ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や空の写真紀行記(四季折々の富士山ストック写真多数ありますので、必要な方はコメント入力してください)

カテゴリ:未分類( 160 )

いつも訪問ありがとうございます。

二月も終わりに近づきそろそろ寒さも終わりの頃、今年も近所の梅園に2/25にでかけてきました。

知多市佐布里(そうり)梅まつり2017

駐車場の開場は8:30とありますが祭り開催時期とあって7時に到着した時には既に開いてました。
この梅園には「梅の館」駐車場と水の科学館?Pとダム横Pがありますが、祭り開催時期は臨時駐車場がいくつも用意されますがとにかく混みますので、私は7時にダム横のPに停めることにしました。
駐車場から進むとそこには屋台が設置されてます。
定番の場所よりカメラを構えたがまだ少し早いようです。

c0201929_14352249.jpg


朝は梅の木に小鳥が目立ちメジロやヒヨ鳥が密を狙い羽ばたいてました。

c0201929_1445103.jpg


穏やかな天気で青空が綺麗でしたが、なぜか今年は花付きが悪いのかつぼみさえ少ないようです
まばらな花枝しかなかった。

c0201929_14463484.jpg


空が綺麗でいい雲も出てきてるのに花付きが本当によくないです。


色々あるいて探してみましたが、自分のポイントは中々良くなく今年初の場所で
人物狙いです。
9時を回って人は多くなってきたものの、鮮やかな服の人や家族連れが来ないので
ず~っと待つのみ。
犬の散歩の家族もやってはくるがどうも人との重なりがわるく理想通りにいかない。
まぁ結果11時過ぎまで粘ったが思い通りにはいかなかった。

c0201929_1453087.jpg


日傘に明るいダウンでいいのですが他に人が入ってしまって・・・。
次回にまたチャレンジです。

祭りだけあってイベント会場からは和太鼓の演奏が聞こえてきたり
大道芸の演技者に大きな声援が飛んだり賑わいはすごかった中、裏舞台での一コマです。

c0201929_14555918.jpg


ここ知多市のゆるキャラです。
他の人は皆大道芸に夢中ですが、一組の家族が記念写真を撮ってました。
そのご誰にも声かけられないゆるキャラ(梅子)は案内人と楽屋へ戻っていきました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-02-26 14:59 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。
2/11-12日で静岡&山梨から富士山を見つめてきました。

初日は前回の夜景の場所から(岩本山に到着したのが9時前だが雲が山頂にかかり暫く粘るが撮影できず断念したので)
富士宮市を通り抜けて河口湖に向かう県道75号を走ってると雪が目立ち始めた。きっと今朝の雪だろうと思い走ってると、上空でくるくる旋回する猛禽君が気になり出した。
(実は最近秘かに猛禽類にはまりかけてる)
路肩に駐車して狙うと嘲笑いながら逃げて行く、また見つけては狙うと逃げて行く。殆どは鳶だったが中に一羽ノスリ(たぶん)が飛んでいた。

c0201929_19321952.jpg



あまり時間もとれないので目的の河口湖美術館へ到着したのは既に2時前だった。
ここは毎年年明けより富士山写真大賞(コンテスト)の作品が見ることができる。知り合いも入選してるのでじっくり90分ほどで拝見させてもらい刺激をもらった。
そのご夕焼け狙いで忍野付近にいたが雲隠れで撃沈!



c0201929_19332490.jpg



翌朝は忍野から撮影場所に悩みながら忍の館前で撮影してると
新年も見たが恐らく鷹が猟をしていた。
暗いのとレンズが広角なので撮影できずだが、飛びかたを見ると鷹らしい。(富士山より気になってるのかな?)

c0201929_1934995.jpg





暫くすると山頂に太陽があたる。先月もここで撮影したが日の出が30分と程早くなってる。これ程焼けなかったけども何度見ても美しい時間帯です。



c0201929_19343354.jpg



太陽が出て10分もしない内に撤収して知人も再び合流する為に静岡方面に走ってると国道139号朝霧辺りでダイヤ狙いのことなので私も向かおうとしたが間に合いそうも無いので、県道75号(富士山寄り)で狙った。

c0201929_1935729.jpg



国道より5分程遅れて太陽が出てきた!


