ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2014年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年のGWは休みの繋がりが悪くって遠征に行けずでもやもやしてるので近隣で色々撮影を楽しんでます。
4月28日は出勤でしたが、仕事終わりでも撮影できる場所へ出かけてみました。ここは愛知県の碧南市(へきなんし)にある「広藤園」と言う藤の名所です。
c0201929_9195261.jpg

昔から知ってて何度か行ったことはあるのですが久しぶりにいってきましたが、房の長さが少し短くなってるようにも感じました。私が28日に行った時にはほぼ満開ですが、房先にはまだ蕾もありまだ楽しめそうです。
雨上がりの石畳も風情があっていいですので雨の日でもまた違った写真が楽しめます。

文政年間(1820年頃)にこの地の住民小田廣作という人物が藤をこよなく愛して、木や竹を用いて藤の棚を造ったのが始まりとされる。現在では「広の長藤」として市民に親しまれており、お茶会、鑑賞会などが開催される。特に4月下旬から5月上旬の「藤まつり」には1000平方mの敷地に1.5m以上の長い花房が広がる見事な風景と芳香が楽しめる。---碧南市観光協会より引用---
c0201929_920216.jpg
c0201929_9201438.jpg

風に揺れる藤の房
c0201929_920252.jpg

藤棚とぼんぼり
c0201929_9203570.jpg

ローアングルから全景
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-29 09:23 | Comments(4)
寒い冬も終わり風景は美しく彩られてきました。
今回は以前より気になっていた「郡上の芝桜」へ行ってきました。

(明宝観光協会より引用)
それはまるで一面じゅうたんを敷き詰めたかのような美しさ...。一歩踏み入ると甘い香りの漂うお花畑は、開花時期には大勢の観光客が訪れる程の名所となりました。
平成4年に「農林水産大臣賞」平成8年には「内閣総理大臣賞」を受賞した経歴もある、名実共に日本一のお花畑です。

今年は見ごろが一週間ほど早いそうですがまだまだ見ごろのようです。
駐車場待ちの時間が気になるので出来る限り余裕を持っていくか、早めの時間にでかけるようにするといいと思います。観光客が多いの三脚撮影は出来ないと思ってください。(私も手持ちのみです)
c0201929_7472780.jpg

たんぽぽが咲いていたのでローアングルで
c0201929_753466.jpg

上から俯瞰して全体を
c0201929_7534733.jpg

紅梅の花と
c0201929_7541859.jpg

芝桜の脇に咲いてる桜の房の影
c0201929_755542.jpg

下の田んぼから写し込みを賑わう人々
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-28 07:56 | 自然 | Comments(2)
所用で京都へ出かけたこともありどこか花の撮影ができたらっと思って情報をもらうと「長岡天満宮」の霧島ツツジが咲いてるかも・・・。
結果から話せば満開にはまだ一週間は早かったけども株によっては咲いてるものあり適度に撮影ができました。
「霧島つつじ」・・・●九州に自生する「ヤマツツジ」と「ミヤマキリシマ」の種間交雑種といわれています。楕円形の葉には細毛があり、小枝の先に車状に互生します。秋から冬にかけて紅葉し、寒冷地では落葉します。4月から5月ごろ、橙赤色の花を咲かせます。別名で「クルメツツジ(久留米躑躅)」。辞典・百科事典の検索サービス - Weblio辞書 より引用

見た感じでは株は大きいものもあり花が赤く小さいのが特徴と思いました。
まだ、見ごろには早かったためかカメラを持ってる人はほぼいませんでしたが、散策をしながら撮影を楽しめました。大きな天満宮とありまして参拝者も多くて私も交通安全など祈願して帰宅しました。
c0201929_7295419.jpg

小さな株が集まってるが花付きが良かった。
c0201929_7305973.jpg

花粉にアゲハが寄ってきてました。
c0201929_7313878.jpg

亀の親子会議。
c0201929_732207.jpg

満開なら見事な参道と鳥居
c0201929_7331100.jpg

親子の御宮参り?
c0201929_7333346.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-22 07:35 | 観光 | Comments(0)
愛知県に住んでいて今まで行ってなかった「尾根谷の淡墨桜」に4月13日に出かけてきました。
情報では前週の8日頃満開になっていて当日の13日は散り始めと情報でしたが、三大桜のひとつなので開花から散り際では花びらの色味も変わりゆく特徴をもってる為、散り始めでも趣があるので向かいました。

目的地に着いたのが午後5時くらいと日曜日もあり渋滞無く到着することができたのは良かった!駐車場に停めて10分程登り坂を歩いたとこに見事な一本桜が現れました。

概要は岐阜県本巣市のHPより引用

樹齢1,500余年、樹高16.3m、幹囲9.9mの名桜。
満開はつややかな白、散り際には淡墨色になることから淡墨桜と名付けられました。
開花シーズンには、1日8,000人近く訪れます。
「淡墨桜」、「三春滝桜」(福島県田村郡三春町)、「山高神代桜」(山梨県北杜市)は、大正11年10月12日に国の天然記念物に指定され、「日本三大桜」と呼ばれています。

今日は曇りでしたが風が無く寒くなかったのでライトアップまで撮影しました。
これで後は、山梨の山高の神代桜で三大桜「制覇」です。
最後の写真が三大桜もう一つの福島県の「三春の滝桜」です。
c0201929_6303352.jpg
c0201929_6304869.jpg
c0201929_631951.jpg
c0201929_632390.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-19 06:34 | | Comments(0)
c0201929_643464.jpg
私の好きな花の一つに「三つ葉つつじ」があります。
紫色の躑躅で花が咲いた後に三つ葉の葉がでることからその名が付いたようです。

以前より三重県鈴鹿にある「伊奈富神社」群生することを聞いてましたので出かけてみました。
http://www.kanko.suzuka.mie.jp/flower/detail.php?id=4

神社ではつつじまつりを開催してまして、駐車場の整理員もみえて誘導してくださりました。そして神社と言うこともあって無料で駐車可能でした。
お清めをしてから参道を歩きだすと直ぐに紫色の花が見に入ってきました。自分が出かけた頃は(4月13日)見ごろでしたが、木々から葉が少し目立つために撮影に関しては一週間早い方が良かったのかもでした。
それでも十分な撮影が楽しめましたので満足です。
またいつか出かけてみたい場所に追加できる撮影地でした。
c0201929_7454855.jpg
c0201929_746039.jpg
c0201929_746295.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-15 07:46 | | Comments(2)
愛知県豊田市の香嵐渓は東海地区屈指の紅葉の名所で知られてますが、春には飯盛山にカタクリの花が一面に咲くことでも知られてます。
地元にいたのですがこれまで一度も春には出かけたことなかったのでが、今回足を延ばしてみました。

到着した時間が遅かったこともあって撮影者は多くなくゆっくり撮影することは出来ました。傾斜した斜面に群生してるため撮影しやすかったですが、花自体が大きくはないので綺麗な花や絵になりやすい花を選びながらの撮影はまた楽しかったです。
c0201929_2118544.jpg
c0201929_21182064.jpg
c0201929_2118383.jpg
c0201929_21194841.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-05 21:19 | | Comments(2)