ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

カテゴリ:楓が色づく風景( 22 )

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06552910.jpg
小原村四季桜(川見会場)を後にして足助の香嵐渓でなく向かった先は設楽の大井平公園の紅葉祭り!

その途中で見つけた一本の楓の樹
見事な大きさできれいに色付いてました。この辺りは交通量もかなり少なく・・・ナビ案内で何処走ったのか?

c0201929_06553223.jpg
ススキはすっかり枯れてます。
c0201929_06553202.jpg
ちょっとだけアングル変えてみて・・。
c0201929_06553101.jpg
引きで撮影です。
もう一本楓の樹がありますがもう少し近くだと良いのですが
竹の大きさと比較するとわかりやすいですが左の楓は立派な大きさです。

移動すること一時間ほどかな目的地の設楽の大井平公園に着いたときに車の少なさに??

あれ・・遅かった。
落葉が進んでるので撮影が出来そうもなく・・・撤収でなく撤退!

その近くのタカドヤへ行くがここも遅かった。
タカドヤの方が標高もあるので早く終わってしまうわなぁ。

登ってくる途中では撮影してる人も居たけど上の湿地では誰も居ない。
c0201929_06553023.jpg
周りの樹は既に落葉してます。
池の周りの樹も勿論冬仕度で滞在時間5分で撤収。

c0201929_06553001.jpg
10日ほど遅かったかもしれません。
また来年ですかね?

最後までありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-12-10 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_06501342.jpg
愛知県豊田市で紅葉の名所と言えば「香嵐渓」ですがここ小原村の四季桜も近頃は有名になってますから、
早朝から現着しないと駐車場の確保ができなかったりある程度引きの撮影は駐車場の中にあるので
駐車が始まる前の撮影がメインになります。

ただ、時期が気持ち遅かったように感じました。
c0201929_06501692.jpg
後ろから太陽が当たるのですが日の出前に撮影しないと桜が白っぽくなるので早い時間がお勧めです。
手前は楓の樹ですが、その左の紅葉はドウダン躑躅です。
c0201929_06501611.jpg
大型駐車場のスペースで撮影です。が、駐車場脇にフェンスがありやむなし構図です。
良く見ると楓の樹の左下に黒いフェンス写ってます。
c0201929_06501745.jpg
前木の桜がもう少しインパクトが欲しかったです。
因みに昨年のこの場所は!
結構桜咲いてました。

c0201929_06501202.jpg
駐車場脇の橋の上から撮影してます。手前の楓の色付きが少し悪かったかな?
折角いいポイントなだけに残念です。
c0201929_06501352.jpg
太陽が山肌に当たってきましたが東空に薄雲があり弱い太陽光が功を奏しました。
太陽も当たってきたので場所を変えて。
c0201929_06501486.jpg
あれまぁ~ 桜が弱いですね!やっぱり遅かったか!
四季桜まつり「川見会場」より歩いていけるこの場所はご当地PRビデオで紹介された場所です。
c0201929_06501510.jpg
少しだけ靄っていて太陽が当たると光の筋が見えます。
が、もみじの色付けが疎らでまだ緑の部分もあるの冷え込みが甘かったかな。
c0201929_06501419.jpg
この画角は70mmです。脚立使用でハイアングルで撮影!
この川沿いを散歩しながらの撮影も楽しいですが、今回はこの咲き方を色味の為に見送りで足早で
次の場所へ!
c0201929_06501577.jpg
この楓は上の写真の右上の半分切れてる楓の樹を逆光で捕らえました。
でも真ん中の枯れ木がどうしても目立ってしまう。
右手にはカメラマンの三脚が並んでいてNGでした。待ってもだめそうなのでもう大移動します。

最後までありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-12-08 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_17475356.jpg
11/25朝一で豊田市小原村で撮影を終えた後に設楽の大井平公園に行こうと移動する途中に見つけた大銀杏!
見事な落葉で一面イエローカーペット!
前日の強風で降り積もった様子でギンナンもたくさん落ちてる。

c0201929_17475068.jpg
大銀杏は既に枯れ木も近く残ってる葉っぱも少ない様子。
c0201929_17475136.jpg
大木の周りにはかなり降り積もって階段もこのようになってます。
因みに残念なのが楓の樹がまだ黄色の同色なんで赤ならコントラストを強調出来たのに。
c0201929_17475288.jpg
元々 銀杏の黄葉が好きなのでいろんな場所から撮影してます。
c0201929_17475225.jpg
視線を変えて。
c0201929_17475400.jpg
時々出る太陽ですが影が強調されるので太陽が隠れるのを待ってからの撮影です。
立体感が無くなります。
c0201929_17474940.jpg
一人のご老人がギンナンを拾いにやってきました。
この落ち葉の中へ行くとどうしてもギンナンを踏んでしますほど落ちてます。
(あまり踏むと車の中で匂ってしまう)
c0201929_17475003.jpg
ハイカラな音楽が流れてきたと思ったらあれまぁ~
移動スーパーがこの境内へ入ってきました。

