ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

いつも訪問ありがとうございます。

いよいよ遠征も残り二日!
道の駅で目覚めたのが4:00過ぎ。今朝は昨日の畝の綺麗な場所の桜を順光で撮影しようと思っていたのでゆっくり目の出発になったのですが
折角なのでと思い三度の為内(朝は二度目)結果昨日より少し幻想的な雲が岩手山を覆い隠そうとしてました。

c0201929_17283511.jpg


c0201929_17302582.jpg


東空には雲があり時折太陽が雲に隠れて桜に光が当たりません。

昨日も撮影してるので早々に撤収して昨日の場所へ向かいます。
記録見ると30分ほどかかってます。

c0201929_17354281.jpg


結果全然ダメでした。

今日はこの後盛岡の上米内浄水場~姫神山~の予定ですが
上米内は9:00~開場入りとのことなので初めに姫神山へ寄ってからと思ったのですが
開場時間が決まっていても高遠のように時間前に入れるところが多いので
上米内へ向かって到着は8:00一時間前だけども門前には警備員がいて時間まで入れないとのこと。

それに駐車場も浄水場内になるので時間まで入れないらしく駅(すぐ近く)の駐車場へ回されたが
これが良かった。
8:30頃から門前に並んだ!今日は暑く日焼けするぞ~これは。
私が並んでると次から次に並ぶ列が(ランダムだけど)
3分前に開門して慌てて回るがものの1分で無人撮影ができなくなった。

c0201929_17474496.jpg


誰も映ってない初めてのカット!

この上米内の枝垂れ桜は平地の染井吉野が散ってから満開になるようで
昨日もTV局が三局きて放映されたらしく本日もマスコミが来るようです!

c0201929_17491478.jpg


どんどん人がやってきてますが、夜桜も有名との事で
設備準備もしてあります。

c0201929_1749598.jpg


昨日に続き本日も見事なまでの青空ですが、本日は昼前よりついに曇り出すようです!
ここで一雨欲しいものですね~

c0201929_17511044.jpg


浄水場に映り込む桜ですが風がありさざ波がでてます。

上空には薄雲が出てきて日輪(日暈)が出てきてます。
天気が下り坂の時によく見られて現象ですね。

c0201929_17572039.jpg


結果ここで12時前まで撮影して次の姫神山へ向かいます。
昨年教えてもらった場所で、ここへ向かい前にあった行列ホルモン店に今年はぜひとも食べたいので
向かう事に。

あっれ!姫神山に着いてしまった?気が付かずに通過してしまったか?

c0201929_1801322.jpg


昨年も咲いていたモクレンは綺麗な満開!しかし大山桜は昨年ほどでない気がします。
公園になっていて昨年なかった展望台や大きな東屋も出来てました。
展望台までは少し道のみがあるようですが折角来たので歩いて登ったら
岩手山が綺麗にみえました。

c0201929_182434.jpg


展望台には一組のご夫婦が見えていたので話しかけてみると
色んな事を教えてくれました。
ここが市民の為の公園になった大人の事情や岩手山の右の山並が八幡平で左の山並は秋田県の
駒ヶ岳山系とのこと。天候も良く(上米内から出るときは雲もでていたが結局晴れてきてくれました)しっかりと山並が見えてくれてます。

そして行列のモルモン屋の事も聞いたら見過ごしたわけでなく分かれ道から反対方向らしく詳しい情報も聞くことができ帰り寄ることに決めました。

その後天峰山がこの道の先の峠にあるとこのことでご夫婦にご挨拶をして向かう道中から

c0201929_18143765.jpg


筋斗雲みたいな雲の写真の右上付近から岩手山を見下ろします。
桜が満開なら素晴らしい景色になることでしょう。

c0201929_18162377.jpg


天峰山に10分ほどで到着すると
ここからはパラグライダーが飛び出すようで数人が待機してますが砂埃が凄い。

今朝から食べて無く既に1時を回っててホルモン屋の話もしたのでもういい加減な空腹。
見晴らしはいいけど空腹なのでそろそろ撤収。

げっっ今年も混んでる既に1:30過ぎなのに
どうしよう。折角来たので駐車場へ回るが満車!あちゃ~満車じゃん。

c0201929_18450799.jpg

しかもバクカーの人が大勢地面に座り込んで並んでる。
悔しいが・・・今年もお預け。なんとも天気には恵まれてるが食事のタイミングが悪い!
この先食事にあり着くのは何時なんだ。

仕方なく頭を切り替え盛岡レーメン(今日も麺かい!)にすることに。
そのため情報をスマホから入手する前に温泉で天峰山で埃塗れになった体を清めます。
ここまで来ると温泉も600円ですが、驚くことに別税とは・・・。

c0201929_18454080.jpg

店員さんにお尋ねすると駅前のお店を紹介されたのですが、さきほど通過した時に道が混んでいたので別の盛岡インター方面を聞くと「やまなか家」を紹介されたので訪れると2時30を回ってるのに
ランチがあった!しかも本日は祭日だ。

c0201929_18525186.jpg


注文してトイレから戻ってくるときに座敷を見たら記憶が・・・・あれれ。
しかもよくよく考えたら聞き覚えもある店名。
店員さんに小岩井の方にもあるか聞くと・・・雫石店

c0201929_18473431.jpg
があるとの事!
三年前にも行った店の系列店でその時のことなど話して青森から南下して愛知まで帰る途中と話した。
3年経っても盛方も同じですね!麺がモチモチで美味しいです。スイカって思いますが合いますしキュウリも酢が効いて旨いです。
c0201929_18480221.jpg
食事中も地図を眺めていたので会計をするときには別の店員さんがどこまで帰るんですかと
聞いてきたので今夜は会津磐梯へそして愛知へと話すと優しい声をかけてくれました。
私が空腹を満たすことができたので今後は車の空腹を満たすためにGSへ。
またここでも店員さんの親切な対応で心が洗われ元気よく盛岡ICから東北道を南下して福島西ICで降りて今夜は道の「駅つちゆ」が宿になりそうです。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-28 06:22 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

