ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2014年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

最近すっかり涼しくなって秋がひと月早くやってきたともニュースでやってましたが、この時期にしてはやっぱり涼しく感じてます。年齢を増す度に夏の辛さを感じる歳になってしまってる自分が悲しくもある。昔(20代)の頃の夏はビーチで高校野球を聞きながらビール飲んで日焼けで汗だくが好きだったのに、変われば変わるもんですね。
今週で学生の夏休みも終わりで、明日からは9月に入るんですがサラリーマンの私はまた一ケ月の始まりの前に今年三度目の花火撮影に行ってきました。
っても今年より何年かぶりに知多市の花火大会が開催されるとのことで、混雑も気にしなくていい場所よりの撮影です!始まる前は全く期待してなかったのですが、開催同時に花火が数か所から上がってかなり興奮状態です。
風向きも良く煙が滞留しなく条件は良かったけども、三度目でもなかなか慣れなく上手く撮影出来ずバタバタするのみ。まだ下準備不足でピントがずれないように紙テープ必要でした。
撮影してると偶然にも同級生が隣にいて懐かしい話にも花も咲きました。一時間と短い間で打ち上げ数も1000発あったかな?って程度ですが、私は十分に楽しめたと感じる花火大会でしたので是非とも来年もリベンジしたいです。帰り際、今度は対岸長島温泉からの花火でこれまた練習も兼ねて撮影。
まだ来週も長島花火はあると思うので再度チャレンジ!!!!

開催から二か所で打ち上げで興奮状態!数か所からの花火だけで写真は迫力倍増!
c0201929_963648.jpg

花火撮影で心掛けてるのが白飛びやバランス 半分運ですがプログラムを仕入れれば少しは解消ですね。
c0201929_971519.jpg

長島温泉の花火・・・飛行機のランプの軌跡も入ってしまいます。来週はイルミネーションの上に花火にします。
c0201929_971695.jpg

一か所からの打ち上げなんで合成してました。

c0201929_97185.jpg

白飛びしてる。
c0201929_98626.jpg

構図バランスはこんな花火がいいですね。
c0201929_981342.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-31 09:08 | 花火 | Comments(6)

今日は年に一度の会社の健康診断。
昨日、寝る前に少しだけ食べてゆっくり寝ようと布団に入ったのに、三時に起きてしまってそれから眠れない。起きて手帳とにらめっこ。
あれこれ考えてる間に眠くなると思ったけど、逆に目覚めてしまった。
今日は健康診断なのに食べることが出来ない!
こんな日に・・・なんてこった。
最近夜は涼しくなって眠りやすくなったのに寝れなく空腹感。
またもブログの更新している私は何なんだろうか?部屋のテーブルにはTVモニターやブルートパーズのコースターの上に明治維新でお馴染みの『坂本龍馬』先生の小さな銅像とこの夏に山中湖で靴の中に入っていて持ち帰ってしまった小さな溶岩石が常に眼に入る場所にあります。

高知に行った時に買ってきた小さな龍馬像はすでに15年位になるかも。そう考えたら長きに亘り守ってくれてることになる。感謝!
大事なことを忘れないようにしないといけないよね・・・龍馬さん
龍馬さんがいつも自分より大事にした事!「薩長同盟」もその一つだった。「大政奉還」して明治~今の日本がある。
なんだか話が大きくなってしまった。
何が大事か考える時間をありがとう・・・・龍馬さん
今日の健康診断頑張ってきます。
昨年同様検査結果に問題が無いように見守ってくださいね・・・龍馬さん。

写真は昔の京都です!こんな写真を撮ってました!

c0201929_5314590.jpg

c0201929_5324980.jpg
c0201929_535153.jpg




にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-29 05:38 | 自然 | Comments(2)
7月23日(?)に梅雨明けしてから暑い日が続いてますが、今年の8月の日照時間がかなり短くなってる統計がでてるようで、過去昭和55年以来だと言われてるようです!
今朝のニュースでは愛知県で83時間で昭和55年よりまだ10時間ほど短くなってるようで、これでは野菜や果物の育成に悪影響がでてきて高値が予想されますね。ただでさえ今年は台風の影響で高値が続いてるのに買い物にも気を使わないといけないようになってるしこの先も気になる。
なんでも程々が一番ですね!

