ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2015年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

訪問ありがとうございます。さて先日の続きです。
今朝、倶楽部の撮影会を甘利山で終えてから一部のメンバーで奥庭ツアーに向かう。
集合場所は富士吉田市の某GST(DAIGO風)に12時。
平日は無料のスバルラインだが休日は有料なので割勘がいいと乗りあわせで向かうことになりました。
スバルライン入る手前の道路に溝が切り入れてあり《富士は日本一の山》のメロディが流れ車内も盛上りました。
その後料金口手前で渋滞になりノロノロ走行。料金ゲートに到達してその原因が判明‼
料金が2060円となんとも半端。おつりの時間がかかるのが原因で渋滞になるんなら2000円で良いのてはないかと思いながら目的地へ向かう。
スバルライン途中は青空と紅葉がなんとも見事なコントラストでした。
駐車場に到着すると満車でヒヤッとしたが一台スペースがあり駐車完了。

振り返ると富士山が見えた。
仲間が富士山頂に三日月を見つけてくれ間もなく山頂に沈むと撮影しながら待機するが、離れていくことに皆気づきコンパスで確認すると東だから昇り。月の大きさと時間で納得しながら駐車場を後に奥庭に向い歩き出す。
先に情報を倶楽部の会長さんやHさんに聞いていたので迷うことなく進む。
早々にコンクリートのような石畳の急な下り坂。
200M程下り売店を左折すると直ぐに撮影ポイント。


雄大な富士山が現れカラマツの見事な黄葉。
どこかの撮影グループが三脚をたてて撮影会をしている。私達も2時半(一時間後)に待合せ場所を決めて解散。

カラマツの黄葉ポイントを探しながらうろうろと徘徊する。
1周するのに30分もかからないので直ぐにでも仲間と逢ってしまう程の場所だが天候も見頃もいいので撮影に熱が入る。
時折非常に良い雲も山頂に沸きだし気分も甲陽する。そんな時間は早く過ぎ集合時間も迫るなか仲間とも合流。
こんな好条件で引き上げるのは勿体無いからとそのまま撮影続行。
次第に太陽も傾き始めて影が出だすと標高も2200M程あるので冷えてくる。
クライマックスを迎える前にポイントを決めるため出来る限り太陽の当たりが良い場所に移動する。
どんどんカラマツの影が伸びるころには気温も下がり昼間の雲が出る気配がないので、場所を転々としてクライマックス前に何ヵ所か撮影できた。
富士山に当たる光が次第に山頂へ移動して今日一番の時間帯となる。
天気も条件も良かったので結局奥庭だけで三時間以上時間を費やして「御庭」は次回の課題になりました。
撮影後、10分後には片付けて駐車場へ戻る。

しかし私の問題はここからでした。
僅か15キロ程のリュックと三脚でしたが、行きの下り坂を登るに消費する体力は残されてませんが、なんとか時間をかけて駐車場へたどり着き奥庭を後に集合場所へ戻ってもらいました。
今回同行してもらった皆さん。また運転してもらったHさんありがとうございました。
普段遠征の最終日は午前中には帰るのですが、好天と紅葉好条件
とあり夕方暗くなるまで撮影したのは何年ぶりでしょうか?


まぁそれだけ今回は良かったです。
本当は折角の遠征なんで最終日の夕方も撮影したいけど東名渋滞が怖いんですね~
以前9月(観光時期)の三連休の最終日に東名60キロ渋滞にはまってしまし散々な思いをしたことが完全にトラウマなんですね。
これだけ遅くなるとかえって東名渋滞後なので帰りは遅くなるけど渋滞の心配はないでしょう。
富士吉田から約280キロはやっぱりキツイです。
それでも京都の知人に比べたら近いのかな?