昨日(5/2)は津軽富士で色々ありましたが、今朝は青森県平川市の志賀坊公園よりスタートです!
昨晩は移動することが面倒で怖いけどこの公園のPで朝を迎えたんです。
まぁ公園なんで水回りはあるので便利なんですが夜は夜景のスポットになっているようで
何組かの車が来たのですが目覚めたら私一台でした。

朝一はここからの紅富士(津軽富士)が見えたらと昨日(浅虫)に続き狙ったのですが、
色が付くことなく終わり。

c0201929_71853.jpg


その後ついに南下し始めました。

ここへ来る途中の峠にはまだ残雪が多くあり春の訪れを感じます。

c0201929_7284463.jpg


先ずは十和田湖!何年か前に訪れたことはあったけどあまり記憶にない。
でもここの展望台に来た記憶はありました。

c0201929_721010.jpg


c0201929_7225284.jpg


人の記憶なんて曖昧なものですね!

訪れたのは昨年でした。

c0201929_7233192.jpg


その時は夕日没前の夕方でここから北へ向かって奥入瀬まで行きましたが、
今回は逆に南下です。よく見ると前木が綺麗に伐採されてますが
前も気が付いたのですが結構錆びれてて勿体なく感じました。
折角いい場所なのに訪れる観光客はポチポチと寂しい限り!

c0201929_7293582.jpg


その後湖畔の中山半島へここには十和田湖名物の乙女の像があります。
前回はスルーしてるが今日は天気もいいので寄ってみると、
観光客も少ないが駐車料金はしっかり早朝から徴収してる。

まぁ僅か30分程度だけど観光財源と協力します。


これから出動するだろうスワン隊員!その奥には遊覧船が控えてる。
受付窓口の係員さんが不思議そうに私をみているが・・・気にしない。

c0201929_7373658.jpg


湖の中にも祠がありますが・・・・何でしょうか?
気になる人は調べてください!

c0201929_7384159.jpg


乙女像です!青葉になってれば少しは絵になったのでしょうが
これでは記録撮影そのものです。

流石にこの場所は記念撮影用の椅子が用意されてました。

c0201929_7401963.jpg


本日は移動もあるのでR103から南下途中に峠の売店がありそこから十和田湖が俯瞰してみることができここで十和田湖ともさよならになります。

鹿角市を通過してると川沿いに咲いてる桜に目が留まりました。
そこには一台の車があり人もいたので話してみると、この近くに山菜を採りに来てとの事。
昨年もこの鹿角市では山菜取りの最中に熊に襲われて数人が亡くなってるようですが
この人も熊の恐怖は知ってるけどそれ以上に美味しい山菜が欲しくて採りに来るんだと言ってました。

c0201929_7465684.jpg


まぁ緑の中の桜でしたが残念な結果です。
R103を南下していくと河川に新緑が目立っていたので欄干から撮影しようとしたのですが
電線が邪魔になり河川敷に降りることに

c0201929_7503347.jpg


河川敷まで降りたら降りたでかなり上から見ていた風景とはかなり違ってました。

ここから大館までゆっくりと移動ですが、今朝から何も食べてなく11時を回った時から
食事処を探してました。
すると目に飛び込んできたのが「鉄鍋ラーメン」


バーン!これ味噌ラーメンです。
c0201929_15405851.jpg

ここ店員さんとても親切でした。

昨日志賀坊公園に行くときに寄った店は「たぬき本店」ってあったので入ったら
こんなラーメンが出てきました。
c0201929_15412394.jpg

ここは青森県でした。昨年岩手県でこんなラーメン食べたことあったので
寒い地区なので冷めない工夫がしてあるんだろうと思い、聞いてみたら
家独自でして県内にはほかにないらしい・・・・まじか!
もう一つ気になる質問を・・・本店ってことは支店は他にも?
なんと・・・無いらしい!何処かの暖簾分けで本店?いくつかの疑問点の中店を後にしたのです。

そうそう話が戻りますが、今日食べた鉄鍋ラーメン梅正屋ラーメン

鉄鍋

こんな感じのお店です。私は11時すぐに入ったので私だけでしたがその後一組が入ってまいりました。味噌ラーメンに特製のコチジャンを入れて食べたら一味変わってとても旨かった。
帰りに店員さんにこの辺りで鉄鍋ってほかにもあるんですかと聞くとここだけとのこと。
昨日も聞いた台詞だけに・・・・。
昨日のたぬき本店の話をすると・・・へぇ~って
まぁ細かいことは気にせずに昨日より美味しかったですよ。
この後数十M進むと正木屋って麵屋がありすでに行列が出来てました(失敗したかも)
今度の目的地は岩神ふれあい公園の枝垂れ桜。

c0201929_1692965.jpg


枝垂れ桜は満開でしたが本数も少なく染井吉野は葉桜になっていたので早々に撤収し温泉探し。
便利なことにスマホで近くの日帰り温泉で検索するといくつか出てきて詳細を確認して
行ってみる。
街中にあり温泉¥280-って最高!
隣にはカラオケハウスがあり歌が響いてる。
数日の食料を買い出ししてから岩手に向かうために東北道の小坂いICより南下開始。
昨年も行った事のある松尾八幡台平ICで降りたら目的地はすぐそこです。

到着するとすでに多くのカメラマンが待機していたので私もそこへ便乗。
何度も来ているところなので勝手ができて日の入りまで撮影しましたが
桜は丁度いい時期の満開ですが夕焼けは平凡な一日の終わりになりました。

c0201929_16182911.jpg


本日も最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-21 06:22 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

本日2時に目覚めて外を見たときには星空だったのに4時に起きたときには曇天になっていた。
カメラ出すことなく暫く海越しの岩木山方面を眺めてみても変化なさそうなので
弘前市内方面に移動してると雲の間より太陽が射しこんできた。

