ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

どうも、富士山の東側は撮影場所をしらない私。
この日ももっと撮影に適した場所に行きたかったが、依然撮影した場所で妥協してしまった。
ここは橋の上とあって車が走ると揺れる可能が高くなり、夜間撮影には不向きかもしれないし
底冷えがきつい。
まぁ~ロケは悪くないんだけどね。

月も朝も変化の無い日でした。残念。
c0201929_6193852.jpg
c0201929_6194967.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-31 06:20 | 富士山 | Comments(2)
雲の流れがとても魅力的で寒い中、暫く月明かりに照らされる雲を撮影してみました。
c0201929_19494296.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-27 19:50 | 富士山 | Comments(4)
成人の日で各地荒れ模様となり首都圏では降雪のために交通手段は完全に麻痺してしまった14日の夕刻。朝まで富士山麓にいたのですが、天候も悪くなってきたので早めに地元に帰って来て正解でした。

自宅でゆっくりしていたら焼けるような予感。
ってもよくよくそんな予感がするのだが、なかなか焼けることはない。しかしこの日はどもそのたまたまだったらし。冬の夕焼けにしてはよく焼けた。
荒れ海と鼓動が聞こえそうなねじれる雲に色が入ってくれました。
まさに台風並みの風でした。
c0201929_821682.jpg
c0201929_822810.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-25 08:03 | 夕焼け風景 | Comments(2)
戸田で出会った日本らしい姿。

c0201929_19442818.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-19 19:45 | 富士山 | Comments(4)
この時期の山麓と言えば雪景色と富士山が思い浮かびますが、まだ雪の降る天気予報ではないために
海からの富士山を撮影するために伊豆方面へ向かいました。
どこで撮影するか考えながら走ってると、夜明近くなったので淡島付近での撮影となりました。
他に撮影する人の姿が無いような場所では怖い気分もあるけど、海の近くは暖かいので寒さとの対決よりも孤独との対決でついつい独り言をつぶやいてしまう!
ここでの撮影は目的があり色んな条件がそろったときに見られる現象を楽しみにしたのですが、残念ながら見ることができませんでした。
太陽が昇ってからは青空が広がってきたので、海岸線を南へ下りながら撮影時間を楽しみました。

翌日は神奈川の三浦半島の立石海岸に行ったのですが、残念ながら富士山はみえませんでした。
ちょっと伊豆から立石は遠いですわ。
c0201929_1691197.jpg
c0201929_16101832.jpg
c0201929_16104524.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-14 16:11 | 富士山 | Comments(2)
年越し富士山紀行を振り返ってみると色んな思い出が蘇ってくる。

吉原では「日本カモシカ」に出あい・山中湖村内野では「きつね」・「狸の親子」など野生の動物にも多く会い、また各撮影地でご一緒させてもらった多くの写友。撮影地の情報を丁寧に教えてくれた仲間。また観光で来ていた地元の知人などなど色んな人との出会いもあった。
そう言えば観光で来ていたカップルの記念撮影のつもりが・・・・・レフ板持ちだしての本格撮影(仲間だけどね)。でも最後は満足してくれたのかコーヒーの差し入れは若いのに立派だったなぁ。

元旦撮影は本栖湖へ向かったのだが、あの人出は半端ではなかったんぁ~太陽出た後は、暫く車が動かなく大渋滞。以前はここで撮影してから直ぐに移動して別の場所で再度ダイヤが狙えたのに、あの来るまでは今後は到底できないと認識したよ。
でも、今回は冷え込んだだけで雪が無かったのが残念ではあったが、天気には比較的に恵まれたのは幸いだった。またこの次はいついけるかな?
一枚目 山中湖紅富士
c0201929_2015672.jpg
二枚目 鳴沢 連凧
c0201929_202697.jpg
三枚目  清水港と花火
c0201929_2022463.jpg
四枚目 キツネ
c0201929_204629.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-07 20:10 | 富士山 | Comments(0)
みなさん明けましてあめでとうございます。
今年は三年ぶりも年越し富士山なり楽しい時間を堪能してまいりました。
7泊8日でしたが本当にあっとの間でなかなか収穫ある紀行とは言えませんでしたが、
どれもこれも記憶に残る旅紀行となりました。

その中で最も印象的な一枚をUPします。
雲の流れが面白い一枚ですが、もう少しバランスある雲が良かったかな。
この日も何台かの車が来てましたが、撮影してるのはほんの僅かでした。
c0201929_11395192.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-01-06 11:41 | 富士山 | Comments(4)