ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

光明寺の近くに竹林があったのを気にしていたら友達から竹林撮影でも行く?と気付かってくれたので連れて行ってもらいました。
イメージは嵯峨野でしたが観光地と違って人がほとんどいないことに感激です!
自由に撮影ができてゆっくりした撮影ができそうな場所ですのでお気入りのポイントになりました。
かなりの広さですが紹介してもらったのはメイン街道のみ。
あっ!そうそう知ってましたか皆さん。
竹の新緑って・・・・この時期みたいです。案内してくれた友達は博学でして楓とモミジの違いや花菖蒲(はなしょうぶ)や菖蒲(あやめ)の違いや漢字の使い方などペラペラ答えてしまうんです。
竹の新緑は晩秋てことも友達に聞きました。
そんな竹の新緑を楽しんできましたのでみてください。
空気のいい中の散策は気分もよくなります。

新緑の竹林街道と物置小屋
c0201929_7434289.jpg

柵が出来てますがこの左側には前方後円墳があるとのこと。
c0201929_7435884.jpg

天高く伸びる竹。近くでは竹の根元に藁を弾き春の竹の子に備える。
竹は竹の子(実)が出るころが収獲なので秋だそうです。
c0201929_7441194.jpg

少しだけ紅葉が残っていたモミジ
c0201929_7442892.jpg

食事した入口にあったのでちょっと仕込んでみました。
c0201929_7444536.jpg



この撮影後に友達とご飯食べようと移動。友達が学生の頃によく通っていたお店。
お好み焼きが美味しく行列もできるらしい。着いてみると12時少し前でも並んでは無く友達の配慮で
テーブルが確保でしたがその後、どんどん人がきて満員で行列もできてる。
人気店だと改めて理解。その訳は安く企画外でそして旨い。お好み焼きは卵5こを入れて鍋で出てくる・焼きそばは太麺3玉が乗っかってくるのはなんと大ざるで山もり。
こんなお店はやっぱり学生の街だからあるんだろうね!

焼きそばが盛り付けられてるのは大ざるで山盛り。これで一人前ですから驚き800円
c0201929_881714.jpg

鉄板で焼くとこんな感じになってます。
c0201929_883740.jpg

お好みミックス850円と焼きそばのコラボ。
勿論二人で食べれる量で無くお持ち帰りです。
c0201929_885019.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-12-12 07:31 | 観光旅行 | Comments(6)
今年の紅葉は一週間~10日ほど紅葉が早く終わってしまったようでした。
例年の紅葉のピークに京都へ出かける予定があったので、合間を利用して京都の写友に京都の
紅葉を案内してもらう予定をしていたが、紅葉はかなり進んでました。

紅葉時期終わりがけや平日ってこともあってお寺の開門前には数人の列。しかし時間が近づくと大型観光バスが次々とやってきた。
並んでいたにも関わらずツアー客はどんどん先に入って行ってしまう。
なんか疑問も沸きながらも仲間について正門をくぐり目的の場所へ向かうが、先に駆け足で走ってゆく女性もいた。
素敵な場所だけどもやっぱり紅葉は終わりですね~しかしながらこのような場所を選択してくれる写友に感謝。


参道脇にはモミジの落葉が盛りだくさん。雨上がりの強風なら参道にも一面のモミジでしょう。
c0201929_7484385.jpg

開門して走って行った女性陣ですが互いに他人同士。しかしなかなか動かなく前に行けなかった私達。
一緒に前に行きましょうと声掛け移動することが出来ました。
c0201929_749948.jpg

反対側からの風景
c0201929_7492629.jpg

少し下がって撮影。右側の紅葉が綺麗でここでみなん動かず仕舞。
観光客が途絶えなく我慢比べです。
c0201929_7494121.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-12-09 07:34 | 自然 | Comments(4)
三連休を利用しての撮影会は終わったけど24日の天気が好転したことにより私は独りで高ボッチに残ることにしました。
夕方にはガスに包まれて霧氷も期待できますが気温がもう少し下がらないといけないかも。
日没には御嶽山に太陽が沈み綺麗な夕焼けですが、明日に備えて早めに就寝。何度か目覚めてみるとガスに包まれてるし、車にもぎっしりの霜が付着してるけども草木には霧氷が無い。
もっともっと冷え込んでくれることに期待し二度寝。

早朝に起きてみるとフロントガラスに掛けたシートには真っ白の霜だけど、やっぱり霧氷は付いてない残念だが、撮影ポイントに移動してみると羽衣雲海がでてる。
今日は撮影会での山頂で無く中腹の遊歩道から狙う事にしたのは、車も少なくなってるので人も少ないだろうと予想したからだ。
置三脚が数本あるけども撮影場所を確保して早々に撮影開始するけど、富士山は見えてなく寒さとの戦い開始。次々に人がやってくるが富士山は見えてくれないが雲海は出てる。
薄明の頃になり星も少なくなってきた頃は私の好きな時間ですが雲海が消えかけてきた。
ちょっと気になったのでフイルムカメラも出動!昨日も出したのですがなんと「フィイルム」入れ忘れで空シャッターです。なんてドジ!自分で自分の事が笑うしかない。
今日はそんな失敗がないようにしないとネ。
一度消えた雲海が再び湧き出して来て湖畔の街灯りが雲海に吸い込まれてゆく。本当に良い時間は一瞬ですよね!雲海は増えてきてしまし街灯りは消えてしまう。
空も明るくなって来て雲海も張り出して来たら、伊那方面よりどんどん雲が流れてくると富士山が隠れてしまった。他の人が切り上げてゆくが最後まで残るり、ドラマを待つけども今回もドラマ無く富士山見えなく撤収!