c0201929_16172216.jpg

さぁて。ここから本日私の我儘ツアーのスタートです。よく見ると手作り感満載の案内版!
c0201929_16173915.jpg

Aさんが見つけた三日月。(スバルラインを走ると方向感覚が無くなります)
c0201929_16175086.jpg

奥庭歩き出して時計と反対回りです。
c0201929_1618054.jpg

定番の撮影ポイントですが凄い人出なかなか無人で撮影できなかった。
c0201929_1618934.jpg

なだ太陽が高いので気持ちよく撮影できました。
c0201929_16181724.jpg

この日はこのような面白い雲が二度出ては消えました。
c0201929_1618268.jpg

半円のような巻雲が三重に青空に浮かんでます。
c0201929_16183417.jpg

陽も傾きだしたので定番位置に戻りマイマツに斑に当たる光と色付く黄葉。
c0201929_16184435.jpg

かなり影も出てきて人がバタバタ動き出してます。カラマツに隠れてますがかなり人がいます。
c0201929_16185364.jpg

染まりゆく富士山。クライマックスです。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-27 19:42 | 富士山 | Comments(6)
訪問ありがとうございます。
今月は2度目の富士山で、毎年恒例のオフ会&撮影会であります。土曜日は会員さんと一年ぶりの再会となり20人余りでワイワイ盛り上がり情報交換や写真の品評会に時間を楽しみました。
翌日早朝3時起きで撮影会開始!<気温は昨年より暖かく感じたので5℃前後ではないかな?空はピーカンですか富士山の高さに雲があるものの雲海は無し。
天気予報は前日の夕方から雨で朝方には上がる予定が雨は降らなかった湿度が少ないのでしょう。
オリオン座流星群が近いのか早く短い流れ星がちらほら見える。一緒に撮影していた人と星座の話し(二人とも全く素人会話)しているときカシオペアの左上あたりで強い光が2度発光してその後変化なし。このときの時間4時36分でした。
撮影経験はあるので飛行機とか衛星とかでは無いよ❗一体なんだったんだろうと思いながらも一番好きな薄明タイムを迎えるものの雲海はでそうにない。
6時前に日ノ出を迎え寒さのピークだが今年は素手でも大丈夫だから暖かい甘利山の朝です。
日ノ出で富士山に太陽光が当たり撮影も終盤だが霧のようにはなるがそれ以上にならずに太陽が昇り始め斜面にも光が当たり名物のナナカマドも赤く輝きだしました。
昨年はこの時間から雲海が沸きだし楽しめたのですが今日は此にて撤収となり下山して朝食を済ませ倶楽部のオフ会も解散となりました。
がどうしても先日、倶楽部の仲間が撮影したか奥庭のカラマツ黄葉が撮影したくて今回の課題でもあったので今日も一日天気が良さそうなので仲間を募り奥庭ツアーに行くことになりました。





c0201929_1527563.jpg

以前のオフ会は富士山が見えない年が続いていたようですが、最近は晴天に恵めれて富士山撮影ができてます。ここの街灯りと富士山は最高。
c0201929_15271455.jpg

薄明が進すむと街灯りが弱くなり空の色が出てきます。
c0201929_15272728.jpg

日の出!山麓の雲海を照らし富士山頂の雪が見えてきます。写真はこのころがピークでしょうか。
c0201929_15273817.jpg

斜面に太陽があたりナナカマドが真っ赤に染まります。
c0201929_15274810.jpg

縦構図になると頭の上が空きます。
c0201929_15275948.jpg

斜光になるので富士山がシルエットになります。
c0201929_1528871.jpg

ナナカマドの上に太陽を置いてみました。
c0201929_15281961.jpg

甘利山最後のカットです。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-25 17:06 | 富士山 | Comments(2)
今年はなかなか富士山周辺には出向くことができなかったのですが、多くのカメラマンが口を揃えて言われるのは「今年は天気がおかしくアカン」いい日が少ないってことなんですよ。
本日で4日目になる今日も天気予報は晴れ/曇りで駄目な感じがムンムンです。

昨日の夕方も陽が出ることなく終わりと思ってると西側が焼けだしました。
このとき富士山の西側に位置していたので富士山と絡めることができなく
山中湖ライブカメラを見ても焼けてないので車からスマホカメラでパシャリ。



c0201929_07180602.jpg


結構いい夕焼けを見ながら食事をして今夜も早めの就寝。


翌朝も早く2時前に起きると富士山が見えてるので移動。
昨日に引き続きの再度チャレンジ場所へ。目的地に着くと一台の車が先着してるが仮眠の様子。
私は反対側に停車させて車の横でバルブ開始。星もよく見えてる。
しばらくして・・・・車の住民が(この地の遠征者は車に住んでます)忙々と動き出したと思ったら
まさか私が撮影してるのにそそくさと富士山に向かって歩き出した
まじか!ライト点けて歩いてる。カチンと来るが小心者なので何も言えないまま
折角薄明が始まりいい感じなのに~と凹む。
仕方なくそのままでいたんだけど時折ストロボが発光されて・・・・
その瞬間にバルブは台無し!こんな世間知らずは文句言っても倍言い返されるので
こので披露しちゃた。私は何も言えなかったけど人のカメラの前に立つなんていつか注意されるから・・・。
いい大人でしょうからね。

