がかかりそうなので独りで先に向かいました。
案内ではここから800M。直ぐに上下に分かれ道あり?どっちかと迷ったが確か再び合流したはずと上を歩きだしました。
暫くすると三つ葉つつじと見上げると立派な枝垂れ桜がありました。

登って行くと民家横に見えてきた枝垂れ桜は帰りにして先ずは、駒つなぎに向かいます。
ここから直ぐに道は合流して本命の駒つなぎの桜です。

暫く前より田圃の水はなく残念ですが撮影しやすいように足場が出来てます。
二人の先客カメラマンにご挨拶して三脚を立て撮影開始。


天気は曇天で天気予報では朝の6時から雨マークがあり今にも降りだしそうで、静岡の人は向かってくる時は雨だったとの事で少しでも早く撮影しないと雨になりそうです。
雨の前なのにすごい風で枝がぐるぐる揺れてます。
c0201929_2028457.jpg



感度を上げて枝咲きを留めて撮影してみます。

撮影中もパラパラ雨が当たりいつ降りだすか気が気でありませんが、皆さん慣れたもんでしょうか合羽や傘を持ってます。
後悔、車には傘があるのに。
場所を変えて撮影してみます。

c0201929_2029420.jpg



次々にカメラマンがやってきます。昨夜の彼が来るかと思いましたが来ませんでした。
静岡からの人は早々に雨の匂いと共に撤収していきました。
私も傘が無いし降りだしたら車まで10分はかかるので機材の心配もあり撤収し帰り道に民家横の枝垂れ桜を撮影。私有地なんでレンズ交換して遠くより撮影なので構図が固定されます。

c0201929_2029275.jpg

c0201929_2029385.jpg



風で揺れる枝。

そして三つ葉つつじと枝垂れ桜。コブシも咲いてます。
個々には椿とレンギョウも墓地脇にあるのですが中々構図が纏まらなく撃沈。

c0201929_2030544.jpg



数カット撮影してると大粒の雨が当りだし本降りの様子。直ぐにカメラを終い走って駐車場へ着くと6時過ぎ。
帰ろうとしたが近くの月川温泉の花ももの下見へ行くと下では5分咲き以上かな?メイン会場付近では3分咲き程度でその上はまだ1部咲きほどですがどこも桜は満開でした。
今週末にはメイン会場あたりは見頃となるでしょう。
メイン会場からかなり登った処にお店がありその上に枝垂れ桜があったのを思いだし行ってみました。
満開で雨に濡れて濃いピンク色が見事です。

c0201929_20315854.jpg



引き返す時に再び駒つなぎ桜に寄ってみたら、駐車場は満車で何とか脇に停めることができ、どうしたものか思案してると老夫婦が傘を差して三脚を持って出ていく姿を見て渇が入りました。
霧が出るかもと歩きだし現地に着くと15人程カメラマン居て、霧も少しでてます。

c0201929_20323145.jpg




完全に雨対策して撮影してる人が多くって驚きましたが、その脇で横着撮影です。
c0201929_20325749.jpg



雨が絶え間なく降り続け靴は勿論ジーンズの裾も濡れてきてますが、目まぐるしく代わる霧にシャッターを切りますが、風も強いので横着者には辛い撮影です。

c0201929_20331512.jpg



折々傘が飛ばされるほどの強風も有りながら撮影続行中ですがここまで濡れたら同じともう一度民家横の枝垂れ桜に行くと、二人のおばさま方が私と同じように桜を狙ってました。

突然吹き飛ばされそうな強風に思わずしゃがみこんでカメラを守るほど時には強い風が吹きました。
もうカメラを濡らさないようにするだけで手一杯なんでジーンズも膝辺りから下は濡れて上着もかなり腰辺りは濡れてしまったので、ここまで来たらもう一度黒船桜へ向かいました。

c0201929_20334982.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ







[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-22 11:07 | Comments(2)
いつも訪問ありがとううございます。

この度熊本地震で被災された方々へお見舞い申し上げます。
また、私の友人も熊本はじめ九州にもいます。熊本の友人は無事の連絡いただきましたが、怪我をされた方また物資不足など聞いております。一時間でも早い復旧・復興を陰ながら祈ります。