目的地は岩木川河川公園。
初めての場所で河川敷に桜並木があるらしい。
到着すると朝の綺麗な空気が漂うような静かな場所で近所人達が散歩などしている。

c0201929_6195965.jpg


太陽が射しこんできてはいるが岩木山は雲に隠れている。
桜も染井吉野は葉桜だし撤収し標高がある岩木山方面の世界一の桜並木道へ向かう。

c0201929_6214776.jpg


生活感が漂う岩木山麓でリンゴ生産の準備ですね。

c0201929_623080.jpg


岩木山神社。実はこれ岩木山からの帰り道なので昼過ぎの雲が取れた写真です。
朝来た時には岩木山はまだ雲の中でした。
岩木山総合公園付近には延べ22キロにわたり大山桜の並木道が続いております。
まだ朝早いので人は少なくていいですが日の周りが良くないです。

c0201929_6261878.jpg


この場所で地元のカメラマンに会い、岩木山を望むなら「志賀坊公園」へ行くといいと
教えてもらいました。
その後の暫く撮影しえてると並木越しに岩木山が取れそうな場所が・・・・
でもそこはりんご畑に中。オーナーさんが肥料を蒔いていたので話してみたら立ち入りを許可してくれた。
それどころか何時でも立ち入ってOKとも言われたけど、熊だけには気を付けてくれとのこと
実は二日前の4/30日にすぐ近く(先ほど行ってきた岩木山総合公園)で二人が襲われたとの事!
確かに公園には熊出現の看板があった。
目撃された場所には立て看板を立てるとの事。怖い!

c0201929_636533.jpg


まだ山頂には雲が張りついてますが、ここまで下がると桜の印象が薄れてしまいます。
オーナーさんが紹介してくれたのが岩木山スカイライン雪の壁の中走ると気持ちいいよって。
昨年も南八甲田山や八幡台でも雪の壁見てるけどと思いながらも北海道も見えるかも・・・
って言葉で心が揺らいだ!
以前北海道見たいがために竜飛岬までいったにもかかわらず曇天で全く見えなかった。
そこでスマホでサイトをみると本日北海道が見えてるとの事なので山頂まで上っていくと
気温2度で強風。まだ10時過ぎで車も人も少ない。

c0201929_6431764.jpg


確かに絶景です!しかしこれも快晴の良視程だからこそ。
山の凹凸もはっきりしている。一際白い山並が世界遺産の白神山系で、
ここは岩木山8合目。ここから山頂目指して雪山登山してるひとも結構いますが
私はここの売店の二階から北海道を眺めに行きます。

c0201929_6474159.jpg


しっかり見えました。海岸線は津軽半島の権現岬?その奥が北海道で白い山並が大雪山系
岩木山のパンフレットには「弘前市から北海道が見える」とありました。
竜飛岬まで行って見えなかった北海道が弘前市で見えてよかったけどこれも天気次第って
言い換えたら運しだいってことですね!今年は天気がいいので助かってます。

c0201929_6514542.jpg


スカイラインを上るってくると正面に大きな駐車場がありますが、左に曲がると売店より一番離れた場所に先ほどの立標識があります。
先ほど来た時には無かったけど今は標識にすぐ近くに一台のマーチ?が停めてあります。
しかしオーナーさんが見えない様子。
観光客も標識と一緒に記念撮影がしたいのに車が邪魔しててすごく迷惑そうにつぶやいてる!
どこでも停められるほど空いてるのに迷惑者扱いされてる。
5分ほど待っていても戻ってこない。
寒さのあまり車からダウン出して売店へ行って北海道のどのあたりが見えてるか聞いてると
親切な山好きな紳士が色々教えてくれた。
30分ほどして標識の場所に行ってみるがまだ停まってる。
何組の観光客が入れ替わりやってきては邪魔そうに記念撮影してると
オーナーらしき人がやってきた。

観光客の一人が    「写真撮りたいので車動かしてください」
オーナー       「私も(そうなんです女性)今から撮影するんです」
観光客        {・・・・・見守る}
オーナー       {人目も気にせず撮りまくってる}
観光客・・B     「もういいでしょう」
オーナー       「私〇〇から来たのでと車の動かし角度変えた」
観光客・・A     「すぐ終わるので先に撮らせて」
オーナー       「私の方が先に来たので順番です」
さんた        「先に来た人が優先なんですか?」
オーナー       「そうだよ」
さんた        「そうですね・・・では今すぐ動かしてください」
オーナー・観光客    ??????
さんた        「私先ほどこの場所に来た時には車なかったですよ」って写真見せた。
オーナー        面倒臭そうに動かして一件落着。

その後オーナーは雪の壁に移動して人目を惹いてました(呆れた)

さってそんな出来事の後にして再び桜並木へ向かうと凄い人になってます。
が、やっぱりトップライトになってるので桜が一層綺麗です。     

c0201929_6242170.jpg


この辺りまだ残雪があり10日ほど前までは真っ白だったらしいです。

岩木山の雲も完全に取れて真っ青な空と桜は最高の組み合わせ。

c0201929_7185414.jpg


桜に太陽が当たってると綺麗です。

c0201929_7194547.jpg


大山桜なのでもともと色味が強いです。

c0201929_7205916.jpg


津軽富士(岩木山)富士山によく似た形です。
少し下ってゆくとそれだけで散り桜になってて僅かな変化で開花が違う様子が自然界で感じます。

c0201929_7245186.jpg


素晴らしい景色を見ながら今朝情報を聞いた「志賀坊公園」

昼時間も過ぎているので途中で食事を済ませて公園へ向かう途中大空をクルクル回る猛禽君に
ターゲット。鳶ではなさそう。

公園に到着してみると綺麗な津軽富士

c0201929_7305836.jpg


クルクル回る猛禽君はおそらくノスリ

c0201929_7345246.jpg


c0201929_7351484.jpg


近頃少しだけこんな写真を撮ってると今朝この場所を教えてくれた二人組と再会。
びっくり。教えてもらったので来てみましたと会話を楽しむと、
夕焼け時刻になってきたけど焼けそうもなく夕陽

c0201929_7361481.jpg


この日ここで夜景を撮影してみることに

c0201929_737270.jpg


最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-18 06:06 | 桜が咲く風景 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

今朝の弘前城から五所川原市の北に位置する金木町にある芦野公園 桜100選へ移動しました。
スマホのアプリって便利ですね!
私のように後々に記録を書くときにその日の行程記録がわかるんですよ!