さ~て明るくなるとどんどん人も来るので私も前入りしての撮影。
すると雲がでてきて「あちゃ。」
なんとか
雲が切れて太陽がでてきたけど今日は朝露がそれほど付着してなく撮影もなんとか撮影出来たほどでしたがなんかすっきりしない撮影日でした。

c0201929_07320450.jpg


先着していた車です。今度はお願いですから前に出るのはやめてください。
c0201929_07174180.jpg


私のカメラと撮影風景


c0201929_7572085.jpg

バルブ撮影から。金星が富士山頂に位置し薄明が始まったいい時間帯なのに
左下には米程度の人が居るだけなら暗くてわからないのがわかっていたので何も言わなかったのに
流石にペンライトやフラッシュはやめてください。
c0201929_7573021.jpg

幻想的に染まってきたが雲が出てきて山頂も隠れた。
c0201929_7575194.jpg

日の出過ぎて暖かくなり雲が切れて太陽が顔を出す。
c0201929_75802.jpg

数十秒後の写真太陽が半分以上富士山より出てしまいました。
c0201929_7581014.jpg

太陽が富士山と同じ高さになり影富士も出たが富士山は霞んできた。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-24 05:47 | 富士山 | Comments(4)
道の駅「富士吉田」は(ここだけでないですが)

車泊してる車が最近は多くいて集まって夜は飲み会してるグループやテント張ってキャンプしてたりで賑やかでもあります。トイレも水もある道の駅は安心して車内泊やキャンプできるので助かります。
予報通り12時を過ぎてから雨も降りだし雨が屋根に当たるんですが私はこの音が好きなんです。
ちょっと変でしょう。
聞いてると落ち着くんですよね~その雨音を聞きながら就寝。

翌朝目覚めても結構雨が降ってる。
こんなときはガストのモーニング。お値打ちでゆっくりできるので便利です。

昼過ぎに雨があがり雪を纏った富士山が見えだした。
まだ山頂には覆い笠もでてる。夕方には晴れることを期待してパノラマ台へ誰かいないかと行ってみると
相変わらず凄い人なんでそのまま通過して三国峠へ目的地を変更する。
ここにも数台停まっていたが私も駐車してしばらく様子見。
風が強く外にいると寒いくらい。
次第に雲が切れてきてカメラマンも増えてきた。
この場所は篭坂峠や明神峠よりガスが湧き出して、待機してる間にも何度も富士山がガスで覆われて視界が悪くなるもののなんとか富士山は静かに鎮座している。

この時期この辺り一面にはススキが咲き乱れて、太陽があたればそれは見事なんですがなかなか太陽が出なく頭上には動かないつるし雲らしき雲もあるのでNEWレンズで撮影してみた。

富士山頂には低い雲があり上空にも雲があり低い雲に光が入り焼けたら一瞬だけかと思いながら暮れゆく時間を待つが気まずい空気が。
今日もダメと思ったのかひと組のカメラマンも車に戻ってきた時、雲の渕から色付いてきて次第に広がって綺麗な夕焼けになった。
やはり短い時間で消えたがそれは真っ赤な夕焼けで見事の余韻のまま片付けようとしてると、再び雲に色がのり始めて二焼けが始まりました。
かなり暗くなってきてるので露光して色味だすとガスも流れて一焼けとは違う姿も楽しめた一日でした。


にほんブログ村


 
c0201929_20231287.jpg

 まだ雲が残ってますがススキと富士山頂には笠雲らしき雲は上空の雲と同化してる?
 