今回は長野県阿智村の黒船桜・駒つなぎ桜の紹介です。
詳細はこちらで↓
黒船桜
駒つなぎ

薄暮の中浮かび上がる黒船桜。

c0201929_7104460.jpg


4月16日先週に引き続き鈴鹿の伊奈冨神社へ寄って(開花は完全に遅かったです)長野県南木曽の天白公園のみつば躑躅祭りに寄って(三日ほど遅かったかな?)19号線から256号線の花桃街道を走って黒船桜に向かう途中の道路沿いには多くの花桃が見ごろを迎えてました。
また桜も満開になってて「桜と花桃の競演」が見事です。
しかし花桃街道も南木曽温泉付近まで見ごろですが暫くすると標高が高くなり開花も落ち着きますので撮影するなら南木曽温泉付近がいいですよ。

欄(あららぎ)地区にあったお寺の枝垂れ桜。ライトアップの準備がされてました。ここで住職さんらしき方とお話していたのですが今年はひよ鳥に食べられて良くないどの事ですが満開でした。

c0201929_7254329.jpg

c0201929_7262238.jpg


清内路に入るときにはすっかり日が暮れて18:40。分かりにくい場所でしたが「黒船桜」に到着しました際には、既に先客さんは2台。Pスペースが少なくなんとか駐車完了し撮影開始するも先着さんは撮影していないくライトアップ待ち?薄暮の時間を逃したくないのでとにかく一枚目。
ストロボ発光したらよかったかも。

c0201929_7305983.jpg


そんなときにお一人様到着。
情報聞こうと話しかけたが彼も初めての事だが、なんと同郷の同年代。愛知の隣の長野だからそれほど偶然でもないけど、
撮影しながら会話してるとライトが点いた。

c0201929_7324612.jpg


薄暮の中桜が浮かび上がってきた。見事な桜です。

土曜日の夕方だけど人は少ないです。時々観光客はくるけど入れ替わりですぐに帰っていきます。
空も次第に暗くなって蒼から暗へ変わるとき一台の車が走ってくれました。

c0201929_7352147.jpg


翌日は雨なので次第に雲が出てきてます。場所と構図を変えて。

c0201929_7355997.jpg


同郷の彼と一回りして元の場所に戻ってきたのが20:30ラストショット。

c0201929_738146.jpg


明日が雨なのにやっぱり標高が高いだけあり冷えてきたので私は撤収。彼ともここでお別れです。

翌朝、雨の中再び訪れた時には誰もいませんでしたが、車から降りるのを躊躇するほどの雨だが、折角来たので傘さし撮影(横着してます)

c0201929_7401916.jpg


明るくなって少し状況が分かりましたが、花桃も咲いてるようですが開花は少し早いです。

c0201929_7415773.jpg


個人的には橋渡ってからより回り込んで桜全体が山に重なる場所がいいですが、
背景に道路や民家がどうしてもはいりますので、橋の脇から見上げるようになります。

c0201929_744987.jpg


c0201929_7444759.jpg

私が車に戻ると(小さな駐車場から桜が見えて1分歩けば撮影できます)駒つなぎ桜で見かけた人が見えたので声かけました。
品川ナンバーなので遠路遥々です。しっかり合羽着て長靴履いてカメラも万全態勢で三脚出動。お見事ですやっぱりこれ位しなきゃだめですね。
彼は東京は既に桜が無いからと言ってました。
愛知から少し移動すればまだまだ桜が見えるとは良い環境下にあると思いました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-18 12:00 | | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

愛知県では桜は完全に終わりました。
咲く花は無論、散る花もまた素晴らしいもので、今回は愛知県でも桜並木で有名な五条川です。
詳細はこちら↓
五条川

昨年も来ましたが今年はかなり遅めで散り桜の撮影が目的でした。

c0201929_70780.jpg


花筏撮影が目的だったんですが、川が常に流れてしまって花弁が留まってる下流には
残念なことにゴミも目立つため撮影場所が限られてしまいました。
大きな桜の樹が川に張り出しているので散り際もまた素晴らしい五条川です。
見ごろは一週間前位でしょうか。これからは新緑の桜が楽しめるでしょう。

c0201929_735660.jpg


この時期「のんぼり洗い」実演がイベントとして時間指定で行なわれてて
私も初めて見ることができました。

c0201929_752823.jpg


この日は5枚?の鯉幟が川を泳いでましたが
多い日ではもっとあるようです。

c0201929_7742.jpg


上流から常に花弁が流れて来るので幟の上で溜まります。

c0201929_782283.jpg




c0201929_710454.jpg


丁寧に糊を洗い落としていきます。花弁が一面覆いつくすほど。

c0201929_7104260.jpg


糊を洗い落とした後は見事なバトンタッチで受け渡され天日干しされ
店頭に並ぶんでしょう?