c0201929_19351758.jpg






ここも僅かで撤収して知人と合流して撮影ポイント探しで芝川へ。
何度か目的の場所も見つかり知人とは解散して私は再び岩本山へ向かったのが10時すぎ、
日曜もあり屋台も出て家族連れも多く賑わいを感じた。
撮影機材を担ぎ昨日のポイントへ向かうとカメラマンがやはり多く居た。昨日有る程度花付きはみていたのでまずは雲の出ない間にメインの白梅を撮した。

c0201929_19354338.jpg


次いで近くの紅梅を撮りたかったが人が居ないのに三脚と脚立が置いてあるので他を一回りして戻ってもまだ置いてある。再び白梅を撮影したがまだそのまま。
撮影してる人なら分かるでしょうが枝ぶりなどで歩幅分で構図が変わるんです。だから半歩ずれたいのに出来ないんです。
それどころか無人のカメラのシャッターが切れるんですよ。パシャって!遠隔操作ってヤツです。
折角の場所を独り占めする奴には制裁を・・・・・私にはできません(笑)

c0201929_19361426.jpg




今日は雲は出てるが山頂まで見えてるのでまだまだ撮影したいのだが、地元も梅祭りが開催されてるのでこれから出没予定なので
岩本山から撤収して帰路へ。

最後に地元の梅園に来たのですがなんとまだ全く咲いてない。
機材担いで来たが一枚も撮らず帰ろうとすると、地域開催の屋台の品が何れも100円均一との事。既に3時半だし売らなきゃ駄目感満載で大セールをしていた。


今回も最後までありがとうございました。



[PR]
by noah_3776_2 | 2017-02-19 08:09 | Comments(2)
寒いですが、いつも訪問ありがとうございます。
暖かいと言われる愛知県の知多半島に大寒波が訪れたのが1/14日からでした。14日は犬山城へ撮影に出掛けたのですが思うほど雪が無く15日は地元の写真展の当番だったため、日の出前に撮影にでかけました。



c0201929_19512236.jpg


向かった先は色々考え昨シーズン撮影した場所は見送り、半田市のミツカン本社近くの半田運河に決定。途中の知多半島有料道路は早くから通行止めになってます。

c0201929_19521677.jpg


半田運河は半田市の観光ポイントになっているので雪景色を納めて見ようと向かった。
現着すると雪は10センチ以上積もってる様子だが、確認の為に運河を一周してみた。
東側の道は狭く轍の後もなく撮影したかったのですが、停車する場所が無いので見送り西側の蔵まで回ってくるとセキュリティー会社の車が停車してたので、私も適当な場所に停車させたのですが、外は横殴りの吹雪のようで傘をさしていてもズボンは雪まみれになるほどです。三脚にカメラセットして先ずは一昨年オープンしたミツカンミュージアムのMIMとミツカン本社などの撮影。



c0201929_1953735.jpg


次いで半田運河沿いの蔵などを撮す。
通り沿いの橋まで出て運河全体を撮そうとするが、雪が吹雪で視程が良くない。すると私と同じようにこんな日にカメラマンがお一人やってきた。
『おはようございます』とお声かけしてみてマジびっくり❕
写友さんのTさんではありませんか。何時もの格好とはかなり違っていたためにわからなかったが偶然でした。
この後当番で会う予定でしたが撮影現場で突然あったのでびっくりです。

c0201929_1955194.jpg



吹雪の中撮影してると次第に明るくなり当番の時間も迫ってきてるので次の目的地に移動です。道路は真っ白になってるのに少ないながらも車はのろのろ運転で走ってます。ラジアルライヤでの走行車に巻き込まれても嫌なので二車線道路を走って亀崎神社に到着。ここは昨年の二月にTさんと散策した場所なのである程度知ってるポイントになります。

