ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2017年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いつも訪問ありがとうございます。
c0201929_16202734.jpg
矢勝川第二弾ですが撮影は9/23です。
から前回より前の撮影日です。

c0201929_16202742.jpg
この日の朝は雲り空で青空どころか太陽も見えませんでした。
そんな中でも朝から観光客やカメラマンが多く訪れてます。

c0201929_16202820.jpg
メイン会場よりも矢勝川沿いを東へ歩いて行くと今年も「たんぼアート」をやってました。
そのとき丁度いいWV社のワゴンが走ってきました。

c0201929_16202851.jpg
曇天だった空が次第に青空に変わりゆくときに彼岸花の山から覗くテントの山です。

c0201929_16202605.jpg
メイン会場よりも西へ来た場所には彼岸花の絨毯が広がります。

c0201929_16202526.jpg
多くの人たちがこの景色に圧巻されてますね~

c0201929_16202679.jpg
どんどん観光客もやってきてますのでそろそろ私は撤収するころにします。

c0201929_16202847.jpg
今回も足早に写真だけの報告です。
最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-30 16:49 | 花が咲く風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_08402263.jpg
更新が遅くなってしまってますが撮影日は9/25の早朝になります。

日の出前から出かけ出か5時頃に現着すると既に一台の車がありましたが、
私が早々に準備を終えると一緒に車から降りてくるとやはりカメラマンのようでした。

c0201929_08405552.jpg

彼岸花には夜露がびっしりついて朝陽に照らされて綺麗です。

c0201929_08405260.jpg
一面彼岸花で埋められた赤い絨毯。
c0201929_08405422.jpg
昇る始めた太陽をローアングルから彼岸花越しに撮影。

c0201929_08405535.jpg
c0201929_08405403.jpg
平日の朝ですが早くから観光客も来てます。
c0201929_08405350.jpg
c0201929_08405325.jpg
田圃アート付近より西方面
c0201929_08405504.jpg
足早に写真の紹介だけになりました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-27 08:57 | 花が咲く風景 | Comments(0)


いつも訪問ありがとうございます。

前回の続きです!

c0201929_07554444.jpg
郡上八幡旧庁舎です。
この撮さもあり周遊は30分程度での撤収でしたが一回りしてきました。

c0201929_07554631.jpg
宿場町は和服に合います。暑い中大変そう。

c0201929_07554582.jpg
ベンチがいい味だしてます。
c0201929_07554530.jpg
郡上踊り開催中で手ぬぐいの販売をしてました。
今の日本では見慣れないコマのような気がしました。
c0201929_07554499.jpg
夜になり燈が入るとまたいい味感がします。
各屋の軒先にはこのような提灯が多く吊るしてありました。

c0201929_07554679.jpg
ハッカの飴などが有名なお店です。
c0201929_07554844.jpg
ここも有名なサンプル工房!
店内は人の熱気で蒸されてて素通りしちゃた。

c0201929_07554706.jpg
真宗大谷派の願蓮寺だと思います。鐘堂の作りが素敵です。

c0201929_07554716.jpg
いつも気になる団子屋さん。
かなり閉まるの早そう。はじめに通った時はやっていたのに帰りには暖簾が下りていた。

c0201929_07554729.jpg
やなか水こみち脇の提灯。
郡上八幡城まで行こうと思っていたけども
もう暑いのですぐに撤収し堀越峠のポイントのロケハンに向かいました。

時々訪れるこの街ですがどの季節も落ち着く街並です!
ただ最近は観光客が多くこれからの行楽時期は一層ごちゃごちゃしそうです。
食べ歩きも出来る街並なので一度おでかけしてみては。

そうそう!この郡上八幡城へ向かう途中の公園(駐車場にもなってます)には
「内助の功」の語源ともなった「山之内一豊」と妻の「お千代」の像もあります。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-24 07:00 | 城が見える景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06522870.jpg
9/19の朝の撮影です。
月齢が28.4歳の細い月なので見えるか心配もあったけど
出かけることに。

台風一過もあって空気が綺麗で細い月が薄明に輝いてました。
久しぶりの月と城撮影とあって撮影場所探しから始まった。

c0201929_06522807.jpg
なかなか特定場所が見つからず到着した時には城の後ろから昇ってしまった。
なんとか地球照が見える程度。

c0201929_06522897.jpg
昨日は三日月の下に金星が輝いていたけどこの日は左下に輝いてる星は・・・・?
火星かな?