この日5/1は弘前を6:30に出て38キロ(直線距離)一時間16分で移動してるようです。
詰まるところ7:46分に到着してるようです。本当に便利でありがたいです。

芦野公園桜まつり

駐車場へ着くと二人の人が話してるところへ割り込む形で話しかけてみたら
一人は地元の鉄道写真家で話し相手は私同様の地方から初遠征で情報収集していたようでした。
結果、地元の人もこのまま撮影するとのことで「金魚の糞」を承諾してもらいました。
このあたりより撮影するといいよ。あっちに行きましょうとアウェイでも親切にしてもらい
効率よく動くことができたし情報もいただくことができました。

c0201929_6245188.jpg


ホームに入ってもまだ遮断機は下りないとのことで、踏切内ので一発目の撮影。
この時70-200mmで撮影。地元の人曰く200mmでは少し足りないとのことでした。

c0201929_6272976.jpg


地元の人とはここでお別れしてホーム側へ行ってみることにって
歩いてもわずかで移動できます。

c0201929_6282798.jpg


29日出発日の開花情報が7分咲きだったのに週末の暖かさと昨日の風ですでに散り桜です。

c0201929_629592.jpg


駅舎横の「駅舎風の喫茶店」はじめ駅舎と勘違いしてました。

c0201929_6323818.jpg


こっちが駅舎です。

c0201929_6333872.jpg


ローカル線なので一時間に一往復で空いた時間に公園を散策します。
ここヒグマがいました。

c0201929_634427.jpg


公園ってこともあってミニ動物園があるって聞いたのですが「ヒグマ」ってすごいですね!

c0201929_6363772.jpg


完全にダウンしてます。まだ朝食まえなのでしょうか?
奥には大きな池がありその周りにソメイヨシノが植えてありますがこのあたりは完全に葉桜になってました。

c0201929_638810.jpg


枝垂れ桜を寝転んで撮影。久しぶりに地面に寝転んで空見上げちゃった。

c0201929_6385818.jpg



c0201929_6394067.jpg


人が増えてきてます。今日は月曜で連休の谷間ですけど多くの観光客が来てるようで
名古屋からのクラブ〇ーリズムからの旅行客もいました。

鉄道写真家のルールって分かんないですね。
嫌な思いをしたけど割愛しホーム側から踏切方面に移動しました。

c0201929_643752.jpg


ヘッドライトがレールを照らしてます。
なぜか線路の草が緑だと思ったら・・・こここの時期(4/28~5/7)しか走らないそうなんです。
だから鉄粉が飛び散らずに緑が綺麗って後から知りました。

c0201929_6461336.jpg


ホームの人も増えてきてますが、ホーム脇の踏切ももの凄い人でが、
これは駅員さんはちゃんと安全確認してますのでマナー違反では無いようです。

c0201929_6484367.jpg


ゆるキャラや園児も出てきて観光客を盛り上げてます。

c0201929_6513223.jpg


電車が来るとここからでは様子がうかがえないのですが、園児達は自作で小旗を作って
「ようこそ金木へ」と大きな声で電車から降りてくる観光客を出迎えてました。
2時間ちょっといて10時過ぎに芦野公園を後にして、スマホで近くの温泉を検索すると
「稲穂の湯」が10キロ以内にあるとのことで朝風呂(320円)へ向かいました。
青森県内の温泉はお値打ちです。備え付けのシャンプーや石鹸などひゃ一切ないですが
遠征慣れしてるので一式揃って持ってるので反ってこっちの方が有難いです!

身体を清めてから向かったのは芦野公園で教えてもらった菜の花が咲く津軽鉄道名物の
「ストーブ電車」を狙う。芦野公園より少し北方向です。

c0201929_714227.jpg


この日臨時で2往復するとの情報なのでその時間に合わせました。
この場所も鉄道写真家には有名なポイントで多くの人がいました。

c0201929_71741100.jpg


ここで話した人は本日ストーブが走ることは知らなかったらしいが
東京からほぼ毎年弘前城の桜を取りに来て時間みて津軽鉄道を撮影している方でしたが
何年(十数回)も通っても岩木山と津軽鉄道が撮れなかったと言って、今年念願かなったと
喜んでました。
私も満足したので次の目的地の浅虫へGO!


ここから向かう先は浅虫の「鶴亀屋食堂」です。本日営業は確認済。

とある人のブログ紹介の鶴亀屋食堂記事

私が到着したのが15:30位!本日は朝弘前から五所川原へ移動中におにぎり食べただけで
ここまで我慢した(ただ食べるタイミング逃しただけ)お客さんは時間帯もあり数組だけ。

c0201929_07321333.jpg

私が注文したのは「レッドマウンテン 小」¥2500-
当日はミニと小しか無かったよ。

c0201929_07305492.jpg

テーブルに来ると山頂に乗ってくる緑帽子がコロリと落ちるほどの盛り方!
なのでワサビは別皿で我元へきました。
どんぶりは茶碗より一回りくらい大きいだけなのでご飯は多くないがマグロ(メバチマグロ)が
山盛り。
どうでもいいことだけど、さてどうしてグルメでもない私がここへ来たのか?
ただ知人より紹介されたから。「大間まで行かなくても本場のマグロが食べれる」など
調べてみたら面白そうだったので来た・・・それだけです!

食べてみるとやっぱり旨い!・・・と感じたのは初めだけ
これは数人でシェアするのはいいが一人で食べるには量が多すぎます(個人的感想ですが)

すぐ近くに道の駅があったので今夜の宿はここにしよっと。
夕焼けに浮かぶ岩木山がきれいに見えて今日の行程は終了!

c0201929_7252199.jpg


朝一五所川原向かう途中の岩木山。

c0201929_7253282.jpg


明日は海越しの岩木山狙い!