駐車場には多めの車があったので参拝者と思ったのですが、車の下には雪が無かったので昨日から停めてる車ですね。
雪と青空の亀崎神社。

c0201929_19554787.jpg


c0201929_657352.jpg


昨年末にユネスコの無形文化遺産?に登録された亀崎の山車の幟と雪景色。
神主さんたちが早くから階段に積もった雪を吐き出して足場を確保してました。

c0201929_19555692.jpg


上の写真の階段を上り途中から左手に折れるとこの場所へ繋がります。
白い雪景色の中に赤い幟は際立ちます。

c0201929_6575372.jpg


停車中の車の屋根にこんなにも積もった雪は地元で生まれて初めての事かも。
本当はこの後いろんな場所へ撮影に行きたいのですが、当番の仕事があるので
Tさんと後ろ髪をひかれながらも安城へ向かうが、一車線の道路ばかりで(追い抜きしちゃった)亀崎から一時間弱かかりながらもなんとか時間までに現地到着です。(本来なら30分ほど)

c0201929_2013310.jpg


今回は鈴鹿おろし雪で三重の中部から知多半島の雪が多かったので西三河になる安城はそれほどの雪ではなかったようです。

c0201929_785853.jpg





[PR]
by noah_3776_2 | 2017-01-21 19:47 | Comments(6)
いつも訪問ありがとうございます。
かなり遅い桜情報ですが、地元ならではの地の利を行かしたお手軽散策ルートのご案内です。

まず、撮影したポイントの紹介です。
知多市は旭公園・岡田街並、半田市の雁宿公園、刈谷市の亀城公園、安城市の安城公園・堀内公園・篠目グリーンロード、碧南市の明石公園・中山神社・矢作川堤・碧緑地、高浜市の大山公園、常滑市の常滑体育館・熊野農村公園・矢田川桜並木・、西尾市の黄金堤・西尾城・西尾緑地、東浦の於大公園、阿久比のしあわせの森公園、福住校舎、大府市の健康の森、岡崎市の南公園、南知多町の聖埼公園などです。
一日で回るのはかなり無理が有りますので撮影はしやすい場所を抜粋するのがいいでしょう。
個人的にまず桜撮影を柱として組み入れるなら、旭公園・於大公園・黄金堤・安城公園・大山公園でしょうか?
また、時間帯ですがどこも朝がいいですが、旭公園から回り於大公園、黄金堤、安城公園、夜に大山公園がお勧めです。
勿論、それ以外にもいいポイントが有りますのでちょっと寄ってみるのもいいと思います。が、順次ポイントと注意点の案内をしてきます。

知多市の旭公園は園内の中央芝生の回りにいい枝振りのソメイヨシノが植えてあります。360度の方面より撮影出来るので光回りを気にしなくても良いですがやはり朝一は近所の人が散歩等してる程度でカメラマンはほぼいませんから自由に撮影できます。
駐車場もしっかりあります北側駐車場をお勧めします。

c0201929_751694.jpg

c0201929_752641.jpg

c0201929_754122.jpg

c0201929_755120.jpg




次ぎに東浦の於大公園までは30分も有れば移動出来ます。
この公園はソメイヨシノだけでなく山桜や花ももなど花の種類も多いので楽しめますが写真的には構図に悩むでしょう。

c0201929_76991.jpg

c0201929_761810.jpg



西尾市の黄金堤までは一時間ほどかかると思います。ここは忠臣蔵で有名な吉良様の史跡の場所で銅像や石碑もあります。
駐車場は少なく30台程度でいい時期は直ぐに満車ですが、イベントなと無いので地元のかた中心の花見場所ですが、侮ることなかれ小高くした堤はすれ違いが出来ないほど細いけど両側には樹齢100年ほど(染井吉野は50年~60年ほど)の大木が30本余り植えてあります。両側には張り出した枝も見事で散り桜も楽しめます。ライトアップ等もあります。

c0201929_763968.jpg

c0201929_764772.jpg

c0201929_765965.jpg

c0201929_77832.jpg



安城市の安城公園までは一時間無くたどり着けます。
公園の駐車場は少ないですが隣接する市役所などにも駐車出来ますので其ほど困らること無いと思います。
公園ですが小さな動物園もあり、鹿や孔雀等がいました。
桜は公園内の池の回りがメインです。一周しても3分程度の小さな池なので撮影はスムーズに出来ると思います。しかし屋台も出てるので家族連れやカメラマンも居るので無人撮影には時間がかかるかも知れません。最終の大山公園には薄暮狙いを進めますから時間配分してください。

c0201929_772138.jpg

c0201929_773233.jpg

c0201929_773946.jpg




高浜市の大山公園までは30分ちょいですがもう少し余裕見た方が良いです。ここは駐車場が小さいわりに夜桜に力をいれてる様子で園内のぼんぼりの数がかなり多いですし屋台も有りますから駐車場確保で早目の到着が良いかと。
メインは駐車場から陶器のオブジェ(北側?)を通り池を左手に見た芝生がある辺りです。勿論入り口付近の灯篭辺りや巨大タヌキのオブジェがある広場もですが個人的にはこの辺りの構図がまとまりが良いかと思います。

