ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2017年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

いつも訪問ありがとうございます。

郡上八幡城から移動してると再び(三度?)の雨!
今回は強めの雨で傘がないと撮影もできない様子。

その時に出た虹は円の頭しかみえないような低い虹でした。
c0201929_16363818.jpg
が、はっきり見えないですね。
走りながらも時々見える虹を横目に現着。

急の雨で足早に帰る車が多いためか車も簡単に停めることが出来た。

c0201929_16363896.jpg
雨上がりで山からは蒸気があがり山肌も色づき遠目には色付きが良さそう。
人出は雨の為か少な目・・・より急の雨で気温も下がり寒い。

c0201929_16363925.jpg
滝に続く道の両側にはお店があり目新しそうなお店も増えてる様子です。
養老と瓢箪は昔話にもでてるようです。
瓢箪にここの水をいれて置いたら「お酒」になったとか?

c0201929_16363909.jpg
滝に向かう途中ですがまだ色付きも浅く暫く先のようですね。
毎度感じる滝への道・・・きつい!
c0201929_16364004.jpg
雨のお陰で岩も濡れてしっとり感満載。
c0201929_16364157.jpg
紅葉も綺麗に色付き始めてます。
ここも多くの人がインスタ映え目指して撮影してました。

養老の麓はもう一週間ほど後が良さそうです。
華厳寺向かうときにまたまた虹が!
c0201929_16364172.jpg
アーチが入るように停める場所を探して撮影。
c0201929_16363719.jpg
はっきりした色味の虹ですがこの時は反対側まで続きませんでした。
この先華厳寺に続く





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-30 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
かなり前後してます。11/13の活動です

c0201929_07242053.jpg
本来ならがっつり朝一で撮影するのですが今回は仕事の関係での寄り道ってことで昼間の撮影です。
まぁ~今後のロケハンになりました。
実は滋賀県の紅葉って今まで一度もなく初なんです。
そもそも愛知から近いのに京都・奈良は撮影に出かけていたがここ滋賀はほとんど通過でした。
今春に桜で「海津大崎・琵琶湖バレイ」は撮影したけど未だに「メタセコイヤ並木」は行ったことないのです。
春にマキノ(海津大崎)撮影してから琵琶湖バレイに移動するとき高島通過したのに
その時は頭から飛んでしまっていて後悔したものです。
今後は少しこの滋賀も開拓してみたいですね~。
c0201929_07242117.jpg
まぁそんなことはさて置き紅葉祭り。
駐車場から暫く歩かないとこの鶏足寺にはこれません。
道沿いには出店がありお土産や名産物など販売してました。
その売店上の紅葉が綺麗でした。
平日の昼間の参拝でしたが人も多かったです。
連れてきてもらってますので自由時間が無く足早の移動です。
c0201929_07242245.jpg
鶏足寺(木ノ本)から長浜まで南下してどこぞのお寺の参道です!
c0201929_07280403.jpg
ここは比較的密やかなお寺のようで静かな時間が流れます。
c0201929_07280478.jpg
観光に来ていた人にモデルになっていただきました。
c0201929_07242071.jpg
観光に来ている人が少なく拝観料も据え置きの箱に入れる「信用拝観」です。
¥300-って料金もお値打ちです。
信用拝観なので御朱印も書いてもらえないのでご注意ください。
c0201929_07242255.jpg
庭園の楓も良い色に色付いてました。
が、焼けて枯れてる葉も多く有りますので離れてみる方が綺麗です。また苔も見所だと思います。

つづく!(ネタが無くコマ切りですいません)

最後までお付き合いありがとうございました。

[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-28 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
c0201929_06500234.jpg
夕景と思われがちですが、山並に太陽が当たってますので朝一の順光焼けです。
この日は東(後ろ)から当たった光に雲が色付いてくれた。