空も次第に染まってきました。
c0201929_06522866.jpg
いい感じの雲も出始めたのですが残念ながらすぐに消えてしまった。

c0201929_07034453.jpg
地上付近でこれだけ細い月が見えたのは私は久しぶりでした。
過去には高ボッチ高原で月齢0.9歳と1歳に満たない月も撮影したが高ボッチは標高1600Mあるので空気も綺麗で
見えやすいけども、この辺では稀ではないのかな。
c0201929_07174951.jpg
9/18日台風一過の朝焼けを期待して出かけた時の三日月(月齢27.4歳)
まだ暗い時間帯なので地球照がかっきり見えます。左下は金星です。

結局この日9/19日も朝焼けはなく朝陽に照らされた大野城。
上のシルエットのお城です。
c0201929_07034532.jpg
大変でしょうが剪定してもらえるとお城ももっと立派にみえるんだけどなぁ~。

c0201929_07034423.jpg
朝陽に照らされて輝く朝露。
c0201929_07034445.jpg
この日は新しく仲間入りしたレンズの試し撮りもしてみました。
今度、自分なりに講評してみたいと思います。

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-21 07:00 | 月が見える風景 | Comments(3)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06391326.jpg
知多半島の彼岸花と言えば「矢勝川」ですが
ここは阿久比の白沢ホタルの里の白い彼岸花群生地で穴場です。

撮影は9/17日です。

c0201929_06391477.jpg
勿論一般的な赤もありますが、白が多くあることで目の前でゆっくり撮影ができますので
インスタ映えするような彼岸花を楽しめます。

c0201929_06391262.jpg
全景はこのような撮影風景。
土手上の南側がすべて白です。
c0201929_06391325.jpg
まだまだ蕾も多いのでこれからどんどん咲いてきます。
見ごろは来週末位かな。
c0201929_06391412.jpg
周りが木々で囲われてますので背景処理も綺麗です。

c0201929_06391533.jpg
この日は台風前の曇天でしたが青空ならいっそう綺麗に見えることでしょう。

最後までお付き合いありがとうございました。







[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-18 07:00 | 桜が咲く風景 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

すっかりネタが切れてしまって小出しにしてゴメンなさい。

c0201929_07112677.jpg
郡上八幡の夏の風物詩と言えば・・・・徹夜踊りで有名ですね!
ってことで踊って・・・はいません。
正確には踊れません。

c0201929_07112813.jpg
もう一つは吉田川への飛び込み・・・ってことで飛び込みを映しました。

c0201929_07112508.jpg
どのタイミングで切るのがいいのか考えたのですが、ジャンパーが岩場と重なると見にくいので
水入り瞬間を狙いましたが・・・こんなんでした。

この日は若者男性が数人で交互に飛び込んでました。
上から見るとかなり恐怖!
勇敢な?若者が飛び込むと観光客から拍手や歓声が上がってました。

c0201929_07112719.jpg
この場所へ来たのは秋深くなったころにお城を取り巻くような霧を撮影する場所探し
所謂、ロケーションハンティング!

c0201929_07112737.jpg
折角来たので街並みをあるいてました。
この日は暑かったなぁ~

c0201929_07112816.jpg
なので水のある場所へ!

c0201929_07112827.jpg
宗祇水(そうぎすい)・・・白雲水とも呼ばれる湧き水で昔から生活用水として地元の方を接した水です。
写真正面の祠の右の石の上にはコップが置いてありますので飲水もできます。

c0201929_07112952.jpg
「やなか水のこみち」長良川と吉田川の石を敷き詰めた日陰になる涼しい場所です。
が、歩きにくいのお気を付けください。(歩道の真ん中は平にしてますが一人分の幅しかないのですれ違いは注意)

c0201929_07112989.jpg
以前は鯉が泳いだいたような記憶があったのですが、綺麗な水が流れてはいるものの魚は居ませんでした。
(続有)

とっても風情ある街並みですので一度お出かけください。

最後までお付き合いありがとうございました。








[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-14 07:00 | 城が見える景色 | Comments(0)
c0201929_06480405.jpg
いつもありがとうございます。