そんな中今月見えた夕焼けを紹介します。

この夕焼けは11日!良い雲が広がっていたので大野城と絡めようとしたが残念!
c0201929_7263744.jpg

海に移動して浜辺に咲いていた山百合と
c0201929_727842.jpg

二焼けが始まり凄く凄く分かりにくいけども太陽柱らしき光が伸びているんですが、写真に写らなくては意味ないです。冬場に多い太陽柱ですが夏にも見えるのですがこの日は残念。
c0201929_7273382.jpg


日にち変わって22日の空!
自宅に帰ってから直ぐに自宅前の海に行くと、常連さんの釣り師さんがいる。互いに顔を知ってるので会話しながら焼けを待つ!
「少し前に雨が降ったんだよ。」
私が帰ってくる時にもパラつきましたよ~
「短時間だけど非難するほど降ったから少し涼しくなったよ」
こんな時は虹でもでるんだけど~毎日暑いから涼しくなっていいですね~
暫く続く会話の中で


焼けだした空・・・・こんな時は当りか外れのどちらか。
c0201929_7272713.jpg

これからっとドキドキした時がピークでした。この先は光が少なくなって焼けも終わりました。
c0201929_7275921.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-28 07:55 | 夕焼け | Comments(0)
地元から車で1時間以内にある味醂の町・瓦の町「碧南市」を散歩してきました。
この町の第一印象は神社が凄く多くあるってこととお好み焼き・焼き肉やも多かったなぁ~そして昔ながらの風景も残っていることでした。
味醂(みりん)蔵も多く残っていて多くの会社でまだまだ稼働してます。
ただそれほど大きな町ではないのでゆっくり歩いてもしっかり見学できて十分堪能できますので
季節のいい時期に散策されることがいいでしょう。
またこれからの時期はハゼ釣りも楽しめる川もあり自然も多く残る町でもありました。

碧南市観光協会HP

http://www.city.hekinan.aichi.jp/KANKOKYOKAI/midokoro/index.php?c=rekishi


碧南向かい途中に目に止まった可愛らしい白い小さな花
c0201929_6564751.jpg

霞草みたいな小さな花は好きなんです
c0201929_6565556.jpg

碧南市の町並み(大浜地区?)南の方にあります。白壁が続く道
この道の先にも味醂作りの蔵や樽がありますのでこの辺りには雰囲気ある匂いが漂ってます。
c0201929_6563641.jpg

門構えより覗き込んでますが、見学予約もできると思いますのでお出かけの際には事前予約を!
c0201929_6572017.jpg

雰囲気ある町でしょう。この川でもハゼが釣れるようです。
昔は地元の川でもハゼ釣りできましたが最近では数が減ってしまってハゼ釣りも難しくなってる場所がおおいようですがこの町ではまだ手軽に楽しむことが出来るようです。
c0201929_6571890.jpg

この建物は「旧大浜警察署」だそうです。----碧南市観光協会より引用------
明治20年7月に当時岡崎警察署大浜分署として庁舎が建てられたのが始まり。
老朽化した木造建築から建替えられた大正時代の鉄筋コンクリート造の建築で、南ヨーロッパを思わせる白と茶色の外観が、大正ロマンの趣を残している。敷地の北西部には、往時漁に出る船に利用された「バロメートル」(気圧計)を埋め込んだ石柱がある。
【住所】〒447-0848 碧南市錦町1-7
【電話】0566-48-6602(碧南市役所教育部文化財課)

c0201929_6571989.jpg

この辺り車が無料で停められます。
c0201929_6571824.jpg

裏に回るとこんな感じです!
c0201929_6582345.jpg

お寺も多いので観光協会HPより参考にしてください。
c0201929_6585411.jpg

これが「バロメートル」気圧計だそうです。
c0201929_7134859.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-27 07:15 | 観光 | Comments(2)
ここのところ夏らしさがひと段落して少し眠りやすくなってるのですが、どうしたものか私は全く寝れない日が続きお陰でブログの更新ができます。何かの因果なんでしょうか?