c0201929_06495919.jpg
昨日夜まで撮影した後、一度下って早朝再び霧景色を期待して撮影に臨んだ。
この季節日の出が6:20分頃なので現地に一時間半前に到着した・・・・ら
既に撮影する場所が無いほどの三脚が並んでいた。
路駐は既に3台がそして脇道の駐車場は2台停めてあり停められない。
止む無く私も路駐へ。
しかし撮影スペースが無く片隅の電線の間から撮影しようとしてると
不憫に思ってくれた人が三脚一台分をゆずってくれた(感謝)
c0201929_06500060.jpg
まだ真っ暗だけども霧が全く出てない。
薄明が始まり一層の冷え込んだけど霧はなし。昨日降ったりやんだりの雨だったのに
残念ながら全く期待できないかも。
次第に明るくなってくるけど霧がでたのは僅かこの程度でした。
c0201929_06500162.jpg
霧が出やすいのに撮影者の皆さんも残念そう。
しかしこの場所なら富士山と比べても遠くないのでちょくちょく来れそうです。
c0201929_06495751.jpg
この後次第に山肌に太陽があたりコントラスト差で撮影困難でしたがお城全体に光が当たるのを待ってから(日の出後一時間程)
次の目的地横蔵寺へ向けて移動しました。
(既に掲載済)
横蔵寺を後に華厳寺も考えたのですが「揖斐峡へ」
この横蔵寺から近いのですが・・・この日は「揖斐川マラソン」開催日との事。
それでもと思い向かってみた・・・。
山道からトンネル超えて揖斐川沿いに突き当たったとたんに交通規制が・・・・。

多くのランナーが其々の思いで走っている様子。
コスプレしたり被り物などPRする人や自分に挑戦してる人など其々の思いが垣間見えるようです。
結局揖斐川沿いはマラソン規制で車止めはできなくそのまま北の横川ダム方面から徳川ダムへ

c0201929_06495892.jpg
山がきれいに色付いてました。
もうピークでしょうか時間的にお昼を過ぎて太陽は西へ傾いていますから影が伸びてます。
南中ならもう少し影が短くって済んだのに。
それでもいい感じの写真になりました。
c0201929_06495895.jpg
暫く走ると山の中にお城が「藤橋城」です。


天気が良く彩が素晴らしいです。
そのまま徳山まで行きます。
c0201929_06495962.jpg
徳山ダムです。
ここの受付でこの先の案内を頂いたのですが今日は夕方までに地元に戻って所用があるので
引き返すことにしました。
しかし結果5時までに地元に帰れずに所用をすますことが出来なかった。
こんな事なら徳山周遊したかった。
つづく!

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-27 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

今回年に一度一緒に撮影している写友さんより11月中ごろ連絡があり11/19日鶏足寺撮影に行ったけど
まだ早かったので次の雨後の23日に最後リベンジするけどどう?って連絡があったので行った。
c0201929_17345108.jpg
仕事が終わって準備をしてから現地へ向かう。
ナビをセットすると120キロの道のみ!近いと感じる距離。
21:30分出発!
外は小雨が降ってるが時間帯も遅いので道路は空いてるので高速と使おうか考えていたけど
暫くは下道でスタート。23号バイパスから長良川堤防沿いを北上して258号養老線より365号関ケ原から現着が24:20でした。
仲間がコンビニで待っててくれて合流!して現地へ。

お互い少し仮眠して5時起き。夜中強い雨もあったけど起きた時には雨は上がってる。
しかしどうなるか分からないので一応合羽を着ての準備。
私は広角レンズ一本勝負でいたのですが仲間はリック持参とのことで私も一応リック持参し傘も準備して
歩いて15分ほどの現場へ!

先に三人が来ていた。
つまり4・5番手のなった。
まだ真っ暗の中次々に人がやってくるが
私たちはなんとか前列が確保できたがその後は背後に位置するしかない。

この場所から先は歩くことが出来ない保存区域になってるから、
カメラマンは順番に代る代る撮影するしかないのです。

c0201929_17301410.jpg
まだ暗い中の撮影で、ピント合わせに苦労します。

時折小雨が降っていたのですがなんと本格的な雨になってきた。
荷物は傘が守り自分は合羽が・・・カメラも濡れなうようにカメラの合羽で対策するけど撮影ができない。
まさかここにきて大雨!おそらく天気も回復予定なので最後の雨だと祈る。
暫くして小雨になり撮影再開!

c0201929_17301577.jpg
日の出時間を過ぎると一般の人たちも観光にやってきているので
迂回してこの先の階段を上りだす。
c0201929_17301675.jpg
西の茶畑の方には霧が出ているのですがなかなかこっち階段の方には流れてこないですが、少しだけ靄ってる感じです。
頭の横で後ろのカメラマンのシャッター音が聞こえるが
申し少しだけ先取りの特権で陣取り撮影!
c0201929_17301593.jpg
観光客も動き出して来たのでそろそろ後ろの人と後退します。
長居すると次の「百済寺」に影響するので足早に参拝して退散して百済寺へ移動しました。
続く!

