ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

カテゴリ:月( 7 )

いつも訪問ありがとうございます。

2011/7/15(過去画像です)
c0201929_1045799.jpg



関東地方も梅雨が明けていよいよ夏モード本番ですね!
今年も夏の間にしか見ることがない風景にチャレンジしてきました。

撮影場所が限定されているものの、月の中にお城を入れることができる可能性があるのは
5月から7月のみ(月が南寄りに出てくる)
雲が少し多くしっかり見えるか心配なしがら月出を待つ。
漁港なので空港もみえて退屈はしない。

c0201929_10161162.jpg


下調べでは以前のような写真も可能性ありで、堤防の最先端で待つと月が出てきた・・・が。

c0201929_10193566.jpg


今年は見ることができた満月だけど、この撮影場所より右は海で移動できない
あと、たった数メートルなのに・・・無念。

c0201929_10205962.jpg


次第に右肩上がりに昇っていく満月

c0201929_1021545.jpg


薄雲があり月は銅褐色色に染まってきたころには
日没より時間も過ぎて周りが暗くなってきた。

c0201929_1023581.jpg


なんだか月が少し大きく思えたのですが、気の所為なんでしょうか?
ただ気の所為でないのはお城の周りの樹が大きくなってきているので
剪定してくれないと何年後には樹に隠れてしまいそうです。

この撮影も来年までお預けになります。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-07-30 10:27 | | Comments(6)
富士山から戻ってきて世間ではスーパームーンたら中秋の名月の話題で盛り上がってますね~

私はと言うとスーパームーンは写真クラブの愛知メンバーの会合で月を見ずに飲んでたので
翌日の仲秋の名月の満月を撮影しようと準備して出勤しました。
天気も良く撮影場所もある程度目星をつけていたんですが、仕事が長引き目的の場所にはいくことができずに仕方なく東側が開けた場所でセットしたが「あちゃ~」
高圧鉄塔があり電線が伸びている。
移動する時間もなく仕方なく月出んお方向を探す。

わずか数分で明日明るい空から銅褐色の月が昇ってきた。

「第三倉庫に8時30」♪
「だれか彼女に伝えてくれよ♪ ホームの端で待ってるはずさ」♪
「ちょっと遅れるかもしれないけれど 必ず行くからそこで待ってろよ」♪

っと第三倉庫の文字見て「アンダルシアの憧れて」を
鼻歌歌いながら撮影してたら
散歩していた奥様が
「それって望遠鏡ですか?なにみてるんですか?」って
こんなところでカメラセットしてたら怪しく思われるんでしょうか!

なので「カメラです。お月見」ですよ。って
あれま~あんな低い所に月がって。

せっかくの月見だったのにちょっと残念な撮影になりましたが
今年もまたきれいな月見ができました。


c0201929_10292100.jpg

月出がせまり仕方なくとりあえずの場所での撮影。
c0201929_10291134.jpg

少し月が高くなりオレンジ色に。
c0201929_10292318.jpg

月だけを撮影。
c0201929_10293153.jpg

帰り道地元のお城とセントレアから離陸した飛行機の軌跡。
c0201929_10294036.jpg

またまたやってみました。合成写真!


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-10-03 10:36 | | Comments(8)
同じ愛知でも見える場所があるってことは雲は低いんだと思ってもなかなか場所を変えられなく迷う。
でも見えなくては仕方ないので思いきって移動。
雲が南西から流れてくるので一層のこと南へ向かおう!
いやいやここは東だ!
やっぱり北かな?西は海だでout
八方塞がり。
う~ん。迷った挙句・・・・・ガソリン入れて考えよう!
腹が減っては戦がなんとか。・・・・・・既に時間は第二接触時点前19:15
ガソリン満タン!一層のこと洗車でもしたろうかと思ったが、週末台風じゃん!ヤメヤメ!
一度月食から頭を切り替え自宅へ方面へ戻り広いところから雲の流れ確認しよう。
近場の海から雲の流れを見てると雲の切れ間がある。
月も高く上がってるのでどこでも一緒だから結局撮影場所はいつもの海でした。
早速準備開始。
暫くして19:30過ぎてるので皆既月食開始してる
もう10分もすると切れ間から月が見えることを待ちわび待機する。
見えた。三年前に見たあの銅褐色の月が!
最大時点より前に雲が切れてくれたのが何よりでした。ここから暫くは天体ショーが楽しめました。
そして第3接触過ぎて月が満ち出してきて次第に銅褐色が薄くなりだすころに
またまた雲が・・・・・今年もなんとか撮影できたし満足できたので終了。

