ブログトップ

さんたの富士山と癒しの射心館

noah3776.exblog.jp

富士山や桜の撮影遠征紀行記(四季折々の富士山ストックや各地の桜の写真ありますので、必要な方はコメント入力してください)

碧南市の町並み

地元から車で1時間以内にある味醂の町・瓦の町「碧南市」を散歩してきました。
この町の第一印象は神社が凄く多くあるってこととお好み焼き・焼き肉やも多かったなぁ~そして昔ながらの風景も残っていることでした。
味醂(みりん)蔵も多く残っていて多くの会社でまだまだ稼働してます。
ただそれほど大きな町ではないのでゆっくり歩いてもしっかり見学できて十分堪能できますので
季節のいい時期に散策されることがいいでしょう。
またこれからの時期はハゼ釣りも楽しめる川もあり自然も多く残る町でもありました。

碧南市観光協会HP

http://www.city.hekinan.aichi.jp/KANKOKYOKAI/midokoro/index.php?c=rekishi


碧南向かい途中に目に止まった可愛らしい白い小さな花
c0201929_6564751.jpg

霞草みたいな小さな花は好きなんです
c0201929_6565556.jpg

碧南市の町並み(大浜地区?)南の方にあります。白壁が続く道
この道の先にも味醂作りの蔵や樽がありますのでこの辺りには雰囲気ある匂いが漂ってます。
c0201929_6563641.jpg

門構えより覗き込んでますが、見学予約もできると思いますのでお出かけの際には事前予約を!
c0201929_6572017.jpg

雰囲気ある町でしょう。この川でもハゼが釣れるようです。
昔は地元の川でもハゼ釣りできましたが最近では数が減ってしまってハゼ釣りも難しくなってる場所がおおいようですがこの町ではまだ手軽に楽しむことが出来るようです。
c0201929_6571890.jpg

この建物は「旧大浜警察署」だそうです。----碧南市観光協会より引用------
明治20年7月に当時岡崎警察署大浜分署として庁舎が建てられたのが始まり。
老朽化した木造建築から建替えられた大正時代の鉄筋コンクリート造の建築で、南ヨーロッパを思わせる白と茶色の外観が、大正ロマンの趣を残している。敷地の北西部には、往時漁に出る船に利用された「バロメートル」(気圧計)を埋め込んだ石柱がある。
【住所】〒447-0848 碧南市錦町1-7
【電話】0566-48-6602(碧南市役所教育部文化財課)

c0201929_6571989.jpg

この辺り車が無料で停められます。
c0201929_6571824.jpg

裏に回るとこんな感じです!
c0201929_6582345.jpg

お寺も多いので観光協会HPより参考にしてください。
c0201929_6585411.jpg

これが「バロメートル」気圧計だそうです。
c0201929_7134859.jpg



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
[PR]
by noah_3776_2 | 2014-08-27 07:15 | 観光 | Comments(2)
Commented by Ninomiya at 2014-08-27 22:20 x
写真の小さい白い花は夏に咲く「姫女菀(ヒメジョオン)」ですね。ちなみに春に咲く同じような花を「春紫菀(ハルジオン)」といいます。C社の大撮影会コンテストで賞を貰った時撮影してました。
余談ですが眠れない夜、寝付きをよくする為に飲むお薬は催眠のハルシオンです(爆)<(_ _*)>このクダリは要らないね。

たまに仕事で通り過ぎて行くのだけど碧南良い所そう!ゆっくりさんぽ出来たら面白いでしょうね。
例の件了解です。宜しくお願いします。
Commented by noah_3776_2 at 2014-08-28 06:44
Ninomiyaさん 姫女菀・春紫菀(ハルジオン)って教えてもらったときに、頭にはハルシオン浮かんだよ!昔から引き出しに入って暫くつかってないので既に使用期限過ぎてるなぁきっと。
碧南市と我市も似てるんです。珍しいほど同じ町名があったり港あり・鉄道終点だったり・窯業盛んだったり・夜が早かったりお酒や味醂作っていたり。なんか同じ匂いするところでした。
では、例の件楽しみにしてますね~。