ここ最近はすっかりネタ切れてしまって更新が遅くなってます。
それでも日は過ぎてゆき季節も移り変わっていますね。

c0201929_06480397.jpg
地元の田んぼでも実りが進んで農家さんが忙しくしてました。

c0201929_06480204.jpg
『実るほど頭を垂れる稲穂かな』
言葉の意味を改めて行けなければと思うこの頃です。
c0201929_06480172.jpg
c0201929_06480177.jpg
農家さんが忙しく仕事をしてる中 
夏雲がもくもく湧いていて刻々と変化をしてます。
c0201929_06480423.jpg
ただいまいち気温が上昇して無いためでしょうか
本格的に大きくなるまえに縮小しては消えてしまった。

c0201929_06480349.jpg
稲穂と夏雲
温暖化の影響か科学の進歩で早生米なのか「秋と夏」ですね。

雲に穴が出来るってことは雲が大きくないってことなんでしょうね。

c0201929_06480207.jpg
c0201929_06480219.jpg
同じ方角ですが雲の変化が早いです。

そろそろ夏雲の見納めになりそうな時期になってきました。
残暑厳しい日もありますがご自愛ください。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-11 07:00 | 雲が騒ぐ景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07012252.jpg

まだまだ暑い日が続いてますが皆様はいかがお過ごしでしょうか?

今年はいい夕焼けが非常に多いように思います。
梅雨時も何度かいい夕焼けに出会えたけども梅雨明け後のこの8/26日も実に綺麗な夕焼けでした。

この日は地元の花火大会だったのですが
現地に到着するのが少し遅れてしまい激焼け真っ最中で悔やまれる中撮影してました。

c0201929_07012164.jpg
太陽の位置は写真左になるのですがこの日は南側はほぼ焼けることなく北側の夕焼けが綺麗でした。

c0201929_07012188.jpg
この写真が西側です。
私のblogでなんどか出てくる構図と思いますがこの日は写真でも読み取れるように
北側の片焼けです。

c0201929_07012252.jpg
夏の時期にしては珍しい西風が強く・・・・あっ今朝僅かな時間で結構の雨が降った日でもあった。
雨上がりでそのまま風だったのか気圧の影響なのか
珍しい西風が夕焼けをもたらしたのかは分からないけど湿度が程よくあったのは良かったのではないだろうか。
c0201929_07011911.jpg
二焼けです。日没後上空の雲が長時間露光で色が浮き出してきます。
花火が始まるまで暫く露光しながら撮影してみました。

c0201929_07012091.jpg
代わる代わる時間の動くが雲の色でも分かるのですが
もっと露光してもよかったかな。はじめに打ちあがる花火の位置などが気になっていたのが失敗です。
c0201929_07012159.jpg
結果露光時間としては短く雲の動きも中途半端で終わってしまった。
まぁ二焼けのチャンスは何度もあるので次回はもっと露光してみよう。

c0201929_07174345.jpg
残照の中打ちあがった花火です。

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-06 07:00 | 海がみえる風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_07080475.jpg

8/26日に撮影した写真から合成したものです。
大都市(花火地区)とは違い地方の花火大会は打ち上げ場所が一か所か二か所だと
単発打ち上げになりがちだったりスターマインも同じ場所からの打ち上げになるので
白飛びになってしまうので合成ありきの写真を撮影しないといけないってことがある。
花火の色も気にしないといけない。

そうは言っても素敵な花火大会の為にも一発撮りの技術も向上しとかないといかん。

c0201929_07115620.jpg
花火は年に1・2回しか撮影しないので勘を取るのも時間がかかる。
ただ良いのは毎年地元でしか撮影して無いので昨年の勘はある。

c0201929_07115491.jpg
今年は少し遊び撮影もしたので二台撮影。
一台は24-70mm
一台は100-400mm二台打ちです。

c0201929_07115510.jpg
今回の新舞子の打ち上げ花火は緑色とオレンジ色が多かった気がした。
c0201929_07115635.jpg
この日は夕焼けが凄く綺麗で残照の中で花火が打ちあがったのは風景写真愛好家にしたら絶好の撮影日でした。
c0201929_07080326.jpg
ここからは合成写真になります。
花火大会開催後の一コマで夕焼けが残るなか花火が上がり歓声も上がりました。

c0201929_07080204.jpg
今回の撮影は合成するための撮影をしてなかったのでこのようなことになりました。
比較的に綺麗に撮影できた写真ですが下が切れたので回転させたことにより光跡の方向が風向きと反対になってしまってます(緑)
これでは合成させも失敗です!
c0201929_07080266.jpg
今年の花火は昇り曲導が少ないように思ったけども合成するつもりなら
昇り曲導も撮影しておかないとだめですね。
まぁ今年の夕景の花火はベースにできるので来年の課題です!

c0201929_07080443.jpg
最後のスターマインですが広角レンズでも画角に収まらなかった!
これも来年はもっと引いて撮影しなければ。
まぁ色々勉強になった花火大会でした!

最後までありがとうございました。






[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-03 07:00 | 花火が打ちあがる風景 | Comments(2)