c0201929_20232198.jpg

 頭上には吊るし雲らしい雲もでてる
c0201929_751687.jpg

色付き始めた雲。標高が違う雲の為にまずは低い雲が染まりだしました。
c0201929_20233050.jpg

次第に濃く染まりだした。
c0201929_20233746.jpg

一焼けのクライマックス。霧がポイントになったような激しい焼け。
c0201929_20234573.jpg

二焼けの模様。一焼けとは違う穏やかな夕焼け。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-20 08:12 | 富士山 | Comments(6)
既に連休も中日の三日目。
昨夜は「道の駅朝霧」で鋭気を溜めるため就寝しようとしていたら
ドアの隙間から覗き込む怪しげな人影が・・・。
誰だろう?とよく見ると
数年前に富山から来ていた〇〇さんでした。
あれ~~~お久しぶりです。「来ていたんですね!」
って富士山遠征にはこんな出会いがよくよくあり楽しみのひとつです!
少し会話をして就寝。

夜中から断続的に富士山を眺めてるが中々富士山がみえない。
が、寝てても仕方ないので昨日情報をもらった場所へ移動してみるがいまいち暗くてよく分からない。
ウロウロしてみるが情報をもらったような場所がわからなく、今回の目的の一つの場所へ移動。
現地に到着すると数台の車が先着していた。
ご挨拶をしてとりあえず三脚にカメラをセットしお隣さんに声掛けて会話してるけど富士山は雲の中。
明るくなってきても雲は切れそうにない。
昨日から来てる人もいてこの場の撮影のルール的な話を聞いて朝焼けを待つが結果は続撃沈。
明日の為に7時ころまでポイントに当てを付けて退却。
近くのコンビニへ移動。
朝も早いのに駐車場は車でいっぱい!しかも店内には弁当系の品はほぼ完売!
ちょっと体も冷えたのでカップめんは適当と腹ごしらえして近くの木陰になる公園の駐車場でまったり。
富士山撮影は遠征組も多くてここの駐車場にもそんな人たちがたくさんいて
いろんな情報交換や雑談をしてる人たちも居る中私は車内で仮眠。
もうこの時期になると8月のように暑くって仕方ないことがなく涼しく仮眠できるのがうれしいです。

目覚めると昼近くなので富士宮まで移動して「山岡家」の辛みそラーメンを食べにいきました。
帰り道139号線は渋滞で普段では15分程度で移動できる距離も三倍ほどかかってしまい
まかいの牧場では駐車場に入れない渋滞もできてました。


c0201929_07345280.jpg


見た目ほどそんなに辛くはなく麺が太麺で美味しく頂きました。
サービス券が付加されてて5枚で餃子一皿無料でした。

c0201929_7144394.jpg

空が明るくなってきたのですが富士山は雲に隠れてますが切れ目は焼けてます(笑)
c0201929_715113.jpg

しばらくは様子見でいると上空の雲は抜けてきて秋の雲も見えました。
c0201929_7151240.jpg

ススキを入れての富士山。

午後から田貫湖を一周してみました。この湖は人工湖でヘラブナ釣りサイクリングキャンプなど楽しんでる人が多くいましたが、SWで観光シーズンもありものすごいキャンプ客がいて湖畔のテントサイトはものすごいテントで埋め尽くされて驚きました。
c0201929_7152238.jpg

ものすごくお洒落なスペース。テーブルにはクロスが敷かれ季節の花や毬栗も置いてあり
ランタンは即席の枝のスタンドにかけられて素敵なスペースでした。
c0201929_715323.jpg

初夏に咲くツツジなんですがこれは花ではないのですがなんでしょうか?
c0201929_71545100.jpg

違う角度より撮影してました。どなたかわかる人教えてください。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-17 05:30 | 富士山 | Comments(0)
訪問ありがとうございます。

前回のSW紀行の更新もまだ終わってませんが一足先に秋を感じる季節になってきたので10日~12日の連休に富士山で初冠雪があったので別記録を更新してきます。

10日の土曜日は晴れから曇りの下り坂で11日は雨から晴れ12日は晴れとのことで一日潰れそうですが出かけることにしました。いつもなら吉原から始まる撮影ですが今回は見送り新レンズのお試しで朝霧近辺に向かいました。
可能な限り暗くそして光が入りにくい場所ってことでこの場所にしましたがどうも選択ミスでした。
それでも人は誰も来ないのでバルブ撮影しながら仮眠できました。
SWの時には寒いと思わなっかったけどわずか二週間でかなり冷え込んで寒い朝でした。
月のことも考えた場所を選択すればよかったのですがそのことすら頭になく金星+三日月は富士山の裾より昇ってくるころに薄明が始まりました。
空はP-カンで雲一つない朝の幕開けですが、朝焼けはなく場所を移動してると雲が湧いてきてもう少し早くでれば綺麗な朝焼けに出会えたんだと残念でした。
山頂にも雲が出てきてるので彩雲になるかもと場所を探してるとダイヤ狙いの集団に出会いましたが、近くに陣取るわけにもいかずに少し富士山に近づいた場所に移動してみると此方にもちらほら人影が見えました。
太陽が山頂よりでるまでにはまだ30分ほどあるんでしょうか?いい雲が漂う中薄く暈もでてきたので、ワクワクしていたのだが次第に雲が厚くなり・・・・・あえなく撃沈。
山頂より肉眼で見えたのは太陽一つ分上がったころでした。