五時前は雲海・星が綺麗だけども富士山は見えていない。ハーフFかけてないので街灯りが白飛びしてる。
c0201929_1765524.jpg

薄明の頃まだ霞があるが富士山が見えてくる。雲海も広がってきた。富士山頂には笠雲と吊るし雲が。
c0201929_1771360.jpg

雲海が盛りだしてきて街灯りが消えるて上空も雲が張り出してきてしまう。アカン!心の叫び。
c0201929_1772452.jpg

上空の雲が動かないく伊那方面より次々にくる雲の中撮影。
c0201929_1775225.jpg

富士山手前の雲が沸きだして6合目からしか見えてない。山頂には笠雲や吊るし雲があるのに残念。
c0201929_1781478.jpg

良い時間なのに残念ながらガスに巻き込まれてきたがドラマを待つ。
c0201929_1783662.jpg

太陽が昇って来た八ヶ岳にも雲が諏訪湖の上には盛り盛りの雲海になる。
c0201929_1784865.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-12-05 15:50 | 富士山 | Comments(4)
撮影会は25時に集合して撮影開始!
準備して撮影ポイントまで10分程度移動。山頂まで緩やかな遊歩道を歩くわけだけども、四年前は辛い記憶があったけども昨日も感じたのは「楽(らく)」でした。私の中で何かが覚醒したのか?
撮影地には多くの三脚が整列して立ち並んでいて今朝も多くのカメラマンが来ることが予想されるなか、私は北斗七星と地震発光現象を狙い続けること一時間以上。
発光回数も光量も減り北斗七星も高くなってしまったので、レンズを富士山へ向けるが富士山は霞んでみえていない。
5時を過ぎてそろそろ空が白みだしてくる頃は私の好きな時間の始まりである。空の色が「蒼くオレンジのラインが伸びる時間」が好きです。
その時間帯が一番冷え込む時間でもあり、深夜から撮影してると正直寒さで辛い時間ではあるけども、この大自然の神秘の時間帯は意識が集中してるので気が紛れる。・・・・でもやっぱり寒いけどね!
そんな時は仲間との会話を楽しむのがいいですね~仲間同士での撮影会はこの会話も楽しみです。
男同士でもこれだけ話できるのは同じ目的を持ってるからでしょうね。
そろそろ諏訪湖の街灯りも消えかけてくると空は明るくなってくる。富士山もくっきり見えだして来たら富士山の反対側の北アルプスも良い感じになる。各々が移動し始めて慌ただしくなる。
山頂の撮影は四方の撮影が出来ることが最大のメリット。八ヶ岳から太陽が出てくると富士山よりも北アルプスが面白い。四年前も同じように走り回っていたTさん。今期もどこへ行ったのか見当たらない。
富士山に斜光があたるとカメラマンは引き上げてゆく。なにか良いことが起きないかドラマを待つが何事もなく終了。50人は居たカメラマンは私たち以外後一人だけになり撤収して場所をガストに移動して雑談開始。
しかし25時からの撮影で食事をすると睡魔がやってきて会談も耳に入らなくなってきた。
が、この後お土産の白菜を頂くのに原村まで移動して20個余りの白菜を頂いたIさんありがとうございました。そして紹介してくださったTさんありがとうございました。四年ぶりに撮影会が楽しい時間になりまして関わり合った皆さんに感謝です。


5時過ぎた頃の諏訪湖畔は宝石の如く輝くが富士山はかなり霞んで僅かしかみえてません。
c0201929_11115667.jpg

私の好きな時間帯「蒼い空とオレンジライン」そして星達の横飛び!
諏訪湖畔の街灯りと伊那方面の街灯り
c0201929_11121825.jpg

オレンジラインの幅が厚くなると街灯りも少なくなる。
c0201929_11123538.jpg

街灯りが消えだすが雲海が沸きだす様子もない。しかし雲が出てきてる。
c0201929_11125129.jpg

狙いを変えて俯瞰を諦めレンズ交換して一本勝負!日の出間際の空間。
c0201929_11131019.jpg

狙いは蓼科山上の雲。昨日と同様ここには雲がある。そして狙いは他にも。
c0201929_11132814.jpg

そうです。山頂からは北アルプスも狙える!降雪してる奥穂高上にある笠雲にも色味が。
c0201929_11134552.jpg

八ヶ岳より希望の太陽が昇る。
c0201929_1114384.jpg

八ヶ岳より太陽が出てきたが北アルプスは変化なし。
c0201929_1114178.jpg

夕刻。ガスが発生する中御嶽山に沈む太陽。
c0201929_11144863.jpg

一日の〆に御嶽山ダイヤ。あの大災害後も噴煙が立ちこめてます。
c0201929_1115434.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-12-02 10:09 | 富士山 | Comments(4)