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-14 05:54 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

前日に引き続いて弘前城です。
4時に起きたのだが既にかなり明るい!
仕舞った。緯度が高いので朝が早いこと忘れてて慌てて仕度。

三年前に見た夜の花筏の翌日は花弁の茶色く酸化が進んでいたので今回はどうかと思いながら
見ると、やっぱり酸化が進み茶色くなっていた。
それだけ花筏のタイミングは難しいと改めて感じながら撮影。

c0201929_7312487.jpg


まだ朝が早いので色が出ない。昨日も散々歩き回ったので少しは効率良く回れそう。
それに早朝なので人が少ないことはいい。

c0201929_7345057.jpg


色温度を調整してみました。
カメラマンの朝は早いですが、観光客も意外に散策してます。

c0201929_738035.jpg


昨日も撮影を挑んだけども絶え間なく途切れない人に諦めた追手門(だと思います)
から除く園内の枝垂れ桜。

c0201929_7403167.jpg


下乗橋より修繕中の石垣
昼間は有料エリア(天守閣広場)も早朝は無料で入れる。
三年前の早朝に来たときには昨夜から宴会を続けてるグループが数組あったが今年は
誰も居なかった。

c0201929_7434513.jpg


朝日が照らされた天守閣と枝垂れ桜の奥には岩木山が青空に聳える。
これだけすっきりした天気は最高!

c0201929_7454047.jpg


天守閣を見ることが出来るように足場が作ってあります。
まだ早朝ですが10人ほどいます。これからどんどん人出が増えるとこの足場はごった返し(激混み)しそうですね!
鷹丘橋を渡り回り込むと濠に映り込むお城が見える場所ですが
今年も(あと数年見えません)天守閣はありません。

c0201929_748850.jpg


三年前の朝!

c0201929_753912.jpg


西濠に移動して桜並木。昨夜は多くのボートが出ていたが
この時間は綺麗に並んで待機。

c0201929_7554637.jpg


この西濠の近くには弘前工業高校があるのですが早朝は結構路上駐車してますね~
きっとしってる人はここに停めて撮影してるんだろうなぁ~
次年度以降の参考に!!!

陽も高くなってきたところで再び南東の外濠へ。

c0201929_5504495.jpg


本日も晴天なり。

c0201929_5511180.jpg


人が増えだす前に(7:00前)撤収します。
この後 桜100選の金木公園へ向かいました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-11 08:21 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

新潟南魚沼市の中子の桜で撮影した後は関越道の越後川口ICから一路弘前へ向かいます。
時間を考えるなら関越道で新潟まで行き、磐越道で郡山へその後東北道へ北へ走るのが早いのでしょうがお金のことを考えて私は関越道で新潟へその後日本海東北道で終点の村上(新潟)へその後、国道7号+日本海東北道(部分的に開通してます いずれ北日本海にも一本の高速道に繋がります)で北上。

遠征をしてると食時間がバラバラになりがちでこの日も朝撮影後高速に入る前に前日に買ってあったおにぎりを走りながら食べたまま既にPM1:30を回ってます。
早く食べれるラーメン屋を探しながら走ってると行列が出来てるお店があったので入ることに。
グルメレポートは割愛(FBに出てます)して北上を続けます。
16:00少し過ぎたころに弘前城前の市営の駐車場に運よく停めることが出来ました(¥1000-/日)
閉鎖時間を聞いたところFREEのことなので安心。

弘前城桜まつり

三度目の弘前城。一度目は満開のソメイヨシノを楽しむことができ、二度目は散り桜で「花筏」を楽しんだ。三度目はすでに三日ほど前から満開宣言がでてるので今回も花筏狙い!
駐車場の係員さんに話を聞くと本日午後からの風で堀には花弁が散ってるとのことだった。

c0201929_6235442.jpg


夕陽に照らされる外堀の花筏(裁判所前より)すでにかなりの桜が散ってるようで青葉も目立ってきてます。

c0201929_6311155.jpg


お城の東側堀にはいくつか堀をせき止める土手がありますが今回は一般開放(通常は柵があり入れない)されててそすが撮影ポイントになってます。
右手(西)から太陽光が射しこんでていい時間帯です。

c0201929_6345559.jpg


東川の土手はまだ花付きがいい方です。この花弁がどんどん堀に落ちると考えるとゾクゾクします。
結構な観光客とカメラマンがいますが撮影が困難ってことは感じなく皆さん順番に撮影してて気持ちもいいです。

ひとまず日没になったので場内へ入ると一気に人が増えます。ツアー客も多くガイドさんが引率してる団体が目立つほど大勢の中でもツアーの黒だかりは際立ってます。
東門から進んで東内門をくぐると、ここには日本一古い染井吉野が咲いてます。
記録では1882年生まれのようです。
通常染井吉野の寿命は50~60年と言われてますが青森の名産りんご(バラ科)ですが
この剪定方法や栽培方法を参考に樹医さんが同じバラ科の桜に取り入れしっかり手入れしてるようで、あれだけ立派な染井吉野が咲き誇ってるようです。

昨年より天守閣を移動させて石垣の補修をしてます。なんか痛々しく修復には10年を予定してるようです。

c0201929_7374782.jpg


c0201929_6475432.jpg


南に進むと赤い下乗橋が目立ちます。ここから北(右手)を見ると石垣が見え、奥に進むと有料エリアの天守閣があるので絶えず人が往来してます。

c0201929_6594079.jpg


下乗橋より天守閣を望む!天守閣は本来の場所から50Mほど西へ移動してる感じがします。
薄暮が進んでるので次のポイントの西濠に向かいたいのですが問題が発生。
地図を持ってるのに記憶と感で動いてしまったので大回りしちゃいました。
例えるなら時計の針でいえば4時にいて7時が目的地の西濠なんですが反対周りをしたために
祭りのメイン会場になってる屋台の密集地やお化け屋敷のあるアトラクションがある人だかりは進むのも難儀で荷物を持って歩いてる私は煙たがれ顰蹙者です。
結果西濠に着いた時には薄暮は終わってしまっていた。