c0201929_18073928.jpg

運転手さんに邪魔ですか?と聞かれましたが
既に30分程撮影もしてるので「いいえ」と答えて撤収しました。
この先目的地の大井平~タカドヤへ続く。

最後までお付き合いありがとうございました。

[PR]
by noah_3776_2 | 2017-12-06 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_17125823.jpg
今回、弾丸ツアーの名の通り早朝から鶏足寺で撮影後に今度は東近江の「百済寺」まで高速で移動しました。
まだ現着しても近くの駐車所で停めることが出来る9時過ぎ。
この時も雨がパラつくような天気ですがカメラ一台のみで勝負。

百済寺も保存地区(一枚目)があるので時間が遅くてもこの場所はゆっくり撮影ができそうな感じです!
しかも受付で三脚利用可も確認済。

c0201929_17125872.jpg
この庭園もメインの一つですが、観光客も多くなかなか無人撮影は難儀でした。
紅葉の色付きもなかなか良かった。
c0201929_17125991.jpg
私が気になった場所の一つ。
上の写真の正面の館横の楓の樹。石段もありお気に入り場所になりました。
この庭園はいくつもの通路があるのでどこから人が来るか分からないほどなので気を付けないと
人が入りやすいですから注意です。
c0201929_17125962.jpg
階段を上り上からみた楓の樹。
c0201929_17130019.jpg
俯瞰するとこのような感じです。落葉してる様子もわかりますがまだしばらくは色付きも楽しめそうです。
c0201929_17130210.jpg
遠望台より遠くに琵琶湖も見えるようですがこの日は見えてないと思います。
c0201929_17130316.jpg
遠望台より本堂へ向かう途中のあった曲線の階段に降り積もる落ち葉。木漏れ日あり。
c0201929_17130223.jpg
木漏れ日なし。
c0201929_17125784.jpg
この先赤く色付いた落葉が進めばまた絵になりそうです。
一週回って90分程で午後から所用の為に弾丸紅葉巡り終了です!
今回の滋賀県での撮影時間は計2時間ほどでしたが、鶏足寺+百済寺楽しむことができました。

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-12-04 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_16573961.jpg

虹を見送ってから華厳寺に到着した時には雨も強くなっていたためか
駐車場は簡単に停めることができた・・・が、実は参道の奥のお寺の駐車場も利用できたようでした。
(この続く道の先にPあり)
c0201929_16573735.jpg

参道脇の楓も綺麗に色付いてます。
お店屋さんもたくさん出て名物の柿も売ってますので歩きながら楽しめますよ。
c0201929_16573600.jpg
この楓も参道脇のもみじ。雨に濡れて色味が増してます。

大門をくぐると雨に濡れて色味を増した黄色く色づいた紅葉が目に飛び込んできました。
参道を歩くと両脇には塘路がいくつもあります。
c0201929_16573710.jpg
人が多く参拝してるので少し構図を右に振ってます。

c0201929_16573844.jpg
年間通して湿度が高いのでしょうね!
苔も綺麗です。

手水舎には飾り花があり色を添えてました。
c0201929_16574090.jpg
お寺の大きさの割に柄杓が少ないような・・・気がする。

この手水舎の所にこのお地蔵さまが見守ってます。

c0201929_16573925.jpg
まさに落葉した「花道」

本堂についてびっくり!
c0201929_16573463.jpg
大きな樹(なんのきだろう?)が倒木して本堂脇の大きな塘路へ直撃して石の塘路が撃破されてました。
きっと先月の台風の影響ではないだろうか?
琵琶湖脇を通過した台風の影響かな?参道へ突き出した先端の樹は切られてましたがまだこの大木の処理ができないまま
紅葉祭りに入った様子ですね!

c0201929_16573525.jpg
参拝して階段を下ると見えた景色。
雨も強くって傘での撮影は難儀なので足早に移動です。
c0201929_16573454.jpg
この紅葉は傷も焼けもなく綺麗でした。

追伸
この日は年に一度の谷汲駅でのイベントがあったようで
鉄道ファンは谷汲駅で僅か50Mほど走る名鉄電車700系を撮るために集まってましたので
私も便乗して撮影してきました。

c0201929_17253729.jpg
また時間のある時にアップロードします。

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-12-02 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

郡上八幡城から移動してると再び(三度?)の雨!
今回は強めの雨で傘がないと撮影もできない様子。

その時に出た虹は円の頭しかみえないような低い虹でした。
c0201929_16363818.jpg
が、はっきり見えないですね。
走りながらも時々見える虹を横目に現着。

