ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2017年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

いつも訪問ありがとうございます。

二月も終わりに近づきそろそろ寒さも終わりの頃、今年も近所の梅園に2/25にでかけてきました。

知多市佐布里(そうり)梅まつり2017

駐車場の開場は8:30とありますが祭り開催時期とあって7時に到着した時には既に開いてました。
この梅園には「梅の館」駐車場と水の科学館?Pとダム横Pがありますが、祭り開催時期は臨時駐車場がいくつも用意されますがとにかく混みますので、私は7時にダム横のPに停めることにしました。
駐車場から進むとそこには屋台が設置されてます。
定番の場所よりカメラを構えたがまだ少し早いようです。

c0201929_14352249.jpg


朝は梅の木に小鳥が目立ちメジロやヒヨ鳥が密を狙い羽ばたいてました。

c0201929_1445103.jpg


穏やかな天気で青空が綺麗でしたが、なぜか今年は花付きが悪いのかつぼみさえ少ないようです
まばらな花枝しかなかった。

c0201929_14463484.jpg


空が綺麗でいい雲も出てきてるのに花付きが本当によくないです。


色々あるいて探してみましたが、自分のポイントは中々良くなく今年初の場所で
人物狙いです。
9時を回って人は多くなってきたものの、鮮やかな服の人や家族連れが来ないので
ず~っと待つのみ。
犬の散歩の家族もやってはくるがどうも人との重なりがわるく理想通りにいかない。
まぁ結果11時過ぎまで粘ったが思い通りにはいかなかった。

c0201929_1453087.jpg


日傘に明るいダウンでいいのですが他に人が入ってしまって・・・。
次回にまたチャレンジです。

祭りだけあってイベント会場からは和太鼓の演奏が聞こえてきたり
大道芸の演技者に大きな声援が飛んだり賑わいはすごかった中、裏舞台での一コマです。

c0201929_14555918.jpg


ここ知多市のゆるキャラです。
他の人は皆大道芸に夢中ですが、一組の家族が記念写真を撮ってました。
そのご誰にも声かけられないゆるキャラ(梅子)は案内人と楽屋へ戻っていきました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-02-26 14:59 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。
2/11-12日で静岡&山梨から富士山を見つめてきました。

初日は前回の夜景の場所から(岩本山に到着したのが9時前だが雲が山頂にかかり暫く粘るが撮影できず断念したので)
富士宮市を通り抜けて河口湖に向かう県道75号を走ってると雪が目立ち始めた。きっと今朝の雪だろうと思い走ってると、上空でくるくる旋回する猛禽君が気になり出した。
(実は最近秘かに猛禽類にはまりかけてる)
路肩に駐車して狙うと嘲笑いながら逃げて行く、また見つけては狙うと逃げて行く。殆どは鳶だったが中に一羽ノスリ(たぶん)が飛んでいた。

c0201929_19321952.jpg



あまり時間もとれないので目的の河口湖美術館へ到着したのは既に2時前だった。
ここは毎年年明けより富士山写真大賞(コンテスト)の作品が見ることができる。知り合いも入選してるのでじっくり90分ほどで拝見させてもらい刺激をもらった。
そのご夕焼け狙いで忍野付近にいたが雲隠れで撃沈!



c0201929_19332490.jpg



翌朝は忍野から撮影場所に悩みながら忍の館前で撮影してると
新年も見たが恐らく鷹が猟をしていた。
暗いのとレンズが広角なので撮影できずだが、飛びかたを見ると鷹らしい。(富士山より気になってるのかな?)

c0201929_1934995.jpg





暫くすると山頂に太陽があたる。先月もここで撮影したが日の出が30分と程早くなってる。これ程焼けなかったけども何度見ても美しい時間帯です。



c0201929_19343354.jpg



太陽が出て10分もしない内に撤収して知人も再び合流する為に静岡方面に走ってると国道139号朝霧辺りでダイヤ狙いのことなので私も向かおうとしたが間に合いそうも無いので、県道75号(富士山寄り)で狙った。

c0201929_1935729.jpg



国道より5分程遅れて太陽が出てきた!