さて雲もでてきてるし仮眠としようと朝霧道の駅へ向かう。
先月の時は仮眠してるとすぐに暑くなってしまったが、この時期は暑くなることもなくゆっくり仮眠できたので睡眠不足も解消できました。
夕焼けを求めて山中湖方面へ移動したのですが、この日の天気は予報通りの下り坂でOUT!

しっかり昼寝したけども何もすることないので買い出しして道の駅富士吉田でまったり。
明日も雨なのでお酒を飲んで車内でまったり。
12時を過ぎてから雨も降りだし就寝。

翌朝も結構雨が降ってる。
こんなときはガストのモーニング。お値打ちでゆっくりできるので便利なんですよ。


にほんブログ村


c0201929_2095378.jpg

レンズの試撮。薄明時ひと際明るいのが月でその上は金星です。
c0201929_2010898.jpg

試撮裾のまで見渡せる場所。秋らしい雲がでてきました。
c0201929_20102052.jpg

ダイヤ待ちの時間ですが雲が出てきて日輪が描かれてきました。
c0201929_20104094.jpg

雲が厚くなり太陽が出てきたころはこのように撃沈。
c0201929_2011270.jpg

雨上がりの初冠雪後の富士山とコスモス。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-16 07:31 | 富士山 | Comments(2)
昨日吉原で撮影した後は芝川町の彼岸花へ向かったのですが、到着する前から富士山は雲の中へ隠れてる様子で見えるはずの姿が見えないまま現地へGO。
到着して彼岸花にはきれいな朝露がびっしりついているのにメインの富士山はみえないままなので、近くでロケハンしたい場所がありで移動しポイント探して確認したので、夕方撮影のための場所移動で山中湖へ移動するが天候悪く夕方はボツで早めの就寝。

早朝、山中湖で目覚めたのが2時。
富士山が雲の合間から見えているのが肉眼で確認できるので、準備して撮影し始めたら
仲間が起きて朝一をどこで撮影するか打ち合わせした結果逆光を選択。
ワンカットのみで終了してそそくさと移動する。場所の特定に悩みながらも人穴付近に到着!
富士山は見えてるが上空の雲が多いし低いのが気になるので焼けそうもないと思いながらも
期待感は消せない。
しかしこの日も残念ながら素敵な朝焼けに出会えることはなかった。

朝の撮影がボツで沈むとこの後の時間が長いためこの日は「鳴沢の氷穴」付近から樹海に入って苔を撮影しにいきました。
樹海っていっても自然歩道が(柵などはないが)あり迷うことはないので安心して撮影できますが
霊以上に怖いもは獣で、ほとんど人がいないのでなにか出てきそうな恐怖感は満載の中、撮影に熱がはいり
時間を使えたのでそのご、道の駅なるさわの第三駐車場の近くのグランドで少年サッカーの試合をしていたのでしばらく観戦してました。
今日も夕方の撮影が撃沈模様だったために温泉へ行くと
連休ってこともあり凄い人でロッカーが空いてなく順番待ち状態。こんなこと初めてだけど
しばらく休憩室でまってから疲れ(撮影できないつかれ)を落としに入浴して明日に備えるため就寝です。