色々紹介しましたが、私が見た限りではこの行程がお勧めです。勿論一日で回ってなく何年もの積み重ねですが経験上一日で回れます。今後もこのような知多半島(プラスα)周遊を案内してきます。

c0201929_77579.jpg

c0201929_7866.jpg

c0201929_781567.jpg









にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-05-03 16:06 | Comments(2)
いつも訪問ありがとうございます。

今回は南木曽天白公園の三つ葉つつじ祭りの情報提供です。

察しのように私は躑躅が好きな花の一つで、この三つ葉つつじは他の躑躅より少し早い開花でみっつの葉っぱが出る前に紫色の花か咲きます。
実はこの三つ葉つつじに白が有るんです。
c0201929_20501951.jpg




鈴鹿に寄ってから来たので天白公園に着いたのが16:00過ぎてました。臨時駐車場は時間帯もありがらがらでした。
後から気づいたのですがこの時間規制が解除させてるので上まで車で行けたのですが、知らなかったので駐車場から登って行きました。
駐車場脇には三つ葉つつじや花もも、灯台躑躅、立派な赤いマンサクなどが咲いており個々でも眼を潤せる程です。

c0201929_723710.jpg

c0201929_7231984.jpg


そしてなんたらって吊り橋が有名だそうです。(この類いの記事は苦手なんで割愛します)

c0201929_7234417.jpg




駐車場から登ること15分ほどで三つ葉つつじ群生地に着きます。
c0201929_724339.jpg


ここの情報サイトですと400本余りと紹介されてますがもっとあるのではと個人的には感じました。

また、ここも樹が大きいですね!そして蓮華躑躅も少し有りますが、蓮華躑躅はこれからでまだ蕾が殆どでした。

c0201929_7243035.jpg


時期的には少し遅かったのが感想ですが、立派な三つ葉つつじ群生地ですからまた来年来たいです。

この時期まだ桜も咲いていて三つ葉つつじとの融合も楽しめます。

c0201929_7245733.jpg



時間が時間なので観光客は少なく撮影はてきぱき出来き、光もなく
白飛び気にせず案外この時間で良かったかも(身勝手なんで都合よく考えます)

c0201929_7252634.jpg



散策してると両手一杯の蕨を持ってる紳士に出会いました。気にしてみると幾つかの蕨を見つけることも出来ます。が、果たして採って良いのかと思いました。
この先黒船桜へ薄暮迄に到着したいので足早に散策続けます。カメラマンも居なく何処が良い場所か当りが付けられず時間が過ぎていき勘だけで構図を決めます。

c0201929_72605.jpg



やっぱりまだ、蕾も有るけども枯れてる花が多く寄ると見苦しいので少し俯瞰した写真になります。



ただ、パソコンサイトで見たような写真はこの当たりからかな?三つ葉つつじに囲まれたような蓮華躑躅が際立ってました。

c0201929_7272666.jpg



遠くに雪が残ってる山脈がありますがどの山かわかりません。

c0201929_7274268.jpg



この桜も良く見るけども品種は一葉か松月でしょうか?
大輪でピンク八重の桜です。

c0201929_728021.jpg



公園はアップダウンがあり色んなアングルを楽しめますが次ぎも有りますので已む無く撤収です。







にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-29 15:22 | Comments(0)
いつも訪問ありがとうございます。

熊本を中心とする九州の方々は日々余震に、また新たな地震に心も身体もお疲れと思います。暖かい場所・食事そして寝る場所が一時間でも早く浸透するようお祈りしてます。

今回は駒つなぎの桜です。

c0201929_20262084.jpg


この場所は2年前にも一度訪れた場所でもありますが、その時よりも10日ほど早く来ました。
到着したのは5時前で門前屋駐車場は3台の車のみで、私と同時に到着した方は静岡より来たとの事で一緒に上がろうかとして待っていたが時間がかかりそうなので独りで先に向かいました。
案内ではここから800M。直ぐに上下に分かれ道あり?どっちかと迷ったが確か再び合流したはずと上を歩きだしました。
暫くすると三つ葉つつじと見上げると立派な枝垂れ桜がありました。

