ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

京都 光明寺

いつも訪問ありがとうございます。

c0201929_7515074.jpg

京都府長岡京市「光明寺」

今回は京都の紅葉です。今年の紅葉はどこも良くなくまして京都の紅葉は2003年以来の不作だとも言われてました。そんな中12月9日に写真仲間より連絡があり最近の冷え込みでまだ紅葉が狙えるかもしれないとのこと。でも葉が焼けてしまってダメでしょうと思いながら思案。しかも12月11日は雨予報。これでは仕方ないと諦めモードの中、前日10日は東京で写真の当番で帰りも遅いので今回は見送ろう。
でも休暇取得してあるけどどこもいかないは勿体ないと自問自答しながら就寝。
我が家から京都は130キロ富士山麓は250キロほどと考えたら半分なんで行くことを決意して東京へ向かった。
実は紅葉撮影に誘ってくれた仲間と東京で落ちあい帰る前に一杯飲んで帰る予定だったが少しでも早く帰り明日に備えるためにも車内で一杯交わして9時に自宅に帰ってこれた。

翌朝三時に起きて準備し一路京都へ向かう途中は大雨で視界が悪く、睡魔で気が遠くなりでしたがなんとか乗り越えていたけど、どうしてもやばくなり京都東ICで降りて眠気回避するがそんなに簡単に睡魔は消えなかった。コンビニで休憩してから再度光明寺へ向かいながら仲間と連絡。

6時前に現地に到着したときは少し雨も小降りになっていた。軽く気を失ったころに写友がやってきた。
すぐさまライトをもってロケハン。
雨も強く降り風も強く吹いたので石畳みには真っ赤な紅葉が散っていた。
思い通りの落葉に眠気も一気に吹っ飛んだ。まだ誰もいない参道で仲間と二人でカメラを構える。
雨が止んで東空から太陽光が雨で濡れてる紅葉を照らし、まるで太陽光のラアイトアップにもみえる。
c0201929_8523669.jpg


太陽が差し込んだのは本当の一瞬。その後は太陽光はしばらく無いどころか雨が降り出す始末。

傘を差しながらの撮影は難儀だしそれ以上に機材を守るのでずぶ濡れですが、数人居るカメラマンは口を揃えて今年一番の紅葉だと。
カメラマンの一人と今日はなかなか帰ることができないほどいい日だと会話した人が、後程しったけども京都でも有名はプロカメラマンだった。雨も上がった時にはもう8時を回っていたが冬の場合には太陽角度が低いので虹が見えるかもと境内から外へ回ってみたら見ることができた虹。
境内にいたら気が付かないが楓と絡めたかったがそれは叶わなかった。

c0201929_8534779.jpg




その後楽しみにしていた「お好み焼きジャンボ」へ。
ここは以前今日同行のDさんと来たところで気に入って今日も訪れました。
混雑を避けるために11:00過ぎに来たから待たずに席に着けたけども、すぐに満席になり待ち列も長くなってる。前回と同様にお好みと焼きそばを一人前ずつ。
定員さんが手際よく焼き上げてくださりパフォマンスもあり見て楽しく食べて美味しいですのでお勧めでです。お好みは30センチを軽く超える大きさで焼きそば太麺三束が一人前。
勿論キャベツや豚肉もたっぷりで前回は二人では食べきれずに持ち帰りしたほどのボリュームです。

お腹が膨れたので少し歩くためにも「下賀茂神社へ」
ここもまだ紅葉がきれいで撮影もできましたが、朝の光明寺みてしまったら興奮度は下がってしまっても仕方ないですが、後半の冷え込みで真っ赤なモミジもあり黄色あり緑ありのグラデーションは見ごたえありで綺麗でした。
最後お参りもして最後もう一度光明寺に戻ろうとしたけど流石に体力が続かなく仲間ともここで別れて一路自宅へ向かいました。
今回かなりハードなスケジュールだったけど本当に来てよかったと、改めて帰りの車で一人笑顔になってました。
お誘いくださったDさん。どうもどうも毎度です。

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ



c0201929_7475770.jpg

朝一番のカット。大雨が上がり雲の切れ目からなんと太陽光が差し込んだ!
幻の一枚。毎年紅葉祭りの開催期間の開門は9:00だから太陽はすでに高いので幻の太陽光が差し込んだ瞬間はわずか一分程度でその後また雨も。
c0201929_7484058.jpg

大雨の中傘さし撮影でレンズは曇りソフト感ある写真へ偶然だけどさ。
c0201929_749618.jpg

雨上がりは風がでて時折の強風で落葉が進み石道が色づきます。
c0201929_7541878.jpg

見事に染まった落葉の絨毯。そして参道でも雨上がりの朝で観光客も来てなく踏みつぶれれてないので葉っぱが生きてます。
c0201929_7492591.jpg

雨に濡れた楓の葉っぱ。真っ赤に染まってます。
c0201929_7501899.jpg

紅葉祭りが終わってからは(12月6日)参道も含めて落ち葉全部掃かれてしまったが、反ってきれいな落葉だけになったからこれも運ですね~。
c0201929_750295.jpg

同じ場所ですが光が差し込んできたので角度を変えて明暗を出してみました。
c0201929_7504818.jpg

朝陽が差し込んだ場所から少し引いての撮影。もう落葉が進み楓の機はスケスケになってきました。
c0201929_7505665.jpg

観光客も増えてきて踏まれた葉っぱがつぶれてきたそろそろ終了です。
[PR]
by noah_3776_2 | 2015-12-19 09:05 | 楓が色づく風景 | Comments(4)
Commented by のん at 2015-12-19 20:12 x
2枚目、太陽光を使った素晴らしい紅葉の世界を、作り出されましたね
(*^^*)
Commented by noah_3776_2 at 2015-12-20 20:18
いつもありがとうございます。記念になる一日になりました。
Commented by 月見一杯 at 2015-12-21 15:05 x
どれも素敵な写真です。光ひとつで変わりゆく景色を切り取りされて観る心に届きます。
そしてこの場面に出会いたくなりました。
自由な羽がない私にはどこにもいくことが出来ず塞いでいた心が開放されるまさに射心館です。
Commented by noah_3776_2 at 2016-01-07 19:56
月見で一杯さん

コメントおそくなりごめんなさい。
今年の紅葉はダメだと諦めていただけに素晴らしい紅葉が見れてよかったです。