ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

いつも訪問ありがとうございます。

ついに東北遠征も終盤ですが、昨年のこと思うと書くことが沢山あります。
昨日は為内の桜を夕方撮影した後に買い出しは済ませてあったのでそのまま現地で就寝して
夜中から星撮影を予定してました。
予定通り2:00に起きて撮影開始。流石にこの時期の夜明け前は冷え込むので冬用の手袋にダウンで空にレンズを向けています。

c0201929_16482358.jpg


天の川が桜の上にくるかと思ったのですが、画角のかなり左側から上に伸びてました。
薄明の頃になると空の色が蒼色になるのが好きです!
時に流れ星が・・・・綺麗に流れました。

この時には桜のすぐ下で撮影する人の様子やここへ撮影にやってきた車の様子がわかります。
昨日の夕方は結構なひとでしたが今朝もわりと人がやってきてます。
そして旅は出会いでもあり昨年ここで会った奈良のNさんと再々会!
(昨年末に富士山忍野付近でも会ってますので再々会)

c0201929_16483510.jpg


間もなく日の出のころです。この時間帯が一番寒いのですが今年は結構暖かいようです!
昨年は濃霧で幻想的でしたが寒さのあまりカイロ出したのは新鮮に覚いだします。

c0201929_16454172.jpg

昨年の様子!この後寒さのあまり温泉に直行したのですが開いてなく90分も待ちました。

いよいよ日の出ですが山に色付くかな?

c0201929_16513545.jpg


c0201929_16515248.jpg


岩手山にも桜にも光が当たりだしましたが、山肌は薄っすらした化粧のみで残念ながら
望んだような劇的な幕開けはありませんでした。(またです)

c0201929_16543371.jpg


今年は南部片富士と言われるようにごつごつとした稜線が今年はくっきり見えて
起伏の激しい凹凸が陰で引き出されます。

日の出暫くしすると多くいたカメラマンはぞろぞろと引き返していきますので
私もそれに便乗する形で引き上げます。
奈良のNさんと姫路からの人と三人で会話してると一人の人が話しかけてきて
八幡平の一本桜の場所と開花情報を聞いてきましたが、場所は知ってるけど開花情報が無いなど
話してました。
今日は・・・暇になりそう。
移動しても撮影場所がない。鉄道も無い鳥も居ない。

Nさんとロケハン巡りでもってことで先ずは上坊の一本桜へ行ってみると
まだ蕾が膨らんでる程度ですのでまだ4・5日先になりそう。
ここかなりのマイナーゾーン。
しかし驚くことに大型観光バスが二台もやってきたんです。ぞろぞろと降りてきたのが
Cの頭文字の方々。所が近頃のC人そんなに悪くないですよ。
よっぽど日本人の方が心得知らない人がいるくらいです。
それでも賑やかなのは変わりませんけど・・・(笑)

c0201929_1755535.jpg


ここに桜が満開になるんですから絵になるでしょう!

その後見逃さなかった猛禽君が電柱に止まった。

c0201929_177594.jpg


この鳥なんでしょうね?
Nさんと調べては居たんですが・・・「ノスリの幼鳥」ではってことで。

c0201929_1781860.jpg


この後、焼走りの温泉場で仮眠してから八幡平の一本桜へ!
七時雨山荘に車を停めて5分ほど歩くと桜はあります。大山桜と思う樹は立派なんですが
昨年同様に蕾もまだ堅そうで一週間から10日はかかりそうですから
ここの桜を今後GWに収めることは難しそうですなぁ。

ここでいったんNさんと別れて道中で見つけた場所で撮影。

c0201929_17123019.jpg


車内からは木蓮と思ったのですが実際には山桜ですね~
逆光なんで一層に白く見えます。

c0201929_17133472.jpg


レタスの苗でしょうか?見事な畝が気持ちいいですね~
もう少し成長してると緑も綺麗ですがすると桜が散ってますし・・・。
ここで撮影して紅白の桜

c0201929_17164547.jpg


しかしどっから狙っても写真に成らず記録撮影。
再び昨日の夕景と同じ為内へ向かうのでありました。

c0201929_17174692.jpg


今回も最後までお付き合いありがとうございました。
明日はどうしようか今晩考えるために一度道の駅なかねに向かいました。
車の後ろの窓からは満開の枝垂れ桜がみえるので車内で夜桜花見で一杯です。





[PR]
# by noah_3776_2 | 2017-05-23 16:24 | | Comments(0)