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-25 17:59 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_19550072.jpg
今回は郡上八幡へ向かう峠の渓流沿いの紅葉が雨に濡れて綺麗だったので
寄り道しての撮影です!
c0201929_19550053.jpg
多くの楓があるわけでなく渓流沿いに数本の樹が綺麗に色付いてました。

この先進んでもなかなか紅葉は見られなく残念!

ふと道を登っていくと民家の前に一本の楓が。

c0201929_19550195.jpg
清流が流れてるので祠は苔が覆ってしまうほどの湿度なんでしょう。
緑の苔に黄葉が素敵です。
c0201929_19550140.jpg
名も無いだろう樹ですが見事な散り紅葉です。
c0201929_19550290.jpg
交通量も少ないので散った紅葉も踏まれず見事でした。
ひっそりした場所で見事な紅葉を楽しめました。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-23 19:54 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07250387.jpg
郡上八幡城で朝一撮影をしてからの移動なので現着は9時を回っていたような・・・太陽が既に高い(秋なので)
横蔵寺メインの医王橋と紅葉。駐車場脇からの撮影です。メインだけあって観光客やカップルが動きません。

c0201929_07250403.jpg
もっと近づいて撮影。太陽光に照らされて一層美しく色づきます。
c0201929_07250407.jpg
少し引いて撮影です。医王橋が切れてますが切らないこうなります。
c0201929_07350858.jpg
そうです。多くの車の屋根や寄りで撮影している人がしっかり入ります。
そして近くの売店では名物の柿がお値打ちで売られてました。
c0201929_07250596.jpg
手水舎にはお地蔵さまと楓に見守られてます。
石楠花もある様なので初夏も綺麗でしょうね。

c0201929_07250511.jpg
手水舎を上から見下ろします。と周りには多くの色付いた楓で囲まれてます。
c0201929_07250637.jpg
少し違う構図でも。
そして
c0201929_07250784.jpg
これは先ほどの医王橋ではありません。
水面に映り込む紅葉が美しいです。
c0201929_07250744.jpg
先ほどの場所の反対側は・・・きれいな落ち葉を探して演出してます。
サイド光を待って撮影。木漏れ日で程よく自然露光調整です。
c0201929_07250602.jpg
全体的には綺麗な紅葉ですがやはり太陽光が当たってるお陰です。
近くで見るよりも遠目で見た方が綺麗ですよ。
c0201929_07250343.jpg

医王橋渡ってからの風景です。
ここも多くの人が撮影してました。
つづく!

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-21 07:49 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07153067.jpg

久しぶりに出かけることができたので岐阜から滋賀へ紅葉の旅に行ってきました。(11/11~11/12)

この日出かけたのは太陽が上がってから名古屋市内の混雑も予想できるので名古屋高速から一気に目的地の郡上八幡城へ。
今年になって何度かTRYしようとしたが、峠通行止めの為に暫く見送っていたが、夏に訪れた時にロケハンできたので今回三度目の正直です。

現着するも昼過ぎで誰も居ない。
暫く居座ることに。
c0201929_07153190.jpg
雨上がりではあるが霧が全くでなかった。
もみじ祭りを開催してるようですがあまり色付いてない様子がわかる。
目だってる紅葉はカナダ紅葉かも。

暫くすると雨が再び降りだしたので下って別の場所へ。
車を安全な場所へ停めて歩いてポイントで
c0201929_07153240.jpg
暫く降った雨は上がり太陽が出ると色づいた紅葉も一層色めく。
c0201929_07153184.jpg
雲の隙間より山全体に太陽があたるろお城の山も明るくなる。

また下りながらお城の見える場所。
ここまで下ってくると背景の山と全景が大きく変わります。
前木の杉にも太陽が当たってが、わずかな隙間の為に城北側の(写真右側)の楓が隠れてしまう。

c0201929_07153383.jpg
この日は現地に到着してからも降ったり晴れたりの繰り返しである意味貴重な時間ではあったが
まったく霧が出なかったのが残念。
c0201929_07153207.jpg
雨降り後の太陽が一層綺麗なもみじに。

この後時間があるので長良川鉄道撮影に子宝温泉付近まで一時南下して撮影。
c0201929_07345086.jpg
上りの特別編成の「ゆら~り眺めて清流列車」と長良川鉄橋。
この近くにはこんな温泉もあります。



