ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暑い日が続いてますが皆さんはお変わりないでしょうか?

梅雨明けから暫くは天気が安定すると昔から言われてますが、ここ愛知では7月25(金)26(土)は本当に暑く、全国的にも最高気温が上位を占めて過ごしにくい日でした。
こんな日が続くかと思ったら日曜からの夜は過ごしやすく助かってます。昼間は少々気温が上がっても夜は気温が下がって熱帯夜にはならなければいいなっと思ってるこの頃です。

そんな夏の夕焼けが最近面白いんです。
この日は月曜日の空ですが、良い雲が流れていたので少し早めに仕事を切り上げて近所の海にカメラ・三脚を持って出かけました。
普段とは少し場所を変えて待っていたのですが、雲はこのように焼ける気配だったのですが焼けることなく終わってしまいました。地平線付近の厚雲の影響でしょうね!
なかなか思うようにいかないのが面白いとこです。
c0201929_7574366.jpg

いつもの場所からの空
c0201929_758487.jpg

縦構図で雲の広がりを
c0201929_7582384.jpg

青空広がる
c0201929_758379.jpg

マンションと青空
c0201929_7584878.jpg

この後焼けることは無く終了

にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
文字のクリック協力お願いします。
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-31 08:02 | 海がみえる風景 | Comments(0)
梅雨明けして連日の酷暑日が続いて寝苦しい体験をしてる人も多いと思いますが、体調には気を付けてください。
この写真は梅雨明けする前の写真なんだけども、この日の雲は少し焼けそうな気配を感じていたので
会社から早めに帰ってきました。早速カメラを持って海に出かけたのですが既に夕陽を撮影してるカップルが居ましたので、勝手にモデルになってもらい俯瞰してパシャリ。
そして雲がまた面白く雲が円を繋ぐのではないかと思うほどの気象現象に期待満載。
さぁってこの先はどうなるのでしょうか?
c0201929_18331114.jpg

どうでしょうか?この雲!期待満載でしょう。
c0201929_18332934.jpg

夕陽を狙っているカップル
c0201929_18334394.jpg

南国風の景色
c0201929_1834572.jpg

梅雨の合間とあって焼けたけども雲が円にならなかった。

良かったらポッチと押してください!
にほんブログ村 写真ブログ 朝焼け・夕焼け写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-27 18:37 | 海がみえる風景 | Comments(6)
小豆島からフェリーで高松へ移動してまず「栗林公園」へ向かいました。
季節の花「蓮」が見ごろの情報はあったのですが、行った時は午後からだったので花はつぼんでしまっていましたが、蓮の背丈がかなり高かったのが印象的です。
また園内には「高松市」だからか松の樹が多く植えてありまして、歴代の天皇が植えたとされる松も祭ってありました。園内随一の展望と言われる場所からの見ごたえは素晴らしい景観でしたので、お出かけのさいには「栗林公園」へどうぞ!
その後玉藻公園(高松城)へ移動したのですがここは市内にも係わらず、公園の東側に無料の駐車場がありますので、見つけにくいですが利用されると便利です。
またうどん県香川には「うどんパスポート」があり、観光名所などを回るとスタンプが押印できて一定数が貯まると応募できるパスポートがありますので使ってみてください。

http://www.my-kagawa.jp/event/passport/

うどんパスポート
c0201929_7292948.jpg

栗林公園の素敵な松
c0201929_7294874.jpg

背丈が高い蓮とトンボ
c0201929_730293.jpg

庭内随一の展望地より
c0201929_7303645.jpg

玉藻公園にある「名物魚のえさやり船」
c0201929_7305345.jpg

玉藻公園で貸し出してる番傘
c0201929_7311384.jpg

私の好きな花の一つ「浜木綿」玉藻灯台に向かう途中に咲いてました。
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-23 07:35 | 観光旅行 | Comments(4)

1時00分神戸発~高松経由~小豆島へは7時10分頃に到着しました。

船内は観光客が少なく貸し切り状態で静かで、他にも一人旅風の方が数人いたようでデッキで夜風に当ったり朝陽を見にきてました。
上陸してはじめに向かったのは「醤(ひしお)の郷」です。小豆島の商業は醤油・そうめん・オリーブなどが有名ですので醤油蔵や樽などが多く点在して観光地にもなってるので少し散策してみました。『醤の郷』には「馬木散策路」があり観光化されてるので駐車場に停車させて散策が可能です!
B級グルメとして『醤丼』があり地元産の肉や魚・野菜を使って醤油やもろみで味付けして箸休めに醤油で浸けた漬物などがあることが定義化されて各お店で色々で、そうめんなどがセットされてる定食もありますので探してみても面白いかも。
そしてこの小豆島にはどこにでもオリーブが植えてありますが「オリーブ公園」では大人も楽しめる宝探しができます。(オリーブ公園とオリーブ園は近くにありますので間違えないように)稀に葉っぱが繋がったりハートの形になることがあり、観光客の皆さんの他にも多くの人が葉っぱとにらめっこしてます。ここで貴重な情報です!
この稀で幸せになる葉っぱは「オリーブ園」では無料でラミネートしてくれます。オリーブ公園や他のとこでもやってはくれますがお金がかかるとこがほとんどですから、見つけたら早速オリーブ園店内でお土産を購入してラミネートしてもらってください。(ただしハート型のみで普通の葉は有料です)
実はこの島には世界一があります。土庄町と渕崎町を繋ぐ海峡が世界一短い海峡としてギネス登録されてます。
c0201929_7125813.jpg