今から三年前にNHKの大河ドラマで取り上げられた「江 姫たちの戦国 」↓NHKオンデマンド

https://www.nhk-ondemand.jp/program


この年は少しだけ地元が賑わいました。
しかし24日に私が出かけた15;00頃に来ていたのがひと組の観光客だけで、お城の中には観光パンフレットもあるのですが乱雑に放置され散策路の「のぼり旗」も破れたままと市観光課はなにしてるんだと寂しく思いました。

春には「大野城さくらまつり」↓常滑市イベント一覧

http://www.city.tokoname.aichi.jp

秋には大野町古今散策 ↓常滑市観光協会より

http://www.tokoname-kankou.net/contents/event01-11.html

常滑は焼き物や競艇のほかにも楽しめる場所が沢山ありますので、お近くにお越しの際には是非とも「大野城へ」お出かけください。敷地内には公園もありますので小さなお子さんは楽しめますよ。

地元紹介になってしまいましたが、私も目的はこのお城と月のコラボ写真なんです。
もう何年追いかけているだろうか?5~7月の満月大野漁港からチャンスはあるのですが日にちにして年間で3回(三日)のみです。しかも天気とは限らないので滅多にチャンスがないのが現実。しかし今年天気が来ましたが結果は後一歩。しかしこの一歩が障害物でこの場所から動けないんです。
電線など消してしまっても「限界」ラインなんです。漁港なんでこれより前も後ろスペース無。地図でみてもらたっら分かるでしょうがここしかないんですよ。だから最後は運のみです。彼方の運をください!

月が出た!この瞬間は良かったのですけどもこれ以上左に行けないのでここから右上がり
c0201929_757158.jpg

少しずつ右へ逃げていきます。
c0201929_7565155.jpg

場所さえあれば自分が動けばいいんですが限界地
c0201929_7563925.jpg

高くなってから
c0201929_7575078.jpg

四年前に一度だけ命中した写真です。
c0201929_757829.jpg


この写真は大野城に飾ってありますので見てください!
月の大きさとお城の大きさのバランスがなんともしっくりくるんです!
他にも撮影地はあるのですけども月出だとここより前しかいけないので月が小さくなりすぎてしまうし、
朝の落ちる月だとお城より離れ過ぎて月が大きくなりすぎちゃうんえすね~。
小さな街ですが写せる場所と月を絡める場所は「限定スペース」しかないんですがこれからも狙ってみます。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-26 07:59 | | Comments(2)
今年は花火を撮ってみようと思い先週の失敗を糧に地元の花火大会に出かけました。
が、昼過ぎからの大雨で開催も危ぶまれもするけど夕方には太陽も出て開催予定情報!
現地に30分ほど前に到着。
少し俯瞰する場所の為にカメラ持ってる人は誰もいない!既に四日市方面は雨の為、アメダスを見ながら8時までの終了までなんとか持ちこたえてくれたらいいなぁって開催時間と待つ合間に空港と飛行機を覚えたての多重露光で!
多重露光はホワイトバランスも変えられないのではじめから4000Kに設定!
しかし青味過ぎました。曇天なんでもう少し上げないといけなかったですね~