雲の切れ間から覗いて見えた皆既月食。雲を少しだけ流してみたけども月も流れブレてる。
c0201929_8472390.jpg

ようやく綺麗に見えた銅褐色の月。と6等級の天王星。普段は滅多に見えないけど
皆既月食のお陰で見つけることができました。
c0201929_8474850.jpg

このころが最大月食時点です。綺麗な色です。
c0201929_848246.jpg

もう月食も終了です。銅褐色色が終わりかけで赤い色に青みが重なってきます。
c0201929_8481536.jpg

そして白く輝いて来ました。
c0201929_8482644.jpg

三年前に撮影した月食です
c0201929_99148.jpg


いつもありがとうございます。
にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-10-11 09:09 | | Comments(8)
2014年10月8日は天体イベントの皆既月食がありました。
当日はTVなどでニュースされていて情報は多かったと思います。実はその前は2011年12月10日でしたので約三年振りでした。
ちなみに前回の皆既月食は真夜中の時間帯だった記憶ですが「御殿場のコンビニの駐車場」で撮影してました。富士山の撮影遠征中だったんですがこの時は綺麗に撮影できました。
今回の月食時間は以下のようでした。
第1接触月が地球の本影に入り始めた瞬間 18:15
第2接触月が地球の本影に完全に入った瞬間 19:25
食の最大中心と本影錐の中心との角距離が最小となった時点 19:49
第3接触月が地球の本影から出始めた瞬間 20:24
第4接触月が地球の本影から完全に出た瞬間 21:34

月食は太陽-地球-月が一直線になるわけですので真っ暗に(影)になるんではないかと考えそうなものですyね。私も以前は思ってましたがその理由は↓で。

月食が真っ暗にならないのは?・・・・・自然科学研究機構 国立天文台より引用

皆既食では、月が本影の中に完全に入り込みます。しかし、皆既食中の月は真っ暗になって見えなくなるわけではなく、「赤銅(しゃくどう)色」と呼ばれる赤黒い色に見えます。地球のまわりには大気があります。太陽光が大気の中を通過する際、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱され、大気をほとんど通過することができません。一方、波長の長い赤い光は散乱されにくく、光が弱められながらも大気を通過することができます。これは、朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。また、大気がレンズのような役割を果たし、太陽光が屈折されて本影の内側に入り込みます。このかすかな赤い光が皆既食中の月面を照らし、月が赤黒く見えるのです。

今回は事前準備はしていたのですが天気が良くなく月の出の17:19から空には雲があり不安もありましたが、空は雲の切れ間もあり暫くは様子見が続きました。
知り合いなどと連絡取りながら待機していたのですが第一接触前から見えてる地方もあるので気が焦るばかりです。南西から次々流れる雲で一層不安が募るばかりです。

・・・・・・・続く!

やっと雲の切れ間から一瞬見えた月。下半分がもう欠けてきてるが直ぐに雲の中へ。
c0201929_7554265.jpg


皆既月食になってるんだけども少し雲質を出すために流してみたが
4秒も流すと月は楕円形に。
c0201929_7555642.jpg

皆既月食になってるけどもなかなか雲が切れないです。
c0201929_7561035.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 雲・空写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-10-10 07:56 | | Comments(2)
2014年9月9日 今年最後と言われるスーパームーン現象が終わる!
先月は天候不順で観ることが出来なかったが、この日は朝から天気とあって、出勤時に機材を仕込んで準備完了。18:08分 92度(ほぼ真東方向)より月出なのでその後10分ほどで見えてくることでしょうが、
準備不足で撮影場所を確定できない。
地図だけ頼りに向かった先には少し開けているが、建物や電柱が入る。しかし時間なくいざ仕方なし。
西の空はまだ太陽が沈んだばかりだからまだまだ明るいからシャッター速度はかせげる。
東の低空には雲があるような条件。そのころ見えた!
やっぱし薄雲があった。そのため太陽の様に少し赤い月てか銅褐色の月が昇ってきた。
さほど大きい明るいとは実感できないまま月は再び雲の中っていったけど、再びしっかりした月がでてきた。
久っさしぶりに月の撮影した気がした。