静かな船内(りつりん2号)
c0201929_7131645.jpg

甲板からの朝陽
c0201929_7132973.jpg

醤の郷・・・以前使っていた樽
c0201929_7134276.jpg

醤油蔵が並ぶ散策路
c0201929_7135835.jpg

馬木散策路にある表札と花
c0201929_7141176.jpg

観光客が集まるオリーブ公園
c0201929_7142618.jpg

見つけた幸せの稀な葉っぱ(付け根の切れ込みがもっと浅くハート型もあります)
c0201929_7143842.jpg

世界一短い海峡 土渕海峡
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-18 07:25 | 観光旅行 | Comments(0)
愛知県に台風が接近していた7月10日(木)に仕事上がりの21:00からフェリーに乗るために神戸に向かいました。当日10日はフェリーも運休だったが、11日は早朝から運行するとの確認が出来たのでホテル予約があるために出かけました。
台風が大接近してるにも係わらず東の空には月も見えてます。が、高速を走りだすと雨風が強くなっている地区もあり台風を感じながら予定通りに0:00過ぎに神戸フェリー乗り場に到着!
仮眠するために神戸からの早朝便にしましたが、この便は一度高松で荷降ろししてから小豆島へ戻るような航路で6時間の船旅なんです。フェリーは関西汽船以来の二度目なんですが台風一過で波やうねりの為揺れを心配したのですが全く大丈夫でした。しかしほとんど寝ることが出来なく(船内は冷房は入ってるけども暑い・乗客数は30人ほどで滅茶苦茶少ないのに)お陰で朝焼けが望めました。
小豆島へ上陸して観光地巡りをしたのですが、この日は少し霞が強くって寒霞渓からの絶景は拝めませんでした。次の目的でオリーブ公園にある風車を見に行きました。上陸して知ったのですがオリーブの収穫は初秋頃らしいので今は小さな緑の実が付いてる程度でした。
それでもこの梅雨時期に青空と風車が撮影出来たのは良かったし、エンジェルロードも水のある風景も撮影ができたのは大収穫です。
c0201929_7422292.jpg

神戸ジャンボフェリーからの朝焼け…台風一過で焼けました。
c0201929_7423575.jpg

水が残るエンジェルロード(恋人の聖地)
c0201929_7424582.jpg

誓いの鐘がある場所から俯瞰して
c0201929_2251086.jpg

ペアルックの姉妹と風車
c0201929_743633.jpg

青空と風車
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-15 07:50 | 観光旅行 | Comments(0)
今年ももう半分が過ぎてしまいまして暑い夏も直ぐそこまできてしまってますが、梅雨の時期には見事な夕焼けが見られることが偶にあるんで空が気になってしまいます!
この時期は湿度が普段よりもかなり高いので焼ける条件の一つは満たしていてもその分雲も多いのでなかなかいい夕焼けをみることができないってよりも太陽もみる機会も少ないのですよね~。
まぁ偶にだからいいんでしょうが期待しても夕焼けにならない事が多々あります。仕事を早く切り上げて海岸に寄って癒されていたらこの日はこんな夕焼けになってくれました。
まだまだ大焼けではなかったですが、いい夕焼けがみえました。左下の雲が低いので時間差で黒くなってしまいましたが秋のように雲が高ければこの日も面白い夕焼けになったのでしょう。

清少納言の《枕の草子》 から  

春はあけぼの。夏は夜。秋は夕暮れ。冬はつとめて。
昔の人はよくよくしってますね~。夕焼け本番は秋なんです!  


  
c0201929_837032.jpg

夏至の時期は日の入りが遅いのでこんな写真も仕事帰りにみえます。
c0201929_8371293.jpg

その後に飛行機は太陽の下へ・・・着陸機が少ないんです。
c0201929_8372247.jpg

綺麗な太陽が山際に沈みます
c0201929_8374566.jpg

別の日の夕焼け雲・・・左下の雲が気になります。
c0201929_8375647.jpg

流れるような雲が良い感じですがやっぱり左下の雲が
c0201929_8382510.jpg

数年前の雨上がりの夕焼け・・・梅雨時はこんな焼けることもあります。
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-06 08:45 | 夕焼け風景 | Comments(2)
2014年6月22日 一年ぶりに板取りへ岩つつじの撮影に出かけました。
地元から100キロ程度で素敵な撮影地にこれることは有り難いですが、今年は花付きも開花状況も悪いためカメラマンも少なく撮影はほとんど出来なかったです。駐車場の人の話によると昨年が良かったようです。今年は雨が少ないのが一つ原因と言われてます。

一昨年に撮影したサイトです。
http://noah3776.exblog.jp/18083893/
この株もまったく花付きが悪かったかな。
c0201929_7352959.jpg

今年一番目立った株でしたが・・・・・
c0201929_7354230.jpg

清流板取川の美しさ
c0201929_735531.jpg

このような小さな株も増えてきたら数年後が楽しみなんですが。
c0201929_736589.jpg

撮影する被写体が無くなり岩についた苔と杉の新芽
c0201929_736178.jpg

対岸に回って撮影
c0201929_7381465.jpg

一昨年の岩つつじ
c0201929_7383387.jpg

上の縦構図
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-07-02 07:43 | 躑躅が咲く風景 | Comments(2)