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

c0201929_7395354.jpg

人穴より撮影。低い雲があるので雲の動きを出してみた。
c0201929_7402727.jpg

太陽が上がり青空もでてきたのに霧が出てきて富士山が包まれています。
c0201929_7403744.jpg

樹海といってもとても神秘で趣がありますよ。
c0201929_7404844.jpg

きのこがたくさん生えてるが赤や白など恐ろしそうなきのこもあった。
c0201929_7405793.jpg

きのこの山
c0201929_741767.jpg

この木株だけたくさんのきの子たちが群生していた。
c0201929_7411824.jpg

樹木の生命をかんじるほど溶岩にまとわりつく根っこ。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-10 05:46 | 富士山 | Comments(8)
この地区はもう終わってしまったけども昨年に続き今年も出かけてきました。
ピークは9月中のSWで新聞やTVのメディアで紹介されてましたが、私は遠征中であったので
残念ながら少し遅めの26日の土曜日の朝に向かいました。

彼岸花って本当に変わった花なんですよね~

曼珠沙華(まんじゅしゃげ・まんじゅしゃか)とか呼ばれて
葉っぱより花が先に咲くので「まずさく」から訛って「まんずさけ・・・まんじゅしゃげ」って呼ばれたとか
太陽が当たる南側より北側から早く咲きはじめるとか本当に変わった花ですよ・・・・・違っていたらごめんなさい。

300万本が咲き乱れる矢勝川ですとまだ南側の斜面が
綺麗に咲いてるだろうと小雨の中朝早く出かけました。
現地には数人のカメラマンや地元の散歩する人がみえていて朝のきれいな空気の中、各々の時間を楽しんでました。
私もマル秘の駐車場に停めて撮影開始しするころには雨上がりもあり
花についてる滴がとても印象的なので、滴と花をテーマに撮影してました。
時折雲の切れ目より一瞬太陽の光りが当たると滴が輝いてキラキラと宝石箱のようでした。
川沿いの堤防をどこまであるいても咲いてる彼岸花ですがこの日は昼前より予定があったので
適当な時間に切り上げて退散しましたがもう少し撮影したかった1日でした。

c0201929_7594853.jpg

皆様を守る地蔵様と彼岸花の風景。
c0201929_80145.jpg

受付のテント付近に咲いていた黄色い彼岸花。
c0201929_801291.jpg

背景が暗い場所を探し主役撮影。
c0201929_802289.jpg

これだけ咲いていると主役を見つけるのが楽しいです。
c0201929_803110.jpg

屋台も出ていて軽食やお茶もできます。連日の雨で足場が悪いです。
c0201929_804487.jpg

小さな生き物が居るってことは自然環境もいいですね。
c0201929_805449.jpg

こちらは南側の斜面です。観光に来た人たちが二匹の犬の行動を気にしてます。
c0201929_811316.jpg

蜜があるんでしょうか?アゲハ蝶も働いてました。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-06 07:36 | | Comments(3)
富士山から戻ってきて世間ではスーパームーンたら中秋の名月の話題で盛り上がってますね~

私はと言うとスーパームーンは写真クラブの愛知メンバーの会合で月を見ずに飲んでたので
翌日の仲秋の名月の満月を撮影しようと準備して出勤しました。
天気も良く撮影場所もある程度目星をつけていたんですが、仕事が長引き目的の場所にはいくことができずに仕方なく東側が開けた場所でセットしたが「あちゃ~」
高圧鉄塔があり電線が伸びている。
移動する時間もなく仕方なく月出んお方向を探す。

わずか数分で明日明るい空から銅褐色の月が昇ってきた。

「第三倉庫に8時30」♪
「だれか彼女に伝えてくれよ♪ ホームの端で待ってるはずさ」♪
「ちょっと遅れるかもしれないけれど 必ず行くからそこで待ってろよ」♪

っと第三倉庫の文字見て「アンダルシアの憧れて」を
鼻歌歌いながら撮影してたら
散歩していた奥様が
「それって望遠鏡ですか?なにみてるんですか?」って
こんなところでカメラセットしてたら怪しく思われるんでしょうか!

なので「カメラです。お月見」ですよ。って
あれま~あんな低い所に月がって。

せっかくの月見だったのにちょっと残念な撮影になりましたが
今年もまたきれいな月見ができました。


c0201929_10292100.jpg

月出がせまり仕方なくとりあえずの場所での撮影。
c0201929_10291134.jpg

少し月が高くなりオレンジ色に。
c0201929_10292318.jpg

月だけを撮影。
c0201929_10293153.jpg

帰り道地元のお城とセントレアから離陸した飛行機の軌跡。
c0201929_10294036.jpg

またまたやってみました。合成写真!


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-03 10:36 | | Comments(8)