花火が上がりだし撮影始めた。
花火が小さい!少ない!1500発予定と確かに多くはないがこれでは迫力に欠ける。
幸いにも位置取りは悪くなく風向きは良好で煙は花火と重ならない。
そんなこんなんでなんと雨!ポツポツと思った瞬間ザザ降りに・・・・即撤収!その後の止むことなく
車内に避難しここから眺めてました。
今回もまた撃沈です。この繰り返しでまだ残ってる夏祭りに出かけてなんとか一枚作り上げてるのが今年の課題です。

秋になれば期待が膨らむ夕焼け待ち遠しい。
c0201929_6451933.jpg

この夏は入道雲が少なかったように思う。
c0201929_6454938.jpg





花火開催前に空港と着陸する飛行機の多重露光です。
c0201929_7195320.jpg

CANONでの最高枚数9カット
c0201929_7203968.jpg

開催直後の花火
c0201929_7201291.jpg

3カットの多重露光
c0201929_721965.jpg

同じ場所からしか上がらないので迫力ないです。
c0201929_7203620.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-25 07:26 | 花火 | Comments(2)
残暑見舞い申し上げます。立秋が過ぎたと言えども毎日暑い日ばかりですがどうぞご自愛くださいませ。
また各地で起こっている水害についてお見舞い申し上げます。

私が夏富士を求めて遠征してから既に二週間が過ぎました。山麓も暑いことには変わりないのですが朝晩は半そででは寒いくらいなので、羨ましくて仕方ないです。が、ここ愛知でも早く秋の声が聞くことができるといいのですがまだ少し先ってことで、遠征中の写真をもう少し更新します。

夏の撮影は朝が早く私の場合夜中の1時に一度起きて富士山を見ます。この時に天気予報に照らして晴れで見えてればここから撮影開始します(移動するときもあります)
太陽が出るのが5時前なのでその間ひたすら撮影。多分え~4時間もって思うでしょうが好きなことなんで全く苦になりませんよ。(勿論富士山が見えて撮影出来てればですが)
けども太陽が出てから夕方までの時間の使い方が・・・・・悩ましい。
花の都で「花」撮影しても7時頃には気温も上がり暑くなってくるし、木陰探して仮眠してても何時間も寝れないし温泉いっても芋荒い状態でゆっくり休憩も出来ないけど毎度それなりに楽しんでいるがいい方法があれば教えてください。
っ洗車とか車内の掃除とかは苦手なんで推薦しないでください!!

8月3日の朝。太陽が雲に当ってるけど山頂はまだ!
c0201929_6401589.jpg

同じく3日。第一光が山頂にあたり赤く染まる頃
c0201929_6405774.jpg

8月4日の朝。この日は雲の形が面白かった。山頂にも第一光が!
c0201929_6412884.jpg

順光でも雲が良く焼けてますが、山頂の覆い雲のため赤富士感が少ないです。
c0201929_6412915.jpg

縦構図で逆さ富士
c0201929_6414789.jpg

太陽が昇ってもまだ楽しめる事もあります。山頂が雲の影になってます。

c0201929_6421538.jpg


クリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-22 06:53 | 富士山 | Comments(2)
みなさんの花火写真に感化されて地元の花火大会に出かける予定にしたのはいいけども、かなり人ごみが苦手な私は離れた場所から撮影ができるだろと思い込んだ「刈谷わんさか祭りの花火大会」を大府市内から狙ってみましたが・・・・散々なものでした。
眺めるだけなら十分にたのしめるので私以外にも多くも見物客は来てました。
問題点は多々あるが一番は前景に高圧鉄塔や電線・建物があったことです。つまり選択ミス!

花火撮影は場所取り一番大事ですね。

後。風向き!