登って行くと民家横に見えてきた枝垂れ桜は帰りにして先ずは、駒つなぎに向かいます。
ここから直ぐに道は合流して本命の駒つなぎの桜です。

暫く前より田圃の水はなく残念ですが撮影しやすいように足場が出来てます。
二人の先客カメラマンにご挨拶して三脚を立て撮影開始。


天気は曇天で天気予報では朝の6時から雨マークがあり今にも降りだしそうで、静岡の人は向かってくる時は雨だったとの事で少しでも早く撮影しないと雨になりそうです。
雨の前なのにすごい風で枝がぐるぐる揺れてます。
c0201929_2028457.jpg



感度を上げて枝咲きを留めて撮影してみます。

撮影中もパラパラ雨が当たりいつ降りだすか気が気でありませんが、皆さん慣れたもんでしょうか合羽や傘を持ってます。
後悔、車には傘があるのに。
場所を変えて撮影してみます。

c0201929_2029420.jpg



次々にカメラマンがやってきます。昨夜の彼が来るかと思いましたが来ませんでした。
静岡からの人は早々に雨の匂いと共に撤収していきました。
私も傘が無いし降りだしたら車まで10分はかかるので機材の心配もあり撤収し帰り道に民家横の枝垂れ桜を撮影。私有地なんでレンズ交換して遠くより撮影なので構図が固定されます。

c0201929_2029275.jpg

c0201929_2029385.jpg



風で揺れる枝。

そして三つ葉つつじと枝垂れ桜。コブシも咲いてます。
個々には椿とレンギョウも墓地脇にあるのですが中々構図が纏まらなく撃沈。

c0201929_2030544.jpg



数カット撮影してると大粒の雨が当りだし本降りの様子。直ぐにカメラを終い走って駐車場へ着くと6時過ぎ。
帰ろうとしたが近くの月川温泉の花ももの下見へ行くと下では5分咲き以上かな?メイン会場付近では3分咲き程度でその上はまだ1部咲きほどですがどこも桜は満開でした。
今週末にはメイン会場あたりは見頃となるでしょう。
メイン会場からかなり登った処にお店がありその上に枝垂れ桜があったのを思いだし行ってみました。
満開で雨に濡れて濃いピンク色が見事です。

c0201929_20315854.jpg



引き返す時に再び駒つなぎ桜に寄ってみたら、駐車場は満車で何とか脇に停めることができ、どうしたものか思案してると老夫婦が傘を差して三脚を持って出ていく姿を見て渇が入りました。
霧が出るかもと歩きだし現地に着くと15人程カメラマン居て、霧も少しでてます。

c0201929_20323145.jpg




完全に雨対策して撮影してる人が多くって驚きましたが、その脇で横着撮影です。
c0201929_20325749.jpg



雨が絶え間なく降り続け靴は勿論ジーンズの裾も濡れてきてますが、目まぐるしく代わる霧にシャッターを切りますが、風も強いので横着者には辛い撮影です。

c0201929_20331512.jpg



折々傘が飛ばされるほどの強風も有りながら撮影続行中ですがここまで濡れたら同じともう一度民家横の枝垂れ桜に行くと、二人のおばさま方が私と同じように桜を狙ってました。

突然吹き飛ばされそうな強風に思わずしゃがみこんでカメラを守るほど時には強い風が吹きました。
もうカメラを濡らさないようにするだけで手一杯なんでジーンズも膝辺りから下は濡れて上着もかなり腰辺りは濡れてしまったので、ここまで来たらもう一度黒船桜へ向かいました。

c0201929_20334982.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ







[PR]
by noah_3776_2 | 2016-04-22 11:07 | Comments(2)
c0201929_13570571.jpg

写真展告知です


この度私が所属してます写真クラブの写真展が東京ミッドタウンフジフォトサロンにて開催されます。
12月4日から10日まで「富士山と雲」をテーマに総勢14名が38点の作品を出展。
富士山を360度平地から3000Mまで四季折々迫力ある富士山の魅力が垣間見えると思いますので
時間とお金のある方は是非ともお越しくださいませ。
僭越ながら私も三点出展しております。