c0201929_74587.jpg


きちんと地図は頭に入れるかしっかり確認して動きましょう。

c0201929_7134041.jpg


西濠添いの桜のトンネルと三日月。
南内門から出て杉の大橋より東を望むとライトアップされた桜並木が濠面に映り込んで見事な水鏡です。三年前もここで撮影したなぁ~って思いながら人混みの中撮影したあとは

c0201929_7172129.jpg


再び外濠へ土手から北方面になりここが一番迫力ある花筏だと思いました。

c0201929_7222160.jpg


c0201929_7234071.jpg


時間帯で変わるので歩き回るしかないです。残照があるときとはまた違った世界です。

土手から南方面を見た(裁判所方面)

c0201929_7243833.jpg


花筏が亀甲模様になってメリハリがでます。

c0201929_7382254.jpg


歩きながら撮影すること最後は

c0201929_7293829.jpg


公園内からですが園内はかなり桜も散っていました。
桜情報どおり西濠の桜のトンネルはまだ見ごろですが他の染井吉野は散り桜でした。

今朝は4時起きして600キロを超す大移動に16:30~21:30まで興奮して五時間歩き回り撮影してました。

三年前の状況は↓

2014 弘前城桜



続・・・弘前早朝編
今回も最後までありがとうございました。
[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-09 08:56 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

今年も桜前線とともに北上してきました。
っても初日の29日はどうしても県内の「曼荼羅寺の藤」撮影がしたかったので
5時に現地に着くように準備して出発したけど「曼荼羅寺」は後日報告します。

今回は長野県の中綱湖の桜地をロケハンしてから新潟県南魚沼市の中子の桜をロケハンしてから
一気に青森県の弘前城の花筏が当初の目的です。

29日は午後から全国的に天気が荒れると予報されてまして、私も長野県内で大雨に降られました。

c0201929_7171313.jpg


この後中綱湖の桜へ行きましたが、まだ蕾でした。
雨も降ってるので早々に新潟へ向かう途中の峠の山桜が太陽にあたって綺麗に咲いてました。

c0201929_7321889.jpg


虹が出るだろうと暫く粘ってましたが、見ることが出来ず市内を走ってるとついに虹が・・・。
しかもまだ太陽が高いので低~い虹です!

c0201929_73231100.jpg


通常虹は太陽の高さが22~40度に位置するときに見やすいですが、雨上がり後すぐの太陽の時には
低い虹が見ることがあったり大きな虹が見ることがあるので太陽と反対方面を眺めてください!

大町では菜の花祭りが開催されてまして畑には一面の菜の花が咲いてましたが
先を急ぐので撮影はサボリです!

c0201929_7362393.jpg


西空には太陽光が雲に遮られて出来る光芒が輝いてました。

c0201929_7371421.jpg


なんとか日の入り前に目的地の中子の桜に到着すると
10台以上の車が既に駐車し湖畔には三脚が並んでました。
ここはそんなに場所取りが必要ないと思うのに結構な数の脚が出てました?

まだ満開でなかったのかこれで満開なのかわからないけども
見た目は少なめの花付きでした。
一瞬湖面のざわつきが収まった時に夕陽に照らされた桜

c0201929_7414793.jpg


残雪も少ないですが花付きも少ないですね~
小耳にはこれが満開だとかまだ咲くとかいろんな会話が飛び込んできてますが
他の写真見るともっともっと咲いてます。が、今年の桜はどこも良くないかも。

c0201929_7434978.jpg


太陽が沈み今日の撮影は終了。

朝方、4時に起きて湖畔に向かうと数人は撮影してましたが、
風が出ていて霧が出ても流されそうです。
時間が経つにつれて人も車もどんどん増えてきて空も明るくなってきましたが
どうも撮影条件は良くないようです。

湖面はざわつき逆さにならずしかも霧も出なくって終了ですね~

c0201929_7463745.jpg


写真の左から太陽が出てきたんですがこの後桜に太陽が当たるまでそれほど時間はかかりません。
この写真は5:59分!

これから青森に向かうので早めに6:30過ぎに現地を後にしたときに咲いていた桜が
太陽に照らされて桜吹雪になってました。

c0201929_7565094.jpg


c0201929_757164.jpg


青森県弘前城へ続く!



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-08 08:05 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

地元愛知県の高浜市大山公園の桜です。が、撮影は4/7ですので悪しからず。

c0201929_6252092.jpg


愛知県の桜の開花は4/1頃だったかな?今年は遅い開花となり
その後の天気はほぼ壊滅的な天気でした。この日も曇天の中の撮影です

c0201929_627398.jpg


昨年も来てるのでポイントはある程度覚えてるので効率よく回れる。

昨年の薄暮の様子↓

c0201929_636785.jpg


昼間よりも夜桜の方が有名な大山公園はこの日(4/7)は駐車場が満車になることない人出でした。

c0201929_6371327.jpg


入園式を終えた親子でしょうか?一生懸命に撮影してて暖かな空気が流れてました。

昨年は工事だったかな?貯水タンクの上の展望台には入ることが出来なかったのですが
今年は柵もオープンになっていて展望台に上がることが出来ました。

c0201929_6392327.jpg


もうこうなると何処で撮ったかわからない写真ですが、花付きの良かった樹の桜丸

c0201929_6401832.jpg


曇天なのでほのかなピンクが何とも言えない趣がまた好きなんです。
(けどけどやぱっり青空欲しいですけど)

c0201929_6414490.jpg


中には既に葉がでてる染井吉野もありまして同じ場所でも樹の年齢でしょうか
開花に幅があります。

c0201929_6424744.jpg


公園の西側に位置する図書館に続く道には脇に幟がありノラ猫も寄ってきますから
猫好きなら探してみてください。



その後別の日ですが昨年も訪れた西尾市の黄金堤です。
ここの桜は本数こそ少ないですが染井吉野の樹齢が古く幹が立派で枝ぶりも見ごたえあります。

c0201929_6515158.jpg


この日は小雨の中でしたが、私が15分ほどで撤収するまでに車は結構入れ替わりきてました。

c0201929_654230.jpg


c0201929_654116.jpg


最後までお付き合いありがとうございました。
今年の愛知県の桜には天気に恵まれなかった!のでこうなりました。

青空の桜




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-05-04 06:20 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