急の雨で足早に帰る車が多いためか車も簡単に停めることが出来た。

c0201929_16363896.jpg
雨上がりで山からは蒸気があがり山肌も色づき遠目には色付きが良さそう。
人出は雨の為か少な目・・・より急の雨で気温も下がり寒い。

c0201929_16363925.jpg
滝に続く道の両側にはお店があり目新しそうなお店も増えてる様子です。
養老と瓢箪は昔話にもでてるようです。
瓢箪にここの水をいれて置いたら「お酒」になったとか?

c0201929_16363909.jpg
滝に向かう途中ですがまだ色付きも浅く暫く先のようですね。
毎度感じる滝への道・・・きつい!
c0201929_16364004.jpg
雨のお陰で岩も濡れてしっとり感満載。
c0201929_16364157.jpg
紅葉も綺麗に色付き始めてます。
ここも多くの人がインスタ映え目指して撮影してました。

養老の麓はもう一週間ほど後が良さそうです。
華厳寺向かうときにまたまた虹が!
c0201929_16364172.jpg
アーチが入るように停める場所を探して撮影。
c0201929_16363719.jpg
はっきりした色味の虹ですがこの時は反対側まで続きませんでした。
この先華厳寺に続く





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-30 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
かなり前後してます。11/13の活動です

c0201929_07242053.jpg
本来ならがっつり朝一で撮影するのですが今回は仕事の関係での寄り道ってことで昼間の撮影です。
まぁ~今後のロケハンになりました。
実は滋賀県の紅葉って今まで一度もなく初なんです。
そもそも愛知から近いのに京都・奈良は撮影に出かけていたがここ滋賀はほとんど通過でした。
今春に桜で「海津大崎・琵琶湖バレイ」は撮影したけど未だに「メタセコイヤ並木」は行ったことないのです。
春にマキノ(海津大崎)撮影してから琵琶湖バレイに移動するとき高島通過したのに
その時は頭から飛んでしまっていて後悔したものです。
今後は少しこの滋賀も開拓してみたいですね~。
c0201929_07242117.jpg
まぁそんなことはさて置き紅葉祭り。
駐車場から暫く歩かないとこの鶏足寺にはこれません。
道沿いには出店がありお土産や名産物など販売してました。
その売店上の紅葉が綺麗でした。
平日の昼間の参拝でしたが人も多かったです。
連れてきてもらってますので自由時間が無く足早の移動です。
c0201929_07242245.jpg
鶏足寺(木ノ本)から長浜まで南下してどこぞのお寺の参道です!
c0201929_07280403.jpg
ここは比較的密やかなお寺のようで静かな時間が流れます。
c0201929_07280478.jpg
観光に来ていた人にモデルになっていただきました。
c0201929_07242071.jpg
観光に来ている人が少なく拝観料も据え置きの箱に入れる「信用拝観」です。
¥300-って料金もお値打ちです。
信用拝観なので御朱印も書いてもらえないのでご注意ください。
c0201929_07242255.jpg
庭園の楓も良い色に色付いてました。
が、焼けて枯れてる葉も多く有りますので離れてみる方が綺麗です。また苔も見所だと思います。

つづく!(ネタが無くコマ切りですいません)

最後までお付き合いありがとうございました。

[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-28 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。
c0201929_06500234.jpg
夕景と思われがちですが、山並に太陽が当たってますので朝一の順光焼けです。
この日は東(後ろ)から当たった光に雲が色付いてくれた。

c0201929_06495919.jpg
昨日夜まで撮影した後、一度下って早朝再び霧景色を期待して撮影に臨んだ。
この季節日の出が6:20分頃なので現地に一時間半前に到着した・・・・ら
既に撮影する場所が無いほどの三脚が並んでいた。
路駐は既に3台がそして脇道の駐車場は2台停めてあり停められない。
止む無く私も路駐へ。
しかし撮影スペースが無く片隅の電線の間から撮影しようとしてると
不憫に思ってくれた人が三脚一台分をゆずってくれた(感謝)
c0201929_06500060.jpg
まだ真っ暗だけども霧が全く出てない。
薄明が始まり一層の冷え込んだけど霧はなし。昨日降ったりやんだりの雨だったのに
残念ながら全く期待できないかも。
次第に明るくなってくるけど霧がでたのは僅かこの程度でした。
c0201929_06500162.jpg
霧が出やすいのに撮影者の皆さんも残念そう。
しかしこの場所なら富士山と比べても遠くないのでちょくちょく来れそうです。
c0201929_06495751.jpg
この後次第に山肌に太陽があたりコントラスト差で撮影困難でしたがお城全体に光が当たるのを待ってから(日の出後一時間程)
次の目的地横蔵寺へ向けて移動しました。
(既に掲載済)
横蔵寺を後に華厳寺も考えたのですが「揖斐峡へ」
この横蔵寺から近いのですが・・・この日は「揖斐川マラソン」開催日との事。
それでもと思い向かってみた・・・。
山道からトンネル超えて揖斐川沿いに突き当たったとたんに交通規制が・・・・。