c0201929_19351758.jpg






ここも僅かで撤収して知人と合流して撮影ポイント探しで芝川へ。
何度か目的の場所も見つかり知人とは解散して私は再び岩本山へ向かったのが10時すぎ、
日曜もあり屋台も出て家族連れも多く賑わいを感じた。
撮影機材を担ぎ昨日のポイントへ向かうとカメラマンがやはり多く居た。昨日有る程度花付きはみていたのでまずは雲の出ない間にメインの白梅を撮した。

c0201929_19354338.jpg


次いで近くの紅梅を撮りたかったが人が居ないのに三脚と脚立が置いてあるので他を一回りして戻ってもまだ置いてある。再び白梅を撮影したがまだそのまま。
撮影してる人なら分かるでしょうが枝ぶりなどで歩幅分で構図が変わるんです。だから半歩ずれたいのに出来ないんです。
それどころか無人のカメラのシャッターが切れるんですよ。パシャって!遠隔操作ってヤツです。
折角の場所を独り占めする奴には制裁を・・・・・私にはできません(笑)

c0201929_19361426.jpg




今日は雲は出てるが山頂まで見えてるのでまだまだ撮影したいのだが、地元も梅祭りが開催されてるのでこれから出没予定なので
岩本山から撤収して帰路へ。

最後に地元の梅園に来たのですがなんとまだ全く咲いてない。
機材担いで来たが一枚も撮らず帰ろうとすると、地域開催の屋台の品が何れも100円均一との事。既に3時半だし売らなきゃ駄目感満載で大セールをしていた。


今回も最後までありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-02-19 08:09 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

しばらくぶりになりましたが、冬富士へ出かけてきました。
今回の事の発端は、先週2月初めに知人より富士山の撮影ポイントの問い合わせがありました。見たことの無い場所でした富士山の形や夜景の地形で大方の場所がわかったのでGoogleEarthと比べ合わせかなり絞り込んだ時に別の知人より返事がありポイントが判明したために問い合わせのあった知人に返信して同行しようとの話になったのだが都合により見合せと盛り上がっただけに残念な気持だったことろ別の知人が11-12日で富士山に向かうとの事だったのでこの話を持ち出し行く事になりました。


c0201929_6522226.jpg

初めネットで情報を入手して判断するには登り口は二ヶ所でひとつは開拓した道らしく険しいとのことで一般的な30分コースに決定!
知人Tさんも同じ愛知県なので途中のパーキングで待合せして3時半ごろ現地着して4時前より登り始めました。
分かれ道は幾つもあるが何処へいっても山頂へ合流する道に繋がるとのことで安心して登ったのだが・・・・僅か15分程の場所でお寺が出てきました(そんな記事見なかったのに)
周辺を探しても道らしき道はなく探してると下っていたTさんが下に分岐点があるとのことで進みだした。

c0201929_652337.jpg

そちらにも下から上がってくる道もあり本線だと思ったのだが先にあったのはお墓と険しい道。
小枝や幹に紐が結んで有るため道標と思い掻き分けて進み、進めなくなると戻りを繰り返したが先導してくれるTさんが、これはどうも怪しいと一旦お寺へまで引き返えすと提案し戻ることに。
すると本堂の左脇より奥に進むと気づかなかった道が現れたら(狐の仕業か?)

c0201929_652497.jpg

そんなことでなんとかリスタートするころには私の体力は消耗。
30分と鷹をくくり📷2台も積めたのが間違い。
お寺からの道が厳しくなり足も上がらなくなり、薄命も近くなるのでTさんに先に行ってもらうことにして私は少し休憩しては登り休憩しては登りを繰り返すとTさんが戻ってきて山頂らしき切り開きが無いとのこと。情報では山頂近くに荷物を下ろすためのレールが有るとのことだがそれも見当たらないので、私がネットで再び検索してるとTさんはもう一度進んで見るとのことで・・・・互い山頂を探してるたらTさんより《元気の出る山頂》の声が聞こえたので
暫く進むと眼下に広がる夜景の向こうには富士山がみえました。

c0201929_653287.jpg

今回なんとか薄明に間に合ったのも臨機往年な対応をしてくれた先導Tさんのお陰です。間違いなく一人ならお寺で断念してました。
そして今回は写真と記事がバラバラになるほど記念になる山登りでした。
山頂に到着しても思ったほど寒くなく風もなく写真談義してると別のルートよりお二人さんが登られてきて色々情報をいただきました。


c0201929_6531183.jpg
到着しても僅か一時間ほどで太陽が伊豆半島越えで登ってきたころには富士山にも陽ががあたり街並みにも所々に光が当たるようになってきました。夜景も素晴らしいがこの様子も悪くないと撮影。
7時過ぎまで撮影してから下山したのですが、明るくなり回りの景色も変わりながらも二人で来た道の確認しながら下ったのですが、何故かあのお寺は通ることなく30かからずで無事下山でした。


c0201929_6531886.jpg
どなたか登山道でお寺見たかたは連絡下さい。
二人とも安堵しますから・・・・。とほほ。



今回も最後までありがとうございました。






[PR]
by noah_3776_2 | 2017-02-15 11:20 | 世界遺産 | Comments(10)