今回は愛知県は天気に恵まれなくなかなか青空の桜が撮影できなかったので、
4/13日晴れ予報の為に有休で滋賀まで羽を伸ばしました。
向かった目的地は関西地区では有名な「海津大崎桜まつり」です。

海津大崎桜まつり

お得情報あります来年度以降にどうぞ。

海津大崎は滋賀県琵琶湖の北部 高島市マキノ地区から南へ伸びる岬約4キロに800本と言われる桜が咲きほこる日本桜100選に認定されてます。

以前より一度行ってみたいと思いながらもなかなか行くことが出来なかったのですが
有休の当日に満開前の8分咲きってこともありこの度決行しました。

現地に到着したのは夜明け前の3時ころ。
ここ海津大崎には駐車場がないんです。一般的にはマキノ駅付近の駐車場などを利用するか
臨時駐車場から船で湖上廻覧して上陸するかなどです。
しかし早朝早くなら僅かにある駐車スペースがあり、
また、一部だけお土産屋さんの有料Pや船屋の駐車場に停めることが可能です。

下調べをしたので私も駐車スペース(数台のみ)に停めることができました。
薄明の頃になるとカメラマンが動き出したので私も便乗して撮影開始です。

予め太陽が望める岬の東側に位置し太陽が当たるポイントで撮影します。

c0201929_6501838.jpg


今回の失敗は桜の樹のロケハンが出来なかったことです。
どの樹もかなり樹齢があるようで花付きが良くないのです。
もしかしたら裏年で花が少ないのかもしれないが特にこじんまりした桜になってしまいました。

c0201929_6561968.jpg


奥に見える小さな島が竹生島になります。
たしか島には鵜や・鳥の糞害に悩んでいると聞いたことがあります。

太陽が出てきたらこんか感じです。

c0201929_6583685.jpg


岬の向こうから昇ってきた太陽がオレンジ色なので大気が汚れてると予想できます。
大気汚染(塵・埃・花粉など)がなければ白い太陽なので今日の地平線付近は霞そうです。

c0201929_705875.jpg


丁度二艘のカヌーが来たのですが離れてしまって一艇のみです。

この後太陽が少し高くなったころまで撮影はしていたのですが、早めに移動しないと大渋滞もあるので7時前に移動したのでですがもう二度と車を停めることができなく余儀なく撤収です。
(まだ交通量も少ないので駐車禁止スペースにもかかわらず駐車してる車もありました)
海津大崎に来たら数キロは歩く覚悟と渋滞の覚悟が必要かもしれません。

この後、後ろ髪を惹かれながらも(4時間もかけて来たのに僅か90分程度の撮影時間)
近くのコンビニで朝食!今朝は寒かったので暖かいカップラーメンを食べながら
次の目的地の「琵琶湖バレイ」の情報を検索してみる。
桜は満開予報なのでまずは移動。高島市で有名な白鬚神社を横目に所々に咲いてる桜などを見てると
白バイが・・・。皆さん安全運転しましょう。
琵琶湖バレイに向かう前に近くの道の駅で休憩したのですが朝太陽が霞んでいたて不安だったが
琵琶湖が真っ白け!やっぱりかなり視程が悪い。
思案したがここまで来たので琵琶湖バレイへ到着したのは9時過ぎ。
平日もありまだ車は少ない。

c0201929_720677.jpg


琵琶湖の西側に位置してる琵琶湖バレイは少し高台にあり駐車場上よりロープウェイで一気に1000M超えまで運んでくれるようです。
この視程で上まで上がるか検討してると上から降りてきたカメラマン風の紳士さん達が
全く見えなかったと会話していたので見送りで西空は真っ青なので視点を変えて撮影。

c0201929_7245225.jpg


駐車場が棚田のようになっていていろんな場所から撮影できるのがいいのですが
桜が九十九折のように咲いてるのでポイントを探すのも楽しいです。

c0201929_7272278.jpg


東側(琵琶湖)は真っ白なのに西側は山越えもあるけど真っ青で気持ちいいです。

c0201929_7284788.jpg


天気もいいので車もどんどん増えてきます。

c0201929_730224.jpg


観光客が増えてくると駐車場脇でシートを広げて花見が始まると撮影もできないので
早めに撮影したいです。

c0201929_7345150.jpg


が、既に山側は車やら人やら入り込んでしまうので琵琶湖側を。
上空は来た時よりも少しだけ青くなってきました。

c0201929_7362191.jpg


駐車場上の展望台より脚立で撮影を最後にしてこれから一気に地元へ移動です。
二度チャレンジしたが雨だったので再々度の挑戦。
一気に犬山へ。ここは南向きの撮影になるのでそれほど時間を気にしなくてもよいので
本日の締め撮影。

c0201929_7393235.jpg


三度目の正直で青空の犬山城が撮影できました。

c0201929_7401353.jpg


霧の幻想的な犬山城もいいけどもすっきりした青空と桜はやっぱり気持ち的にいいものです。

c0201929_7411265.jpg


朝からの移動距離も500キロを超えて体力的にもダウンです。
まもなくゴールデンウイークにはいりますね~
今年の桜前線は既に東北を過ぎてますのでGWの旅検討中です。

今回も最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-30 06:29 | 桜が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
お得情報あります。
まだまだ続く桜シリーズで今回は天下一と謳われる「高遠城址公園の小彼岸桜」

桜まつり

一度は行ってみたいと思いつつもなかなか行けなかったが、今回4/19日の新聞で満開の写真記事もあったので、1時過ぎに地元を出発して現地に到着したのが5時過ぎでした。
下調べでは6時より開園ってあったので少しゆっくりしていたのですが、どんどん人が流れていくので準備して歩いて行くとFREE入園できた(北口ゲートより)