多くのランナーが其々の思いで走っている様子。
コスプレしたり被り物などPRする人や自分に挑戦してる人など其々の思いが垣間見えるようです。
結局揖斐川沿いはマラソン規制で車止めはできなくそのまま北の横川ダム方面から徳川ダムへ

c0201929_06495892.jpg
山がきれいに色付いてました。
もうピークでしょうか時間的にお昼を過ぎて太陽は西へ傾いていますから影が伸びてます。
南中ならもう少し影が短くって済んだのに。
それでもいい感じの写真になりました。
c0201929_06495895.jpg
暫く走ると山の中にお城が「藤橋城」です。


天気が良く彩が素晴らしいです。
そのまま徳山まで行きます。
c0201929_06495962.jpg
徳山ダムです。
ここの受付でこの先の案内を頂いたのですが今日は夕方までに地元に戻って所用があるので
引き返すことにしました。
しかし結果5時までに地元に帰れずに所用をすますことが出来なかった。
こんな事なら徳山周遊したかった。
つづく!

最後までお付き合いありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-27 07:00 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

今回年に一度一緒に撮影している写友さんより11月中ごろ連絡があり11/19日鶏足寺撮影に行ったけど
まだ早かったので次の雨後の23日に最後リベンジするけどどう?って連絡があったので行った。
c0201929_17345108.jpg
仕事が終わって準備をしてから現地へ向かう。
ナビをセットすると120キロの道のみ!近いと感じる距離。
21:30分出発!
外は小雨が降ってるが時間帯も遅いので道路は空いてるので高速と使おうか考えていたけど
暫くは下道でスタート。23号バイパスから長良川堤防沿いを北上して258号養老線より365号関ケ原から現着が24:20でした。
仲間がコンビニで待っててくれて合流!して現地へ。

お互い少し仮眠して5時起き。夜中強い雨もあったけど起きた時には雨は上がってる。
しかしどうなるか分からないので一応合羽を着ての準備。
私は広角レンズ一本勝負でいたのですが仲間はリック持参とのことで私も一応リック持参し傘も準備して
歩いて15分ほどの現場へ!

先に三人が来ていた。
つまり4・5番手のなった。
まだ真っ暗の中次々に人がやってくるが
私たちはなんとか前列が確保できたがその後は背後に位置するしかない。

この場所から先は歩くことが出来ない保存区域になってるから、
カメラマンは順番に代る代る撮影するしかないのです。

c0201929_17301410.jpg
まだ暗い中の撮影で、ピント合わせに苦労します。

時折小雨が降っていたのですがなんと本格的な雨になってきた。
荷物は傘が守り自分は合羽が・・・カメラも濡れなうようにカメラの合羽で対策するけど撮影ができない。
まさかここにきて大雨!おそらく天気も回復予定なので最後の雨だと祈る。
暫くして小雨になり撮影再開!

c0201929_17301577.jpg
日の出時間を過ぎると一般の人たちも観光にやってきているので
迂回してこの先の階段を上りだす。
c0201929_17301675.jpg
西の茶畑の方には霧が出ているのですがなかなかこっち階段の方には流れてこないですが、少しだけ靄ってる感じです。
頭の横で後ろのカメラマンのシャッター音が聞こえるが
申し少しだけ先取りの特権で陣取り撮影!
c0201929_17301593.jpg
観光客も動き出して来たのでそろそろ後ろの人と後退します。
長居すると次の「百済寺」に影響するので足早に参拝して退散して百済寺へ移動しました。
続く!

最後までお付き合いありがとうございました。





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-25 17:59 | 楓が色づく風景 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_19550072.jpg
今回は郡上八幡へ向かう峠の渓流沿いの紅葉が雨に濡れて綺麗だったので
寄り道しての撮影です!
c0201929_19550053.jpg
多くの楓があるわけでなく渓流沿いに数本の樹が綺麗に色付いてました。

この先進んでもなかなか紅葉は見られなく残念!

ふと道を登っていくと民家の前に一本の楓が。

c0201929_19550195.jpg
清流が流れてるので祠は苔が覆ってしまうほどの湿度なんでしょう。
緑の苔に黄葉が素敵です。
c0201929_19550140.jpg
名も無いだろう樹ですが見事な散り紅葉です。
c0201929_19550290.jpg
交通量も少ないので散った紅葉も踏まれず見事でした。
ひっそりした場所で見事な紅葉を楽しめました。

最後までお付き合いありがとうございました。


[PR]
by noah_3776_2 | 2017-11-23 19:54 | 楓が色づく風景 | Comments(2)