c0201929_712272.jpg


c0201929_7123630.jpg


この日は桜も散り桜になってることで観光客やカメラマンは少なかったですが
桜の見ごろの際にはかなりの人出で覆いつくされるようです。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-18 07:45 | | Comments(0)
訪問ありがとうございます。

c0201929_18355764.jpg


今回は4/10三重県津市の三多気(みたけ)の桜祭り状況です!
詳細はこちら↓
三多気桜まつり

4月9日土曜日は朝一で愛知県五条川に散り桜の撮影後(もう開花時期が遅いので後日更新します)、三重県鈴鹿の稲生神社でミツバツツジを下見してから薄暮狙いで三多気へ向かう予定でしたが、稲生神社から意外に遠くって5時に出たが薄暮には間に合わず真っ暗になってから現地入りしました。
翌朝の為に現場のロケハンしようと棚田に向かったのですが、初めてでそしてペンライト持たずに向かったら真っ暗で撮影場所は確認できたけど(登りは15分程かかるかな?)立ち位置まで確認出来ずに、右往左往していたが薄気味悪いので降りてきてライトアップしてる桜の撮影をしました。

c0201929_1845453.jpg


翌朝4時に起き準備して早速現地に向かおうとすると駐車場からカメラマンが丁度出てきたのでご一緒させてもらい現場までライトもって行くことに。
荷物・三脚背負って坂道を登るのはいささか辛いし会話しながだと一段と息苦しくなる。
現地には先客が5名ほど一段目の棚田には奥から順番?で三脚立ててましたので、私は二段目にあがるとこちらにはすでに2名がその脇に挨拶して空スペースで撮開始。
桜の開花はかなりいい状態なので訪れるなら早めがいいと思いますよ。

c0201929_18512876.jpg


標高が高いので開花が平地より遅いけどその分朝方が冷え込む。
重ね着はしてるが肌着は既に半袖にしてるため肌寒さの中の撮影なのでカイロがあってもいいですよ。どんどんカメラマンが集まってくるころにはかなり明るくなってきたが、
焼けることもなく撃沈。

c0201929_18534561.jpg


ちょっと聞きなれない会話で驚いたんですが外人さんがカメラもって数人きている。
アジア系人の来日目的には日本の文化に触れることが人気で最近は観光地でのウエディング撮影とか
エステや美容院やお茶・着物着付け体験などあると言うが、早朝カメラ撮影が来日目的になると
これは私たちに写真愛好家にとっても観光地にしてもかなりナマー面で問題が出てきそうで怖いです。

c0201929_18595133.jpg


水張りしてて一番きれいに映りこんでるのがこの田圃。
この棚田で気になるのがこの樹。鮮やかな花でも咲いていれば嬉しいんだけどね。

c0201929_1902480.jpg


棚田の撮影を撤収して下っていくとお茶畑が見えてきました。
枝垂れ桜と茶畑。

c0201929_191149.jpg


町をあげて祭りを盛り上げてるようで皆さんピンクのお揃い法被が綺麗ですね~
垂れ幕には伊勢志摩サミットへのメッセージが書かれてます。

c0201929_195543.jpg


私が下ってきたのが8時過ぎで、9時から交通規制や祭りの打ち合わせ?

c0201929_197476.jpg


シャトルバス乗り場の近くの枝垂れ桜は満開で見事でした。

c0201929_1985163.jpg


8時過ぎには第一Pも満車、ここも満車です。ただ、この時間は早朝より来ているカメラマンが帰る時間でもあるので入れ替わりのチャンスもあります。
私は9時から交通規制があるというので15分前には出発したんですが既に規制で迂回することに
なりました。

c0201929_1993767.jpg


夜中は星も出ていて晴れていたようでしたが、朝は曇りで焼けることもなく
差もない写真でしたが初めての場所で楽しく撮影ができて良かったです。
この後は奈良の佛隆寺へ向かいました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-10 19:14 | | Comments(4)