ローカル鉄道って落ち着いた感じで心休まります。

この一両を撮影して再び郡上八幡へ夜景狙いに上っていくと既に一台の車が路駐してます。
私は車も大きいので近くの駐車帯(3台ほど停めれます)に停めて機材抱えてセット。100Mもあるかないので
交通障害避けるためにも路駐は避けた方がいいと思います。

c0201929_07153096.jpg
薄暮から撮影したのですがこの写真は真っ暗になってから少し露光してブルーライトを浮かせました。
流石にこの時期のこの時間寒さも身に染みるので暖かい格好が必要です。

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-20 07:49 | 城が見える景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

前回 花鳥園を紹介した流れで今度は野生の猛禽類を。
c0201929_20142921.jpg
昨年から少しだけ撮影してる猛禽類
今年も夏場終えたので出かけてみました。
昨年出会った人がこの日も居て2時間ほど一緒に撮影してました。
c0201929_20142996.jpg
c0201929_20143056.jpg
朝一で飛び立ったのが「みさご」です。この日はこの時間に2羽飛んだ。
c0201929_20143199.jpg
その後「ノスリ」が計4羽目視できた。
c0201929_20143153.jpg
その後本命の「鷹」ですが「オオタカ」なのか「ハイタカ」なのかわかりません。

c0201929_20143023.jpg
この個体も「鷹」で詳しい人が話すには♀ではないかと。

c0201929_20143026.jpg
おそらく同じ個体です。
c0201929_20142891.jpg
おれは別個体の鷹ですが♂ではないかな?
トップの写真と同じ個体です。
c0201929_20142801.jpg
ノスリですが何か叫んでます。

この日テレコンを忘れてしまい。全てかなりのトリミングです。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-13 07:00 | 猛禽類 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07371972.jpg
この日の朝は「鷹」撮影に出かけた日。
午後からは急用で西三河まででかけていたがぎりぎり間に合った。

一歩 海岸にでると午前中は霞と風が強かったが、風も穏やかになっていてしかも対岸の鈴鹿山脈も見えた。
c0201929_07371971.jpg
午前中が霞が強かったのでほんと柔らかい夕焼け空が広がった。
昨日から強風が続いたので砂紋が綺麗に残ってる。
c0201929_07371865.jpg
堤防では親子が釣りをしていてのんびりした感じですね。
c0201929_07372006.jpg
この時は本当に穏やかな海でして、この釣り人は夜釣りで「あなご」狙いだそうです。
c0201929_07372029.jpg
次第に空が染まってきてトワイライトの世界が広がります。

c0201929_07372042.jpg
上空に雲がないのでグラデーションの空が静かで綺麗に染まってます。

c0201929_07371807.jpg
これから静かで広大な夜空になりました。

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-08 08:00 | 海がみえる風景 | Comments(4)
いつも訪問ありがとうございます。

ここ最近がっつり撮影がなかなか出来なくって(天候など)ちょういと用事で袋井へ出かけたので
ちょっとだけ寄り道して花鳥園へいってきました。

c0201929_19452594.jpg
稚児はやぶさーもっと隼は大きいイメージだったけど鳥類に詳しい人に聞いたら稚児だけあって小さいとの事でした。

c0201929_19452581.jpg
セットがありこのように撮影可能です。
この花鳥園の鳥は梟(猛禽類は)が多くいますが他にもいろんな鳥がすごっく近くに居ます。

c0201929_19452618.jpg
鮮やかな孔雀が足元にやってきます。

c0201929_19453096.jpg
この花鳥園のホスターにもなってる黄金キンケイです。
鮮やかすぎて敵に狙われやすくないのかな?って思いながら撮影してます。
c0201929_19452772.jpg
ショーなども色々やってました。
が、時間もそんなにないのでさらっと回ります。
c0201929_19452887.jpg
この温室ではこの鮮やかな鳥が多くいてえさやりもできて肩や腕に乗ってきます。
また写真では確認できませんが池があり水連も咲いていて熱帯魚の小魚(グッピーやソルティー)も多く居ました。
c0201929_20004179.jpg
このように樹に止まってます。
c0201929_19453250.jpg
そして動かない鳥 ハシビロコウがエサの為に動いてました。
c0201929_19453396.jpg
屋外には出番待ちの猛禽君が待機してます。
c0201929_20004302.jpg
順序が逆転してますが入り口のレンスラン温室の花

帰り道にお城が見えたので「掛川城」へ寄ってみました。

c0201929_20042249.jpg

大手門の中に天守閣。
c0201929_19452373.jpg
夕暮れ時に秋空が広がりました。
c0201929_19452454.jpg
天守閣から西ゾラ。
新幹線が走ってますの見えますか?

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-05 20:06 | 動物が居る風景 | Comments(0)