*多くな声では言えないけど6時からは500円/一人の入園料が必要だけど・・・6時前なんで無料で入ることができました。

入園すると園内には既に多くの観光客やカメラマンが混在してます。
初めに向かったのは定番の桜雲橋。
カメラマンも観光客もカメラを向けてます。その中一瞬を狙い撮影。

c0201929_7295044.jpg


自分の立ち位置を変えようと思っても人が多すぎてもうダメ!
立ち位置間違えた。人が多すぎて動けない。

c0201929_7305362.jpg


しかし今日もいい日に来れました。
曇天で肌寒い朝なのが残念ですが、満開過ぎで日にちも過ぎていたけど雨風がなかったのが幸いした。
この橋(桜雲橋)を渡った場所に本丸があったようで、今も残ってる太鼓櫓

c0201929_7332039.jpg


この場所(勘助曲輪)からはアルプスと桜が撮影出来るようで人だかりができてます。
しかし前列には三脚たてたままで太陽待ちしている紳士がビーナベルト待ちしてると観光客に話してる。(今日は曇天でしかも日の出は既に過ぎてます)

c0201929_7443488.jpg

(以前に高ボッチで撮影したイーナスベルト)

紳士カメラマンの後ろから撮影するにも頭が入ったりするのでこの場はお預けして
橋の下の池がある場所へ。
ここも有名な撮影ポイントとあり凄い人ですね~

c0201929_7533080.jpg


一回りしようと美術館がある園の南側に行く途中にも橋があり(白兎橋)
そこから桜に囲まれたアルプスが望めます。

c0201929_7573310.jpg


青空が広がっていたらどんなに素敵な写真になったのでしょうか?と考えてしまうほど。
画角的には橋の後ろに下がった方が垂れ下がった桜も入るのですが
観光客も前へ前へいくのでなかなか人切れなく暫く我慢の時間でした。
皆さんに「志村後ろ後ろ」と心でつぶやいてました。
この橋を渡ったらすぐに南口出口ですのでここで引き返すことにする。

再び勘助曲輪の南アルプスと桜を狙おうと既に紳士のカメラマンは居なかった。

c0201929_6302555.jpg


c0201929_631714.jpg


撮影できると今度は青空が欲しくなるって贅沢な話ですよね。
まぁ撮影出来たってことで今回は〇としましょう。
さってここで一回りしたのですが時間にして90分ほど。
もっともっと予定時間を割いていただけに意外に時間が余ってしまったけど
これからどんどん人は増えてくるだろうしってことで高遠城址公園を後にして
「六道の堤」に移動。公園より僅か15分程度の場所ですがなかなかいいですね~

c0201929_635247.jpg


残雪の南アルプスを囲むように桜が撮影できるのですが鉄塔が入ってしまうんですよね~
撮影してると次第に青空になってきました。

c0201929_6364514.jpg


やっぱり青空は気持ちいいですね~池に映り込む桜も青空も素敵。
伊那市には水仙が多く植えてありました。しかもいろんな品種もあり始めてみる様な水仙も見ることができました。

c0201929_639717.jpg


この水仙は普通のラッパ水仙でしょうか?
この場所は小さいながら駐車場もありますし池脇にも駐車できますのでカメラマンも適当にきてました。小一時間ほど撮影して今度は「勝間薬師堂の枝垂れ桜」へ移動です。
ここは高遠城址公園よりほど近い場所ですから戻るようなイメージです。
が、駐車場が規制の為にないんですが、皆さんはほりでぃパークのPに駐車してるようでした。
私は下調べせずに来たものですから通過してしまい公民館前の道路駐車スペースに停車して少し歩いて向かいました。天気も良く春のうららを痛感するような空気の中歩くのもいいものです。
道端には土筆が沢山伸びていてたんぽぽや春草も多く見ることができたしこんな素敵な場面にも出会えました。

c0201929_6513924.jpg


今では映画の一コマのような様子ですがこれも生活の一部の地区も当然あるんですよね。
10分ほどあるいたでしょうか「勝間薬師堂の枝垂れ桜」です

c0201929_6524342.jpg


立派な枝垂れが二本あります。
ここも高遠城址公園より近いので皆さんも寄ってるんでしょうね。
上がってみると高遠城址公園は一望できます。

c0201929_6554611.jpg


9時位より青空になり素敵な日になって良かったです。
この次は少し北へ移動してみようと「水上熊野神社」へ向かったのですが残念なことに
僅かな開花で「片倉南原お堂」も枝垂れですが僅かに咲いてる程度。
高遠城址公園より僅か10キロほど北へ来ただけど開花は全く違ってましたので
引き返して途中で見た場所へ戻りました。

c0201929_75715.jpg


きっと高遠小彼岸桜でしょうが満開でした。桜の下を歩きてみたかったのですが
獣害よけの電熱線が張りめぐらされていたので周りよりの撮影になりました。
この時には既に夏雲のような厚い雲が湧いてきてました。
伊那市には桜も多くありますが水仙も非常に多く咲いてまして高遠しんわの丘ローズガーデンより

c0201929_793645.jpg


c0201929_795363.jpg


実はここで凄いものを見つけてしまったのです。

c0201929_7113175.jpg


なんだって言われてしまえばそれまでですが人生初の品物でしたが
立派な角ですたがそのまま置いてきてしまったんです。勿体なかったかも。

この後再び六道の堤の夕景撮影に向かいます。

c0201929_7133267.jpg


昼と夕方ではやっぱり雰囲気が違いますね~
風も強く朝は散ってなかった花弁もかなり散っていて池の淵に集まってました。
最後に夜景撮影に出向いたのですが上手く撮影が出来なかったので割愛しちゃいます。
今日一日伊那市を堪能できたけど本当に素敵な街でまた来たいを思った街です。
今度はまた違った伊那市を楽しみたいと思います。

番外編

c0201929_7165427.jpg


c0201929_717873.jpg


道端のメルヘンワールドです。


いつも最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-04-26 06:31 | 桜が咲く風景 | Comments(2)