ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

カテゴリ:城が見える景色( 2 )



いつも訪問ありがとうございます。

前回の続きです!

c0201929_07554444.jpg
郡上八幡旧庁舎です。
この撮さもあり周遊は30分程度での撤収でしたが一回りしてきました。

c0201929_07554631.jpg
宿場町は和服に合います。暑い中大変そう。

c0201929_07554582.jpg
ベンチがいい味だしてます。
c0201929_07554530.jpg
郡上踊り開催中で手ぬぐいの販売をしてました。
今の日本では見慣れないコマのような気がしました。
c0201929_07554499.jpg
夜になり燈が入るとまたいい味感がします。
各屋の軒先にはこのような提灯が多く吊るしてありました。

c0201929_07554679.jpg
ハッカの飴などが有名なお店です。
c0201929_07554844.jpg
ここも有名なサンプル工房!
店内は人の熱気で蒸されてて素通りしちゃた。

c0201929_07554706.jpg
真宗大谷派の願蓮寺だと思います。鐘堂の作りが素敵です。

c0201929_07554716.jpg
いつも気になる団子屋さん。
かなり閉まるの早そう。はじめに通った時はやっていたのに帰りには暖簾が下りていた。

c0201929_07554729.jpg
やなか水こみち脇の提灯。
郡上八幡城まで行こうと思っていたけども
もう暑いのですぐに撤収し堀越峠のポイントのロケハンに向かいました。

時々訪れるこの街ですがどの季節も落ち着く街並です!
ただ最近は観光客が多くこれからの行楽時期は一層ごちゃごちゃしそうです。
食べ歩きも出来る街並なので一度おでかけしてみては。

そうそう!この郡上八幡城へ向かう途中の公園(駐車場にもなってます)には
「内助の功」の語源ともなった「山之内一豊」と妻の「お千代」の像もあります。

最後までお付き合いありがとうございました。




[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-24 07:00 | 城が見える景色 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

すっかりネタが切れてしまって小出しにしてゴメンなさい。

c0201929_07112677.jpg
郡上八幡の夏の風物詩と言えば・・・・徹夜踊りで有名ですね!
ってことで踊って・・・はいません。
正確には踊れません。

c0201929_07112813.jpg
もう一つは吉田川への飛び込み・・・ってことで飛び込みを映しました。

c0201929_07112508.jpg
どのタイミングで切るのがいいのか考えたのですが、ジャンパーが岩場と重なると見にくいので
水入り瞬間を狙いましたが・・・こんなんでした。

この日は若者男性が数人で交互に飛び込んでました。
上から見るとかなり恐怖!
勇敢な?若者が飛び込むと観光客から拍手や歓声が上がってました。

c0201929_07112719.jpg
この場所へ来たのは秋深くなったころにお城を取り巻くような霧を撮影する場所探し
所謂、ロケーションハンティング!

c0201929_07112737.jpg
折角来たので街並みをあるいてました。
この日は暑かったなぁ~

c0201929_07112816.jpg
なので水のある場所へ!

c0201929_07112827.jpg
宗祇水(そうぎすい)・・・白雲水とも呼ばれる湧き水で昔から生活用水として地元の方を接した水です。
写真正面の祠の右の石の上にはコップが置いてありますので飲水もできます。

c0201929_07112952.jpg
「やなか水のこみち」長良川と吉田川の石を敷き詰めた日陰になる涼しい場所です。
が、歩きにくいのお気を付けください。(歩道の真ん中は平にしてますが一人分の幅しかないのですれ違いは注意)

c0201929_07112989.jpg
以前は鯉が泳いだいたような記憶があったのですが、綺麗な水が流れてはいるものの魚は居ませんでした。
(続有)

とっても風情ある街並みですので一度お出かけください。

最後までお付き合いありがとうございました。








[PR]
by noah_3776_2 | 2017-09-14 07:00 | 城が見える景色 | Comments(0)