ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今年は寒さが厳しいようで、山中湖畔も氷で覆われていたものの、
探してみたらこんなところで逆さ富士を見ることができました。

大きな湖畔に写る逆さ富士もいいですが、こんな小さな逆さ富士もまた
面白いです。
真っ青な空にそびえる富士山は気品さも感じます。
c0201929_1544886.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-30 15:44 | Comments(6)
月の周期は非常に面白いってか難しい。
太陽と違って毎日満ち欠けしてゆき、29.5日で地球の周りを一周する。
よって一月に2度の満月ってこともある・・・・これをブルームーンと呼ぶらしいが、「青い月」ってことではないらしく、どちらかと言えば珍しいとの意味のほうが似合うみたいだ。

今回は赤く染まる山肌と月でなく、青空に映える白い月。
まだまだ明るいので光量も十二分で撮影も比較的楽ではあるが、なんにしてもどこから出るのかが
一番難題。最近は使いやすいソフトもあるけども、使い方がなれないとこれも難儀。
仲間任せで今回も美味しい撮影ができた。

Uさんに感謝!
c0201929_2148574.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-24 21:48 | Comments(4)
今年もまた一月の月の撮影に出かけてみた。過去2年とも良い条件で撮影ができてる縁起がいい季節。今回は「富士桜自然墓地公園」です。
仲間と一緒でその後、師匠と合流するころには、カメラマンは200人を超えてるほどの人数。撮影場所をなんとか確保して時間まで会談。暖かい日であったものの太陽が西に傾くころには、なかり冷えてきた。もう少し・・・思ったとき富士山の山頂より少しかけた月が昇ってきた。
太陽が雲で少し遮られていたのか、山肌には思ったほどの色が付くことがなかったが、これだけの場面に出会えただけでも「丸儲け」でした。

Mさん今度は一緒にいこうね~
c0201929_16233114.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-22 16:23 | Comments(8)
天気が安定する真冬の時期は富士山が綺麗にみえる反面、かなりの寒さで撮影は厳しいです。
今回は山中湖の紅と氷を撮影してきましたが、風もありそれはそれは寒さとの戦いで、特につらいのは撮影で待機してる時間なんです。いまかいまかと待ちながら足踏みして寒さを絶えながらも、撮影が始まればもう寒さも忘れられます。

が、やっぱり寒いものは寒いです。
c0201929_21414636.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-19 21:41 | Comments(4)
富士山撮影を始めて三年を過ぎたころ月と富士山を撮影することを
教えてもらった。
初めて月の撮影を終えた翌々日、今度は朝陽が登る前に西に落ちてゆく
月と富士山と撮影するために「大涌谷へ」
200人以上のカメラマンに圧巻しながらも、すばらしい富士山に出会えたことを
思い出した。
c0201929_8123914.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-15 08:12 | Comments(4)
星座に詳しくない私でも、オリオン座・北斗七星などは
なんとか分かります。

富士山とオリオン座。星がきれいに写る秋の終わりころに撮影してみた。
当然なのかもしれないが、温度の違うので星の色が違ってでているから
すごいものだ。
この時期からは星がすごくきれいに見える。
今月4日の「しぶんぎ座流星群」を狙ってみたもののまったくNGでした。
流れ星は本当に難しい。

またこれからは寒さに耐えながら星の撮影もしてみたいなぁ~。
c0201929_7534699.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-12 07:53 | Comments(2)
標高2000Mからの眺めは最高です~
駿河湾に浮かぶ江ノ島もきれいに見ることもできます。

多少夜景のバラつきもあるけどもまぁ~いい眺めなんです。
今後はもっと高い場所から撮影してみたいと思ったあの日から
どれだけ過ぎてしまったのか?
まぁ~今後の楽しみにしておきましょう・・・なんて。
c0201929_2315786.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-09 23:01 | Comments(4)
空が闇から明けようとするとき、蒼い時間がわずかに流れた
富士山頂には三日月が輝き続けたいた。
辺りは静かな時が流れ湖畔に風が鼓動すると小波が踊りだす!
一隻の小船がすべてを見守った。

それぞれだろうが、真っ赤な朝焼けもすばらしいが、
こんな藍色の空もまたいいもんではないだろうか?

2011年1月1日  精進湖より。
c0201929_1673431.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2011-01-04 16:10 | Comments(6)