建物があると対象物ができるがもっと自然な建物が理想
c0201929_6482955.jpg

銅褐色の月が昇ってくる
c0201929_6484049.jpg

縦位置で完全に出てきたスーパームーン
c0201929_6484842.jpg

再び雲の中へ隠れそうで月の上が隠れ出した
c0201929_6485696.jpg

月の真ん中は帯雲です・・・トリミング
c0201929_649436.jpg


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-09-10 06:58 | | Comments(2)
ここのところ夏らしさがひと段落して少し眠りやすくなってるのですが、どうしたものか私は全く寝れない日が続きお陰でブログの更新ができます。何かの因果なんでしょうか?

今から三年前にNHKの大河ドラマで取り上げられた「江 姫たちの戦国 」↓NHKオンデマンド

https://www.nhk-ondemand.jp/program


この年は少しだけ地元が賑わいました。
しかし24日に私が出かけた15;00頃に来ていたのがひと組の観光客だけで、お城の中には観光パンフレットもあるのですが乱雑に放置され散策路の「のぼり旗」も破れたままと市観光課はなにしてるんだと寂しく思いました。

春には「大野城さくらまつり」↓常滑市イベント一覧

http://www.city.tokoname.aichi.jp

秋には大野町古今散策 ↓常滑市観光協会より

http://www.tokoname-kankou.net/contents/event01-11.html

常滑は焼き物や競艇のほかにも楽しめる場所が沢山ありますので、お近くにお越しの際には是非とも「大野城へ」お出かけください。敷地内には公園もありますので小さなお子さんは楽しめますよ。

地元紹介になってしまいましたが、私も目的はこのお城と月のコラボ写真なんです。
もう何年追いかけているだろうか?5~7月の満月大野漁港からチャンスはあるのですが日にちにして年間で3回(三日)のみです。しかも天気とは限らないので滅多にチャンスがないのが現実。しかし今年天気が来ましたが結果は後一歩。しかしこの一歩が障害物でこの場所から動けないんです。
電線など消してしまっても「限界」ラインなんです。漁港なんでこれより前も後ろスペース無。地図でみてもらたっら分かるでしょうがここしかないんですよ。だから最後は運のみです。彼方の運をください!

月が出た!この瞬間は良かったのですけどもこれ以上左に行けないのでここから右上がり
c0201929_757158.jpg

少しずつ右へ逃げていきます。
c0201929_7565155.jpg

場所さえあれば自分が動けばいいんですが限界地
c0201929_7563925.jpg

高くなってから
c0201929_7575078.jpg

四年前に一度だけ命中した写真です。
c0201929_757829.jpg


この写真は大野城に飾ってありますので見てください!
月の大きさとお城の大きさのバランスがなんともしっくりくるんです!
他にも撮影地はあるのですけども月出だとここより前しかいけないので月が小さくなりすぎてしまうし、
朝の落ちる月だとお城より離れ過ぎて月が大きくなりすぎちゃうんえすね~。
小さな街ですが写せる場所と月を絡める場所は「限定スペース」しかないんですがこれからも狙ってみます。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-26 07:59 | | Comments(2)
桜島に沈む十六夜を撮影しようと考えて移動。
初めての場所なので頼りは地図とコンパス。
しかし
沈む月は肉眼でも確認できるので、月を見ながら回り込み
撮影ポイントを小さな漁港にした。
三脚を出した時には、まだ月も見えたのですが、
桜島上の雲にさえぎられそう・・・2.3枚切ったのみで
無念にも雲の中へと。それでも
c0201929_7205244.jpg
念願の桜島の噴煙と月でした。
とても条件はよく無かったものの、次回はいつなのか
わかならいのでUPしてみました。
[PR]
by noah_3776_2 | 2010-10-05 07:20 | | Comments(2)