出展作品は↓と同じではないです。

c0201929_7494590.jpg




c0201929_7471070.jpg




c0201929_7475449.jpg






[PR]
by noah_3776_2 | 2015-11-29 22:54 | Comments(2)
今年のGWは休みの繋がりが悪くって遠征に行けずでもやもやしてるので近隣で色々撮影を楽しんでます。
4月28日は出勤でしたが、仕事終わりでも撮影できる場所へ出かけてみました。ここは愛知県の碧南市(へきなんし)にある「広藤園」と言う藤の名所です。
c0201929_9195261.jpg

昔から知ってて何度か行ったことはあるのですが久しぶりにいってきましたが、房の長さが少し短くなってるようにも感じました。私が28日に行った時にはほぼ満開ですが、房先にはまだ蕾もありまだ楽しめそうです。
雨上がりの石畳も風情があっていいですので雨の日でもまた違った写真が楽しめます。

文政年間(1820年頃)にこの地の住民小田廣作という人物が藤をこよなく愛して、木や竹を用いて藤の棚を造ったのが始まりとされる。現在では「広の長藤」として市民に親しまれており、お茶会、鑑賞会などが開催される。特に4月下旬から5月上旬の「藤まつり」には1000平方mの敷地に1.5m以上の長い花房が広がる見事な風景と芳香が楽しめる。---碧南市観光協会より引用---
c0201929_920216.jpg
c0201929_9201438.jpg

風に揺れる藤の房
c0201929_920252.jpg

藤棚とぼんぼり
c0201929_9203570.jpg

ローアングルから全景
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-04-29 09:23 | Comments(4)
GWの最は寒い日もあったのに、先週は30度も越す真夏日も記録し寒暖差が一年でも
一番厳しい時期ですが皆さんはお変わりないでしょうか?

前回の引き続きで「桜紀行」と続けたかったのですが、今年はなかなか写真が撮影出来ないような旅と
なってしまったので、そこはそれで観光をと思い神社巡りをしてきました。っても
神社・仏閣に縁遠いのでただの観光を楽しんできました。

写真は山形は米沢にある「上杉神社」ここは丁度お祭りもやってて屋台も多く出ていて地元の人々で
大変賑わってて活気ある空気でした。
その後は福島の「塩竈神社」へ移動しました。ここは東北桜回廊に一つで今までにも行ったことが
無かったので、今年は終わってしまった括らですが、次回のロケハンへと思い出かけてみたんですが、少し高い場所にあったので松島が遠目に見えて、桜の樹も多くあり満開時はさぞ綺麗だろうと思いながら回ってました。
天気なら桜の撮影でなかなか遠回りも出来ない場所も今期は桜はNGだったけど、色々観光もできたのが何よりの収穫でした。

1・2枚目 塩竈神社(塩竈桜・松島覗む)
3・4枚目 上杉神社(参拝列と上杉謙信・直江兼続塩竈神社
c0201929_15264695.jpg
c0201929_15265778.jpg
c0201929_15271483.jpg
c0201929_15272617.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-05-19 15:32 | Comments(2)
名古屋市内にSLが戻ってきた。実に27年ぶりだと言うことらしい。
27年前は中学生・・・でも自分は小学生の時に武豊線を走るSLの写真が残ってるから
その後にも走っていたのだろう。
当時は電車が好きで小学・中学は電車を撮影していて、残ってるネガは電車ばか。

まぁそんなことでイベントと言うこともあって朝から名古屋市内へ向かった。しかし撮影のPを決めてなかったので駅のホームでいいかと軽い気持ちが仇となった。
荒子のホームは撮影禁止で駅員に聞くと名古屋駅なら撮影OKとのことで、そのまま長屋駅へあおなみ線でゆられて移動すると、ホームは凄い警備で警察も50人程度警備は100人以上の厳重警戒。勿論撮影も禁止!
なんだと!!!!
話が違うじゃないか!!!!
「・・・…・・…・…・・…・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
駅員とのやり取りは想像にお任せします。

このまま帰ろうとも思ったが、やっぱり記念撮影だけでもと思ってパシャリ。ここも30人程のカメラマンがおりましたよ。

車内からささしま会場のひとだかりと記念撮影のSLでした。
c0201929_15344227.jpg
c0201929_15345194.jpg

[PR]
by noah_3776_2 | 2013-02-17 15:34 | Comments(6)