写真は覚えたての多重露光。
c0201929_737352.jpg

今回を糧に今年もう一度は撮影に出かけたいです!
c0201929_7372810.jpg
c0201929_7373745.jpg
c0201929_7374533.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-19 07:38 | 花火 | Comments(2)
8月8日金曜日

いよいよ台風がここ山梨にも近づいてきてる予報がでてますが、この日も昨日同様に写友(大先輩です)と連絡して天気が不安定だけどもダメもとで出かけようと話になり2時に待ち合わせしました。

1時に山中湖で起きると月に照らされた富士山が見えてるではないか!
しかも笠雲や吊るし雲も出ている。これはと心躍るなか待ち合わせ場所に向かう。
合流して目的地に向かい撮影が開始。
山中湖で見た吊るし雲が頭上に見えるが画角には入らないほど真上だが富士山は見える。
次第に雲が流れてくるがなんとか撮影はできる。山頂には笠雲が多い出して登山者は一面の霧の中だろう。これでは「御来光もみえないのでは」と勝手に余計なお世話!

空も「蒼』のときに入り東空も明るくころにはかなり雲が広がってきた。
流石に今日は赤富士は無理だろうと思いながらも「今日はダメもと」出来たことすら忘れ欲張りだす。

「見えないと見えるくれ」  「見えらた見えた出赤くと欲がでる」

見えただけでも良かったのに知らず知らずに欲望が!

人って本当に勝手な奴!人でなくて俺かっ!

東がどんどん明るく染まってくるではないか・・・・日の出時間が近づくっと

富士山は赤くなりませんでした。ダメもとで来たので撮影が楽しめただけでも良かった。
空は青空は無くなってしまってるが吊るし雲がでてるので山中湖へ移動してみました。
c0201929_7562791.jpg

山頂が笠雲に覆われてるが登山者の軌跡
c0201929_7565011.jpg

蒼の刻 雲がどんどん広がってくる
c0201929_757554.jpg

日の出時間過ぎ 光芒と朝焼け
c0201929_7572467.jpg

日の出から暫くして山肌に第一光が当るけども少し遅かった
c0201929_757485.jpg

山中湖へ移動して吊るし雲と湖畔
c0201929_7581625.jpg

湖畔に降りて白鳥と富士山
c0201929_758319.jpg

吊るし雲を真下から見上げてみたら・・・(滝沢から)

いつもありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-18 07:58 | 富士山 | Comments(2)

さて本編の富士山と天の川ですが、この場所は二年ほど前に写友と一緒に来たので知ってはいたが、どうも恐怖心が邪魔して一人ではなかなか来れなかったのだが、今回力強い写友さんが(大先輩です)同行してくれるとのことなので夜中に待ち合わせして撮影地に来ることができました。
恐怖心ってのは霊感でなく野生感・・・・こんな言葉は無いと思うけども獣(熊)の気配が怖くって怖くってなかなか一人では来れなかったんだ。でも今年こそはと「熊よけ鈴」も購入して準備してきたのだが鈴以上に心強い仲間と一緒で少しは恐怖心が払拭できたお陰でまた美味い思いが出来ました。
この日は既に月は西へ沈んでいて満天の星がお出迎え。その代表的なのが天の川!
そして8月の13日早朝に極大日を迎える「ペルセウス流星群」のおこぼれ流星も沢山見ることができ、そして締めは赤富士を盛り沢山の収穫がありました。
c0201929_196275.jpg

ここは標高1600M程ですで空には満天の星と天の川
c0201929_1964836.jpg

富士山と天の川・・・右上と左中間に流星がみえますか?
c0201929_197295.jpg

山頂を引いて登山者の軌跡と星の軌跡
c0201929_19191238.jpg

夜明頃の蒼い時間が大好きです
c0201929_19192989.jpg

この日も赤い富士山を見ることが出来ましたが光のバランスが可笑しいです(雲かな?)
c0201929_1920424.jpg

最後にこの日の夕暮れ時ですが焼けないまま終わってしまった。

-------------------御礼申し上げます。----------------------------
皆さんの閲覧のお陰でベスト6位に入ることが出来ました。(OUT順には3位です)
しかし1位との差はかなりあるのでこれからも皆様の癒しの写真になるように更新してきます。


にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-15 19:09 | 富士山 | Comments(4)